FC2ブログ

人妻、預かります(草凪優、双葉文庫)

2016/7/13 発売

人妻、預かります

著:草凪優双葉文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

三十路独身の営業マン凡野泰之は、学生時代の空手部の先輩黒岩の頼みで黒岩の海外出張の間、妻の千紗希を自宅アパートで預かることに。千紗希は、過去のある出来事がきっかけで、ひとりで夜を過ごせなくなったということだが、凡野は千紗希を見て、動揺を隠せずにいた。六畳ひと間の狭い部屋で、美しい人妻と暮らすことになった彼に、疼き立つような欲望の試練が襲いかかる……。書き下ろし長編性春エロス。(引用元:Amazon)


★★★★☆ 完成度の高いストーリーに見合った官能要素がほしい, 2016/8/29
イイ感じに気を惹くタイトルが良い。できることなら誰だって知り合いの美しい人妻を預かってみたいものである、という桃色煩悩深層心理を程良く突いてくる。で、どんな内容かと言えばそのままである。さらに言えば、ガチな体育会系部活動時代の先輩の頼みで奥さんを預かる後輩主人公である。六畳一間のボロアパートというほぼ密室で生殺しの憂き目に遭うのが決定的なのに逆らうこともできず、渋々ながら(表向きはしっかりと)請け負うハメに陥る。そして、この主人公には秘密があって渋々というより実は戦々恐々である。こうしたコミカルな初期設定が続きを読みたくさせる。そんな始まりである。

そんな先輩の奥さんとの束の間共同生活はなかなかのバラ色風味で一応は始まり、職場のマドンナ的後輩OLからも言い寄られていきなりモテ期到来か?という主人公だが、奥さんの先輩という厄介な人妻も転がり込んできてそうそう上手い話はないゾという浮き沈みが面白い。そんな「女所帯」に後輩も来たがっていて早くも四面楚歌な状況に陥るのだが、その憂いは中盤で鉢合わせを迎えてからさらに面白くなる。その後の展開も含めて起承転結がしっかりしたストーリーは全般的に面白いし、何より話の運び方が上手いと感じた。表層を流れる話の深みに登場人物達の思惑や想いがすれ違ったり迎合したりするもう1つの流れがあるのはさすがといったところか。

それだけに官能要素が物足りないとも感じる。主人公が秘密を抱えるに至った序盤の過去回想はやや冗長にも思えたし、全体の掻き回し役でもあるもう1人の人妻と主人公との関連性には一考の余地が残る。この人妻は結末への引き金となる大事な場面を担うものの、何らかの形で主人公とより一層の関係がほしかったようにも感じた。代わりに後輩との場面は少なくないのだが作品としてはサブヒロインでしかなく、メインたる先輩の奥さんとは最後に1度きりというよくあるパターンに陥っているとも言えよう。

過去回想や女性陣が雑魚寝している(それを見て悶々とする)場面などをしっかり描くのが面白味に繋がった反面、それらによって官能成分がスポイルされた面は否めない。官能要素を相応に含む一途な主人公の寝取り恋物語とすれば過不足のない作品かもしれないが、それでもやはり官能要素が今少し盛り込まれていれば、との感慨は残ると言わねばなるまい。巻き込まれ型の主人公らしいコミカルハッピーな結末まで楽しく読めただけに尚更惜しい気がした。
『人妻、預かります』のレビュー掲載元


久し振りに小玉英章絵師の表紙カバーイラストを見た気がしますが、相変わらずのインパクトですよね。

気を惹くタイトルそのままに若き主人公が先輩の奥さんを一間のボロアパートに預かる話ですが、もしかしたら草凪先生は官能描写よりも物語を追う方に気が乗って筆を進めたのかな?と思ってしまう程ストーリーがオモシロくて良いですw

激烈体育会系の間柄ですから先輩の言うことは絶対の至上命令。しかし、それに従うも内面では悶々としているし、先輩の目の届かぬ時ならちょっとくらいという気も少々。そんな形で始まった束の間〈生ヘビ〉同居生活が思わぬ展開を見せる……というストーリーを終始楽しむことができました。

最後は体育会家らしく漢を見せる主人公ですよ。(^^)



……まぁ、その前にサイテーなことしてますけどねwww



◆新刊情報(その1)
2016/9/14 発売

俺の美熟女(著:草凪優、祥伝社文庫)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
羞恥(しゅうち)と貪欲(どんよく)が交錯(こうさく)する眼差しと、匂い立つ肢体
及川美里――俺を翻弄し虜(とりこ)にする、“最後の女”…
俺は、青いリンゴより熟(う)れきったマンゴーの方が断然好きだ――。年上のシングルマザーに手ほどきを受けたことで、熟女の魅力にはまった藤尾敦彦(ふじおあつひこ)。30歳になり、人妻のセフレ達との関係を清算し、婚活を始めることに。一目惚(ひとめぼ)れした、39歳の及川美里(おいかわみさと)を紹介してもらうが、謎めいた言動に翻弄(ほんろう)されて……。熟女の滴(したた)るような色香とエロスを濃厚に描き出す、傑作官能。
(引用元:公式サイト)



草凪優×祥伝社文庫のタッグで続いていた「俺の」シリーズ第3弾ですね。

第1弾:俺の女課長(2015/02/10 発売)
第2弾:俺の女社長(2015/09/02 発売)



◆新刊情報(その2)
2016/9/21 発売

いつわりの人妻(著:草凪優、竹書房文庫)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
◎謎の美女と偽装結婚……その先に待つ究極の快楽とは!?
◎予測不可能なストーリーとかつてない超刺激的エロス!
“官能界のカリスマ"草凪優のネクストステージ開幕を告げる傑作誕生
庄司靖彦は事業に失敗した上に、愛妻を取引会社の男に寝取られ、家庭・仕事・住居と全てを失った。そんな彼の前にクロガネと名乗る謎の男が現れ、報酬を出すから、半年間、ある女と偽装結婚してくれと言う。庄司は危険な匂いを感じつつも引き受ける。そして、用意された家に行くと息を呑むような清楚な美女・華穂が待っており、偽りの夫婦生活が始まった。華穂は無口で謎めいていたが、度々本当の妻のように誘惑してくる。当初は拒んでいた庄司だが、しだいに華穂に魅了されていく。果たしてこの偽りの夫婦生活の先に待つものとは…?想像を超える書き下ろし鮮烈エロス!





今月の草凪作品は2冊ともミステリアスな雰囲気が感じられて気になるんですよねぇ~。





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 双葉文庫 草凪優

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2