FC2ブログ

俺の美熟女(著:草凪優、祥伝社文庫)

2016/9/14 発売

俺の美熟女

著:草凪優、祥伝社文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

羞恥(しゅうち)と貪欲(どんよく)が交錯(こうさく)する眼差しと、匂い立つ肢体
及川美里――俺を翻弄し虜(とりこ)にする、“最後の女”…
俺は、青いリンゴより熟(う)れきったマンゴーの方が断然好きだ――。年上のシングルマザーに手ほどきを受けたことで、熟女の魅力にはまった藤尾敦彦(ふじおあつひこ)。30歳になり、人妻のセフレ達との関係を清算し、婚活を始めることに。一目惚(ひとめぼ)れした、39歳の及川美里(おいかわみさと)を紹介してもらうが、謎めいた言動に翻弄(ほんろう)されて……。熟女の滴(したた)るような色香とエロスを濃厚に描き出す、傑作官能。


★★★★☆ 酸いも甘いも噛み締めた恥じらいの熟女賛歌, 2016/12/25
主人公(30歳)の他にもセフレがいるっぽいクールな人妻熟女(39歳)が出てきたり、自分勝手で高慢な独身熟女(39歳)が主人公を振り回したりしている前半に辟易して読むのを止めてしまいそうになるかもしれないが、今しばらく先に進んでほしい。あるいは禁じ手かもしれないが、結末の1~2頁に目を通してから読むのも今回はアリかも。

表出する態度や立ち居振る舞いに潜む本心が分かれば可愛らしく見えてくる愛の熟女賛歌といった趣の作品である。

企業の秘書室勤務で容姿端麗にして才色兼備。マンションでペットを飼うプチセレブなアラフォー女子となれば充分に自活可能で結婚は半ば諦めムードと相場が決まっているが、本作のヒロインも多分に漏れないばかりか厚顔不遜の超絶自己チューがさらに加味される。

本人に結婚の意思がない訳ではないのだが、完璧過ぎる美貌や安定した高収入などが逆に壁となって男を遠ざけてしまう。そして、その真意に気づかず、さらに自分を磨けば磨くほど壁が高くなっていく悪循環である。また、華美な装いも災いして夜の営みもテクニック充分と誤解される始末。つまりは相当にこじらせている熟女なのである。

他にも本作に出てくる女性陣は総じて表向きと裏の本性が異なる存在として描かれている。

このヒロインの旧友であり、主人公へ紹介した人妻熟女から送られてくる学生時代の写真もまた、ヒロインが最初から高飛車だった訳ではなく、年を重ねていくうちにそうなってしまったことを示しているが、主人公もまた三十路を迎えて結婚願望が高まる中で、それでも若い娘には触手が伸びず熟女好きになった過去の経緯があったり、合コンで出会った22歳の一見おとなしい娘が実は経験豊富なS性の持ち主だったりと紆余曲折が描かれている。その意味では酸いも甘いも噛み締めた男女が出会った物語とも言える。

本作に出てくる女性陣の表裏が異なることで官能成分が底上げされている。

清楚で母性的な熟女には淫らな一面があり、クールな熟女は被虐の羞恥に肌を染める。一方で派手な出で立ちであっても意外に身持ちは固かったりする。そんな諸々のギャップの中で重役秘書として男達の視線を浴び、装いも振る舞いも完璧に見せるヒロインの本当の素顔を知るまでに踏み込むことができた主人公。その行く末は、苦行にも似たやり取りを続けたことへのご褒美なのかもしれない。

熟女のダメで面倒臭くて淫らさには正直なくせに恥じらいのオブラートに包むしたたかな側面を描きながら、それをも愛しいとする作者の眼差しを背景に良さがじわっと滲み出てくる作品だったと思う。その分岐点は後半の始まりを告げる第四章であろう。
『俺の美熟女』のレビュー掲載元


内容的な関連性はありませんが、草凪先生と祥伝社文庫のタッグでは「俺の〇〇〇」シリーズと言うべきタイトルの連続が続いています。



2015/2/10 発売
第1弾:俺の女課長
▼この作品のレビュー記事はコチラ。
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-864.html

これほど美しい年上の女を抱いてしまっていいのかどうか・・・丸山麗子、三十三歳。長い黒髪に白い小顔。目鼻立ちは端整かつ涼やか。掛け値なしの美人だった――担当編集、異動希望!? 「これこそ男の夢の職場だ!」ダウンスイングとともに腰が回転し、ミニスカートが翻る。白い尻が、見えた――。過激な接待ゴルフに挑む課長丸山麗子、三十三歳。知的で美しい彼女が、なぜ。理由は超高級マッサージ機を三ヶ月以内に百台売らないと左遷だからだった!セクハラに異常に弱い「泣き虫」が目的のためにとった最終手段とは!? 三人のセクシーで美しい営業部員の活躍を描く、企業官能誕生。



2015/9/2 発売
第2弾:俺の女社長
▼この作品のレビュー記事はコチラ。
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-991.html

鶴谷愛子は急逝した父から建築会社を継いだ三十歳の三代目女社長。黒髪のベリィショートに白い小顔、きりりとした切れ長の眼と、筋の通った高い鼻、意志が強そうに引き結ばれた口許をした気品のある美人だ。そんな彼女を、経理部の三上は副社長派からスパイを命じられ尾行していた。彼が見た、普段とまるで違う可憐で愛らしいもう一つの貌とは!? 赤裸々な羞恥官能の傑作。





本作が一応の第3弾ということになりますが、一見お高くとまっているキャリア・ウーマンは高根の花で自分とは異世界のヒトみたいな捉え方をしてしまうことってありますよね。でも、そんな女性だからこそイイ男に巡り会わない、巡り会えないジレンマがあったり、実は男性恐怖症で近づけたくないから怜悧な鎧を纏っていることもある。それで気がつけば結構な年齢に達している……。

そんな高飛車な、そして高慢な熟女が腹立たしく写るのですが、実際はツンデレっぽく振る舞っているのだと分かれば可愛らしく見えてくるという作品でした。(^^)



そして、全編に漲る 熟女サイコー!のテイストが心地良かったです。この感覚に至り始める第四章まで頑張って読み進めてくださいネww




DMM.make DISPLAY


※各作品のあらすじはAmazonより引用。
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 祥伝社文庫 草薙優

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2