FC2ブログ

新人家庭教師-お母さんが教えてあげる(著:葉月奏太、二見文庫)

2016/4/26 発売

新人家庭教師-お母さんが教えてあげる

著:葉月奏太二見文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

「弊社の家庭教師はお母様のお相手もよろこんでいたします!」
家庭教師派遣会社に入社した裕太は、初めての派遣先で母親とおいしい体験をしてしまった。だが、正式契約まで取ることに成功する。二軒目では、未亡人から「少しだけでいいので」と迫られ、またもや……。家庭教師として許されないのでは、と悩む裕太だったが、会社には秘密があって──。人気の実力派による書下し誘惑官能。


★★★★☆ 家庭教師派遣業の「サービス」に巻き込まれた主人公, 2016/5/8
サブタイトルの「お母さんが教えてあげる」は当然ながら息子への勉強などではなく、新人として派遣された家庭教師のムスコへの性戯である。ただ、確かに生徒の母2人(30歳と38歳)と関係することになって動揺する新卒の主人公だが、後半では先輩の独身女家庭教師(24歳)や既婚の女上司(36歳の支店長)との交わりもある。家庭教師という職業に秘められた妄想的シチュエーションに企業の競争原理が(官能的に)持ち込まれた物語の面白さをライトに楽しむ作品と言えよう。

4人のヒロインで起承転結が描かれており、最初はやけに積極的なお母さんだなと思っていたのが2軒目でも同様な、さらに性癖が発揮されたプレイを求められて困惑を極める主人公。苦労して見つけた就職先でもあり、社会人としてあるまじき行為と悩んでもいる。その意味では生真面目な主人公ではあるが、お母さん達からの誘いを拒めないくらいにムスコは正直でもある。勉強後の昼下がりに交わされる密戯にして、時には夫が帰宅しているのに大胆といった淫靡な状況が続く。

他の家庭教師がフラフラになって帰社するのを主人公が訝しむのは、この派遣会社の真相を読み手にじんわり知らせる手段でもあるのだが、こうした描写を端折らずにきちんと盛り込むのは大事だと思う。そして、そんな中の1人に主人公の教育係でもあった先輩の女家庭教師がいる。フラフラの理由、即ち、この派遣会社の真の「サービス」が判明する中で先輩の回想から主人公との交わりに発展する連続描写はなかなかの良さがあった。

肉欲的にはオイシイ状況になっていくのに反して会社への嫌疑が抑えられない主人公が女上司からの説明と関係を得るのがクライマックスとなる。確かに「最初から言っといてくださいよ」と独白するのも納得な状況ではあるし、その見返りとばかりに女上司がテストと称して自らの身体を提供するのは安直にも思えるが、本作の舞台設定を鑑みればさもありなんと思えてくるのは苦笑いしてしまうところである。

女上司に既婚者らしさがあまりなく、その出番も最後までお預けだったが、途中から先輩まで闖入してきての3Pに発展したことで連続情交の形にもなり、締め括りとしては相応の盛り上がりに繋がったと思う。

結果的には大人の思惑に巻き込まれた主人公ではあるが、自らの正義を維持するのか、それともこれに染まっていくのか、という実際の企業倫理にも当て嵌められそうなテーマが浮き彫りになったようにも読み解けるのは興味深かった。もっとも、夢見心地な主人公は「輝かしい未来」と思っているようだが……。
『新人家庭教師-お母さんが教えてあげる』のレビュー掲載元


家庭教師と生徒の母……個人的に大好物な設定です。(笑)

子供が勉強している合間にリビングや寝室で、とかもぅ堪らんシチュエーションですよね、ね!

本作では勉強後にそのまま夕食に招かれ、帰宅してきた夫が子供とテレビを観ている間にキッチンでお口奉仕みたいな、AVで時折見られる場面がありました。



葉月先生のブログに自著解説記事があります。
『新人家庭教師 お母さんが教えてあげる』





後半では様相が変わりまして、行く先々でお母さんが積極的なのは何だかおかしいと訝しむ主人公は許されざることと悩んでもいるのですが、その真相が判明するのと前後して、それに纏わる流れで職場の先輩や上司との関係に発展していきます。

その意味では家庭教師モノにオフィス(OL)モノの要素が加味された作品とも言えますね。



◆新作情報
2016/5/26 発売

とろめき商店街(竹書房文庫)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
◎バツイチ美女から家出妻…レトロな商店街で甘美な戯れ!
◎とろけるような快感と癒し、下町官能ロマンの決定版!
三十の独身男である轟大輔は、下町の商店街でお好み焼き屋兼駄菓子屋の「とどろき屋」を営んでいる。短気だけど人情家の大輔は商店街の有名人だが、惚れっぽくて振られてばかりいる。ある日、高校時代にマドンナだった遥香が、離婚して実家に帰ってきていることを聞き、大輔の胸は高鳴る。そんな彼の気持ちを知ってか知らずか、遥香はたびたび「とどろき屋」を訪れ、遂には「大輔と一緒になれば良かったかな」と言って、艶めく身体を預けてくるのだった!? レトロな商店街にわけありの美女が集う…ほっこり癒しの下町官能ロマン!



月刊葉月化は順調に進行しているようで、5月も新作が出ます。

お馴染みの下町路線ですね。楽しみです!(^^)

しかし、今回も良い表紙カバーイラストですなぁw





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 二見文庫 葉月奏太

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2