FC2ブログ

四匹の未亡人奴隷-義母、叔母、女教師、美母(著:蜜蟲、フランス書院文庫)

2016/12/26 発売

四匹の未亡人奴隷-義母、叔母、女教師、美母

著:蜜蟲フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

「ああ、拓海、お願い、奥ばかり突かないで」
夫の遺影の前で息子に蹂躙される未亡人美母。
犯されながらも憂いを帯びた表情には色香が匂い、
欲情を煽られた青狼の律動はさらに激しくなる。
言葉では拒みながらも熟れた躰は溺れはじめ……
淫欲の泥沼に囚われる四匹の喪服妻たち!
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 誘惑路線支持者でも充分に堪能できる愛憎劇, 2017/1/3
書籍の帯には「暴虐小説」なる言葉が躍っているが、そのようなハードな凌辱作品ではない。誘惑路線を支持する諸兄でも充分に堪能できるテイストであり、むしろ激甘一辺倒な昨今の誘惑系とは趣を異にした、男女の葛藤と思惑と打算に裏打ちされた愛憎入り混じる鞘当ての応酬が蠢く作品として一読するのも悪くない。ただ、あらすじには『四匹の喪服妻たち』とあるが、実際に喪服姿なのは実母のみである。

義母と叔母は共に36歳で普段は仲も良いのだが、夫(叔母の兄で主人公の父)の死去による遺産の存在が2人の関係を微妙なものにしている。分け与えられた遺産を手に他の男の元へ行こうとする義母をお仕置きする形で義息たる主人公が手篭め同然に関係を持つのだが、実は以前から主人公は叔母と男女の関係にあり、この叔母も遺産には何かしらの関心を寄せている、少なくとも主人公はそう勘繰っているという状況である。

やや勝ち気で芯の強さを感じさせる義母は体の疼きと心の抵抗という裏表のコントラストがあり、既に言いなり状態な叔母とのコントラストも見られる。故に当初から従順な叔母が衣服を強引に剥がされて貫かれる場面は凌辱の色合いを無理矢理にでも引き出そうとの意図を感じてしまうところだが、自分だけを見てほしいと懇願し、対抗心をも露わにする叔母は他のヒロインと一線を画した存在とも言える。

この叔母の友人として中盤から登場するのが主人公のかつての担任である36歳の女教師。教師と生徒の関係は過去のものにつき女教師らしさはあまりないのだが、その過去に主人公と生じた出来事が弱みとなって巻き込まれていく。その出来事を聞かされて裏切られた思いの叔母が加担し、最終的には義母も対抗心から協力していくために4Pの構図となるが、作者の思惑とは裏腹に作品の凌辱色はどんどん薄れていくようにも感じられる。

元を正せば自分を捨てて他の男に走った39歳の実母が一番悪いとその矛先が最後に向かう。つまり、義母が行おうとしていたことを実母が既に行っていた形となるが、唯一の喪服姿が単に知り合いの葬儀に参列していただけの偶然というのは、せめて亡夫の一周忌くらいには関係性を持たせないと背徳感が減退するところであろう。それでも和装の喪服が剥ぎ取られて緊縛されるのは淫靡だった。

迫られているうちにヒロイン側が次第に折れていき、貫かれる頃には半ば観念している形の描写は凌辱作品として物足りないものの、往年の高竜也作品を彷彿させるようでもある。また、そうした印象や全体に漂う雰囲気、それに結末の纏め方などから新人のデビュー作との触れ込みながら本来は誘惑系を得意とする作者の別名義(別路線)なのかなと感じてしまうところである。
『四匹の未亡人奴隷-義母、叔母、女教師、美母』のレビュー掲載元


レビューの最後に記した『本来は誘惑系を得意とする作者の別名義(別路線)なのかな』ですけど、こぅ、何と言いますか、意識的に凌辱的な設定に基づく凌辱的な文章表現が、ともすれば誘惑的になってしまいそうなのをぐっと堪えているような、それでもちびっと誘惑的になっている箇所があるような、それをまたぐっと凌辱的に引き寄せていいるような、そんな「揺れ」のようなものを感じたからであります。

普段から凌辱作品を執筆されているようなナチュラルさではなく、本来は右打ちのバッターが左打ちしているような、そんなちょっとした違和感ですかね。



にゃらさんがブログに投稿された本作のレビュー記事はコチラ。
蜜蟲「四匹の未亡人奴隷 義母、叔母、女教師、美母」(フランス書院文庫、2016年12月、表紙イラスト:丹野忍)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)四匹の未亡人奴隷: 義母、叔母、女教師、美母 (フランス書院文庫) [文庫]蜜蟲フランス書院2016-12-26【あらすじ】父を事故で亡くした拓海は義母の綾子に性的欲望を抱いていたが、一周忌が過ぎたのを機に籍を抜くことを告げられ衝動的に押し倒してモノにしてし...
蜜蟲「四匹の未亡人奴隷 義母、叔母、女教師、美母」





ただ、『往年の高竜也作品を彷彿させるようでもある』といったところは最近がっつり読み込んでいるのが奏功したようであります。(^^;)

この気づきがなくともレビューに大きな差し障りはありませんが、ヒロインの葛藤から諦念して半ば身を委ねていくところなどに「黒本」の1つの系図と言いますか、バトンが受け継がれていくようなものを感じることができました。



この路線なら誘惑好きの読者でも手に取れる凌辱作品という位置づけでアリな気もしますが……そもそも誘惑好きな読者が凌辱作品を手にするのか?という根本的な問題があったりして。(汗)

でも、時には内なる殻を破って別の世界を知ることにも意義があると思いますけど、だからと言って好きでもないものに手を伸ばすのも苦痛ですし……どうなんでしょうねぇ。(^^;)




DMM.make DISPLAY


関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 蜜蟲

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蜜蟲「四匹の未亡人奴隷 義母、叔母、女教師、美母」

蜜蟲「四匹の未亡人奴隷 義母、叔母、女教師、美母」 (フランス書院文庫、2016年12月、表紙イラスト:丹野忍) ネタバレ有り。御注意下さい。 作品紹介(公式ホームページ) 四匹の未亡人奴隷: 義母、叔母、女教師、美母 (フランス書院文庫) [文庫]蜜蟲フランス書院2016-12-26 【あらすじ】 父を事故で亡くした拓海は義母の綾子に性的欲望を抱いていた...

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2