FC2ブログ

年下の彼-麻衣子が淫美獣に変わる時(著:高竜也、フランス書院文庫)

2008/11/21 発売

年下の彼-麻衣子が淫美獣に変わる時

著:高竜也、フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

「お願い、獣のような目で、私の裸を見ないで…」
ブラを滑り落とし、静かにパンティを脱ぎ去る熟妻。
目前の「彼」は息子の友だち。17歳の年下の「彼」
(息子と同い年の少年に啼かされ、狂わされるなんて)
理性と母性と淫性の狭間で溺れていく38歳の女体。
艶めかしき熟肉が危険な相姦劇まで招いてしまうとは。
(引用元:Amazon)


★★★★★ 連作形式の中編に見る3つの異なる集大成, 2016/11/20
フランス書院文庫における作者の活動は330頁超の長編として2009年7月に出版された『未亡人授業-兄嫁36歳の一週間』を以って終了と判断して良いと思う。しかし、その2作前にあたる2008年11月出版の本作においても筆を置く意識が予兆的にあったものと推測できるような、そんな集大成の趣が感じられる。多彩な作風を有する作者の代表的なストーリー展開と官能描写が3つの中編に分散されているようであり、その異なる色合いを1つに纏めるために敢えて連作形式を採用したように思えてならない。

既出短編の登場人物を変えて繋ぎ合せた可能性も否定できないが、ここでも作者らしさを感じさせる各話の繋ぎ方においても集大成の一翼を担っているようである。ついでに言えば、ヒロインを始めとする登場人物も過去の作品で用いられた、もしくは似た名前だったりする。

1.息子の友人に脅されて
2.甥っ子との相姦
3.実の息子との相姦

実質的なヒロインは38歳の人妻【麻衣子】ただ1人であり、各話の主人公から見ると順に「友人の母」「叔母」「実母」となる。いわゆる「一竿」主義が蔓延したフランス書院文庫においては珍しい部類のヒロインと言えるが、これはむしろ作者が得意とするヒロインの属性となるべく主人公が配置されたものと推測する。

ストーリーもまた然りで、息子の弱みにつけこんで麻衣子の身体を求める大人びた少年といい、ひ弱ながらも旺盛な性欲をぶつける甥っ子といい、元より思慕の情を募らせていた息子といい、どれもお馴染みの構成と展開で物語が綴られている。

最初の少年と甥っ子も知人同士として少年から甥っ子が斡旋されたり、その甥っ子との情事に息子が鉢合わせてしまったりというのも過去の作品でよく見られる繋ぎ方である。それぞれのエピソードを異なるテイストで描きながら、合間に麻衣子の自慰を盛り込んだ繋ぎ方も含めたトータルで実に作者らしい仕上がりとなっているのは構成の妙であり、作者のこれまでの軌跡がコンパクトに纏められたかのようである。

直接の官能は控えめで、むしろそこに至るまでの焦らしの描写が大半なるも、長期の不在が続く夫によって空閨状態だったところへ最初の少年によって再びオンナを目覚めさせられ、続く甥っ子とも弱みがあることで渋々応じていくうちに色欲への渇望が生じ、最後は性の悩みを解消できない息子への憐憫も入り混じって禁忌の関係へと発展していく麻衣子の「オンナの記録」が良好なシチュエーションで、時には濃厚でさえ思えるように描かれている。その意味では昨今の1ヒロイン1章(1情交)の展開よりも淫猥度は高いかもしれない。

ヒロイン視点を多用して台詞に頼ることなく、熟れた女に生じる欲望が焦らされて高まる様子をつぶさに描く作者の筆致はいつになっても健在であることを改めて感じさせる内容だった。
『年下の彼-麻衣子が淫美獣に変わる時』のレビュー掲載元


2008年11月の作品ですから……レビュアーDSKの誕生が同年9月ですから……自分の中では旧作というより単に過去作という位置づけなのですけれども、以前からあらすじを読んで気にはなっていたんですよね。

あらすじで気になる高作品は結構多いですw

まぁ、それでも他の作品に目移りしちゃってずっと放置だったのですが、DSKにも電子書籍が随分普及して参りまして、この機会に手を伸ばしてみた次第です。



高竜也「年下の彼 麻衣子が淫美獣に変わる時」(フランス書院文庫、2008年11月)ネタバレ有り。御注意下さい。【あらすじ】亮太朗に妹がレイプされた代償に麻衣子に肉体関係を迫る晴樹。彼女は年下の少年との禁断の関係に溺れる内に、新たな脅迫者が現れる。【登場人物】西村麻衣子38歳。亮太朗の実母で夫は4年前から海外赴任中。ひとり息子の亮太朗を溺愛している。西村亮太朗17歳。麻衣子の息子で生徒会の副会長を務める。晴樹...
高竜也「年下の彼 麻衣子が淫美獣に変わる時」





結論を申せば、以前から何かと発信していたDSK的高竜也祭り(状態)が現在も絶賛継続中でして(^^;)、それはもぅ、水分を吸収するスポンジのごときパワーで過去の高作品を己に取り込んでいる訳ですが、本作より先にずっと以前の、先述した旧作を幾つか読み終えていたことが大きかったです。

でなければ本作も集大成の一環だったのであろうことが汲み取れませんでしたもの。

いや、実際にそうなのかは分かりませんよ。でも、読んでいてそう感じることができましたから。本作が初めての高作品だとそこまで思えませんから。



初めて高作品を読みましたー
いやらしくて良かったですー



といった感想で全然良いのでしょうけれども、レビュアーの沽券ってのも少しはありますからねww

より踏み込んだレビューができて良かったと勝手ながら思っているのであります。



……ま、所詮レビューなんて大半が自己満足なんですけどね。(^^;)





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高竜也「年下の彼 麻衣子が淫美獣に変わる時」

高竜也「年下の彼 麻衣子が淫美獣に変わる時」 (フランス書院文庫、2008年11月、表紙イラスト:新井田孝) ネタバレ有り。御注意下さい。 2016年12月3日レビュー再編集。 作品紹介(公式ホームページ) 年下の彼 麻衣子が淫美獣に変わる時 (フランス書院文庫) [Kindle版]高 竜也フランス書院2012-08-17 【あらすじ】 亮太朗に妹が凌辱...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このご時世で、男性キャラが多いのはすごいですね。
あとその頃の高作品ってホモ関係の描写があるのってなんでなんだろう?
15年ぐらいズレてる感じも。
面白そうですが。

う~ん、何とも……。

DSKです。
コメントありがとうございます。

>その頃の高作品ってホモ関係の描写があるのってなんでなんだろう?

当方の知識不足かもしれませんが、私が読んだ高作品の中では今のところホモ関係の描写がありませんでしたのでよくわかりません。(^^;)
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2