FC2ブログ

ママと7つのお願い(著:山口陽、フランス書院文庫)


ママと7つのお願い (フランス書院文庫)ママと7つのお願い (フランス書院文庫)
(2012/06/22)
山口 陽

商品詳細を見る

★★★★☆ 愛情に溢れる実母相姦だが終盤で少し締まりのない印象, 2012/9/17
タイトルにある『ママ』は実母(未亡人)である。全7章立てで、それぞれに「お願い1~7」と章題を付けているので『7つのお願い』となっているが、実際に7つものお願いをしている感じはなく、明確なのは「お願い6」以降であろう。要するに、序盤から中盤となる「お願い5」までと、それ以降ではテイストが大きく分かれ、最後のエピローグにおける仏壇前の合体で、この母子の新しい関係をはっきりさせた内容と言える。

と言っても最後までおあずけで焦らされる展開ではなく、現実的がどうかはさておき、なかなか知恵を絞ったきっかけから、紆余曲折を経て結ばれるまでが序盤で済んでいるため、中盤以降の官能成分も、その濃さを維持している。むしろ、背徳の爛れた淫ら生活がエスカレートしていく様を描いた中盤はかなりいやらしい。

そして、ずっと懊悩と葛藤を続けていた実母が、理性と感情、そして肉欲の狭間から開き直りに近い形で自らを解き放って以降が終盤となるのだが、ラヴコメで言うところの「デレた」状態が、可愛らしくもあるのだが、結果的には少々裏目に出ているようにも思えてならない。というか、少し早過ぎた感がある。軽いM性と露出癖のある実母だが、作中でも自ら述懐しているように「弱い女」であり、依存度が高いからこそ受け身の良さもあったのだが、タガを外して積極的になってからの実母には慎みが欠け過ぎているようにも思われ、起承転結の「転」として作者が狙ったであろうギャップの仕掛け及び矛先が少し的を外しているように思えた。「お母さん、ちょっとデレるのが早かったんじゃないかなぁ~。あと、上品さを失い過ぎ(苦笑)」とのツッコミも入れたくなる。

逆に申せば、ここまでエスカレートしたのであれば、最後が仏壇前のような予想の範疇よりも、いっそのこと墓参りに出向いて、そのまま白昼の墓前で、あるいは墓石にしがみつかせてガンガン責め立てるくらいにまで行き着いてもよかったのでは?と思うのは読み手の身勝手だろうか。
掲載元
------------------------------

実母オンリーヒロインの母子相姦ですね。

1人ヒロインって、DSKの好むところでして(^^;)

この作品も全体としてはなかなか良かったです。

終盤の実母が淫らに乱れ過ぎですけどねwww

熟女らしい慎みを今少し維持していたら最高だったんだけどな~!

フランス書院文庫 山口陽
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 山口陽

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2