FC2ブログ

女家政婦と僕-青い初体験(著:鷹山倫太郎、フランス書院文庫)

2016/2/25 発売

熟女家政婦と僕-青い初体験

著:鷹山倫太郎フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

「坊ちゃんの××、さっきより大きくなってきましたわ」
割烹着姿で浅黒い男根に絡み付かせる白く細い指。
甘えん坊の幸治が愛情たっぷりに注ぐ淫らな視線が、
母性あふれる弓恵の成熟した身体にも火をつけて……
唇で施す肉棒のお掃除、豊満ボディを揺らす性のご奉仕……
どんな甘いおねだりも聞いてくれる最高すぎる家政婦!


★★★★★ キャラ立ちの良さとハイテンションな官能, 2016/3/21
デビュー作とのことだが纏まりの良さから既出作家の別名義もあり得る。フランス書院文庫としては2013年の『僕の家に来た美しすぎる家政婦』(著:葉川慎司)以来となる家政婦と高校生の主人公が寄宿する学生寮の寮母との2人ヒロインに留め、双方に備わる母属性を土台に、さらなる愛情と主人公のムスコ(家政婦からすれば御子息の御シソクか)のご立派な長大さと疲れを知らぬ若さに溺れ、堕ちていく淫らさが加味された内容と言える。

淑やかで慎ましい慈愛の【弓恵】35歳
主人公が幼かった頃から仕えている家政婦。普段は髪を結い上げた和装で清楚な佇まい。主人公とは長く共に過ごしてきたことで母子のような関係でもあったのだが、主人公の自慰を目撃し、その次を導くように男女の関係にもなる。家政婦の立場から控えめに努めるも、とある機会を経てからは積極的に変貌し、深い愛情を傾けるようにもなる。

奔放で積極的な母性愛の【綾香】31歳
主人公が通う高校の若き寮母。バツイチでもあり、奔放な振る舞いで過去にはちょっとした「前歴」も。主人公と弓恵との関係を知ったことで挑発的に迫るようになり、性愛指南という形で関係を結ぶようになる。ただ、その後はむしろ綾香の方が疼きを抑えられなくなり、時には可愛らしいおねだりまでしてしまうほど溺れていく。

大型連休からクリスマスという時間経過の中で実家と寮を行き来するストーリー展開は至ってシンプル。むしろ分かりやすいことで主人公からの押しには弱い弓恵と積極的に主人公を貪る綾香というキャラ設定に沿った情交描写の連続によるキャラ立ちの良さが際立っているようである。相手の存在も知ることで想いが徐々に変化していくヒロイン達のじわっとした心情描写も心地良い。

そして、台詞主体で綴られていく官能描写は極めてハイテンション。主筋も在宅であろう実家でも他に学生もいるであろう寮内でもお構いなしで嬌声をあげるヒロイン達には却って心配してしまうほどだが、メロメロのトロトロに蕩けていく熟女のインパクトで読み手を興奮に叩き込む筆致には往年の本藤悠作品を彷彿とさせる勢いがある。

お尻の「初めて」を捧げるところも含めてサブタイトルにある「青い初体験」を様々に具現化していく中で、後から出てきた綾香の方が終盤までは存在感が増していたのだが、最後の最後で弓恵にも明るい未来を示してバランスを取っていたのは何気にナイスな按排。久し振りに混じり気のない上げ膳・据え膳の誘惑作品を堪能した。
『女家政婦と僕-青い初体験』のレビュー掲載元


今年(2016年)に入ってから「黒本」はやけに家政婦フィーバーでして(笑)、実は来月(4月)も家政婦ヒロインの作品が出ます。



※右側はコンビニ向けの表紙
2016/4/25 発売

おいしい家政婦母娘-秘密のお仕事(著:香坂燈也)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「私が和哉さんのモヤモヤを消してさしあげます」
沁みが浮かぶブリーフ越しに白指と唇を這わせていく千津。
人妻家政婦が勤め先の少年に施すもうひとつのお仕事。
浴室での禁断初体験、裸エプロンでの特別サービス……
美蜜まみれの甘い生活に娘の結衣が「メイド姿」で現れ……
ふたりの「家政婦」と少年――最高のご奉仕合戦、開幕!





そして、これまでの家政婦(表紙)は今のところ全て川島健太郎絵師の筆ですナ。







ちゃんと描き分けてます。

さり気ないプロのお仕事です。



さて、その家政婦ですが、アタリのヒロイン設定と踏んだのでしょうかね。

まぁ、アタリですけどね。(^^;)



メイドでもいいのでしょうけれども、家政婦の方が何となくですが官能小説向きな舞台設定になりそうですものね。

何より家政婦だと熟女も登場させられるしwww



にゃらさんのブログで紹介されている本作の投稿記事
鷹山倫太郎「熟女家政婦と僕【青い初体験】」(フランス書院文庫、2016年2月、表紙イラスト:川島健太郎)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)熟女家政婦と僕【青い初体験】 (フランス書院文庫) [文庫]鷹山 倫太郎フランス書院2016-02-25【あらすじ】高校で寮生活を送る幸治は、実家に戻った際に住み込みの家政婦の弓恵の下着を持ち出しオナニーするが、その姿を目撃され筆下ろしをしてもらうことに。そして...
鷹山倫太郎「熟女家政婦と僕【青い初体験】」





レビューにも記しましたけど、この作品ではハイテンションな官能描写が光りました。

過剰なセリフ回しではありますが、高らかに嬌声を上げまくるヒロイン達の乱れっぷりでとにかく興奮させる!という気概を感じる描写でした。



個人的にはかつての本藤悠先生っぽいテイストをほんのり感じましたけれども、さてさて……。(^^;)







※各作品のあらすじはAmazonより引用。
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 鷹山倫太郎

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本藤悠「女教師母娘(ははこ)」

本藤悠「女教師母娘(ははこ)」 (フランス書院文庫、2008年8月、表紙イラスト:新井田孝) ネタバレ有り。御注意下さい。 2016年6月10日レビュー再編集。 作品紹介(公式ホームページ) 女教師母娘(ははこ) (フランス書院文庫) [Kindle版]本藤 悠フランス書院2012-08-17 【あらすじ】 継母の奈々子の幸せを願う美紀は彼女の想い人である健...

コメント

非公開コメント

家政婦もいいですね

DSK さま

家政婦作品、花盛りという所でしょうか。
誘惑系で、熟女といえば未亡人や女教師というような王道もいいのですが、新しい属性も開拓しようという前向きな試みならば、読者としてうれしい限りです。

また、家政婦といっしょに暮らしていたという経験を持った読者はあまりいないので、現実がどういうことなのかほとんどわかりません。個人的には物語を素直に受けとめることができて、官能部分を読んでいても盛り上がります。

AV等ではすでに家政婦よりも介護士のほうが取り上げられるようになってきていますので、そのうち介護士作品みたいなものも増えてくるのかなと思います。

(でも個人的には未亡人作品がスキ!(笑))

>デビュー作とのことだが纏まりの良さから既出作家の別名義もあり得る。

これは同感です。
本藤先生あたりをあげてくるのは流石だなと感服しました。

ハーレム属性万歳とまでは言いませんが、やはり読後感がいいのはこの作品のようなパターンだと思います。
また、ヒロインがすぐに完堕ちするのではなく、主人公の将来のことや主人公とヒロインの関係といった社会性の部分で苦悩しながらも、やはり「スキなんだからしかたないよね」という部分で終わりを迎えるあたりも女性の強い決意に後付けされた欲望をうれしく感じます。

程良いご奉仕感

DSKです。
コメントありがとうございます。

>また、家政婦といっしょに暮らしていたという経験を持った読者はあまりいないので、現実がどういうことなのかほとんどわかりません。個人的には物語を素直に受けとめることができて、官能部分を読んでいても盛り上がります。

家政婦のいいところは、それだけの上流階級であるという程良いセレブ感+メイドではなく「家政婦」というレトロ感。そして、ご奉仕プレイへと容易に繋げられる属性でしょうね。何しろご奉仕するのがお仕事ですから。(笑)

それで、まさしく「家政婦は見た!」とばかりに家人のヒミツを掴んで、表向きは従順な家政婦でありながら裏では女王様のごとく振る舞うギャップ展開もアリですし、これまで通りの正道で激甘な展開もイケる。

よくよく考えて見るとかなりの可能性を秘めたヒロインとも言えそうですね。(^^)

母性がうれしい

DSK さま

誘惑系小説は基本的に「ご奉仕感」満載なのですが、本作品のように奉仕して当たり前の家政婦の場合と奉仕する印象がない意外性があるツンデレの場合では、印象が違うなとこの作品を読んでつくづく思いました。

家政婦には母性感があって、安心感を覚えます。
ツンデレには幼い子どもを見ているような印象です。

個人的には母性が感じる方がいいみたいなので、家政婦作品が増えてくれるとうれしいですが、それではマンネリしますかね。


ここで書くいていいか迷いましたが、ながえstyle作品の「レンタル妻3」のレビューを参考にしてDVDを拝見しました。
とてもいい作品を紹介していただきありがとうございました。

家政婦の作品は増えるかも?

DSKです。
コメントありがとうございます。

>家政婦作品が増えてくれるとうれしいですが、それではマンネリしますかね。

「黒本」の編集側が家政婦ヒロインという「鉱脈」を見つけたと判断した可能性もあるように思いますから、あるいは今しばらく家政婦ヒロインの作品が出てくる期待もありますよ。(^^)

>ながえstyle作品の「レンタル妻3」

ストーリーも良かったですし、何より良い女優さんでしたよね。
相応な熟女でリアルな主婦っぽさが満載な風情の持ち主でしたけれども、それでいて驚くべき美巨乳でもあるという魅力がありました。個人的には今年辺りブレイクしそうな熟女優さんの1人だと思います。
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2