FC2ブログ

ママは美人看護婦-童貞治療日記(著:鬼頭龍一、フランス書院文庫)

2003/11/23 発売

ママは美人看護婦-童貞治療日記

著:鬼頭龍一フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

私はいけない母親……息子の××を口にしたりして。
私はいやらしい看護婦……患者に××を触らせたりして。
禁断と知りつつも、淫汁を零し震える息子の肉棒を慰め、
性に目覚めた患者の少年に乳首を与えてしまう佐知子。
熟れた女肉が若牡たちのつきぬ欲望に抗えないのだ。
その先にさらなる倒錯が待っていたとしても!
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 看護婦として母として, 2016/12/7
2002年3月より呼称が「看護師」と改められながら翌年11月発売の本作でタイトルが未だ『看護婦』なのは、当時はまだ定着していなかったのか、あるいは言葉の持つ圧倒的に官能的なパワーを活かしたかったのか。そんな当時の実情はともかく、今はもう見られなくなった白衣のスカートスタイルにナースキャップで描かれれば、その装いと振る舞いこそが「白衣の天使」であり、やはり『看護婦』と表記したいのは充分に理解できるものと解釈する。看護婦にして母である【佐知子】32歳の慈愛と献身が官能小説というフィルターを通して描かれた作品である。

15歳の義息と14歳の患者。

息子には義母として、患者の少年には看護婦として接する佐知子。まるで2本のレール上を走るがごとくにこの2人が交錯することはないが、少年に得も言われぬ親近感を抱く佐知子の心情は交錯し、少年にもまるで母のように接していく。事故による少年の記憶障害を不憫に思う気持ちもあるが、初心な反応に以前の義息を重ねているようでもある。何故なら義息とは既に男女の仲だからである。冒頭から玄関先で迫られ、止む無くお口奉仕で済ませようとも昂りを覚えてしまう佐知子が描かれることで滑り出しは上々。その後も義息との不貞の関係が続き、次第にお尻への関心も高めていく義息はやや調子に乗っている様子でもある。

最初から一線を越えている義息に対して、病室で営まれる少年との関係は触れ合いから徐々に進んでいく導きの展開。かと言って佐知子が淫らに誘うでもなく、看護の中で芽生えていく母性的な感情の発露と初心な少年への好奇心にも似たアプローチである。いつも笑顔で迎えてくれる少年への眩しさも加味され、常にベッドへ腰かける距離感で始まるのが艶めかしい。そこからは、およそ看護婦に抱くほぼ全ての妄想的シチュエーションが順次描かれていくのだが、その序盤で生じる官能的な控えめさを補うのが義息という構図でもある。病院では看護婦として、帰宅すれば母として、そしてオンナとして佐知子が求め、求められる日常が描かれているとも言えよう。

しかし、佐知子が秘密にしてきた悲しい過去が終盤で判明し、これが少年とのさらなる繋がりとなっていく。ベタな展開ではあるが、起承転結に則った構成として効果的ではある。憂いを残すも義息との相姦を享受していた佐知子にとって後の祭りとはいえ禁忌にも程があるという状況に置かれ、深い悲しみに包まれる。

そんな自分を律してほしい、お仕置きしてほしいと懇願する義母の豹変に戸惑いながらも応える義息には心境の変化も現れ、母への愛しさがさらに増しているのは好印象。そして、最後の夜に営まれるのは何もしてやれなかったと悔やむ「母」が示した、少年を「男」にして送り出す惜別の儀式である。
『ママは美人看護婦-童貞治療日記』のレビュー掲載元


2003年という頃合いがそうさせたのでしょうか……いろいろなところで新旧が織り交ぜられているような作品でした。

敢えての「看護婦」でありながら、患者のストレス軽減から従来の6人部屋から4人部屋へと移行している現状には作中で対応しています。それでいて旧来からの王道路線である「母と息子」……息子は何も義息だけとは限りません……で優しく展開していく相姦ストーリー。

官能成分も申し分なく、全体としても心地の良い作品でした。(^^)



個人的にはヒロインの佐知子さんが常にベッドへ腰かけるのがツボでしたねw

何気ない仕草としてサラリと挟み込まれてましたけど、よくよく考えてみれば、職務としてフツーあり得ないことですから「なんかイイなぁ」みたいなww



ついでに申せば、「黒本」黎明期から活躍されている新井田孝御大の筆による表紙カバーイラストもイマドキ……と言っても2003年ですが(汗)……に通ずるほど洗練されていますよね。

これは新旧と言うより、現役がちゃんと今風に対応しているってことでしょうかね。





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 鬼頭龍一

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2