FC2ブログ

熊本を応援する方法

平成28年(2016年)熊本地震と命名された地震災害が熊本を襲っています。

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災された中でご遺族ともなられた方々へのお悔やみを申し上げます。

そして、今も被災地において懸命に命を繋いでいる方々へ……気休めにしかなりませんが……ガンバロウ!と応援申し上げます。



既に幾度も報道されているので詳細は割愛しますが、気象庁が命名したのは東日本大震災〈平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震〉以来となり、最大のマグニチュード7.3は阪神・淡路大震災〈平成7年(1995年)兵庫県南部地震〉と同じという大地震であります。

津波がなかったことは幸いでしたが、今回は多くの土砂崩れが二次災害として発生してしまいました。これまで地震とはほぼ無縁だった九州の方々にとってはまさに青天の霹靂にして急転直下の出来事だったことでしょう。自然はかくも過酷な試練を突きつけるのかと神様を思わず恨んでしまいます。



さて、外野たる……今回は辛くも、偶然にも外野だった……我々の出来ることは些細なものですが、まずは募金ですよね。物資を少しでも運ぼうという動きもありますが、例えば毛布を100枚運んだとして、そこでは500枚必要だった場合に、その配分という別の問題が発生します。善かれと思って運んだ物資がその場所では不要だったりすることもあるでしょう。送った方は達成感を味わっても現地では余計な手間とコストが増えるだけという状況も時にはあるようです。



どうすれば良いか分からない時は、現地で使ってくださいとの祈りを込めて募金という現金が届いた方が良いということですね。





↑のアカウントは、18禁なことをつぶやかないDSKですw




このツィートに示されたリストが今回のものなのか過去の震災時に送られたものなのかは分かりませんが、確かに千羽鶴や応援メッセージをもらっても扱いに困るでしょうし、もしかしたら救援物資と粗大ごみを間違えていないか?といったモノもありそうです。

自分本位な善意って困りますね。(^^;)





そして、ここからが本題です。

真面目です。



こうした熊本への応援を官能的に行うにはどうすれば良いのか考えました。

というか、思いつきました。



まずは熊本出身のAV女優さんを応援しましょう。

AV女優リスト(出身地:熊本県) - みんなのAV.com
http://www.minnano-av.com/actress_list.php?place=43


AV女優検索結果一覧(熊本県出身) - AV動画大好き
http://erodougazo.com/actress/index/fr__%E7%86%8A%E6%9C%AC%E7%9C%8C/




いや、熊本出身ってだけで今は関東暮らしとは思いますが、生まれ故郷の、そして実家の様子を心配しているに違いありません。ですから、気休めにしか過ぎないでしょうけれども、彼女達にせめてものエールを送ることにしましょう。



そして、熊本出身の官能小説家を調べてみたら1人いました。

漏れがあるかもしれませんが、今のところ「DSK調べ」では1人です……それも大御所。



藍川京 先生



藍川先生も今は関東にお住まいとは思いますが、熊本に対して何かしらの支援活動を行う可能性は高いと思います……勝手にそう思ってます。上記の熊本出身AV女優さん達も同様でしょう。

つまり、短期的な「物入り」状態になるハズです。

その原資を多少なりとも我々が支援することはできないだろうか?という誠に手前勝手な間接支援であります。



つまり、官能世界の住人は熊本出身のAV女優さんと藍川先生に間接的な募金を託すことになるのです。



いや、フツーに募金すればいいんじゃね?とツッコまれると返す言葉がありませんが、それはそれとしてフツーに募金していただいてですね、官能住人の矜持として、ここに最近の藍川作品を紹介させていただくのであります。

……強引なのはハナから承知しています。(^^;)





2014/8/5 発売

弟嫁

幻冬舎アウトロー文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
ひかりTVブックはこちら。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア BookLive! はコチラ。
最愛の夫の死から一年。三十四歳の深雪はいまだ哀しみをたたえ、いっそう美しさを増していた。会社を経営する義兄・一寿は厚意を装い、浴室に覗きからくりを施した高級住宅に深雪と娘を住まわせ、深雪を経理社員として迎える。数日後、深雪が社長室に赴くと一寿とともに取引先の下卑た社長がいた。もう深雪は被虐の性奴隷になるより他なかった。

単独長編としては目下の最新作のようです。



2013/3/18 発売

艶文

コスミック文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
ひかりTVブックはこちら。〈電子書籍・表題作のみ〉
総合電子書籍ストア BookLive! はコチラ。〈表題作のみ〉
大地震の翌日、散乱した部屋の中から見つかった古い手紙の束。それはかつて紗絵子に想いを寄せていた年上の男からの恋文だった。過去の想い出に誘われ男と再会した紗絵子だったが、十五年の歳月は穏やかだった男を獣に変えていた…。表題作「艶文」ほか、時を超えて結ばれる女たちの情炎を描く官能作品集。

短編集です。



2013/2/14 発売

おんな酔い

双葉文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
ひかりTVブックはこちら。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア BookLive! はコチラ。
勤務先の会社が倒産し、妻からも三行半を突きつけられている池部雄太は、伯父の大海に相談をもちかけた。伯父は事業で成功しているものの、人気ソープ嬢を妻にするなど奔放な性格のため、親族からは白い目で見られている。果たせるかな、伯父は相談にきたはずの甥に自分の愛人を紹介したり、SMクラブで過激な体験をさせたりする。しかし、それには理由が。女流官能第一人者のオリジナル長編。

幻冬舎アウロトー文庫と並んで主戦場の双葉文庫作品より。



兄嫁は未亡人(藍川京) 1991/04/23 発売

兄嫁は未亡人

フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
剥かれた喪服からこぼれ出る白磁の如き乳房、柔肌。
悲嘆に暮れる兄嫁の躯は予想以上の素晴らしさだ。
「これからは俺が、霧子さんの男だ!」
太腿を割り、赤い牝芯を貫く熱化した怒張……
兄嫁と義弟の関係は通夜の凌辱で始まった。

※一部で表現を変えている箇所があります。

「黒本」デビュー作。



1989/3 発売

卒業-恥かしすぎる体験

マドンナメイト文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
愛らしい花びらにピアスを刺し、剃りあげられた恥丘に椿の刻印を彫る―。令嬢は淫靡なる果肉の宴の招待客となり敏感すぎる体をさらに責め嬲られ悶羞の限りを尽されるのだった…。

書影が見当たりませんが、デビュー作ではなかろうかと。






さすがに無理やり感は否めませんが、熊本を何とか応援しよう、官能の住人として応援しよう、と試みた結果であります。

繰り返しますが、いたって真面目です。



熊本の皆さん、今がどんなに厳しくとも、必ずゴールはあります。

応援しています!



◆藍川先生のブログ
「藍川京」の部屋
http://blog.aikawa-kyo.com/








※各作品のあらすじはAmazonおよび公式サイトより引用。
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 藍川京

コメントの投稿

非公開コメント

地震から学ぶこと

DSK さま

熊本地震のコメントありがとうございました。
私は熊本県民ではありませんが、近県に住んでいることもあり、知り合いがたくさん被災してしまいました。

私の家もこれまで経験のしたことのない揺れに襲われ、被害は免れたのですが、関東で、ある程度揺れになれていたとはいえ不安を呼び起こすには十分でした。
一応、いつでも逃げられる準備をして就寝をするようにしています。

官能面からの応援というのは本当にマイナーなのでしょうが、心強いです。
とにかく応援してみようというその気持ちがありがたいです、

初日の地震では亡くなった方は9名だったのですが、三日目の地震では一気に30名以上も増えてしまい、さらに行方不明者も増えているところを考え合わせると自然の前に為す術がないことを思い知らされます。

近年の地震を見ていて思うことは、一度目の地震では、家屋が倒壊したりと被害は出るのですが、死傷者は少なくてすんでいます。しかし、地震によって起こる火災、津波、今回の場合は2回目の地震によってたくさんの方が亡くなっていることが気になります。

熊本の場合は、もう大きな地震は来ないだろうと、しかも電気も付くのでプライベートがない狭い、避難所や車よりも自宅の方がいいと考えていた人が命を落とす結果になったことは考えさせられます。
1回目と2回目の大きな揺れの間に時間があったので、家族、近所の人、警察、消防、マスコミまでもが彼らに避難所に行きましょうとかなり呼びかけたにも関わらず彼らは拒否をしたので、自業自得という考え方もあるのかもしれません。
しかし、彼らがいた自宅が倒壊した現場で、いくら自業自得とは言え、彼らを助けないわけにはいかないので、一生懸命救出活動を行うことになります。その結果、救出する方も次々に遺体を目にすることでいい気分がするモノでもないでしょう。
実際には、呼びかけた人たちも「もっと自分があの時に強引に連れて行っていれば」と深い心の傷を背負うことになりました。

でも、説得するときに縄で縛り付けて彼らを避難所に連れて行ったとしても、避難所で意気消沈してしまい病気にかかって命を落とすことになるかもしれないので、どういう結果になるかわかりません。

南米のエクアドルでも熊本と同規模の地震が発生していて、死者が200人以上に及んでいます。おそらく家に耐震構造など施せるほどお金もないでしょうし、日本に比べてずっと貧しい生活をしているので、被害が大きくなっているようです。

日本ではたまたま逃げるチャンスをいただけるので、それを活かすも、自分のわがままを通して命を落とすのも、その人の選択なのかなと思うしかない気がしています。

私の住む町でも1回目大きな揺れに見舞われているのにも関わらず、2回目の時も外に出たりして逃げ出そうともしない(私は準備していたので外に出て様子はみました)ところをみると、ほとんどの方が根拠もなく大丈夫と思ったり、自分に災害は降りかからないと思っている節があります。

これは地震に限ったことではなく、九州地方は台風に襲われますが、台風でも風や雨が強いから外に出てはいけないとあれほどマスコミで宣伝しても、かならず田んぼや畑が心配といって外出する人や、仕事が休めないといって外出する人がいて命を落とします。

田んぼや畑、仕事の心配は命を落としたらできなくなることはわかっているのでしょうかとそういう悲しい報道にいつも思ってしまいます。

そういう油断といいますか、危機意識からの逃避したい気持ちというのが、命を落とすのか、生き残るのかの境なのかもしれません。

小さなことをコツコツと

DSKです。
コメントありがとうございます。

出来ることは限られ、かつ微力で歯痒いばかりですが、何とかエールを送りたいと思っています。

熊本の物産を積極的に購入するとか、然るべき時期になったら熊本観光するとか、考えられることを提案・実践したいと思います。

準備はたいせつです

DSK さま

熊本への支援お願いします。

余震が収まる気配を見せません。
近県の私たちも不安な夜を過ごしていて、なかなか眠れない時間を過ごしています。

日本はどこでも災害が起きるという気持ちを持つことが大切なような気がします。
今回の被災地でも、同じような被災を受けているのに知り合いの防災士は準備ができていたので十分対応していますし、一方で、テレビやネットでもご覧の通り、災害に対する準備ができていない多くの人はオロオロするばかりです。

精神的に追い詰められるといつもならできることができなくなってしまったり、間違った選択をしたりして、さらに自分を追い込むことになるので支援をして頂きながら、みなさま自身の準備も整えていただければと思います。

今回は、被災したことは不運ですが、熊本県は陸上自衛隊の九州の中心地と言うこともあって人員がたくさんいたことで支援の手も十分とは言えないまでも他の被災地に比べれば恵まれています。
しかし、日本全国の市や町では公務員の人員を減らしていっているので、どこでも同じ支援体制ではないので災害にあったときに、ある程度は自分で何とかしないといけないということだと痛感しました。

基本は自助、そして互助、なのでしょうね。

DSKです。
コメントありがとうございます。

自衛隊からすれば熊本であろうと、どこであろうとも守るべきは日本の国土と国民なのでしょうけれども、それでも熊本に駐屯している隊員が熊本のために尽力するのはまた違った心意気もあるでしょうから、その分の心強さはさらにありそうですね。

また、過去の2大震災時はどちらも偶然にも(不幸にも)野党政権だったために対応の悪さがより浮き彫りとなりましたが……現政権政党をことさら支持する立場でもありませんが……今回はまだ多少はマシなのかな?という気もしております。外野からの勝手な想像につき間違ってましたらお詫び申し上げますが。

まぁ、どちらにせよ基本は自助、それから互助、最後にオマケで公助、くらいの心構えが必要なのであろうと思われます。

捜索活動の進展によって、お亡くなりになられた方がさらに増えてしまいました。

改めてお悔やみ申し上げるとともに、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

政治家の業

DSK さま

被災地の近県になって災害にあってみないとわからないことはたくさんあるなと思います。

特に、精神的なダメージは思った以上に大きいです。
2度も大きな地震が起こり、2度目で多数の犠牲者が出たことで、被災地ではいつ自分の家が崩壊するかもしれないという不安がおおっています。また、私たちの住んでいるところでもスーパーには水がなくなり、今まで経験したことがないような不安があります。

表面的には何事もなく過ごしたり、支援などに感謝をしたりしていますが、暮らしの不便さを味わうにつれて、自分たちがどうしてこういう目に遭わなければならないんだという理不尽さは日が経つにつれて重くのしかかってきます。

阪神淡路、東日本の両大震災で被災されたみなさまもこんな感じだったんだろうなとつくづく思いました。

政府の対応も野党政権の時よりも落ち着いている印象を受けます。
当時の与党である現野党は自分のやれなかったことを棚に上げて、参議院選挙前と言うこともあるのでしょうが、対応が悪いことを責めています。
被災地から見ると政治家が自らの都合で割れている現状は逆にストレスがかかっています。災害の時ぐらい協力してよと思いますが、災害の時だからこそ功名を得たいと思うのも政治家の業なのかもしれません。

垣根を越えることの意義

DSKです。
コメントありがとうございます。

>特に、精神的なダメージは思った以上に大きいです。

精神的な苦痛に耐えかねて福岡へ避難した方の映像が先日テレビで流れていましたが、福岡で過ごした夜の安心感は例えようもないとのことでしたので、現地に残る方々のご苦労というのは想像を絶するものであろうと推察致します。

>被災地から見ると政治家が自らの都合で割れている現状は逆にストレスがかかっています。災害の時ぐらい協力してよと思いますが、災害の時だからこそ功名を得たいと思うのも政治家の業なのかもしれません。

こういう時にこそ垣根を越えて、休戦でも何でもいいので手を結べば……それが例えデモンストレーション的要素が強くて美談を狙っているだけであったとしても……その後の印象が大きく変わる(好転する)であろうことがナゼ分からずに実践できないのかと首を傾げてしまいます。

党議拘束と言えばそれまでかもしれませんし、我々の知らない思惑もあるのでしょうけれども、どちらによせ、そう指導しているトップの力量なのでしょうねぇ。

ですから野党であっても歯痒い思いをしている議員も実は少なくないのであろうといった推測もできますが、かと言って所属政党という長いモノに巻かれているようでは先が知れているという見方もしてしまうよねぇ。

最後が馴れ馴れしくなってしまいました。(汗)

DSKです。

先のコメント(返信)ですが……

×見方もしてしまうよねぇ。
○見方もしてしまいますよねぇ。

最後が馴れ馴れしい表現になってしまいました。
失礼致しました。
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2