FC2ブログ

妻の母vs.妻の妹vs.おさな妻(著:七海優、フランス書院文庫)

※右側はコンビニ向けの表紙
2016/2/25 発売

妻の母vs.妻の妹vs.おさな妻

著:七海優フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

「もっと甘えて。私はあなたのお義母さんなんだから」
薄闇の中、熟れた乳房を晒し、肉茎をしごく妻の母。
同居する娘婿から夫婦の営みに不満をもらされ、
京子は夜這いや背徳の肉交を待ちわびるように。
秘密を知った妻の妹まで負けじと挑発を始め……
39歳、18歳、21歳……一つ屋根の下の誘惑バトル!
(引用元:Amazon)


★★★★★ 母娘丼の展開に盛り込まれた「攻略」のテイストが効果的, 2016/4/3
基本的には「妻の母」39歳と「妻の妹」18歳による母娘丼を基調とした甘い誘惑路線が心地良いのだが、控えめで貞淑な「妻の母」に密かな想いを寄せる主人公による「攻略」のテイストが淫猥度を底上げしている作品と言える。作中では「調教」という表現だが、どちらかと言えば「妻の母」として慎みのある矜持を残す相手をどうにかして振り向かせたい、トロトロに蕩けさせたいといった趣である。

そのために計算高い一面も見せる主人公がやや鼻につく印象もあるのだが、意中の女性へのリアルな内面との見方もできるし、何より主人公自身が作中でそんな自分を振り返ってもいるのでさほど気に障るということもないであろう。ただ、受け身な描写が多いこともあり、時には女性のような甘い声を上げる主人公は口数が若干多いようにも見受けられるし、そのことはヒロイン達からも指摘されている。

それはともかく、「妻の母」を『オンナ』にするため焦らしを交えてあれやこれやと策を講じる主人公と、あくまで敬語で接することを本文としながら時には乱れて思わず素の姿が出てしまう「妻の母」との攻防は読み応えのある興奮を誘うものだった。

一方、当初より義兄たる主人公に想いを傾けている「妻の妹」は好対照な存在。やたらと察しが良くて先回りする機転の良さがあるので、これによって話をぐっと推進させる役割もあるようなのだが、キュートな魅力で主人公に迫る可愛らしさがあった。

主人公の正妻ながらちっともそんな気がしないかの素振りを見せる「おさな妻」21歳は本作に必要だったかな?特に登場しなくてもよかったのでは?といった存在に感じるが、最後でちゃんと正妻としての振る舞いを見せる。いや、正妻としてそれはどうかと思うところもあるが、官能的にはきちんと役割があり、夫婦の仲を再確認するという小説的な結末にも繋がる展開だった。ただ、紙面が尽きたかのように性急だったのが惜しまれるところか。

構成としては「妻の母」が最もフィーチャーされているため、上品で奥ゆかしい熟女を何とかしたいというテイストにハマれば相当な破壊力で読み手に迫ってくる作品だとしたい。
『妻の母vs.妻の妹vs.おさな妻』のレビュー掲載元


Amazonなどのレビューでは評価が分かれているようですが、個人的には好きなテイストでしたよ。

何より「妻の母」がいい。とてもいい!



貞淑で慎み深くて奥ゆかしくて母の矜持もしっかりあって……こうした清楚なヒロインは大半の作品に出てくるのですが、なかなか堕ちない。抵抗こそ弱いのですが、あくまで母であろうとするんですよ。

そんな相手だからこそ何とかしたい、振り向かせたい。だから攻略なんです。

この点においては主人公のリアルな心情として共感を覚えましたね。



にゃらさんのブログにある本作の紹介記事です。
七海優「妻の母vs.妻の妹vs.おさな妻」(フランス書院文庫、2016年2月、表紙イラスト:新井田孝)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)妻の母vs.妻の妹vs.おさな妻 (フランス書院文庫) [文庫]七海 優フランス書院2016-02-25【あらすじ】妻の沙織の実家である三河家で同居生活を始めて2ヵ月が経ち、義父の初七日が過ぎて康平は姑の京子に対して欲情を抱き押し倒してしまう。それを知ってか知らずか妻の妹の翼...
七海優「妻の母vs.妻の妹vs.おさな妻」





ただ、欲を言えば「おさな妻」たる正妻の心情があまり正妻らしくない。

官能的には良いのですが、妻として「それでいいの?」という印象なんです。

本来なら修羅場を経てから和解という流れもあって然るべきなのですが、そこはどうやら紙面が尽きたのかな?という性急さでまとめた感じなんですよね……。



でも、焦らしの淫猥さが堪能できる作品で良かったですよ。(^^)







関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 七海優

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2