FC2ブログ

とろける巫女姉妹(著:美野晶、竹書房ラブロマン文庫)

2016/12/12 発売

とろける巫女姉妹

著:美野晶、竹書房ラブロマン文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

神聖な巫女服を淫らに着くずして…巨乳三姉妹と美熟女義母のめくるめくカイカン多重奏!
アメリカ留学中の青年・沢門信平のもとにある日届いたのは、亡き父親の後妻・千都子からの帰国要請連絡。三人の義姉妹の中から一人と結婚し、実家の神社を継いでほしいというのだ。とまどいながら帰った信平はいきなり義母・千都子の熟した肉体で歓待され、さらに夜ごと義理の姉たちから世にも淫らなご奉仕を受けることに。美尻と巨乳を誇る三姉妹が、恥じらいつつも巫女服姿で欲望を満たしてくれるハーレム。それを堪能する一方で、嫁取りの裏の事情を知った信平の選択は…?汚れなき美女肉の味わい満喫、ゆうわくエロスの最新傑作!
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 安定の激甘愛情物語にファンタジーを添えて, 2016/12/18
タイトルこそ『姉妹』だが実際は生真面目で堅物な姉(26歳)にタイプの異なる二卵性双生児の妹(25歳)の3姉妹であり、主人公(24歳)から見れば3人とも義姉となる。これに派手さと可愛らしさと妖艶さを併せ持つ40代半ばの義母が加わる4人ヒロインの作品である。多人数ヒロインの作品では1ヒロイン1章(1情交)の構成になりがちなところを全員ではないにせよ複数回の情交場面を盛り込んで官能面を底上げし、物語にも起伏を持たせているのは好印象。血縁こそないとはいえ相姦の関係になることが初期設定されていながら誰もが疑問すら抱かず肯定的なことに読み手が疑問を抱くものの、そして、最初から上げ膳据え膳の状況という都合の良さは感じるものの、だからこそ純粋なアプローチが描かれる作品とも言えそうである。

この作者の持ち味である「官能ラヴコメ」や「官能ライトノベル」的なテイストからすれば妥当なファンタジー設定と言えるが、神社を舞台にしていることにきちんと意味を持たせており、設定ならずストーリーまでも後半からファンタジーな色を帯びていくのはご愛敬として読むのが得策であろう。そして、このテの作品では珍しく主人公がチェリーではないどころか渡米生活で相応以上の経験を積んでおり、それが官能描写を特徴づけている。押しに弱い被虐性を有するヒロインに反応して僅かながら荒ぶる主人公という構図である。年上の優位性で迫るも返り討ちに遭って悶絶してしまう淫猥さや、無垢な恥じらいから感応高まって乱れてしまういやらしさに満ちた描写が続く。

久方振りの再会もあってややぎこちない距離感を醸す長姉や末姉に対して次姉や義母は初手から近しく親しげに接する始まり方。元来の帰国は神社の将来に関わる大事な理由によるものだが、その真相は後半までのお楽しみとして、まずは義母から末姉、次姉の順で次々に迫られる主人公である。

終始マイペースに義息たる主人公を愛でる義母は次第にオンナを思い出し、控えめな末姉は本意を吐露して結ばれ、男勝りでがさつな次姉も対抗心を煽られる形で結ばれていく。それぞれが秘めていた主人公への想いがタイプに応じて表出されていくのは愛らしく、わだかまりがなくなってからは大胆にもなっていく。しかし、主人公は以前より長姉に想いを馳せており、過去の経緯もあって最も距離感がある(と主人公は思っている)長姉とはいろいろとすれ違っている。そんな主人公は久し振りに見るベッタベタの鈍感であり、それ故にラブコメ的には王道のストーリーが紡がれていると言えよう。

長姉もまた不器用なので一向に距離が縮まらず、その雪解けには相当な事案が必要と考えたのか、意外性のある物騒な事件が唐突に勃発する。これにより長姉の本心が発露されるのと同時に主人公自身も知らぬうちに潜められていた秘密が顕現することとなるのだが、このパワー(?)が官能面でも発揮されるのは言うまでもなく……もっとも、それがなくともヒロイン達の溢れんばかりの愛情が補って余りあるだろうが……美野作品には珍しい結末を迎えている。中には重みを感じるくらいに変貌した姉もいる程の、その想いの強さに最後まで決断できない主人公はヘタレっぽくもあるのだが、義母をも加えた争奪戦は終わることなく、官能的に素敵な家族として今後もきっと続いていくのであろう。
『とろける巫女姉妹』のレビュー掲載元


今回も安定の美野作品でしたが、結末が普段とは異なっていました。

珍しいことにハーレムエンド。

いつもはメインヒロインと2人っきりになってアハハウフフでハァハァなヤリまくり三昧の日々で終わるパターンなのですけれど、今回はちょっと変えてきました。



にゃらさんのブログに投稿されている本作の紹介記事です。
美野晶「とろける巫女姉妹」(竹書房ラブロマン文庫、2016年12月、表紙イラスト:大柴宗平)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)とろける巫女姉妹 (竹書房ラブロマン文庫) [文庫]美野 晶竹書房2016-12-12【あらすじ】留学中の青年・信平はある日、義母の千都子より実家の神社の後継ぎとなって欲しいと帰国の要請連絡を受ける。しかも千都子の実娘である三人の義姉のなかから一人と結婚しなくてはならず、想...
美野晶「とろける巫女姉妹」





そろそろマンネリの声が聞かれてきそうな気もする鉄板のパターンが出来上がっている美野作品ですが、個人的に「またかよ」感はまだないですね。

……時々ちょっぴり感じることはありますけど。(汗)

官能ラヴコメ、官能ラノベと言える胸キュンの恋愛要素を堪能したい読者にはうってつけとして未だ健在だと思いますよ。




DMM.make DISPLAY


関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 竹書房ラブロマン文庫 美野晶

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2