FC2ブログ

初体験の家-熟母と年頃三姉妹(著:鷹山倫太郎、フランス書院文庫)

2016/6/25 発売

初体験の家-熟母と年頃三姉妹

著:鷹山倫太郎フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

「オチン×ンの先っぽが××に入ってきたの、わかる?」
美尻がゆっくり沈み、熱棒がとろとろの柔壺にめりこむ。
いたずらな笑みを浮かべ、童貞を貪る美しき姉・亜美。
僕の牡棒を競い合うように求められる悩ましき誘惑の日々。
四十路母と三人の美姉が放つ淫らな魅力に押しきられ、
初同居、初体験、初乱交!? ――禁断の相姦生活、開幕!
(引用元:Amazon)


★★★☆☆ 実姉&実母との相姦を憂いつつも肯定する作風とヒロインの設定には一考の余地, 2016/7/3
オビなどにも女寄れば姦しい旨が記されているが、本作の3人の姉と母は確かに姦しい。主人公たる弟に距離を置いているかのように振る舞う長姉のようなキャラも中にはいるが、それも秘めた想いが伝わってからは健気なるも姦しい側に仲間入りしていくため、むしろ騒々しい程に姦しい度合いが増していくと言ってもよかろう。

勝気な次姉や小悪魔チックな末姉に加えてショタコン含みながらも包容力と慈愛に満ちた母という構成は悪くないのだが、如何せんヒロインが多過ぎとの印象が拭えない。

十数年振りの再会という形で実の姉弟や母子という間柄を希薄にして、それを憂いはするものの生じた肉欲には抗えない構図にはしているのだが、ハイテンションな官能描写を含めて諸々が裏目に出ている気もする。実姉や実母との相姦では何より許されざる禁忌への憂いによって背徳の色が増すと思うし、そうでなければ実姉や実母でなくとも良いと感じるところでそれらの要素を多少なりとも薄めながらであっては効果も弱まると言わねばなるまい。

それで総勢4人のヒロインが姦しくも代わる代わる交わり、最後は全員集合なのだから同系統の食事を続けざまに供されてお腹いっぱいといった気分。2人ずつに分かれての連戦的5Pで分かりやすくしようとの意図は汲み取れたものの、それでも途中から誰が相手をしているのか分からなくなりそうだった。

タイトルの『初体験』は実弟との交わりを多少とも憂う代わりの戯れや素股、もしくはお尻やキスといった様々な「初めて」だったりする。ここでもヒロイン毎の違いを交えて禁忌への躊躇いを意図した跡が伺えるのだが、こうした違いがもっとはっきりしていればとも感じた。最後まで物静かに恥じらうようなヒロインがいても良かっただろうし、そもそも2~3人に留めても良かったと思う。感応度の高い描写それ自体やシンプルなストーリー展開は悪くなかっただけに全体像から生ずるイメージに少々疲れるというか盛り過ぎて萎える要素があったように感じられたのは惜しいところである。

同じく初体験を絡めて好印象だった前作にしてデビュー作の『女家政婦と僕-青い初体験』にも通ずる元気で快活な官能描写ではあるのだが、ヒロインの数に加えて熟女と若い娘では趣が異なることを改めて感じ、それによって受ける印象も異なるのかな?という気もした。ただ、それでも次作への期待は消えていない。
『初体験の家-熟母と年頃三姉妹』のレビュー掲載元


ここ最近はヒロインが5人、6人、それ以上となることはなくなってきた「黒本」ですが、それでも4人ヒロインの作品は多くてですね、むしろ安定的に上梓されている状況とも言えます。

そして、大体において ヒロインが多過ぎる 旨のレビューを投稿してしまう堂々巡りが行われています。(汗)



にゃらさんのブログでも本作が紹介されています。
鷹山倫太郎「初体験の家 熟母と年頃三姉妹」(フランス書院文庫、2016年3月、表紙イラスト:新井田孝)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)初体験の家: 熟母と年頃三姉妹 (フランス書院文庫) [文庫]鷹山 倫太郎フランス書院2016-06-25【あらすじ】母姉たちと離れ父と二人暮らしだった正也は、父の海外赴任により久し振りに実家に戻ってくる。女所帯の喧騒に囲まれて彼女たちと仲良くしたいと思うが、彼を弟...
鷹山倫太郎「初体験の家 熟母と年頃三姉妹」





とりわけ新人や中堅の作家さんには経験を積ませようとの編集側の意向で多人数ヒロインの作品を一度は書かされるのでしょうか?それとも、ヒロインが少ないと紙面が保てないから人数を多くしてしまうのでしょうか?

……後者でないことを切に願いますが。(^^;)



他のレーベルだと4人くらいのヒロインは案外多かったりするのですが、メインとサブがはっきり分かれていることも多く、それによってメリハリは維持されることも多いです。

……もっとも、ヒロイン1人1章の順並べスタイルになりがちですけどね。
……サブヒロインが順次退場していってしまいますけどね。
……そしてメインヒロインとは最後に1度きりだったりしますけどね。



最近の「黒本」はハーレムエンドがキホンですから、ヒロインが多いと時に収拾がつかないような混沌〈カオス〉にもなる訳でして(笑)、最後の纏め方や、そこに至るまでの流れもさることながら、何よりヒロインのキャラ設定によっては最後にぶつかり合うと言いますか、何と言いますか……大福おはぎぜんざいを食べた後に金時パフェが出てくるような、そんな満腹感に包まれてしまいますよね。(^^;)ナハハ





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 鷹山倫太郎

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鷹山倫太郎「初体験の家 熟母と年頃三姉妹」

鷹山倫太郎「初体験の家 熟母と年頃三姉妹」 (フランス書院文庫、2016年3月、表紙イラスト:新井田孝) ネタバレ有り。御注意下さい。 作品紹介(公式ホームページ) 初体験の家: 熟母と年頃三姉妹 (フランス書院文庫) [文庫]鷹山 倫太郎フランス書院2016-06-25 【あらすじ】 母姉たちと離れ父と二人暮らしだった正也は、父の海外赴任により久し振りに実家...

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2