FC2ブログ

美姉と少年・狂った寝室(著:高竜也、フランス書院文庫)

1994/12/22 発売

美姉と少年・狂った寝室

著:高竜也フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

獣のように四つん這いで全裸を晒す綾子。
25歳の人妻が、性器も秘孔も露わに弄ばれる。
相手は少年、しかも弟の同級生だ。
「ねえ、挿入て。××にあなたの××をちょうだい!」
夫が転勤中だからか、綾子が多淫であるが故か、
弟が覗いているとも知らず、美姉は牝獣になった。
(引用元:公式サイト


★★★★★ オンナを呼び起こされた人妻が被虐を愉悦の欲望に変える, 2016/11/22
25歳の人妻【綾子】が最終的には弟との相姦へと発展していくのだが、それが話の本筋ではない。夫の長期出張から何となくの流れで関係を持った学生時代の友人男性(今は弟が通う高校のバスケットボール部コーチ)に端を発し、弟の友人にしてバスケ部員の【西村】から迫られる境遇に陥り、さらには別の少年2人の筆下しまで強要されるという、構成だけを見れば凌辱路線と言える悩ましい作品だった。

弟を含めば計5人もの男が群がる中でも居丈高かつ執拗に何度も迫ってくる西村を嫌々ながら、というか嫌々を装いつつ内心では西村を含む男達との逢瀬を受け入れていく綾子のしたたかな一面を描いている。当初は慎みのある人妻だった綾子がコーチによって淫らな本性を発露させられ、西村によって開花させられていく中で最後は弟に辿り着くまでの心と体の変遷を描いたとも言えよう。元より開放的な性格もあって抵抗するのも誘いのポーズという綾子の心情が凌辱路線とは一線を画すテイストに仕上がっている。

学生時代を懐かしむ思いもあり、夫の長期不在も手伝ってコーチと男女の仲になる綾子だが、その後のコーチの軽挙が元凶となる。以降、しばらく登場場面はないのだが、ある意味ではだらしない男を象徴するかのように終盤で綾子から無残な仕打ちを受けるコーチは自業自得の因果応報であろう。

本作の主人公格は西村となる。弟を通じて綾子を知り、コーチの言動から狙いをつけるに至り、コーチとの浮気につけ入り、最後は言いなりにさせるのは高作品で時折出てくる「ヒロインの弱みにつけこむ」悪童である。複雑な家庭環境から若くして体験豊富。コーチから焦らしのテクニックまで吸収して綾子を窮地に追い込む。事ある毎に綾子を押し倒して性欲を発散させるのだが、同時にチェリーな少年を2人も斡旋することから独占欲よりも単に性欲を満たすことを目的とした無軌道な少年であることが窺える。この間に上下の口を塞がれる3Pがあれば、気弱な少年を導くような甘さもあるといった様々な官能描写が連続している。

その一方では少年達と同様に行き場のない性の悩みを抱く弟が描かれていき、西村との情事を目撃したことから後半では姉弟相姦の色合いが加わっていく。脅迫の凌辱風味から筆下しの誘惑テイストを交えつつ相姦まで加味されるのは昨今あまり見られない展開の幅広さだが、それらが程良く調和しているのは作者らしいさすがの構成と言えよう。

ただ、落としどころとして姉弟相姦を盛り込んだようにも写るために展開の幅広さが却って散漫な印象に陥る可能性も否定できず、コーチへの「仕打ち」とセットで一網打尽に事態の打開を図るのは痛快ではあるが、若干の都合の良さを感じないでもない。
『美姉と少年・狂った寝室』のレビュー掲載元


弟が通っている高校にヒロインの知り合いがいて、まずはその男に誘われて関係は持つのだけれども、それ自体は結末までとっておいて、そのことが原因で次に弟の友人から狙われるというダブルの構成に妙味を感じました。

翻弄される 人妻 が最終的には 姉弟 相姦へ発展していくという両方の属性を活かした淫猥度の高さもありました。

ヒロインの視点で描く高作品の良さが存分に出た作品の1つだと感じました。



今だと凌辱路線にカテゴライズしても良さげなテイストでしたよ。

だとすれば、決してハードではありませんし、ヒロインが最初から堕ちてるじゃないとか言われそうですけど、最近の凌辱作品でもそういうのがありますから、まぁ、ギリギリ範疇かなとw

漂う雰囲気に何とも言えない悩ましさがあって、それが凌辱路線にも通ずる印象だったですねぇ。



宗像倫先生の初期の頃にちょっと似たテイストがあるようにも感じましたけど、どうでしょ?





関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 高竜也

コメントの投稿

非公開コメント

No title

面白そうですね。
今だったら考えられない人数ですね。
男の方が多いって。
どうせだったらホモとかもあっていいような感じも。
時代が時代だけに。

ホモはどうでしょうか~w

DSKです。
コメントありがとうございます。

>どうせだったらホモとかもあっていいような感じも。

う~ん、どうでしょう~。
少なくとも官能小説においてホモの需要はないと思いますけどね~。
別のジャンルだと思いますけど、どうでしょうか~。
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2