FC2ブログ

とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー(著:庵乃音人、画:貂、リアルドリーム文庫)

2016/3/24 発売

とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー

著:庵乃音人、画:貂、リアルドリーム文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

女子大生、バスガイド、若妻、OL、未亡人に囲まれて!
憧れの先輩・真帆とバスツアーに参加した啓太は、
旅先で艶やかな美女たちと肌を交わすことに。
「こんなに硬くして。天国に連れていってあげるわね」
肉茎を柔指でしごかれ、ヌメ光る舌に巻きつかれ――。
清楚可憐な先輩にも思いの丈と肉欲をぶつけていく!


★★★★☆ メイン+サブのはっきりしたヒロイン構成で読ませる恋愛青春官能物語, 2016/4/10
ここ最近は奇抜なアイデアで面白味のある作品も上梓してきた作者にしては珍しさ(?)さえ感じる王道の恋愛路線ではなかろうか。ただ、リアルドリーム文庫で続いている「とろ蜜」シリーズの一環とすれば納得のいく作風でもある。大学へ通う18歳の主人公が1つ上の先輩へ想いを寄せつつ紆余曲折するストーリーには甘酸っぱい青春と、そこへ至るまでの年上美女達との偶発的な交わりという2つの薫りが漂ってくる作品である。

バスツアーということで登場するヒロインは多岐に渡る。メインの先輩はもちろんのこと、生真面目で堅物なOLや癒し系の若妻に儚げな未亡人、さらには奔放なバスガイドも加わる計5人が19~34歳で配される。様々なタイプが登場する彩りの良さはあるものの、基本的に1章1ヒロインという官能的に薄味な構成は否めないところ。それでもOLと若妻を友人関係にして3Pを盛り込んだり、メインの先輩とは複数の官能場面を描くといった工夫は見られる。

本作はむしろ主人公と先輩との恋愛成就をサブヒロイン達が応援する恋愛物語の側面が前面に出ていると言えるかもしれない。各章の前半を物語に割き、官能担当とは別のヒロインが出てきて主人公をあれやこれやと叱咤激励することで紋切り型の構成とは一線を画す複雑さが見られる。この辺りはストーリーテラーとしての作者の面目躍如な部分であり、最後はお得意の「想いが決壊する」激甘ラブストーリーへと導いてもいる。

ガニ股や剛毛にデカ乳輪といったフェチ(?)を今回も取り入れつつ、少なくとも作者のブログを読むほどのファンであれば一目瞭然な趣味の世界も設定に盛り込みながら綴られる恋の行方に確かな読み応えはあったが、それでもやはりヒロインは少し多過ぎたかもしれない。
『とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー』のレビュー掲載元


庵乃先生がリアルドリーム文庫から上梓される「とろ蜜」シリーズ……と言ってもタイトルに共通性を持たせているだけですが……は本作で第3弾を数えます。



〈第1弾〉
2013/12/26 発売
とろ蜜シャッターチャンス-女教師&制服少女と秘密の撮影会
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-372.html



〈第2弾〉
2014/4/23 発売
とろ蜜熟女喫茶-未亡人・人妻・女社長
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-533.html




そして本作は、庵乃先生のブログをご覧になられている方なら思わずニンマリしてしまう要素が舞台設定に盛り込まれています。(^^)



タイトルの「バスツアー」は、仏像巡りツアーなのであります。



そう、大学生のヒロインと主人公は仏像サークルに属してまして、バスツアーで秘仏巡りをするのです。

その旅先で先輩たるヒロインに告白しようと奮闘する……実際はなかなか告白できずにいるところを同行している美熟女達やバスガイドさんに慰められながら「摘み喰い」されている……主人公でありますw



みきりっちさんのブログに投稿されている本作の紹介記事です。
とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 16.03.30庵乃音人 キルタイムコミュニケーション (2016-03-24)売り上げランキング: 5,089Amazon.co.jpで詳細を見る3月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、仏像サークルに入っている大学生です。そんな彼には同じサークル内に想い人が…。それは、1つ先輩である「真帆」(まほ)でした。秘仏鑑賞バスツア...
リアルドリーム文庫 とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー レビュー

にゃらさんのブログに投稿されている本作の紹介記事です。
庵乃音人「とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー」(リアルドリーム文庫、2016年3月、イラスト:貂)ネタバレ有り。御注意下さい。とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫) [文庫]庵乃音人キルタイムコミュニケーション2016-03-24【あらすじ】憧れのサークルの先輩である真帆を三泊四日の秘仏バスツアーに誘った啓太だったが、元来の弱気な性格から告白できずにいた。ガイドの佳織に筆下ろしされ、ツアー客でOLの亜紀...
庵乃音人「とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー」

庵乃先生ご自身がブログで自著解説されています。
庵乃音人うずまき日記 - とろ蜜シリーズ最新作『とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー』発売





庵乃先生らしさ満開のラヴストーリーなので読んでて楽しいですが、さすがにヒロインが5人というのはちと多過ぎましたね。(^^;)



◆新刊情報
2016/4/25 発売

身分違いの情姦-小笠原家の未亡人とお嬢様(フランス書院文庫)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「使用人ごときに、処女を奪われる気分はどうですか」
「やめて……こ、このケダモノ!うっ、あ……」
令嬢の初々しい女陰を侵蝕していく膨らみきった亀頭。
生意気な言動とは裏腹に18歳の女膣は硬直を締めつけていく。
名家・小笠原家で無軌道に暴走をはじめる一匹の狂犬。
裕の邪欲は、熟肉をもて余す39歳の未亡人・蓉子までも……



4月に出る「黒本」からの新刊ですが、あらすじを読むと何だか凌辱作品のような……煽ってますかね。(^^;)





※各作品のあらすじはAmazonより引用。
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : リアルドリーム文庫 庵乃音人

コメントの投稿

非公開コメント

仏と官能&ちょっぴりご相談

DSK さま

黒本に比べるとリアルドリーム文庫は文字数が少ない印象があります。
やはり、登場人物が多かったからでしょうか。
いつもの官能描写が省かれてしまっている感じがしました。

出版の日時が前後しますが、黒本の最新作はヒロインが二人、サブヒロインが一人という布陣で十分楽しめたので、惜しいと思いました。

仏像めぐりツアーで官能?
という仏も恐れぬ物語の展開は、庵乃ワールドだからできることなのでしょうかね。
仏は人生を苦だと教えています。
ある意味、主人公の苦行を描いたのかもしれません。

仏の顔も三度までと言う諺もあります。
ヒロインが三人になる、もしくはメインのヒロインと3度目にうまくいくというような、とんちが効いた展開も面白かったかなと思いました。

>庵乃先生がリアルドリーム文庫から上梓される「とろ蜜」シリーズ……

本作品がはじめてなので、前2作を読んでみます。
とくに「熟女」の方は気になります。

ここからは、お聞きしたいことです。
DSKさんは、たまに表紙イラストについて書いていらっしゃいます。
表紙イラストの作者さんがどなたなのか、黒本の現物を見なくてもわかる方法があるのでしょうか?
黒本の表紙の裏に作者さんの名前が記載されていることは教えていただいたので承知しています。作者の名前をネットでググるとわかるというようなことはないのかなと最近考えるようになりました。
教えていただけるとうれしいです。

挿絵の存在

DSKです。
コメントありがとうございます。

>黒本に比べるとリアルドリーム文庫は文字数が少ない印象があります

仮に同じ頁数だとしてもリアルドリーム文庫には挿絵が4~5枚入りますから、その分だけ物理的に減りますしね。そして本作の場合はやはりヒロインが多かった面が否めないとDSKも思いました。

>仏像めぐりツアーで官能?
>という仏も恐れぬ物語の展開は、庵乃ワールドだからできることなのでしょうかね。
>仏の顔も三度までと言う諺もあります。
>ヒロインが三人になる、もしくはメインのヒロインと3度目にうまくいくというような、とんちが効いた展開も面白かったかなと思いました。

全く気づきませんでした。(汗)
仏像巡りで瞬間的に庵乃先生のご趣味方面へ意識がいってしまいましたし、回数も数えてませんでした。(^^;)

いやぁ~、よくお気づきになられましたねぇ~w

>とくに「熟女」の方は気になります

コチラの方がおすすめですよ。(^^)

>表紙イラストの作者さんがどなたなのか、黒本の現物を見なくてもわかる方法があるのでしょうか?

えっと、基本的にはありません。(汗)
ですから表紙カバー裏の記載を確認してから絵師さんの氏名を記しています。

ただ、特徴的な画風の絵師さんだと確認する前に推測できることはあります。確定するまで断定的な表現はしませんし、何より断定できるまでブログにも記しませんが、たぶんあの絵師さん作だな、というのは粗方分かります。

と言いますのも、官能小説の表紙カバー画像データを一時期コレクションしていまして……それは今もPC内にありますが……途中からフォルダを絵師さん別に整理するようにしまして、そんな表紙画像を眺めているうちに何となく分かってきた感じはあります……経験則ですね。

>作者の名前をネットでググると

最近のは少ないですけど、出てくる絵師さんもいますよ。
絵師さんのサイトやブログもありますから、そこで確認する方法もあるでしょう。

ありがとうございました

DSK さま

>コチラの方がおすすめですよ。(^^)

早速手に入れてみます。

>えっと、基本的にはありません。(汗)
>ですから表紙カバー裏の記載を確認してから絵師さんの氏名を記しています。

そうですか。
竹書房ラブロマン文庫はかなりの確率で大柴先生の作品が使われるのでわかりやすいですね。
しかし、黒本はいろいろな作家さんにお願いしているので、上手く探す方法はないかと思っていました。
DSKさんに触発されて(かなりですよw)表紙に注目するようになって、お気に入りの「丹野忍」先生の作品を探していました。
彼のHPを拝見しても、黒本の作品リストなどは載っていなかったのでお知恵を借りようとご相談をしました。

>官能小説の表紙カバー画像データを一時期コレクションしていまして……それは今もPC内にありますが……途中からフォルダを絵師さん別に整理するようにしまして、そんな表紙画像を眺めているうちに何となく分かってきた感じはあります……経験則ですね。

素晴らしいですね。
作品の内容は大切ですが、本の顔というべき表紙のイラストも大切だなと思っています。
特に熟女がヒロインの場合、身体の特徴は、胸がふくよかで、くびれがあって、お尻が大きいというのが定番です。
しかし、アニメや実写ドラマのように視覚的にわからないにしても、作品によって微妙に異なる熟女を妄想するヒントをくれるのが表紙のイラストだなと気づきました。
せっかくなので私なりに気に入った作者の作品を集めてみようかと企んでいます。

黒本を大量に在庫している本屋があれば、そこに通い詰めて確認しますが、残念ながら本屋がないので地道に探すしかないようです。

DSKさんのおかげでやり方が決まったので、感謝しています。
ありがとうございました。

表紙にも時代性あり

DSKです。
コメントありがとうございます。

やっぱり美しく麗しい女性を愛でるのは男の性(笑)ですから、官能小説の表紙も魅力的だと常々思っております。

丹野絵師の「普段」は官能畑とは違うところにあるようですから、官能ジャンルで、となると探すのが難しい反面、登場が最近で点数もまだ少ないですからコンプリートのチャンスはありますよね。

また、それなりの時代性と言いますか、時期によって人気絵師も変わってきますから、そんな変遷を辿るのも面白いかと思います。

「黒本」だけでも(以下、敬称略)新井田孝に始まり、西村春海、村山潤一、小玉英章、川島健太郎といった、今も現役を含みつつその時代を代表する絵師さんがいますし、他のレーベル(もしくは「黒本」と兼務)でも以下のような絵師さんの、それぞれ活躍する時代がありました。

吉田昭夫・石川吾郎・佐藤与志朗・金本進・中村成二・長野剛・妃耶八・浜田和・野中昇・岬ゆきひろ……そして大柴宗平。

ちょっと変わったところではリアルドリーム文庫の2作目は、あの鬼才みやびつづるが挿絵も含めて担当していたりと、枚挙に暇がありませんw

……時間があったら表紙の特集記事でも投稿しようかな。(笑)

ここ数年のマドンナメイト文庫は表紙に絵師さんの氏名も明記してますからAmazonとかの画像を拡大すると分かりますよ。(^^)
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2