FC2ブログ

淫ら熟女ぐるい-未亡人兄嫁と若兄嫁と義母(著:小鳥遊葵、フランス書院文庫)

※右側はコンビニ向けの表紙
2016/3/25 発売

淫ら熟女ぐるい-未亡人兄嫁と若兄嫁と義母

著:小鳥遊葵フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

「ほら見て……私のここ、もうすっかり濡れてるわ」
寝室で薄いナイトウェアを脱ぎ、秘部を晒す兄嫁。
白く絹のような肌、大きな乳房、肉付きのいいお尻……
田舎の因習(しきたり)に従い、僕を優しくリードする未亡人。
淫らな営みの音を聞かされる義母は自らを慰め……
39歳、34歳、29歳……一つ屋根の下の初体験づくし。
(引用元:Amazon)


★★★★★ 前々作との繋がりも効果的な濃厚熟女路線, 2016/4/3
2014年の『熟女の海-未亡人義母と未亡人女教師と未亡人海女』よりフランス書院文庫で続く「島シリーズ」もしくは「熟女シリーズ」と言うべき路線から5作目となるが、作者も頃合いを充分に掴んだのか、テイストに安定感が見られるように思う。今回もまた疼くカラダと世間体といったココロの狭間で揺れ動きつつ、それでもやはり主人公の長大なムスコには抗えずに蕩けてしまう妖艶な熟女の競演が濃厚に描かれている。

離島といった舞台設定や熟女の濃いぃテイストに目がいきがちだが、実はヒロイン達の大半が「未亡人」であることも作風を特徴づけており、未亡人ならではの操の線引きの曖昧さが憂いに拍車をかけ、空閨がカラダを疼かせ、若い男の力強さに圧倒されていく背景になっていることも見逃せない。本作もまた未亡人の心情が耽美に描かれており、今回は特に1人が作中で未亡人なるというフックを利かせながら未亡人同士の駆け引きや、同士が「同志」になっていく未亡人という熟女の業が濃厚に描かれた作品に仕上がっている。

また、前々作『熟女のやさしい筆おろし』で効果的に用いられた島の風習を巧みに応用した設定が本作を彩っており、つまりは、その隣の島を本作の舞台としたことで「隣の島ではこんな風習があって……」と関連づけ、だから私達も、と繋がる良さがあった。スピンオフとまではいかないものの、官能小説では世界観を共有した作品はあまり見られないこともあり、なかなか興味深い試みと言える。

ヒロインは39歳の義母と34歳の兄嫁、そして29歳の兄嫁の計3人。長兄の嫁と次兄の嫁であり、主人公は来春高校卒業予定の三男である。年の離れた後妻ということで若い義母とし、2人の兄嫁との年齢を近づけている。

主人公からすれば父親を亡くし、長兄を亡くし、最後は次兄までも亡くなるというお家存亡の危機でもあるのだが、だからこそ主人公にはきちんとしたお嫁さんを、という正攻法の陰に「家中の誰かが孕めば……」という搦め手がじわっと浮上する構図である。ここだけ読めばリアリティが皆無に陥るのだが、それが認められそうな雰囲気もあるのが「風習」ということで、これによって退廃的かつ淫靡な世界が醸されることになる。未亡人同士の鞘当てが描かれながら内心では同じ未亡人同士(同志)という連帯感もあったりで、時には慎ましく、しかし時には大胆に振る舞うオンナ達の静かな闘いのようでもあったりする。

官能描写は相変わらず熟女感たっぷりで妖艶かつ濃厚。島暮らしの独特な感覚も作用しており、閉鎖的な土地柄で人目を気にする遠慮がありながら、それでも主人公のご立派なムスコと若さに翻弄され、圧倒され、乱れては堕ちていく淫猥度が総じて高い。今回は義母&兄嫁ということで、社会的には許されざる関係ながら血縁は無いことから、その狭間で思い悩む心情と感情が効果的に散りばめられ、官能描写にも貢献していた。ただ、話が進むに連れて描写が次第に淡泊になっていくというか、描写に割く頁が少なくなっていくのは若干気掛かりなところ。隣も含む島の風習を述べる箇所が必要以上に多くて少々割を喰っているようでもある。
『淫ら熟女ぐるい-未亡人兄嫁と若兄嫁と義母』のレビュー掲載元


今年(2016年)の1月に『四人の熟未亡人と僕-旅行中』が出たばかりというスピードで3月に発売された作品ですね。

良いスタートを切られているご様子ですが、この離島の未亡人路線もすっかり板についた感じで、かつて霧原一輝先生が回春モノで掴んだような、独自の手法とテイストで鉱脈を見つけた感じですよね。

しかも、作を重ねる毎に島の設定を少しずつ変えたり、本作のように過去作品と関連を持たせたりといった工夫も見られます。

今後も続けていただきた路線です。(^^)



にゃらさんのブログにある本作の紹介記事はコチラ。
小鳥遊葵「淫ら熟女ぐるい 未亡人兄嫁と若兄嫁と義母」(フランス書院文庫、2016年3月、表紙イラスト:新井田孝)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)淫ら熟女ぐるい: 未亡人兄嫁と若兄嫁と義母 (フランス書院文庫) [文庫]小鳥遊 葵フランス書院2016-03-25【あらすじ】夏休みを終えて兄と父の法要を済ませた洋介は、島のしきたりに倣い長兄の嫁の艶子の手解きを受けるが、その直後に次兄も後を追うかのよう...
小鳥遊葵「淫ら熟女ぐるい 未亡人兄嫁と若兄嫁と義母」





ただ、先生ご自身も懸念されるように、今後はマンネリ化の可能性もあります。

個人的に感じたのは、舞台設定などには細かな変化が見られますから、同じ未亡人でも官能描写に少し変化があるといいのかな?といったところでしょうか。例えば、3人ヒロインのうち1人くらいは清楚で奥ゆかしいまま、主人公のされるがままで昂っていくような……ほんのちょっとした違いだけのことなんですけどね……素人が勝手なこと言ってホント僭越至極なんですけどね。(汗)





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 小鳥遊葵

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2