FC2ブログ

三人の新しい姉-新生活(著:鷹羽真、フランス書院文庫)

2016/5/25 発売

三人の新しい姉-新生活

著:鷹羽真フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

「約束よ、私以外の女で勃起するのは禁止だからね」
胸乳の谷間も露わに牝豹のポーズで囁くゆりな。
新たに暮らしはじめた義弟の昂ぶりきった硬直を、
家族の目を盗んで奪い合う有坂家の年上三姉妹。
母性溢れる25歳、体育会系の21歳、セクシーな18歳。
少年を甘やかしすぎる「新生活」の結末は?
(引用元:Amazon)


★★★☆☆ S風味が全開な美少女とショタコン風味が全壊な美女達, 2016/6/12
ここ最近のフランス書院文庫では珍しく三十路過ぎの熟女がゼロ。最年長でも20代半ばという若いヒロインで構成されている。高校に入学するかどうかという少年主人公に近づけた結果なのかもしれないが、それでも、他の作品でよく見られる熟女のショタコン的溺愛にも負けない旺盛な愛情が発露された作品である。

【みのり】慈愛と包容力に溢れた25歳の長姉。
【ひかる】男勝りに見えて初心な21歳の次姉。
【ゆりな】女王様っぽく振る舞う18歳の末姉。

双方の親の再婚で突然家族になるのは定番の状況設定だが、姉達にはそれぞれ保母さん、陸上のアスリート、グラビアアイドルというキャラに見合った設定がなされおり、みのりの職場である保育園やひかるが通う大学でも戯れる場面がある。そうしたシチュエーションの良さはあるのだが、ショタコン的愛情が最初から全開(全壊?)な姉2人に比べて序盤から約1/3を占めるゆりなの場面は毛色が少々異なる。

主人公もファンだったというアイドル的なお高い目線から主人公を見下し、みのりやひかるに色目を使っているとからかい、自分をズリネタにしていたと弱みを握っているゆりな。こうした経緯から女王様っぽいSっ気で主人公を弄ぶ描写が思いのほか長く続く。読み手に多少なりとも被虐を悦ぶ属性があればまだ良いのだろうが、皆無な自分には冗長に感じられる場面の連続だった。最後にほぼ必ず「クスッ」「クスクスッ」と笑うのも何だか小バカにされているようでもあるのだが、それでも、何だかんだ言っても主人公の筆下ろしをしてあげるゆりなではある。

個人的に俄然面白くなるのはゆりなが写真集の撮影でしばらく家を空けてから。それまでゆりなばっかり構っていたと(冗談交じりで)ツッコんでいた2人の姉がいよいよ出番を得てからである。不在時に申し渡された禁止事項を破ってしまうのも少年なら致し方なしではあるが、姉達の誘いを無碍にしては男が廃るとなればむしろ破るくらいが快哉となろう。ゆりなへの負い目を感じながらも2人の姉にイレ込む主人公だが、こうした中盤から終盤の官能描写はなかなかの盛り上がりを見せる。

帰ってみたら形勢逆転の憂き目に遭うゆりなが姉達の諭しもあって女王様の鎧を外すのは、元来が不器用なゆりなの精一杯な姿だったとして見せた可愛げであり、そんな鎧も不要となれば最後は3人の姉から揃ってショタコン全壊の「ご奉仕」が施され、それを享受する主人公がコンチクショーにも羨ましく見える結末へと至る。

姉達3人がそれぞれの立場で他の2人にコンプレックスを抱いていたことなども含め、全体として丁寧に描いているのは好印象なれど、時には丁寧過ぎてしまい、ややもすると回りくどく写る場面も幾つかあったことから今少し整理して(前倒しして)、全員が本当に身も心も結ばれてからの爛れた性活がエピソードで描かれていたらさらに良かったかもしれない。
『三人の新しい姉-新生活』のレビュー掲載元


2014年から2015年にかけてですかね、誘惑路線でも終盤などではヒロインに対して僅かですけど上段に立つような、いわゆる「荒ぶる主人公」が小日向諒先生の作品を筆頭に見られたように思います。優しい口調ながらも女性を従えるような、「僕の女だぁー」みたいな意思表示をするような、そして連続で責め立てるような、そんな少年主人公ですよね。

これが今年(2016年)に入ってから再び激甘路線に回帰しつつあるように感じられる中で、ショタコン的溺愛がより前面へ出きているようにも感じられます。元より誘惑路線は熟女や年上お姉さんが少年を愛でるのが基調ですからショタコンなのですけれども、それがより一層感じられる作風と言いますか、もぅ真っ正面からショタコン全開といった感じですね。

こういった作風も以前からあるにはありましたから、これも回帰の流れにあると言えるのかな。



にゃらさんのブログでも本作が紹介されています。
鷹羽真「三人の新しい姉【新生活】」(フランス書院文庫、2016年5月、表紙イラスト:川島健太郎)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)三人の新しい姉【新生活】 (フランス書院文庫) [文庫]鷹羽 真フランス書院2016-05-25【あらすじ】母親の再婚により、義父の連れ子である三姉妹と同居生活を始めることになった航。特に三女のゆりなにはグラビアアイドルとしての憧れを持っていたが、オナニーの現場を見られ...
鷹羽真「三人の新しい姉【新生活】」





その意味で、それはもぅ、こっ恥ずかしいくらいにショタコン全開(全壊)のヒロインが出てくる本作は、もしかしたら後に2016年の傾向を象徴的に示す作品の1つに数えられるかもしれませんね。

個人的には主人公をいたぶる描写……と言ってもほとんどが言葉責めですけど……がずっと続く前半がどーにも合わなかったのですけれども、後半の盛り上がりはなかなかでしたよ。





関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 鷹羽真

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鷹羽真「三人の新しい姉【新生活】」

鷹羽真「三人の新しい姉【新生活】」 (フランス書院文庫、2016年5月、表紙イラスト:川島健太郎) ネタバレ有り。御注意下さい。 作品紹介(公式ホームページ) 三人の新しい姉【新生活】 (フランス書院文庫) [文庫]鷹羽 真フランス書院2016-05-25 【あらすじ】 母親の再婚により、義父の連れ子である三姉妹と同居生活を始めることになった航。特に三女のゆり...

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2