FC2ブログ

ブログ特集:未亡人

官能分野においては「何を今更」というくらいに昔から定番なヒロイン属性の未亡人

夫を喪った哀しみや憂いを湛えた、その佇まいや風情。亡夫に操を立て続けるのか、それとも新たな伴侶を求めるのか、といった不安定さ。何かと力になってあげたくなるような庇護欲を抱かせる存在感……。

そのユニフォームともコスチュームとも言える喪服とセットになった未亡人……。



ナゼに未亡人はこうも官能要素に刺さる存在なのでしょうww



ここでアンケートw
洋装と和装……お好みの喪服はどちら?



それはともかく、未亡人をWikipedia先生に問い合わせると「寡婦」へ飛びます。

寡婦
夫と死別または離別し、再婚していない女性のことである。寡婦という表現は主に文語や法の条文に用いられ、口語では後家(ごけ)や未亡人(みぼうじん)が用いられる。

古代中国においては諸侯と死別した妻が、まだ夫に殉じずにおめおめと生き残っていて恥ずかしいという意味で用いる「謙称」であった(『朝日新聞』1988年1月28日 東京朝刊4面)。時代が下ってからは、卑称としての用法はなくなり、一般的な他称としても用いられるようになった。



どうやら離婚した独身女性も「未亡人」らしいのですが、官能的には除外ですよね。(笑)

やはり夫亡き独り身だからこその未亡人だとしたいところでありますww



もっとも、聞くところによるとバツイチ女性は巷で大人気だそうで、それが生き別れ(離婚)であろうとも、死別(未亡人)であろうとも、一度は所帯を持って酸いも甘いも噛み締めた、その落ち着きと分別のある(と印象づけられる)風情や、あるいは庇護してあげたくなるような佇まいがやはり世の男性諸氏には好まれるのでしょうかねぇ。



フランス書院のカタログ(2016/3/10現在)を紐解くと、フランス書院文庫としては創刊して1年4ヶ月ほど経過した1986年8月作品に(サブタイトルですが)『未亡人』の言葉がタイトルに初登場します。



1986/8/22 発売

未亡人-麻衣子と少年

著:高竜也、フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

入浴で火照った柔肌にローションをすりこむ
窓から見える凄艶な肢体に
少年の想いは日増しに募るばかり。
あの女を抱きたい!
少年の憧憬が欲望に変わった時、
麻衣子の悲劇がはじまった……
(引用元:公式サイト





この作品は元々1985年1月(たぶん奥付に記載の日付けと思われるため、実際の出版は1984年12月か)に「フランス書院オリジナル」として発売されており、後の1991年には「高竜也エクセレント・コレクション」として再版されています。

◆フランス書院オリジナル
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

◆高竜也エクセレント・コレクション
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

電子化は未だのようですね。



それから月日は流れ、今や常連と言える程の頻度で登場する「未亡人」ですが、次は当ブログの過去記事からレビューで満点★5つだった未亡人ヒロインの作品をご紹介したいと思います。タイトルまたはサブタイトルに「未亡人」とある官能小説をピックアップしていきます。


※表紙の画像をクリックするとAmazonのページへ、タイトルおよびURLをクリックすると過去の記事へジャンプします。


2012/10/23 発売
金曜日の相姦-未亡人ママ・禁姉・美妹 著:星野ぴあす、フランス書院文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-81.html




2012/3/13 発売
濡れ肌未亡人 著:庵乃音人、竹書房ラブロマン文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-94.html




2011/6/23 発売
僕だけの若未亡人-憧れの彼女(ひと)は管理人 著:弓月誠、フランス書院文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-122.html




2011/2/28 発売
蜜会-濡れる未亡人 著:葉月奏太、竹書房ラブロマン文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-141.html




2013/11/16 発売
おとなりの未亡人と娘 著:美野晶、廣済堂文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-204.html




2010/12/22 発売
僕だけの未亡人義母-こんな衣装を着せないで 著:鷹羽真、フランス書院文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-233.html




2012/12/25 発売
恩師の奥さんは未亡人 著:弓月誠、フランス書院文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-235.html




2010/3/24 発売
お姉さんvs.未亡人母娘-世界でいちばん淫らな隣人 著:上原稜、フランス書院文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-334.html




2009/12/22 発売
喪服未亡人-背徳七日間 著:弓月誠、フランス書院文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-360.html




2009/6/23 発売
蔵の中-三匹の未亡人 著:森一太朗、フランス書院文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-377.html




2006/1/23 発売
未亡人ママと未亡人女教師 著:神瀬知巳、フランス書院文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-388.html




2014/2/26 発売
喪服の未亡人兄嫁-三十二歳 著:小日向諒、フランス書院文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-403.html




2007/05/23 発売
未亡人家庭教師と未亡人兄嫁 著:弓月誠、フランス書院文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-510.html




2008/12/22 発売
僕と四人の女教師-未亡人・人妻・独身・新任先生 著:上原稜、フランス書院文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-580.html




1997/5/23 発売
貴和子のふともも-未亡人叔母・三十一歳 著:牧村僚、フランス書院文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-582.html




2009/2/23 発売
世界一甘い授業-未亡人女教師と新任女教師 著:神瀬知巳、フランス書院文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-593.html




2002/9/24 発売
未亡人熟母の寝室-Secret Lesson 著:鏡龍樹、フランス書院文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-596.html




2008/12/22 発売
美獣三重奏-未亡人と二人の美娘 著:田沼淳一、フランス書院文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-723.html




2014/10/24 発売
熟女の海-未亡人義母と未亡人女教師と未亡人海女 著:小鳥遊葵、フランス書院文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-770.html




2014/12/22 発売
熟れ華めぐり-未亡人に魅せられ、独身熟女に酔わされ、人妻に迫られ 著:庵乃音人、フランス書院文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-809.html




2015/4/23 発売
未亡人兄嫁・三十四歳-蕩けざかり 著:庵乃音人、フランス書院文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-899.html




2016/1/10 発売
未亡人は夜に泣く 著:葉月奏太、イースト・プレス悦文庫
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-1038.html







いやぁ、予想以上に該当作品が多かったですぅ~、疲れたですぅ~、ふぅ~。(^^;)

2016/3/11の時点で22作品に上りました。それなりに新旧織り交ぜにもなったかなと。「黒本」が多くなるのは平にご容赦ということで。m(_ _;)m

まぁ、未亡人作品の官能小説カタログとしてでもお使いいただければと思いますデス。





スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

和装に一票です

DSK さま

アンケートの答え
「和装」に一票です。

未亡人というわけではありませんが、最近ではお葬式に参列すると和装の女性はほとんどいません。
たとえ、和装の方がいらっしゃっても官能小説に現れるような艶のある雰囲気の女性ではなく、かなり高齢な方ですね。

ないものねだりといった方がいいのでしょうが個人的には和装の方が、官能小説にはあっているような気がします。

洋装ならば「恩師の奥さんは未亡人」の表紙のイラストのようなキリスト教色が若干強めな感じは、洋画でもよく見るので、興奮しますが、最近のお葬式で見かける日本人女性の洋装はあまり興奮しません。
せめてパールのネックレスをしていればずいぶん違いますが、時代が違うのでしょうか。そういうアクセサリーを付けた女性も見なくなりました。

女性の目線から見れば、死者をともらう場所でファッショナブルになる必要はないので、異性が興奮するような形にならないことはあたりまえですね。

また、アフリカのお葬式で、喪服衣装に女性が身を包んでいましたが、未亡人のスタイルは抜群にいいのに、全身黒ではなくて、きらびやかな服装なので興奮に至りません。

こうして考えてみると、「夫に先立たれた女性」が単に和装を身につけていればいいというわけではなくて、もっといろいろ条件がたくさんついていると思います。

スタイルがいい。
顔立ちがきれい。
家事全般がうまい。
気配りがきく。
母性愛が強い。
性格が素直。
守りたくなるようなたたずまい。
などの条件が整って初めて未亡人になるのではないかと思います。

もしくは未亡人というキャラを官能小説やAVの制作者、私たち読者や視聴者が、現実とはかけ離れたところで勝手に作り上げているといってもいいのかもしれません。

未亡人は現実世界にいそうですが、実際には官能世界でしか成立しない幻想のようなモノかもしれません。
だからこそ、官能世界でのインパクトが絶大なのかもしれません。

「和装に一票」いただきましたw

DSKです。
コメントありがとうございます。

>「和装」に一票です。

一票いただきましたw
ありがとうございました!(^^)

>もしくは未亡人というキャラを官能小説やAVの制作者、私たち読者や視聴者が、現実とはかけ離れたところで勝手に作り上げているといってもいいのかもしれません。

>未亡人は現実世界にいそうですが、実際には官能世界でしか成立しない幻想のようなモノかもしれません。
>だからこそ、官能世界でのインパクトが絶大なのかもしれません。

たぶんコレですよね。(笑)
官能方面に住まう人々が長年に渡って、妄想に妄想を重ねて築き上げた鉄壁のキャラなのだと思います。

もぅ、「未亡人」と目にした瞬間から疼きますものwww

バツイチ女性

DSK さま

>もっとも、聞くところによるとバツイチ女性は巷で大人気だそうで、

バツイチ女性が巷では人気があることも同感です。
ただし、バツイチ女性ならばだれでもいいというわけでもないようです。

男性からみて、女性の現役感を持っている方でないと官能的な部分ではいまいちだと思います。
それは女性から見た男性も同じことかもしれませんね。

女性の現役感は、顔やスタイル、服装などにあらわれると思っていますが、男性と会うときだけお洒落をしても服や靴に着られている感じがしてアンバランスな印象はぬぐえません。
就職説明会の時の学生のリクルートスーツというか、成人式の時の女性の和服というか、服はいいものなのですが、どこかその人にピッタリ合っていない印象を持ちます。
このように日頃から、お洒落に気を遣っていなければ異性も振り向かないでしょうね。

中年の女性の中には
「仕事をしていて精一杯だからお洒落など考えられない」
「子どもの面倒を見るのが大変だから考えられない」
「めんどくさい」
という方をよく見かけますが、そういう風に言われてしまうと男性も萎えてしまいますよね。

官能小説にはそういうキャラクターの女性は出てこないので、萎えませんが、そんなキャラ設定をした官能小説も逆に1度くらいは手に取ってみたいモノです。

ヒロインの生活感

DSKです。
コメントありがとうございます。

>官能小説にはそういうキャラクターの女性は出てこないので、萎えませんが、そんなキャラ設定をした官能小説も逆に1度くらいは手に取ってみたいモノです。

ヒロインの「生活感」となれば女流作家さんの方が全般的に上手でしょうね。

あと、生活感とは少々異なりますが、およそヒロインの容姿じゃないだろとツッコミたくなるサブヒロインの登場が見られた作品がありましたので、手前味噌ながら紹介したいと思います。

隣のとろける未亡人(著:渡辺やよい、二見文庫)
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-970.html

レビューで以下のように記しました。
--------------------
いざ夫が亡くなると悄然としてしまったり、あるいは(元来は気の弱い)夫からのDVといった、1つのコミュニティの中でピリリと効いたエピソードが綴られながら寝取られ風味や年若の男にがっつく熟女を盛り込むのは女流作家の作品で時折見られる官能描写だが、ここに恰幅の良過ぎる、あるいはアバラが浮き出るほどのスレンダー過ぎる女性が出てくるのはなかなか新鮮ではあった。
--------------------

デブ専やガリ専向けのヒロインが登場します。
方やセレブを謳歌する夫人、方や夫からのDVに耐える貧相な主婦。
チャレンジングな設定に見えましたが、どちらも背景のある人物でした。

合わせ技

DSK さま

本のご紹介ありがとうございます。
渡辺やよい先生のブログは頻繁にチェックしていますが、作品と言えば「ご奉仕します」「いかせてあげます」の人妻家政婦シリーズしか読んだことがありません。
彼女の描く未亡人がどういうモノなのか読んでみることにします。

今回、DSKさんがまとめて下さった作品以外で、作品名に未亡人がなくても実質的には未亡人がヒロインやサブヒロインだったりするものは振り返ってみるとたくさんさんありますね。

未亡人キャラは安心して使える官能小説のアイテムなのでしょうね。
ただ、タイトルにいつも未亡人とかくわけにはいかないので、義母、叔母、女教師などと合わせ技でタイトルをひねり出しているのかもしれません。

そういう知恵を働かせたところを感じ取ることができるのも、官能小説の楽しみの醍醐味の一つですね

女流作家のまなざし

DSKです。
コメントありがとうございます。

渡辺先生に限らず女流作家さんの中には作中のヒロインに時折とても優しいまなざしを向ける作品に出合うことがあります。サブヒロインかと思っていたら最後の最後でメインヒロインに失恋した主人公と恋仲になって癒してあげる役割を与えたり、先にご紹介した渡辺先生の作品でも「女性が誰でも容姿端麗とは限らない」「でも心の中は端麗な女性もいる」といったメッセージが込められているように感じます。とかく女性を女神のごとく扱いがちな中で女流作家さんが同姓ならではの扱いを(良くも悪くもですが)ヒロインに施すのはなかなか興味深い現象だと思ってみています。

>作品名に未亡人がなくても実質的には未亡人がヒロインやサブヒロインだったりする

これはもぅ多過ぎるくらいありますので、今回の特集として紹介するにあたっても何かしら制限を設けないとキリがない状況でした。(^^;)

ですから、こういった特集で「義母」や「叔母」といった今後の候補もあるのですが、さて、どうするべ?といった躊躇はあります。(汗)

女教師がいいかも。(笑)

未亡人要素には可能性がある?

DSK さま

渡辺先生に限らず、女性の作家さんは交わる場面も男性の方とは違う特有のモノがあります。
これといって具体的な例を挙げられないのですが、女性の肉体の描写のやり方や女性の心理描写も、女性の視点らしい感じがあります。
それがはまるといい作品との出逢いに感謝したい気持ちになります。

>ですから、こういった特集で「義母」や「叔母」といった今後の候補もあるのですが、さて、どうするべ?といった躊躇はあります。(汗)

どういう風にまとめるか、ご苦心されたのだろうなとブログを拝見していて思いました。
未亡人にどういう要素をプラスするのかは、結構難しいですね。
「義母」「叔母」「人妻」「女教師」あたりはメジャーどころでしょうか。
「保育士」「看護師」「女医」「CA」「女将」あたりが2番手という感じだと思います。
「ヨガインストラクター」「水泳のインストラクター」あたりは流行りになるのかもしれません。

現実の世界ではほぼ女性の職場なのに官能小説に取り上げられないのは、旅館の仲居、幼稚園の先生、歯科助手、銀行の窓口の社員、デパートの店員、ネイリスト、キャバ嬢や風俗嬢、ショップ店員、読者モデルなどあります。
これらの職業の方をメインやサブして物語を成り立たせるのは難しいのでしょうか。

男女雇用機会均等法のおかげで、男性だけの職場にも女性が見られるようになりました。
建設現場やトラックの運転手、自衛隊、農業や水産業、林業の一次産業など、そこに行くかというような未亡人要素との意外な組み合わせも面白いと個人的には思います。

ただ、販売部数は伸びないかなとも心配するので、そんな作品があったらいいなと言うぐらいでおさえておきます。

視覚と触覚

DSKです。
コメントありがとうございます。

>女性の作家さんは交わる場面も男性の方とは違う特有のモノがあります。

大別すると男性作家の「視覚描写」に対して女性作家の「触覚描写」の違いがあるものと思われます。基本的に男は目を開けて女性が感じている様子を見ていますから、その意味から自ずと視覚描写になるものと考えられますが、女性は目を瞑って、肌に触れるものを通じて感じていますから触覚描写になるのではないかと考えていますがどうでしょうか。

>旅館の仲居、幼稚園の先生、歯科助手、銀行の窓口の社員、デパートの店員、ネイリスト、キャバ嬢や風俗嬢、ショップ店員、読者モデルなど

旅館の女将がメインヒロインだとサブで仲居さんの登場は少なくないですね。幼稚園の先生も、保母さんを含めると時々出てきます。割と多い女医のとセットでナースの範疇に含めると、屈み込んで施術する距離感が美味しい(笑)歯科助手も時々あるかな?女銀行員は羞恥系の凌辱作品だと肉弾接待のネタになりやすく、デパートは竹書房ラブロマン文庫だとちょくちょく出てきます。キャバ嬢や風俗嬢は最近の草凪作品とか?さすがにあまり出てこないのはネイリストにショップ店員、読者モデルかな。実はサブヒロインまで含めると結構な職種の女性が出てきますよ。

デパートを舞台にして、各フロアの様々な業種の女性をサブヒロインに配置した作品もありました。

とろめきデパート(著:川奈まり子、竹書房ラブロマン文庫)
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-553.html

バラエティ豊かなサブヒロインを登場させるのにデパートとは上手い設定ですよね。
この作品の場合、メインヒロインはデパート勤務の女上司でしたけど、主人公と同期入社の女の子にコケティッシュかつキュートな役割が与えられていました。これもまた女流作家さんがサブヒロインに優しさを見せた作品だったと思います。

>建設現場やトラックの運転手

ガテン系のヒロインはこれから登場してくる可能性が高そうですよ。(^^)
誰も居なくなった建設現場とか、現場の脇にある小屋(?)とか、さらに脇にある簡易トイレとか、クレーンやトラックの車内とか、サービスエリアやパーキングエリアにある雑木林とか、シチュエーションには事欠きません!(笑)
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2