FC2ブログ

夜這い村(著:葉月奏太、竹書房文庫)

2016/1/20 発売

夜這い村

著:葉月奏太竹書房文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

◎真夜中の侵入者…淫らな村に閉じ込められて!
◎今旬の作家が放つ超刺激的な伝奇官能ロマン!
旅行会社に勤める吉井圭一は、憧れの女上司・佐々木綾香と北陸に出張する。二人は車で山奥の温泉地を目指すが、大雨で道が崩壊し、途中の小さな村に閉じ込められてしまう。復旧に時間がかかるため、二人は村の地主の家に宿泊することに。その夜、圭一は綾香の部屋から洩れてくる声を聞き、つい覗き見してしまうが、なんと村の男に夜這いを掛けられていた。最初は抗っていた綾香だが、男の巧みな性戯によって快楽に溺れていく。憧れの女性を奪われショックを受ける圭一だったが、彼にも淫惑の誘いが迫っていた…!ふしだらな山村に囚われた男女、鮮烈秘境エロス!
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 村の男達から次々と夜這いされる被虐的な官能美と寝取られの醍醐味, 2016/6/19
一目瞭然のタイトルが全てを表しているが、ヒロインに片想いしている主人公からすれば完全かつ完璧な寝取られに終始する展開である。旅行会社勤務2年目の主人公(24歳)は憧れの女上司(30歳)とのロケハン出張に浮かれ気味ながらも訪れた村で立ち往生。しばらくの滞在を余儀なくされる。初期設定はこれで充分である。

人贄村……ホラーやサスペンスでも使われそうなネーミングだが、官能小説ならば言わずもがなであり、村全体が「そうである」ことを示したのであろう。村人の計らいで村一番の地主宅の離れにしばし身を寄せることとなった2人。一見したところ村人達は皆優しい。しかし、夜になると別の顔を見せる。東京からやって来た極上の美女に男達が群がるのは人贄村の常識なのである。

1日目:村役場の職員
2日目:駐在所の警官
3日目:村一番の地主
夜な夜なやって来る村の男達を歯噛みしながら覗き見るしかない主人公がヘタレなのはお約束だが、上司の抵抗を端折って、感じ始めたところから描いているのは官能描写の頁を割く意味でも秀逸なところ。日を追う毎に抵抗も薄れ、徐々に溺れていく上司の痴態も覗き見ている主人公を通じて淫猥さが増すところである。彼氏と別れて3年という上司の空閨も後押ししているのであろう。嫌がりながらも昂りには抗えない上司の悩ましさも滲み出ている。

4日目:村役場の職員
初日と同じ「お相手」ながら、この頃には上司が自発的な行動を見せるほどに堕ちている淫靡さのエスカレートが見られる。また、3日目辺りから村の常識は何も男だけではないことも描かれ、地主の妻やその従姉妹といったサブヒロインが登場しては主人公に迫っている。熟女や若い娘も程良く加味されたと言えるが、この村を訝しんだ主人公の疑念が明かされるのと合わせてクライマックスへの準備が整っていく流れとも言えよう。

5日目:夜這い祭り
村祭りは夜這い祭りという分かり易さは、他にすることもない辺鄙な村の現実でもあり、一般的な常識が通用しないムラ社会の象徴的神事とも言える。担ぎ出された上司が夜通しに貫かれ、あるいは主人公が搾り取られた部分はボカすことで凌辱的な色合いを抑えつつ淫靡さだけは上手く抽出されていると思う。ここで主人公はようやく上司と結ばれるのだが、そこには村人から宛がわれたような情けなさもあったりする。

酒池肉林の果てに去来した感慨が後の上司に大胆な行動を取らせるエピローグへと繋がるのだが、主人公には「もっと頑張りなさい」と叱咤激励したくなる結末となるのは、このイカれた村での体験を通じて芽生えた男女の恋ではなく、その興奮体験を忘れられない女のどうしようもない業を描こうとしたからであろう。この作風で竹書房文庫から出版したことも含め、いわゆる一竿主義な読み手や他の出版社への挑戦的な意欲を感じさせる作品にも写った。
『夜這い村』のレビュー掲載元


全編これ寝取られ
夜這い村は寝取られ村


これ以上の説明は不要ですねw

その割に長文のレビュー書いてるじゃねーか!とツッコまれそうですけど(汗)、でも、あの、Amazonのレビューでは最低30文字を要求されるので……。(苦しい言い訳)



葉月先生のブログに自著解説があります。
『夜這い村』





下町純情路線を描いたかと思えば未亡人の哀惜を叙情的に描き、それでいて本作みたいながっつりなのも描く……まるで 和・洋・中 何でもござれなシェフのようですw

だからと言って凌辱作品でもなく、迫られて困惑するも昂りを抑え切れずに図らずも感じてしまう被虐の官能美が今回も冴えていました。



DSK的には勝手に「迫られ系」称しているのですが、思えばデビュー作からして2人の男に迫られる未亡人がヒロインでしたものね。

甘くて優しいのも楽しみなのですが、時にはこういったのが飛び出してくるのも葉月作品の魅力だと思います。





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 竹書房文庫 葉月奏太

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2