FC2ブログ

2016年の検証と2017年の展望

あけましておめでとうございます。

僭越ながらレビュアーとして10年目を迎える2017年もどうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _;)m



さて、昨年は2016年の予測と展望を勝手気ままに述べた訳ですが、実際にはどうだったのでしょう。

DSK的2016年 気ままな大予測! ~その可能性と展望~
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-1022.html




2016年は下記の5項目について願望を込めた予測を行いました。





1.非官能レーベルの存在感が増す……かも。


これは……実際のところどうだったでしょうか。沢里裕二先生の頑張りは目立ちましたが、正直に申して非官能レーベルの存在感が増すには至らなかったように感じます。そうそう簡単に勢力図が塗り替わることもないってことですかねぇ。



2.寝取られから凌辱と誘惑のクロスオーバーが加速する……かも。


これについては誘惑系がショタコンの方にどんどん進んでしまったようで、全くハズレでしたね。(汗)
熟女が年下の少年を愛でるのは誠に結構なのですが、主人公の幼さがエスカレートしているのは気掛かりであります。さすがにランドセル背負ってそうな主人公は勘弁です……けれども、これはこれで需要があるってことなのでしょうか。



3.官能小説を原作とした他メディアとのコラボからメディアミックスが本格的に始まる……かも。


官能コミックを原作としたノベライズ作品がフランス書院文庫から不定期ながら発売が続きましたし、中には同人コミックを原作とする過激な小説も登場しました。また、日活ロマンポルノの45周年から映画を原作としたノベライズ作品が双葉文庫から登場しました。本格化したとまで言えるかどうかは微妙ですが、模索があって、そして始動したとは言えるかもしれません。

……オーディオブックの Amazon Audible は今どうなっているのでしょう?
……フランス書院文庫で検索すると、2016/8/26以降は出ていないようでした。(^^;)アレレ?



4.挿絵付き官能小説の躍進がある……かも。


オトナ文庫はコンスタントに作品を出版していますが、ひとまず2016年の段階で地殻変動が起こるような動きでもありませんでしたし、リアルドリーム文庫に至っては風前の灯火みたいな状況(哀)ですから、これもハズレましたね。



5.コンサバティヴな読者にも電子書籍寛容の風潮が生まれる……かも。


DSKは完全に電子書籍活用派になりましたけど、世間的にはどうでしょう。一般的には随分と普及したようにも思いますけど、官能ジャンルではまだまだですかね?

電子書籍の何が良いって、いろいろあると思いますが、旧作が手軽に入手できることなんですよね。旧作との距離が縮まった感じでしょうか。これまでは古本に頼るしかない(と勝手に思っていた)ところに「あれ、よく見れば目の前にあるじゃん」といった印象になりますし、書籍サイトによっては割と頻繁に割引セールを行っていたり、BookLive! のようにTポイントが使えたりと頑張っている印象もあります。



そして、電子書籍に関する2017年最初の朗報は フランス書院文庫が Kindle Unlimited で一部復活 したことでしょう。








2017年最初のツイートが ↑ だった訳ですが、どうやら元日から旧作を中心に約90作品ほどが復活したようです。



何らかの形でいずれ復活するだろうと契約を継続しておりましたが、ようやくといったところでしょうか。個人的には今後も増えると予想しておりますので、この機会にまた旧作を読み耽りたいところであります。(^^)



あとは、Amazon以前に読み放題プランを設定していた書籍サイトや、これから設定していく後続のサイトが登場し、群雄割拠して鎬を削るようになってくれると読者(ユーザー)としてはありがたい状況になりますし、何よりAmazonの実質的な寡占状態に楔を打つことにもなって良いかもww





2016年は大きな動きがあまりなかった年だったのかもしれませんが、このジャンルは革命的な何かでもない限りは安定志向なところがありますので、2017年もそれが継続されるのか、あるいは何か大きなうねりが押し寄せるのか……楽しみにしたいところであります。

と言っても目下の注目はやはり電子書籍でしょうかねぇ。(^^;)




DMM.make DISPLAY


関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

明けましておめでとうございます♪

明けましておめでとうございます~。

私も多少、電子書籍は利用していますので、今後品揃いがもっと充実するといいなぁと思いますね。
まぁ、過去記事に電子書籍版のリンクを入れようとして、過去記事の単語がしょっちゅうNGワードになるのが困りものですが(汗)

今更、最近になってちょっとKindle Unlimitedの方に興味が湧きましたねぇ。
読み放題ってのは、結構過去作品を埋めるのには便利だなぁと。
…問題は、読む時間とレビューを書く時間を取れるかって話ですけども(汗)

まぁ、今年もダラダラブログを続けて良ければいいかなとは思っておりますが、今年もよろしくお願いします♪

今年もよろしくお願い申し上げます

DSKです。
あけましておめでとうございます。

>過去記事の単語がしょっちゅうNGワードになるのが困りもの

自分は <a></a> または <span></span> を間に挟み込んで対処していますよ。
「〇〇〇」がNGだったら『〇<a></a>〇〇』と記述して回避しています。
<span></span> の方が確実ですけどね。

>今更、最近になってちょっとKindle Unlimitedの方に興味が湧きましたねぇ。
>読み放題ってのは、結構過去作品を埋めるのには便利だなぁと。
>…問題は、読む時間とレビューを書く時間を取れるかって話ですけども(汗)

全く以って仰る通りでして、フツーに考えれば毎月小説2冊で充分に元は取れる訳ですが、これまで通りに新刊を購入して、レビューを投稿する中で2冊加わるのはなかなかにボリュームのある話なんですよねぇ。

ですから、官能コミックではよっぽどでない限りレビューを投稿する意思を敢えて外し、純粋に読むことに徹する場合も出てきています。

コミックを挟むことで小説も程々に読んで、元はしっかり取って(笑)という使い方になりそうですね。

それでは本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _;)m
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2