FC2ブログ

てほどき美熟女-清楚妻・淫ら妻・癒し妻(著:庵野音人、フランス書院文庫)

2016/10/26 発売

てほどき美熟女-清楚妻・淫ら妻・癒し妻

著:庵乃音人フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

とろける蜜壺で大人の世界を教えてくれる優菜(31)。
美尻を恥ずかしげにくねらせ肉茎をねだる麗子(39)。
清楚な容貌から想像できない淫猥女体の沙耶子(35)。
一途な熱視線をぶつけてくる広樹のあり余る劣情が、
熟妻たちのやり場のない濃厚フェロモンに火をつけて……
童貞青年に突然訪れた「てほどきづくし」の日々!
(引用元:Amazon)


★★☆☆☆ 独り善がりが目立ってばかりの主人公に共感できない, 2016/12/7
ヒロインの1人【麗子】が主人公に話を持ち掛ける点ではタイトルにある『てほどき』かもしれないが、全編を通じて熟女からの「性のてほどき」はなく、血気に逸った、むしろ血迷ったとさえ言えそうな20歳の青年が相手のことなど顧みず、己の欲望をぶちまける官能に終始した作品との印象である。麗子の思惑もあって半ばけしかけられている形の主人公には同情の余地も残るが、それにしても我を忘れて挑みかかり、侮蔑にも取れる羞恥の言葉責めを執拗に繰り返しては嫌がる熟女を組み伏せていく姿に全く共感できなかった。本作に登場する3人のヒロインは初期設定で主人公に愛情的な好意を抱いていないのである。

家庭教師の主人公に我が子を預ける麗子を含む母達【沙耶子・優菜】は真面目で実直な先生として慕っているが異性とは見ておらず、これに対して主人公は沙耶子に猛烈な愛情を抱いている。このズレを官能面でもそのまま引きずっているようで、本来なら情交に及ぶ前にあって然るべき手順を飛び越えた、唐突かつ有無を言わせぬ手篭めのような迫り方と責め方が大半。そんな主人公は痛々しくもある。凌辱作品のごとき官能描写でありながら、冷静さを取り戻すと大いに後悔して落ち込む普段の主人公にはそれらしさがないため、テイストとしてどっちつかずの中途半端さを感じる。

初期の段階で僅かばかりでも沙耶子から好意を抱かせるか、あるいは振り向かせるアプローチを盛り込む必要があったのではなかろうか。ほぼ序盤の情交要員でしかなかった優菜はいなくても成立するストーリーなので2人ヒロインで良かったのかもしれない。

また、一度は袖にされた主人公が沙耶子の秘密を知ってまたもや住居不法侵入的に押しかける中盤を経てから訪れるクライマックスは沙耶子への愛情をこれでもかと見せつける場面ではあるのだが、その心意気や良しとしても他に方法はなかったのかとツッコミたくなる変態チックなもの。フツーならドン引きではないかと思うところで沙耶子が急にショタコン的愛情スイッチを全開にするのも首を傾げる。ここはちょっと無理のある展開だったと感じざるを得なかった。

感情の推移があまりスムーズでないところへ麗子に忍ばされた属性が回り道をしているようでもあり、何ともスマートな纏まりに欠ける作品に写ったと言わねばならない。あるいは諸々の要素をそれぞれ少しずつ盛り過ぎたのであろうか。砂糖の入れ過ぎたコーヒーを飲んだけど甘くないばかりかまだほろ苦いみたいな印象である。

デカ乳輪・剛毛・ガニ股といった作者の最近の趣向に今回は新たな要素が加わった官能描写もまた個人的にはちょっとやり過ぎに思えてくる。清楚で慎ましやかな普段とのギャップを描くものだったハズだが、ここまでくるとギャップを越えて本分を喰ってしまっているようにも写る。3人とも似通った官能描写だったことも一考の余地を残すが、何より淫らに乱れてもヒロインの品格や美しさは相応に残しておいていただきたいものである。

誰よりも作者のファンとの自負はあるが、だからこそ是非ははっきり示したいとの思いから今回は辛口になったことをお許しいただきたい。
『てほどき美熟女-清楚妻・淫ら妻・癒し妻』のレビュー掲載元


プロ野球で好きな球団が負けることもあるように、お気に入りのサッカークラブだって負けることがあるように、ファンである作家さんの作品であっても相性が芳しくないこともあります。

……なんかヘンな例え方をしてますが(^^;)、つまり、どんだけファンであっても気に入らない作品は存在しますし、レビュアーとして気に入らなかった作品にはそのように投稿します。



だったら投稿すんなよ!というご意見もごもっともですが、レビュアーとして読み終えた以上、それがたとえネガティヴなものであったとしても何かしら書きたい衝動が芽生えた以上、レビューは投稿します。



山があるから登りたくなるのと同様に、描きたい世界が見えたから小説を書きたくなるのと同様に、述べたくなるからレビューするのです。



にゃらさんのブログに投稿されている本作の紹介記事はコチラから。
庵乃音人「てほどき美熟女 清楚妻・淫ら妻・癒し妻」(フランス書院文庫、2016年10月、表紙イラスト:新井田孝)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)てほどき美熟女: 清楚妻・淫ら妻・癒し妻 (フランス書院文庫) [文庫]庵乃 音人フランス書院2016-10-26【あらすじ】家庭教師として出入りしている細川家の夫人の沙耶子に想いを抱いていた広樹だったが、彼女の友人の麗子から仲を取り持つ代わりに隣人の優菜...
庵乃音人「てほどき美熟女 清楚妻・淫ら妻・癒し妻」





かと言って、レビューによって売上に多少なりとも影響が出るであろうことも承知しています。

ですから、そんな時は少なくとも1ヶ月以上、次月の作品が発売されてしばらくは投稿を控えています。

10月に発売された本作への投稿も12月に入ってからでした。





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 庵乃音人

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2