FC2ブログ

【電子書籍】BookLive!で官能小説入門

総合電子書籍ストアBookLive!で「官能小説入門」なるコーナーができていました。

ビギナー向けに官能レーベルを紹介しています。







へぇ~。



いや、素直に驚いているだけなんですけど(^^;)、こんな奇特(笑)なコーナーを用意する心意気に感謝したくなると言いますか、もしかしたらもしかして人目に触れるのが憚られる官能分野だから電子書籍の需要は高いのかな?などと思ったりもしつつ、何だか嬉しいコーナーが登場したものであります。



それでは紹介されている6レーベルを順番に並べてみましょう。



フランス書院文庫
2015年に創刊30周年!老舗であるとともに最先端の本格官能小説レーベルです。人妻や女教師など、艶めかしい美熟女が好きな方に特におすすめ。



トップバッターはやはり「黒本」。確かにこれくらいの短文でまとめるとこんな感じのレーベルですよね。



二次元ドリーム文庫
エルフや姫騎士との異世界系から、女生徒会長や妹とのラブコメまで!多彩なシチュエーションに凌辱やハーレムなどを掛けあわせた、幅広いラインナップ!ラノベ世代におすすめです。



2番手にジュブナイルポルノのレーベルが紹介されています。どうやら広義の官能小説という括りですね。



リアルドリーム文庫
「日常に密着したエロス」をテーマに、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル。本格官能小説も読みたいけどラノベっぽいものも…という欲張りさんにおすすめ!



この順番から推測するに、ラノベからエッチなラノベを経て官能小説へと向かいましょう!というメッセージなのかもしれません。



マドンナメイト(文庫)
2015年で創刊40周年の本格官能小説レーベル。人妻やOLはもとより、蕾の開ききらない美少女作品が充実。年下好きにおすすめです。



いわゆる「青本」の創刊は「黒本」と同じく1985年(創刊30周年)ですから、どのタイミングから数えて40周年としているのか分かりませんが、年下好きにおすすめなのは間違っていませんねw



ぷちぱら文庫
美少女ゲーム発のレーベル。ゲーム原作ならではのハードコア路線から、ライトなものまで幅広く展開。美少女ゲーム好きにおすすめです!



なるほど、ここでエッチなゲーム愛好者からの流入を目論む訳ですナw



オシリス文庫
KADOKAWAが送る、まさにラノベ世代のための官能小説レーベル。ハーレム、コスプレなどの王道テーマから、触手、拘束などアブノーマルな世界まで。ラノベ風官能小説のビギナーさんにおすすめです。



二見文庫や竹書房ラブロマン文庫は紹介されていません。純粋な官能小説ファン……何を以て純粋と言うかはさておき(汗)……からすると意外なラインナップと言えそうです。



「黒本」を除けば挿絵入りのレーベルばかり……。



単純にBookLive!で人気のある官能レーベルが並んでいるのかもしれませんが、仮にそうだとしても官能分野の電子書籍は紙媒体とはちょっと異なる市場が形成されている、あるいは形成されつつあるのかもしれません。

やっぱりちょっと若い世代に訴求するのはビジュアルな要素なのでしょうか。

実態は分かりませんが、何だか興味深いラインナップと言えそうですね。



レーベル別に解説★初心者向け官能小説入門 - 電子書籍ストア BookLive!
http://booklive.jp/feature/index/id/adnovel




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2