FC2ブログ

いつわりの人妻(著:草凪優、竹書房文庫)

2016/9/21 発売

いつわりの人妻

著:草凪優竹書房文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

◎謎の美女と偽装結婚……その先に待つ究極の快楽とは!?
◎予測不可能なストーリーとかつてない超刺激的エロス!
“官能界のカリスマ"草凪優のネクストステージ開幕を告げる傑作誕生
庄司靖彦は事業に失敗した上に、愛妻を取引会社の男に寝取られ、家庭・仕事・住居と全てを失った。そんな彼の前にクロガネと名乗る謎の男が現れ、報酬を出すから、半年間、ある女と偽装結婚してくれと言う。庄司は危険な匂いを感じつつも引き受ける。そして、用意された家に行くと息を呑むような清楚な美女・華穂が待っており、偽りの夫婦生活が始まった。華穂は無口で謎めいていたが、度々本当の妻のように誘惑してくる。当初は拒んでいた庄司だが、しだいに華穂に魅了されていく。果たしてこの偽りの夫婦生活の先に待つものとは…?想像を超える書き下ろし鮮烈エロス!
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 何もかもを失った男女がささやかに願った希望, 2016/10/30
悪が蠢く闇社会へ誘われるほどに全てを失い、希望を無くした主人公(35歳)が望みも抱かぬまま最後に願った一縷の希望が予想外のささやかな幸福へと繋がる切なさ全開の作品である。

主人公が文無し宿無しの独り身に貶められて希望を失うまでの経緯を回想という形で綴る序盤は、取引先の下衆な担当者(40歳)による若妻【舞香】(23歳)の寝取られである。可憐な舞香に目をつけられ、取引の条件として求められ、自社の存続がかかる主人公も苦渋の決断で差し出し、事に及ばれ、後にはその詳細を聞かされ、さらには一度きりとの約束を反故にされて再度求められるという血涙モノの展開が続く。しかも、これがまたとんだクズと言える憎々しい相手が自分では達しえなかった深い仲に至っており、嫌がっていたはずの緊縛を始めとする数々の調教的なプレイをも施され、それを喜々として受け入れている舞香の変わり果てた痴態をまざまざと見せつけられて敗北に打ちひしがれる主人公である。

そんな敗北者の主人公が路頭に迷っていた時に声をかけられて始まる中盤が偽装結婚である。その際に主人公は1つの条件というか願望を口にするが、それは自分を貶めた相手が大事にしている(実際は尻に引かれている)妻【紀里恵】(35歳)への凌辱という復讐であり、それは実現される。ここで描かれるのは深い愛情故に生じる思いやりに名を借りた遠慮が本当の2人になれない夫婦の姿であり、これが自分の妻では成しえない性癖を満たすためや復讐といった、愛情とは別の動機によれば易々と乗り越えられる皮肉である。その意味では主人公もまた立場が変われば同じ穴のムジナであることが浮き彫りにされている。

そんな中で始まった偽装結婚は当然ながら裏で自分の命が脅かされる危険な綱渡りでもあるのだが、自暴自棄な主人公はこれを受け入れようとする。ただ、そこで出会った偽装結婚相手の【華穂】(30歳)が後に主人公の心へ小さな希望の火を灯すこととなる。

まさに良妻という絶世の美女にして昼は貞淑で夜は娼婦。

完璧と言える華穂は常に無表情なのだが、彼女にもそれだけの、表情が奪われるほどの過去がある。今は仮初めの夫を死地へと向かわせる役目を負わされているのだが、そんな華穂が禁を破る。自分はどうなってもいいから主人公に生きていてほしいと願う。主人公もまた同様な考えに至る。同じ傷を持つ男女の舐め合いでしかないとしているが、そこにあるのはこれまでの自分を省みた果ての自虐であり、故に到達した自己犠牲である。調子に乗っていた時期があったからこそ今の墜落があるというやるせない人の性を、どうしようもない人の業を見た2人が互いに芽生えた「生きる」ことの慎ましくも尊い境地とも言えよう。

最後もまた紆余曲折を経なければならないのだが、それでも全ての呪縛から解放された(代わりに何も無くなった)主人公が最後の最後に得たモノこそがささやかながら本当の幸せであるとした結末をさらりと描くことで読み手も最後の最後に溜飲が下がる幕の引き方となっている。

官能的には舞香の寝取られから紀里恵への凌辱に華穂が受けた仕打ちといった苦しい場面が続きながら興奮度の高い描写もあるのだが、心を通わせた華穂との情交に頁を割いてしっかり描いているのが終盤のクライマックスに相応しく輝いていた。ただ、これが偽装結婚の最後の夜という刹那の一度きりだったのが惜しまれる。
『いつわりの人妻』のレビュー掲載元


なかなかハードなテイストでしたけど……序盤の寝取られは強烈でしたけど……描かれていたのは夫婦の遠慮と解放だったのかなぁ~と考えさせられた作品でもありました。

そりゃあ夫婦でも相手に嫌われたくないってのはありますからねぇ。(^^;)

その辺りの機微を官能的に大幅増幅させた作品なのかもしれません。



偽装結婚なのですが、本当の夫婦が果たしてどれだけ心の奥底レベルで偽装結婚でないと言えるのか?言い切れるのか?みたいな…………夫婦間の遠慮が多ければ多いほど、大きければ大きいほど、それが本当に心と体を通わせた夫婦なのか?といったメッセージなのかも、とか思ってみたり。



6月に発売された『ふたり人妻』(徳間文庫)でも描かれたテーマですが、全く異なるアプローチとテイストで示すところが草凪先生ならではですよね。





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 竹書房文庫 草凪優

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2