FC2ブログ

Kindleの読み放題 - Kindle Unlimited サービス開始から1ヶ月

Amazonの電子書籍定額読み放題サービス Kindle Unlimited が2016年8月3日の開始より1ヶ月ほど経過しました。当初の無料サービス期間も終わり、今月も継続されている人は来月より月額980円がクレジットで引き落とされることでしょう。



1ヶ月前の考察はコチラから。
Kindleの読み放題 - Kindle Unlimited はレンタル?
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-1098.html




無料期間のみで止めちゃった人は今頃既に利用を解除しているハズでして……無料にのみ反応する人はどこにでもいますからね(^^;)……サービス提供を純粋に享受しようという人だけが今も残っているものと思われます。

いろいろ騒がれてもこうやっていずれ落ち着いていくんですよ。(^^)



ポケモンGO!だっていずれは!ww



では、この1ヶ月間の利用で気づいたことを幾つかご紹介したいと思います。

kindleunlimited のページ
https://www.amazon.co.jp/b/ref=sv_kinc_6?ie=UTF8&node=4486610051






1.読み放題対象タイトルの減少


割と早い段階から報道されていましたし、そもそもサービス開始当初から懸念されていたことでもありますが、読み放題だったのが今は対象外 というタイトルが出始めています。何となくですが、官能方面では小説よりもコミックで対象外になったタイトルが多い気がします。



アマゾン読み放題、人気本消える 利用者多すぎが原因? - 朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJ8Y41XSJ8YUCVL00C.html


Kindle読み放題“急変”、裏にあった「想定外」(東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160915-00135844-toyo-soci


Amazonの電子書籍読み放題、読める本が減少! - ライブドアニュース
ユーザーと出版社に募る不信感
http://news.livedoor.com/article/detail/11958332/




別に不信感とかはありませんからライブドアは相変わらず煽ってますよね。(^^;)

飲食店でも食べ放題や飲み放題のメニュー(内容)が変わったりしますから、そんなもんだと思っていますw

書籍を提供した側の出版社だと「話が違う!」といった印象になったかもしれませんが、そもそも980円で何冊でも(実際に保管できるのは10冊まで)本が読めることを思えば充分な話でして、言わば 日替りのワンコインランチ みたいなものですよ!(笑)

いや、980円ランチかwww



これでDSKが感じたのは また再利用すればいいかと思って利用を終えたタイトルが対象外となってダウンロードできなくなった ことと、利用したままのタイトルが対象外になったので読み終えてはいるけど終了を躊躇うタイトルが出てきた ことですかね。

つまり、保管している読み放題対象タイトルが常に10冊ある場合だと、読み終えてから「利用を終える」形で外すことで空きができて次のタイトルをダウンロードすることが可能となりますが、また再利用できるからと思っていたらNGのタイトルが出てきたということです。これによって再利用しようと思っていたタイトルが対象外になっていたり、逆に対象外になったから「この作品の利用を終えると読み返すことができなくなるゾ」ということで「どうしようかな~?残しとこうかな~?」というタイトルが出てきた訳であります。

ちょっと悩ましい。(^^;)



ですから、本来の狙いでもある 本当にほしかったら購入してネ の割合が少し増えたってことでもあるのでしょうね。実際に読み放題の中から購入に至ったタイトルもありますから、その辺りは利用側と運営側の綱引きといったところでしょう。





2.実際に買う人は増えると思う


この「本当にほしかったら購入してネ」ですが、効果あると思います。

とりあえず読んでみた、良かった、このまま保管しておいてもいいけど他のタイトルも読みたい、ならば購入することで(読み放題対象から外して)他のタイトルを読めるようにしたい……という流れはあると思います。



それに値するほどの作品だったという条件付きですが、先述したようにこうして購入したタイトルがDSKにはあります。



以前から気になっていたのを読んでみたら良かった、コレは買いだ!と思った、どうしようか迷ったけど結局買った……この流れを作るに読み放題は効果的だと思いました。



読むだけ読んで、利用を終えて、また新たなタイトルを次から次へと読んでいくのでしょうけれども、やっぱ欲しい、所有しておきたい、いつでも読み返せるようにしておきたい(どこに置いたか失念して探す苦労がないので電子書籍は読み返したい欲求に応えやすいと思います)、という場合もあると思います……特にコレクション癖がある人とかw

そんな購入前の事前確認として……これまでのサンプルでは「触り」だけで分からないことも多いですから……読み放題を活用する人は今後どんどん増えていくものと予想します。

そうして電子書籍の読者自体が今後はどんどん増えていくものと予想します。





読めるタイトルが減少したと言っても逆に「新着タイトル」として増えてもいますから、今後は対象外となるタイトルと新たに対象となるタイトルによる出し入れによって新陳代謝のごとく対象タイトルが入れ替わっていく面もあるのではないでしょうか。



その時にユーザーは「対象外となったタイトルをどうするか?」に迫られると思います。

  • そのまま残しておくか?
  • 購入して(安心して)手元に置いておくか?
  • 利用を終えてフェードアウトさせるか?





これからも Kindle Unlimited の行方に注目していきたいと思います……個人的には他に有力な競争相手が現れてほしい、かな?





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2