FC2ブログ

僕を奪い合う三人のママと新人先生(著:星悠輝、フランス書院文庫)

2016/9/26 発売

僕を奪い合う三人のママと新人先生

著:星悠輝フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

お風呂もベッドもいつも一緒、過保護な華怜ママ。
柔らかいオッパイで微笑むモデル系の沙良ママン。
和服の下に熟れた肉体を隠し持つ美母・多江。
喉奥フェラ、巨乳パイズリ、手ほどき性交……
「今夜の相手は誰?」「淋しいわ」「慎也としたいの」
朝から晩まで僕を狂わせる淫らすぎるママたち!
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 年若の息子を愛でるショタコン母達の奪い合い, 2016/11/6
最近のフランス書院文庫に時折出てくる中学1年生くらいの幼い主人公が本作にも登場する。皮被りなのはもちろん、未精通であり、そもそも精通の知識すらなく、それでいてムスコはご立派。素直な優しい性格と相まってヒロイン達がショタコン気味に愛で、甘やかしつつ自分の肉欲を満たす展開となっている。

タイトルにある『三人のママ』とは2人の義母と実母のことだが、放蕩な夫(父)によって再婚が繰り返されたことで2人目の母と3人目の母が存在しており、1人目の母(実母)と2人目の母は離婚後も男を寄せつけてはおらず、3人目の母もまた夫に構ってもらえないことから揃って空閨という背景がある。

【多江】幼い主人公と生き別れてからは実家の屋敷に住む36歳。
【華怜】2人目の母はイギリス人とのハーフでスマートな32歳。
【沙良】3人目の母はフランス人とのハーフで自由奔放な25歳。

実母の多江を古風な日本人女性として、落ち着きのある華怜と積極さを前面に出す沙良をそれぞれ「カレン」「サラ」と呼ぶハーフとしているのが特徴的。離婚調停によて週に1度しか会えない華怜が日増しに沙良の色に染まっていく主人公に難色を示し、少しでも自分の色を残しておきたい、あわよくば奪い返したいと画策するのに対して、今の母は自分だと反発する沙良という構図。まるで主人公を巡る「英仏戦争」である。そんな想いが高じた結果として、一緒に風呂へ入ってから主人公の長大なムスコに目が留まり、空閨の疼きも生じて同衾という流れとなる。2人のキャラが対照的なので印象は多少異なるが、風呂からベッドインが同じだったので少しは変化がほしかったところか。

エスカレートしていく2人の義母に悩み始めた主人公に気づいたのが、かつてのお隣さんで今は担任教師である【まゆ】23歳。あくまでサブヒロインであり、彼女がいなくても話は成立する。ただ、彼女の昔の記憶が現状の打開策として実母への道筋をつけることになる。

中盤から登場する多江もまた風呂から寝室への流れなのだが、さらには実母相姦という禁忌についてもほぼ触れることなく、長年の距離を埋める喜びが前面に出ている様子。楚々とした振る舞いや確かな言葉遣いが生真面目な性格を表しているが、内には貪欲な熟女らしい一面も併せ持っており、そのギャップを描きつつ最後には最も大胆な言葉を発している。彼女の仲裁が2人の義母の関係を改善させ、後にはダブル義母プレイという3Pへの発展にも繋がっている。

そのまま全員参加の様相を呈するかと思えたが、あくまでも普段から主人公と接している2人の母へ託すことにして、まゆもまた担任教師に戻る切ない選択をしているのは作者なりの線引きなのであろう。それでも実母とは不定期ながら逢瀬の場を設ける可能性もあったりして相応の曖昧さを感じさせるのであれば、担任教師との関係も残せばよかったような気もする。

あまりに年若な主人公との官能描写は男と女ががっつり交わると言うより母や女教師からのセックス指南といった趣が支配的。「教えてあげる」始まりから肉欲の愉悦に浸るのは悪くないが、ややもすると全体的に物足りない印象でもあったと思う。
『僕を奪い合う三人のママと新人先生』のレビュー掲載元


本作のレビュー投稿の告知ツィートをしたところ……





……星先生がお返事をくださいまして、その後も少しやり取りにお付き合いいただきました。







※星先生の承諾をいただいて掲載しています。

お忙しいにもかかわらず丁寧にご説明いただきありがとうございました。m(_ _;)m

レビュアーという外野からでは知り得ない、書き手だからこその内側を垣間見ることができました。



聞くところによると長編から始めた作家はいっつもページが足りなくなり、短編から始めた作家は長編のページ数を埋めるのに苦労されることが多いのだとか。

推測ですが、1つの場面、1つの描写をするのでもアプローチが異なるのでしょうね。



星悠輝「僕を奪い合う三人のママと新人先生」(フランス書院文庫、2016年9月、表紙イラスト:松原健治)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)僕を奪い合う三人のママと新人先生 (フランス書院文庫) [文庫]星 悠輝フランス書院2016-09-26【あらすじ】三人目の母親である沙良との生活を始めたばかりの慎也は、長らく一緒に暮らしていた前の義母の華怜と週末に逢うと、あり余る愛情を見せ付けられ童貞を奪われる...
星悠輝「僕を奪い合う三人のママと新人先生」





ややもすると幼いと言える年若の主人公が本作には登場しますが、前月(2016年8月)に出た小日向諒先生の『体験学習-隣人母娘と年上ナース』もまた偶然なのか、幼い主人公であります。



2016/8/25 発売
体験学習-隣人母娘と年上ナース(著:小日向諒)

Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「『おとなのお勉強』の時間はこれからよ」
隣家の女子大生にたっぷり施された初体験学習。
キスの仕方、おっぱいの触り方、××の愛し方……
セックスの基本から応用まで教わった直海は、
36歳の熟女肉、24歳の処女肉で「実践」しようと……
遙奈、雪音、透子――三人の特別な年上家庭教師!





構成やストーリー展開などは異なりますからホントに偶然なのかもしれませんが、そこはかとなく漂う同種の匂いに編集側の意向でもあったのかな?とのギモンも沸いたりしますデス、はい。(^^;)

……主人公の低年齢化とそれに伴う激烈なショタコン風味を「黒本」は狙っているのか?みたいなw



真相は如何に?ではありますが、正直に申してDSKは幼い主人公が少々苦手でして……。(汗)

とりわけ小日向先生の作品は主人公がどうやらランドセル背負ってそうな気配もあり、なかなかにDSKの読もうという意志を阻むのであります。(苦笑)



……官能小説の主人公は最低でも高校生がいいッスw
……むしろ大人で全然いいッスww





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 星悠輝

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

星悠輝「僕を奪い合う三人のママと新人先生」

星悠輝「僕を奪い合う三人のママと新人先生」 (フランス書院文庫、2016年9月、表紙イラスト:松原健治) ネタバレ有り。御注意下さい。 作品紹介(公式ホームページ) 僕を奪い合う三人のママと新人先生 (フランス書院文庫) [文庫]星 悠輝フランス書院2016-09-26 【あらすじ】 三人目の母親である沙良との生活を始めたばかりの慎也は、長らく一緒に暮らし...

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2