FC2ブログ

フランス書院サイトの新たな動き

フランス書院のサイトがリニューアルしましたね。



フランス書院
http://www.france.jp/




キーワードからの検索結果(表示)が縦の順並びではなくなってしまい、正直なところ見づらくて個人的にはイヤなのですが(^^;)、今後は電子書籍化作品を中心に「試し読み」が増えていくそう。

これまでの「立ち読み」はそのままに本編の第一章相当分が「試し読み」となるようです。

あと、全体的には電子書籍の直販を推進したいような思惑を感じさせるページレイアウトと言えますねw



まぁ、DSKはクレジットカードのポイントが貯まる書籍サイトへわざわざショッピングモールを経由して2倍、4倍、6倍、サイトによっては11倍にもアップさせて買うような輩なので直販から購入することはまずありませんけどね。(苦笑)





そして、美少女文庫との統合サイト ラ・フランス がオープンしました。



ラ・フランス
http://www.la-france.co.jp/




これによりアカウントが統合され、購入履歴やポイントなども統合され、一元管理できるのだそうです。

「黒本」に加えて美少女文庫も直販で購入していた方々にはサービス向上となったのではないかと。



にゃらさんのブログでより詳しい情報がゲットできます。
2016年12月7日より、フランス書院文庫と美少女文庫の統合サイト「ラ・フランス」が正式に開始となりました。統合サイトだけではなく、フランス書院文庫及び美少女文庫のホームページもリニューアルされています。「ラ・フランス」はじまりました!(編集部発)この度は、サイトリニューアルにつきまして、ご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございませんでした。本日より、「ラ・フランス」が開幕いたしました。「ラ・フランス」ホ...
「ラ・フランス」運用開始



「ラ・フランス」はじまりました!
http://www.france.jp/blog/?p=10163






さらに、オリジナルの電子書籍を配信する電子書籍専門レーベル フランス書院eブックス もオープン。



フランス書院eブックス
http://www.france.jp/c/etc/fp_0040.html




第一回として小鳥遊葵先生の3作品が配信されています。

こちらは別の投稿で詳しく紹介します。

電子書籍専門レーベル『フランス書院eブックス』
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-1170.html




今後は巽飛呂彦先生の『イプ教室』番外編や佳奈淳先生の未発表作品、杉村春也先生の中編小説、本藤悠先生の未発表原稿、青橋由高先生の同人作品などが予定されているとか。

ちょっと面白い切り口に期待したいですね。





関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ラ・フランス」運用開始

2016年12月7日より、フランス書院文庫と美少女文庫の統合サイト「ラ・フランス」が正式に開始となりました。統合サイトだけではなく、フランス書院文庫及び美少女文庫のホームページもリニューアルされています。 「ラ・フランス」はじまりました!(編集部発) この度は、サイトリニューアルにつきまして、ご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございませんでした。 本日より、「ラ・フランス」が...

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2