FC2ブログ

義娘〈よめ〉の尻ぼくろ(著:生方澪、幻冬舎アウトロー文庫)

2016/6/10 発売

義娘〈よめ〉の尻ぼくろ

著:生方澪幻冬舎アウトロー文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

同居の義父に覗かれていることを知りながら、夜な夜な激しく悶える紗理奈。夫の目を盗んで義父が少しずつ迫ってくるのを拒みつつも、夫とは違うテクニックに快感を覚える彼女は体を開き始め、ついに最後の一線を越えてしまう。後悔にかられる紗理奈だったが、夫の出張先での浮気や父子でハウスキーパーと長年関係していたことを知り……。(引用元:Amazon)


★★★★☆ 嫁の視点で炙り出される父子の下衆でおバカな男心, 2016/7/10
「義娘」と書いて『よめ』と読ませるタイトルから主人公は義父と推測したくなるが、本作の中心はその義娘たる嫁の【紗理奈】32歳。嫁の立場から女性の視点で描くのは女流作家ならではであり、例えば霧原一輝作品を始めとする回春路線とは異なるものの、それ故に家中の家族だからこその明け透けなやり取りに自分を含めて多少なりともスケベ心を持ち合わせた男ならば我が身を重ねてしまうような、そんなこっ恥ずかしさも覚える嫁と夫と舅の官能家庭物語である。

年下で29歳の夫は社会人ながらまだ日常の大切な諸々を少々甘く見ているような軽さがあるものの紗理奈との生活は表向き良好。夜の営みも積極的で、同様に積極的な紗理奈とは夜毎に盛っているが、あれやこれやと会話しながらの情交は夫婦らしいものの官能的にはやや散漫な印象も受ける。そんな夜の様子を義父が覗いているかもしれないと紗理奈から相談されるのが話の発端だが、基本的には真面目に取り合わない。要するに「気のせいだろ」の一言で済まそうとする夫を代表しているかのようだが、実は女好きの身勝手な一面が次第に露呈してくることも無関係ではなかろう。言い換えれば女に対して八方美人なのかもしれない軽率な夫である。

64歳の義父は絵に描いたようなスケベ親父。明るい性分で図々しいにも程がある嫁へのちょっかいが徐々にエスカレートしていくのは出張続きな夫の不在が要因だが、自分に興味を抱く義父へのサービスとして紗理奈が渋々ながら応じているのも大きい。夫の不在に乗じたアバンチュールのようでもあり、家庭内の安心な浮気のようでもある不思議な関係が築かれていく中で最初に生じた覗きの疑惑判明から遂に戯れを超えた間柄となる。それ以前からまるで夫婦のような気安さで淫らに接していた義父が自慰に耽る紗理奈の痴態を目にして思わず猪突猛進してしまう様は何ともいやらしく、嫁に抗う間も与えず組み伏せる若々しさを見せている。

ここで最後の一線だけはと考えていた紗理奈の悲しみと義父の理屈との相違がいかにも男女の違いを表しているのだが、それでも慣れてしまえば打ち解けていく2人を見ると良し悪しは別にして時間が解決することもあることを示唆しているようでもある。

第四章の章題『二人夫は疲れるけど……』が示すように2人の男を呆れながらも世話していく紗理奈だが、後半からはむしろ夫の方が下衆な一面を見せるようになる。実は長いこと出入りしている今は50代のでっぷりした家政婦の存在が紗理奈と男達の間に入り込んでおり、それは嫁入りのずっと前から続いているのだが、そんな歪な関係が現在にも影響を与えているような、あるいは紗理奈のような抜群の「いい女」でないからこそ得られる何かを求めるような男心も紗理奈を通して描かれている。

夫の真実を知った紗理奈が復讐とばかりに仕掛けるのは離婚するでもない、ある意味ではもっとえげつない仕置きなのだが、これに義父からのとんでもない懇願が重なっていることで撒かれたタネをしっかり優位に拾いつつ家庭内の地位を高めていく女のしたたかな一面を見た気がしたのと同時に、我が物顔で振る舞っている男達のおバカで情けない姿に自分を見つめ直したくなるような、それでも止められないであろう同情も沸くような、そんな心持ちになった。
『義娘〈よめ〉の尻ぼくろ』のレビュー掲載元


単行本としては2014年2月に『正直な肉体』(幻冬舎文庫)でデビューされ、2015年2月に2作目『饒舌な肉体』(同)が出た後の3作目が本作ということで、ここまではほぼ年1ペースで上梓されている生方澪先生であります。

幻冬舎文庫でしたか……「アウトロー」の方はチェックしてますけど幻冬舎文庫でデビューされていたのは気づかなかったなぁ。

つまり、本作が「アウトロー」から出たので気づいた訳ですが。(^^;)



タイトルからして義父視点の回春路線かと最初は思いましたが、しっかり嫁視点のストーリーでした。そこはさすが女流作家さんといったところでしょうか。



そして、軽率な夫といい、スケベ丸出しの義父といい、もぅ、何と言うか、いやんなっちゃうくらいに男のエロおバカな側面がクローズアップされてまして、まるで ここに描かれているのはオレなのか?(笑)といったようなテイストでした。(^^;)ナハハ

人目のないところで出る男の醜態ってのは女性からこんな風に見られてるのかぁ、と思いましたねぇ。



嫁が思っていることと男性陣から思われていることのギャップとかも描かれていて、その意味では女流作家さんの真骨頂が発揮された1冊と言えます……お見事。

今後も期待したい作家さんの1人ですね。(^^)



あ、発売日から電子書籍も出てます~。





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 幻冬舎アウトロー文庫 生方澪

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2