FC2ブログ

夜這いぐるい-義母に、美母に、兄嫁に(著:但馬庸太、フランス書院文庫)

※右側はコンビニ向けの表紙
2016/1/25 発売

夜這いぐるい-義母に、美母に、兄嫁に

著:但馬庸太フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

「義母さん、本当は僕が来るのを待ってたんだろ」
布団にくるまれた闇の中、濡れた秘処を這う舌先。
執拗に舐め啜られ、抑えきれない甘いあえぎ声。
咎めなければと思うほど濡れていく34歳の身体。
禁断の肉交に身も心も溺れる綾音は知らない。
息子が兄嫁や実母の寝室にも通っていることを……
(引用元:Amazon)


★★★★☆ ヒロインの設定は多彩なれど展開はやや一本調子か, 2016/2/23
34歳の義母・26歳の兄嫁・39歳の実母といったヒロインの設定は多彩と言える。とりわけ夜這いに絡んだ主人公(19歳)の出自に特徴があることで兄との関係が複雑になっており、さらには兄が抱える問題によって兄嫁との関わりも複雑なものとなっている。この辺りの設定にはやや下衆なテイストもあって悪くない。そんな血筋だからこそ当初はチェリーな主人公が魔少年と化していくといった流れもできている。

ただ、狙いをつけたヒロインを順に堕としていく展開にあって、官能的な差異があまり見られなかったために全体としてはやや一本調子にも写る。要するに、どのヒロインも抵抗虚しく貫かれては長大なムスコに未開発な部分まで抉られてしまい、「感じたくないのに感じちゃう!」のパターンに終始していたので、これはこれで良いのだが、せめて1人くらいは別のアプローチがほしかったところだろうか。

また、7章立てで各ヒロインに2章ずつ割り振った構成だが、これによって感じさせられる愉悦や興奮に抗えなくなっていくヒロインの堕ちっぷりが僅かながら物足りないようにも感じた。2人ヒロインで3章ずつ用いた方がじっくり表現できたのかもしれないが、それは既に執筆しているとなれば書き手として悩ましいところでもあろう。「堕ち様」が但馬作品の魅力の1つだと個人的には思っているので余計にそう感じたのかもしれない。

実は一貫してタイトル通りに「夜這い」を様々な角度から描く中で、最後に堕ちたヒロイン達が揃って主人公の元へ向かうところはそれまでとの違いを感じさせるものではあったが、甘いテイストのみで終わることもないのは凌辱作品の矜持を残しながらもさすがに最後くらいは逆襲されたまま終わっても良かったのにな、と思うのは読み手の無節操な感想だろうか。
『夜這いぐるい-義母に、美母に、兄嫁に』のレビュー掲載元


2016年始めの1月を飾る但馬作品ですが、4月には早くも次作が出るようで……ご活躍ですね。(^^)

本作の特徴は「夜這い」をしっかり盛り込んでいることでしょうか。ヒロインの元へ向かう主人公の夜這いの仕方然り、過去に夜這いされた実母然り……様々なスタイルの夜這いを盛り込み、最後のハーレムエンドでは逆夜這いまで出てくる夜這い三昧なところは好印象でした。



官能面は安定の但馬作品で基本的に申し分なし。

相変わらずのいやらしさで堕ちていく様が描かれていますが、重箱の隅を突けば今回はヒロイン3人の堕ち様が同じだったことでしょうかね。読みながら途中で「またこのパターンか」とちょっぴり思ってしまいました。(^^;)



にゃらさんのブログに投稿されている本作の紹介記事はコチラ。
但馬庸太「夜這いぐるい 義母に、美母に、兄嫁に」(フランス書院文庫、2016年1月、表紙イラスト:丹野忍)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)夜這いぐるい: 義母に、美母に、兄嫁に (フランス書院文庫) [文庫]但馬 庸太フランス書院2016-01-25【あらすじ】義母の綾音に想いを寄せる達広は、彼女が父の一周忌を機に籍を抜いて家を出ると相談もなく決められ、更に彼女に他人呼ばわりされて立腹し夜這いを掛...
但馬庸太「夜這いぐるい 義母に、美母に、兄嫁に」

愛好家Sさんのブログに投稿されている本作の紹介記事はコチラ。
4130『夜這いぐるい 義母に、美母に、兄嫁に』但馬庸太、フランス書院/フランス書院文庫、2016/01 発売●あらすじ父が亡くなって一年が経ち、継母が家を去る事を突然告げられた青年が、どうしたらいいんだと悩んでいたところ、夜這いして悦ばせれば女を自分のモノにできるという亡祖父の教えを思い出し、継母、兄嫁、実母と…。●登場人物【東雲達広】19歳。童貞。寮生活をしている大学生。宗治の実弟。【東雲綾音(あやね)】34歳。...
4130『夜這いぐるい 義母に、美母に、兄嫁に』





ここ最近では「黒本」凌辱系の新たな旗手として存在感が増すばかりですから、今年(2016年)も一層のご活躍を期待したいですよね。4月に早くも新作が出る辺りは既にその兆候が現れているのかも?とか思ってみたり。(^^)





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 但馬庸太

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

但馬庸太「夜這いぐるい 義母に、美母に、兄嫁に」

但馬庸太「夜這いぐるい 義母に、美母に、兄嫁に」 (フランス書院文庫、2016年1月、表紙イラスト:丹野忍) ネタバレ有り。御注意下さい。 作品紹介(公式ホームページ) 夜這いぐるい: 義母に、美母に、兄嫁に (フランス書院文庫) [文庫]但馬 庸太フランス書院2016-01-25 【あらすじ】 義母の綾音に想いを寄せる達広は、彼女が父の一周忌を機に籍を抜いて...

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2