FC2ブログ

人妻温泉ホテル-ふたりきり(著:絢瀬簾、フランス書院文庫)

2015/12/22 発売

人妻温泉ホテル-ふたりきり

著:絢瀬簾フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

浴衣の帯で手首を縛られ、はだけた裾のまま組み伏され、
荒々しく乳房を揉まれ肉裂に押しこまれてくる熱い剛直。
(許してあなた……今夜だけ私はこの人のものに……)
湯船での秘姦、ソフトSM、真夜中のアナル調教。
貞淑な心とは裏腹に反応してしまう30歳の敏感な女体。
結婚二年目の人妻が溺れ狂った、二人きりの獣夜!
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 新婚二年目の若妻が三年振りに再会した元カレの一夜妻となる, 2016/1/13
前作にしてデビュー作『マンツーマンレッスン-熟妻と青年家庭教師』から実に4年4ヶ月振りの2作目である。物語としては全く別物ながら実質的な登場人物がヒロインと主人公の2人だけだったり、詩的な心情描写でリピートを多用する文体などに前作との共通性を見ることができる。似て非なるもやっぱりどこか似ているところに作者らしさを残しながら、前作では弱かった官能面を一夜物語にすることで大幅に改善した内容とも言える。夜10:05のチェックインから翌朝9:54のチェックアウトまで、途中でうたた寝を挟みながらも10時間49分の夜通しセックス三昧である。

急に帰れなくなって宿を探す冒頭から奇跡的な偶然で元カレが現れるまではやや都合の良い巡り合わせにも思えるが、これもまた運命ということなのであろう。嫌いになった訳ではない、好き過ぎて、そして体の相性が良過ぎて将来に不安を覚えたために別れた2人ということなので、同衾すればスグに全開フルスロットルである。そして、最初から最後まで若妻ヒロイン(30歳)の独白的心情描写で綴られていく。

混浴の露天風呂に一度移動するのを除けば室内のみで繰り広げられる2人の営みをヒロインの心情とお互いの台詞のみで進めていく難しさの中で、運命的な再会に喜びながらも夫へのうしろめたさを憂う序盤から夫の存在を忘れるほどのめりにのめり込む歓喜の中盤、そして深夜に突然送られてきた夫からのメールで再び夫への背徳を懊悩する終盤を経て、別れの実感から悲しみを隠し切れない翌朝へと、ヒロインの心持ちを次第に変化させているのは秀逸と言える。そして、こうした心の移ろいは全て淫らな欲望へと昇華されていく。一晩限りの、最初で最後の夜だからこそ燃える、燃え盛る淫らな肉欲に拍車をかけている。

同じ台詞や文章の繰り返しが当初はやや鼻につくものの時期に慣れてくるし、作者もコツを覚えたのか、その反復表現が次第に上手くなっているようにも写る。

そんな情交描写ばかりの中でクライマックスと言えるのは深夜に届いた夫からのメールであろう。忘れかけていた夫への憂いが喚起される中で主人公から促されて「擬似3P」へと発展していくいやらさしさは本作の白眉である。テレフォンセックスとリアルセックスを融合したアイデアは、その目新しさにおいて素晴らしく、離れていながら夫と主人公を同時に相手している感覚に陥るヒロインが、これを(不意の外泊で独りにさせている)夫のためと言い訳しながら、より一層の痴態を晒す瞬間でもある。

夫ある身の人妻が元カレと再会し、それでもなお夫への愛は失っていないとするならば、いくら運命の再会と思えども実情は偶然の一夜でもあることから、その行末は水泡のごとき刹那である。本作の結末もその流れにある。心の中では未練タラタラなるも自然に振る舞おうとするチェックアウトから出立の瞬間は切なさを湛えたものであるが、こうした結果を分かっていながら、その最後の瞬間まで2人の世界に耽溺しようとする作風から2005年の作品『家庭教師・美咲-年上個人授業』(著:弓月誠、フランス書院文庫)にどことなく似たテイストを感じたことも果たして偶然なのであろうか。
『人妻温泉ホテル-ふたりきり』のレビュー掲載元


とりあえず今の夫に不服はなく、まずまず幸せに暮らしている妻に元カレ、言ってしまえば夫より好きだった元カレが突然目の前に現れたら妻はどんな態度をとるのかな……そんなことを考えさせる作品でしたね。



つまり、そんなことを読者にイメージさせる時点で本作は成功なのだと思います。



ですから世の夫は妻が同窓会へ行くことに反応するんですよ!w

同窓会も永遠の官能ネタなんですよ!ww

※本作は同窓会シチュエーションではありません。



にゃらさんのブログで紹介されている本作の投稿記事はコチラ。
絢瀬簾「人妻温泉ホテル【ふたりきり】」(フランス書院文庫、2015年12月、表紙イラスト:川島健太郎)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)【あらすじ】日帰り旅行でハプニングに遭いホテルのフロントで宿泊出来ないかと押し問答を繰り返す舞梨の前に、かつての恋人である拓実が現れあたかも妻であるかのように機転を利かせ一泊出来る事になった。共に未練を抱く男女が同じ部屋でする事は一つとばかりに、朝...
絢瀬簾「人妻温泉ホテル【ふたりきり】」





それにしても、やはり1人ヒロインはいいですなァww

しかも本作は旅先での一夜物語ですからヤり捲りですしねwww





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 絢瀬簾

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2