FC2ブログ

電子書籍本来の姿と今後の課題……?

今月に出た、ある漫画の電子コミック版が以下の通りでした。



今宵、妻が。1

著:佐野タカシ、ニチブンコミックス


佐野タカシが描く新たな官能の世界――騒然&大人気の官能連載、ついに単行本化!冴えない中年男・健司が娶ったのは若く美しき妻・楓。無垢な白い肌、羞恥に染まる頬、獣のごとき劣情、潤んで哀願する瞳…暴走する新婚生活を描く衝撃の夫婦エロス!!





〈コミック版〉 620円
Amazonはコチラから。2016/1/18 発売
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。2016/1/18 発売


〈電子版〉  486円
Kindle版はコチラから。2016/1/18 発売
【honto】の電子コミックはコチラ。2016/1/22 発売

※2016/1/25 現在の価格



これを見て「おぉ、ようやく価格の正常化が始まったか」と思いました。一般的には既に始まっているのかもしれませんが、官能分野にもいよいよ広まってきたのかな?といった感じですかね。印刷していない、(フォーマットが変わらない限り)劣化もしないデータなのだから本来は紙媒体より低価格でないとおかしいのが(購入側から見る)本来の電子書籍だと思います。

……普及が進むと印刷所の死活問題が発生するのでしょう。

……ハイブリッド&電気自動車とガソリンスタンドの関係と同じですね。



それでも、こうして徐々に本来の姿となっていくのであろうと推測します。

割引価格で、ほぼ同日発売。



マーケティング論で有名な「購入者がお得感を覚えるのは2割引きから」に照らし合わせると、620円に対して486円は 0.78387096…… ですから約21.6%の割引きで水準を満たしてますし、何より500円を切っているのは効果的です。

イイ線ついてますw



2015年の書籍・雑誌の推定販売額(電子書籍を除く)は前年比5.3%減で過去最大の落ち込みとのこと。

書籍・雑誌の販売額、過去最大の落ち込みに - Yahoo! JAPAN ニュース(読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160125-00050061-yom-ent


代わりに電子書籍は31.3%の大幅増だそうですから、統計的にもこうしてじわじわと移り変わっていくのであろうことが見えてきます……それでも電子書籍の市場規模は紙の書籍・雑誌に比べると未だ1割程度みたいですけどね。



しかし、ここで問題が2つ発生しました。



ほぼデバイスフリーのKindleはともかく、電子書籍では時に「対応デバイス」を確認する必要があります。

つまり、【honto】だと本作は今のところ「PC」と「Android」には対応しているものの、iPad や iPhone には対応していないのです。

こうして電子書籍の「読む場所」が限定される場合もあることが1つ。



そして、2つめは容量です。

小説ならばさほど気にしなくて良いと思いますが、コミックではそれなりの容量が求められます。

本作だと【honto】で「67.1MB」、Kindle版では「67.528MB」が必要です。



GB、TB の時代ならこの程度、と思われるでしょうけれども、1冊でこれだけの容量を費やし、これが購入する度に増えていくことを考えると先々がちょっと気になります。

……100冊買って 6752.8MB = 6.8GB弱

PCならまだしもタブレットやスマホだとちょっと気になる容量ではありませんか?



電子書籍が普及するにつれ、いずれはこうした問題がクローズアップされていくのかな?と思いました。



それを見越したのか、最近は大容量のSDカードも価格がこなれてきましたし、スマホに接続できるUSBメモリも増えてたようです。

でも、携帯端末はシンプルだから手軽&スマートなのであって、端末を取り出してから外付け機器も取り出して、接続して、さぁ作業開始というのはちょっとどうかという気もするのであります。(^^;)



電子書籍の対応デバイスと容量、この点については今後も注目していきたいと思います。





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 佐野タカシ

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2