FC2ブログ

2017年1月の気になる官能書籍

2017年1月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!



▼フランス書院文庫


2017/1/23 発売

人妻【暴虐】牝狂い(著:鳴沢巧)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
(あなた、ごめんなさい。淫らな私を許して)
29歳の女陰へ荒々しく押しこまれる元上司の凶棒。
「やめて、お願い、駄目……あ、ああっ、んっ!」
曜子の幸福な新婚生活を暗黒色に塗り替える暴虐の嵐。
恥辱の痴漢電車、露出プレイ、無慈悲なSM調教。
その先に、狂おしき性地獄が待っていたとは!


熟女全盛の昨今ですが、新婚妻は以前から狙われやすいヒロインの代表格ですよね。



2017/1/23 発売

徹底服従-彼女の母、彼女の姉、義母(著:上条麗南)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「静馬様のモノでイカされますッ。舞、許して」
獣の体位で熟臀を貫かれ、娘に詫びて極める裕美。
38歳の熟れた肉体めあてに自宅へやって来る青狼。
白昼のバスルーム、リビング、神聖な閨房で、
三穴に注がれ、次々に開発される新たな性感。
娘への罪悪感は肉のよろこびの前に崩れ去り……


よくよく考えてみれば、目の前に若い彼女がいるのに母へ矛先を向けるってのはどんだけ熟女好きなのか、最初から熟女狙いのツバメにでもなっていればいいじゃないかとも思うんですけど、手の届かない相手だからこそのヒロインなのでしょうねぇ。



2017/1/23 発売

筆おろし教育実習-女教師母娘、ママが…(著:七海優)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「実習中は毎日エッチな指導もしてあげる」
舌先で太棹のカリ首をチロチロとくすぐる女教師。
教育実習で母校を訪れた僕を待っていたのは、
担当の瀬川先生から受ける初体験レッスン!?
濃厚フェラ、パイズリ、童貞筆おろしセックス……
家に帰ればママまでが深夜の「特別補習」を……


これはまた甘そうなテイストが期待できそうですけど、サブタイトルが『母娘』ですから瀬川先生の娘が同級生とかで出てくるのかな?



2017/1/23 発売

隣りの席の女-無理やり姦係(著:相馬哲生)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「仕事中ずっと妄想していたぜ、お前とのセックスをな」
隣席の美尻に手を伸ばし、新入社員の耳元で囁く達彦。
スカートを剥きあげ、23歳の秘唇に猛る硬直を突き入れる。
残業オフィス、出張中の飛行機、映画館、通勤電車……
隣りに居合わせた垂涎の美女を、俺だけのM奴隷に!
手を伸ばせば邪欲が現実に――ここは夢の楽園!


4人ヒロインの作品みたいですから、あらすじのシチュエーション毎に別の女性が出てくるのでしょうかね。



2017/1/23 発売

四泊五日の修学旅行で襲われた三人の女教師(著:榊原澪央)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「先生、フェラぐらい修学旅行中に覚えて帰れよ」
教え子に命じられ、舌を肉茎に這わせる由紀枝。
生徒たち憧れの清楚で厳格、快活なマドンナ教師が、
性に飢えた若い男子の罠に堕ち、精液漬けに!
家族風呂で、白昼のビーチで、見学先の施設で、
卑猥な責めを受け、淫らに狂う三匹の女教師!


四泊五日の日程で1人の女教師をじっくりこってり調教する方がイイように思いますが、最近の風潮はやはり多人数なのでしょうか。



2017/1/23 発売

てほどき未亡人兄嫁-独り身(著:鷹山倫太郎)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
(!!……とうとう義姉さんが裸になって、僕の目の前に)
予想以上に豊満な美乳、肉感に満ちみちた腰まわり。
汗ばんだ太ももの狭間には夢にまで見た鮮紅色の秘唇が……
真夜中の寝室で施してくれた甘い手しごきと濃厚フェラ。
結婚指輪をはずし、憧れの兄嫁がついに一匹の牝に!
僕を大人にしてくれる最高のてほどき体験、開幕!


嗚呼、愛しの兄嫁、といった憧憬の彩りが加味されたテイストを期待したいですね。



▼二見文庫


2017/1/26 発売

女医・真結子-診てください(著:小玉二三)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「医療道具は揃っていますよ……」正体不明の老人たちが女医のからだに手をのばしてきて……
母の再婚先の病院を急遽継ぐことになった真結子だが、遺産問題、開院準備があり、心細い状態にあった。その結果、義兄の資産家の友人に相談することになり、彼の豪邸を訪れたものの、閉じ込められてしまう。その夜から、好色な老紳士たちによる問診、触診や内診が始まって……。人気女流が羞恥の極みを描いた書下し官能!


一応、女医がヒロインのようですが、基本的には監禁羞恥の嬲り展開みたいですね。



▼竹書房文庫


2017/1/23 発売

後妻の島(著:葉月奏太)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
◎孤島を快楽の園に変貌させる魔性の美熟女!
九條祐二は久しぶりに故郷の沖ノ果島に帰省した。九條家は代々この孤島の統治者であり、父亡き後は兄の貴久が継ぐはずだったが、いまは生前の父が娶った若き後妻・響子が全てを仕切っていた。響子は本土から流れてきた謎めく美熟女で、人々を籠絡し、島の支配者として君臨していた。祐二はそんな現状に反対するため戻ってきたのだが、入浴中に響子が忍んできて、巧みな愛撫で絶頂させられる。さらに響子の命を受けた女中からも夜這いを掛けられ、快楽に翻弄されていくのだった…。果たして祐二は妖しき後妻から島を取り戻せるのか!? 書き下ろし淫惑秘境エロス。


ちょっと妖しい感じが気になりますね。



2017/1/30 発売

ゆうわくエアポート(著:橘真児)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
熟れごろCAからウブなCA、乗客の未亡人まで…空港を舞台にした魅惑の青春官能ロマン!
中江聡史は少年時代からパイロットに憧れていたが、夢破れて空港の職員として働いていた。おまけに女性に縁がなく、二十三歳にして未だ童貞だ。そんな浮かない日々をおくる聡史だったが、ある日、人妻CAの保奈美と知り合い、彼女から誘惑されて初体験を果たすと、続いてお客の未亡人からも甘い誘いを掛けられる。急に巡って来た女運に溺れていく聡史だったが、幼なじみの春華と空港で再会し、心が揺れる。春華は幼い頃の夢を叶えてCAになっており、美しく成長した彼女に惹かれていくのだが…!? 気鋭がおくる青春誘惑エロスの快作!


今回は空港と飛行機内に舞台を移してのチェリー卒業物語のようで。



▼双葉文庫


2017/1/11 発売

濡れた証拠(著:櫻木充)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
密かに想いを寄せていた、亡き母の面影を宿す生保レディ。成約の見返りに個人的なサービスをしてくれると言うのだが。(「蜜約」) 介護福祉士のセフレから聞かされた、資産家の奥様の浮気願望は本当なのだろうか。(「みちびかれて」)他、表題作「濡れた証拠」、書き下ろし作品「嘱託レイプ」を加えた4編を収録した、傑作オリジナル官能作品集。

前作もこんな中編集だった気もしますが……。



2017/1/11 発売

女連れ開運ツアー(著:霧原一輝)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
リストラで子会社に出向させられ、妻とも別れた49歳の榊原喜久夫。唯一の楽しみは国内ツアーに参加することだ。そんなある日、京都へのツアーで顔見知りの若い女性と再会する。その26歳のOL・小泉香奈は、本当は恋人と参加する予定だったが、彼から突然別れを告げられ、ひとりで参加したという。似たような境遇のふたりは意気投合、どちらからともなくお互いを求め合い、熱い夜を過ごす――。書き下ろし回春旅情ロマン。

主人公の年齢が49歳で「回春」はチト早くありませんかね。(^^;)タラッ



2017/1/11 発売

みだれ浪漫-Say-Ai Collection(著:睦月影郎)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
十八歳の浪人生杉坂治郎は、自宅近くのギャラリーで、バイトを始める。古い洋館をそのまま使ったギャラリーの地下室を掃除していた治郎だが、突然の地震のために、出口の蓋が閉まってしまう。何とか地下室内に別の扉を見つけ、外に出た治郎の目に飛び込んできたのは、見慣れぬレトロな光景だった。時空を超え、さまよい込んだ世界で、治郎は淫欲の日々を過ごすことになる――。紳士淑女が楽しむ、大人のための性愛小説復刻版。

睦月先生らしいSF官能ロマンといったところでしょうか。



▼祥伝社文庫


2017/1/12 発売

淫爆-FIA諜報員:藤倉克己(著:沢里裕二)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
爆弾テロから東京をまもれ。江戸っ子諜報員は、お熱いのがお好き!とっても淫らな国際スパイ小説
総務省消防庁情報局(FIA)の藤倉克己(ふじくらかつみ)は、秘密諜報員である。米国CIAとの会合後、祖父のワシントン土産(みやげ)に養毛剤を購入。だが帰りの機内で、いきなり美女に濃厚なサービスを受け、空港で屈強な男に襲撃される。狙(ねら)いが養毛剤と踏んだ藤倉は、その調査に着手する。だが、次々と魔手が迫り、やがて、謎のロシア美女と恐るべき効能が明らかに……。熱さ伝わるエロス&サスペンス!


本作は諜報員ですが、広義の刑事モノとすれば沢里先生の世界が祥伝社文庫にも拡散するようです。
しかし、狙いが養毛剤って……爆弾テロなんですよね?(笑)



▼イースト・プレス悦文庫


※右側は底本の表紙。
2017/1/8 発売

蝮の舌(著:うかみ綾乃)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
生田流箏曲天道会の家に生まれ育った美人姉妹・京香と清香は四年に一度の祭事≪蝮をどり≫を目前に二人を支配しようとする箏奏者・笠原と禰宜・稲川の卑劣な罠に堕ちる。姉に嫉妬心を持つ清香は稲川の甘い誘惑に身を売り、笠原に呼び出された京香は計ったように現れた稲川に追いつめられ、二人の巧みな淫戯で嬲られてゆく。祭事当日、舞台が炎上し、姉妹を見守ってきた使用人・政巳は京香の手を取り蝮の棲む森へ踏み入る。京香の本能は剝き出しとなり――。団鬼六賞大賞受賞作が遂に文庫化!

2012年に小学館クリエイティブより単行本で発売された『第二回団鬼六賞』大賞受賞作の文庫化です。



2017/1/8 発売

おじさま上司と桃尻社員(著:早瀬真人)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
さえないサラリーマンの内村は新入社員の桃子と満員電車で遭遇し、意図せず彼女と密着する状態となってしまう。若々しい肉体を前に欲望を抑えきれず痴漢をしてしまった内村。その夜、桃子に呼び出され、責任をとってほしいとつめよられる。ところが彼女から「私と交際してください」と言われる意外な展開に。ふたまわりも年下の桃子との関係に葛藤しながらも、内村は彼女の若い肉体と従順な姿に夢中になり、自分色に染めていくことに喜びを感じていた。だが予想外の事態が待ち受けていて――。著者渾身の衝撃作!!



2017/1/8 発売

人妻になった義姉(著:葉月奏太)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
継母を亡くし、血の繋がらない姉・詩帆とふたりで生きていくことになった俊平。隣で眠る義姉の姿にかつてない激情を覚え、それからずっと詩帆にだけ想いを寄せていた。結ばれることのない、許されない関係。やがて義姉は結婚し人妻となってしまった。義姉夫婦の初夜を盗み見た俊平は詩帆の媚態に釘づけに。そんな俊平が、大学の後輩でアイドル的存在の茉莉亜から告白される。義姉の反応を確かめたいという誘惑に逆らえず、彼女と付き合うことになるのだが――?

覆水盆に返らず系の切ない物語なのでしょうか。



▼オトナ文庫


2017/1/13 発売

寝取りの蜜約-ミダラに惑う姉妹の淫果(著:雑賀匡、画:竜太)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
学習塾で講師を務めている桐生浩介は、ある日、塾に通う女子校生の佑奈に、『姉を犯して欲しい』とお願いをされる。対価として己の処女を捧げるという佑奈の条件に乗った浩介だが、その姉とは、学生時代の同級生である香奈だった。憧れだった存在を汚すことに戸惑いはあったものの、佑奈による前払いの口淫や、香奈の魅力的な身体に対する好奇心の後押しもあり、彼女をホテルへ連れ込み凌辱を決行する…。

あらすじでは誰からの寝取りなのかがよく分かりませんね……姉は人妻なのでしょうか?
妹の意図も不明ですから、もう少し触手が伸びるようなあらすじをお願いしたいものですねぇ。



▼富士美コミックス


※右側は底本の画像。
2017/1/30 発売

Heavenly〈通常版〉(著:Cuvie)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
ドラマチックで叙情的作風の俊才・Cuvieが「異性の目覚めた淫汁滴る女たち」に拘り描いた『Heavenly』が秘蔵原稿44ページを追加収録+描き下ろしイラストの新装丁にて新発売。

2013年にオーディオドラマDVD付きで発売された作品の通常版ですね。
追加収録の作品が気になります。



にゃらさんのブログにある新刊情報
2017年を迎えました。本年もどうぞ宜しくお願い致します。●フランス書院文庫2017年1月刊情報「これから出る本」(公式ホームページ)近刊検索サイトやそのデータを使用しているAmazonなどの通販サイトでは先に情報が出ているのに、公式ホームページでは刊行日直前にならないと出て来ないのは、前月発売作品の売上に影響を与えないようにとの配慮だと思われます。しかし公式ホームページなだけに他サイト以上に先に出していただきた...
2017年年始のご挨拶






DMM.make DISPLAY


※作品のあらすじは各出版社の公式サイトおよび Amazon、honto、DMM.R18 より引用
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017年年始のご挨拶

2017年を迎えました。 本年もどうぞ宜しくお願い致します。 ●フランス書院文庫2017年1月刊情報 「これから出る本」(公式ホームページ) 近刊検索サイトやそのデータを使用しているAmazonなどの通販サイトでは先に情報が出ているのに、公式ホームページでは刊行日直前にならないと出て来ないのは、前月発売作品の売上に影響を与えないようにとの配慮だと思われます。しかし公式...

コメント

非公開コメント

本年も宜しくお願い致します

にゃらです。2017年もどうぞ宜しくお願い致します。

2016年も何だかんだ言いながらもフランス書院文庫の年間刊行の三分の二を購入して、大半のレビューを書くことになりました。ある巨大掲示板では私たちは広報担当と見なされているようでして(苦笑)それならもっとヨイショするでしょうと苦笑いする他にないのですが…。

昨今のフランス書院文庫の凌辱作品は、何処かで誘惑作品のヒロイン像とダブるものがありまして、前月読んだ蜜蟲さんなんて、まさに熟女好きなあの方じゃんと感じながら読んでいました。その辺の事情は当事者しか分からないしきっと明かすことはないとは思いますが、書き手さんが不足気味で複数の名義を持たざるを得ないのかなと推察しています。

2017年は果たしてどうなんでしょう。前回の官能大賞で高評価の新人さんが2月デビューの予定です。去年の後半は凌辱の新人さんが多かっただけに、本格的な誘惑作品の書き手が一人増えることに喜びを感じています。今の流れを変えるまでには至らぬとも、誘惑作品好きとしては一つのきっかけになればと期待しています。

こちらこそよろしくお願い申し上げます!

DSKです。
あけましておめでとうございます。

> 書き手さんが不足気味で複数の名義を持たざるを得ないのかなと推察しています。

新人でも別名義でも内容が良ければと思うのですが、その見極めが軽いと言いますか、もうちょっとじっくり育ててあげた方が作家はもちろんのこと、巡り巡って自分たちの利にもなるとも思うんですけどねぇ。

> 2017年は果たしてどうなんでしょう。

電子書籍の普及がより一層進むであろう2017年は意外にも旧作にスポットが当たって、新旧の垣根がかなり低くなると予想しています。

・発売されてしばらくは購入できない新作に比べてスグに買える旧作
・発売された時は買わなかったけど実はちょっぴり気になっていた旧作
・何かと割引される機会も多い旧作

あれ、電子書籍の旧作って環境的には結構恵まれてない?という気がしています。

それでは、今年もよろしくお願い申し上げます。m(_ _;)m

新装版

今知った情報ですが、葉月奏太作品の『蜜会 濡れる未亡人 <新装版>(仮)』が3月に発売されますね。

葉月奏太作品は、『ピンクのカーテン』は既に持っていたので、それ以外の43作を先月から買い漁って、一昨日、紙の本で全て揃え終わったのですが、まさか新装版が出るなんて……。『蜜会 濡れる未亡人』は中古本で新品より高い値段で購入したのに……。

もしかしたらラブロマン文庫の他のも竹書房文庫で新装版としていずれ出るかもしれませんね。廣済堂出版の3作も竹書房文庫で再版されたりして。

初期の本のうち10作は中古本で購入したので、もし新装版が加筆修正なしだとしたら悲しいです。

葉月作品

DSKです。
コメントありがとうございます。

>葉月奏太作品の『蜜会 濡れる未亡人 <新装版>(仮)』

このデビュー作が発売された時は注目を浴びたようで、当時の特選小説増刊号『こんな官能小説が読みたかった!』でも多くの先生方が注目の1冊に挙げていた記憶があります。自分は随分経ってから読みましたが、2人の男が1人のヒロインに迫り合う構図と押しに弱いヒロインの官能描写の良さに新味を感じて「これは確かに注目されるわ」と思ったものです。(^^)

>先月から買い漁って、一昨日、紙の本で全て揃え終わったのですが

ええっ!凄いハイペースで、しかも全作コンプリートですか!凄い熱の入れ方じゃないですか!

>まさか新装版が出るなんて……。

竹書房ラブロマン文庫で人気の作家さんは割と〈新装版〉が出ますよね……。(^^;)

>『蜜会 濡れる未亡人』は中古本で新品より高い値段で購入したのに……。

この作品、まだ持ってるかも……高値なんですね。

>もしかしたらラブロマン文庫の他のも竹書房文庫で新装版としていずれ出るかもしれませんね。廣済堂出版の3作も竹書房文庫で再版されたりして。

本来は葉月先生よりずっとベテラン作家さんの作品が〈新装版〉で再販されやすい気もしますが、一度出るとなれば今後も可能性はありますね。

>新装版が加筆修正なしだとしたら悲しいです。

う~ん、どうでしょう。
〈新装版〉だと加筆・修正されることが多いとは思いますけど、その程度は分かりませんし……しっかり加筆・修正した時は末尾に「大幅に加筆・修正」と記載されることもありますけど……こればっかりは手に取ってみるか葉月先生がブログで加筆・修正の度合いを書き込んでいただくことを祈るしかないのかも……。(^^;)

しかし、葉月先生のファンが増えて嬉しいです!
先生に代わって御礼申し上げます。(笑)

No title

デビュー作から注目されていた作家だったんですね。フランス書院とマドンナメイト文庫以外はあまりチェックしていないので、竹書房では人気作家の新装版が出る場合がある事も含め、知りませんでした。

『ピンクのカーテン』を購入して葉月奏太作品に関心を持ったものの、そそられない書名が多いように感じて、購入検討が後回しになっていたのですが、出版社毎にチェックしてみたらイースト・プレスや実業之日本社のものが気になったので購入したのですけど、男と女の関係などが良い感じだったのが切っ掛けになりました。

葉月奏太作品を探していて、良いサイトを見つける事もできました。以下のサイトは東京都書店商業組合青年部のものですが、使い勝手は悪いのですけど、全国の書店の在庫が調べられるそうなので、これで『初めては、おじさまがいい』が置いてある書店を見つけ、その書店に電話をしたら代引きで送ってくれるとの事で新品を購入できました。
http://www.tokyo-shoten.or.jp/kumiaimap_utf8.htm
トップページを見るとリアルタイムなのは一部の書店らしいので、入荷を調べるには不向きかもしれないですけど、通販サイト、問屋、出版社に既刊の在庫がない場合に、どこかの書店に無いか調べるのに役立つと思います。

実は橘真児作品にも興味があるのですが、デビューしてからの年数を考えると、初期作品は中古本で綺麗なものを入手できないでしょうし、作品数も多い為、こちらは紙の本にこだわらずに、(まだまだ先の話になりますけど)電子書籍でもいいかなと考えています。

早く電子書籍の環境が良くなるといいですね。はっきり言って、今の状況には納得していないので、電子書籍への移行は控えています。

旧作深訪

DSKです。
コメントありがとうございます。

>デビュー作から注目

3作目の『蜜情の宿-ふしだら若女将』がデビュー作と同様の人物構成で、官能面がさらにブラッシュアップされた作品として一番のお気に入りです。そして、『二階堂家の兄嫁』シリーズ(全3作)はヒロインから3代を遡る壮大な官能大作絵巻になってますから、そちらも是非。(^^)

下町人情劇からシリアスな路線まで作風が幅広いですし、「黒本」のような一竿の縛りもないですから寝取られとかもがっつり描いているのが葉月先生の特徴だと思います。もっとも、それだけの自由を獲得できる実績があったのでしょうけれども。

>『ピンクのカーテン』

この作品は入手したものの未読でして……。(汗)

>イースト・プレスや実業之日本社のもの

イースト・プレス悦文庫からの作品が粒揃いで良かったですよ。

>良いサイトを見つける事もできました。

情報ありがとうございます!

>実は橘真児作品にも興味が

橘先生も「月刊橘」状態ですから葉月先生以上に追いかけるのが大変ですよね。最近は若手の社会人童貞主人公が年上のお姉さん達から次々に迫られる甘い作風が定着していますけれども、以前は割と幅広いテイストの作品を出していました。二見文庫や祥伝社文庫の作品に毛色の少々異なる作品がありますので、攻めるならその辺りからだと面白いかも。

都会に疲れて里帰りした主人公が故郷でひっそり暮らす母や祖母を通じて老老介護にまで思いを馳せつつ、かつての同級生ヒロインとの切ない情交を重ねた果てに壮大なファンタジーでクライマックスを迎える『恥じらいノスタルジー』(祥伝社文庫)では官能小説で号泣という、おそらく最初で最後であろう経験をしました。(*^^*)

>早く電子書籍の環境が良くなるといいですね。

今ではすっかり電子書籍活用派になりましたが、それでもフォーマットが統一されていないので Kindle、honto、BookLive! の3つを併用するハメに陥っています。(^^;)

Kindle = Unlimited 用。使い勝手は最悪。
honto = 毎月のポイントによる割引が使えるから。使い勝手は Kindle より多少マシな程度。
BookLive! = 独自のクーポンで割引があることと使い勝手の良さからメイン。

個人的には BookLive! のフォーマットに統一していただきたいwww
コレ、ホント使いやすいです。Tポイントが貯まる&使えるのもグッド。

電子書籍の現状の魅力は旧作が(全部ではありませんが)手頃で買えることですね。Kindle でも一部の「黒本」作品が期間限定で 162~324円 になったり、honto や BookLive! では10~40% の割引を随時行っています。

葉月先生のデビュー作も Amazon のマーケットプレイスで結構な値がついていますが、Unlimited 対象なので読むだけなら0円(月額980円)ですし。
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2