FC2ブログ

女神様のいうとおり(著:廣瀬良太、ニチブンコミックス)

2015/12/19 発売

女神様のいうとおり1

著:廣瀬良太、ニチブンコミックス


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。

とある下町のボロアパートに暮らすアケミ。自由奔放、豪快無比だが、少々色っぽい。そんなアケミの前に現れる男たちは、少々「難」あり。まるでアケミに引き寄せられるようにアパートに入り込み、一夜を共にする。男たちにとって、アケミは「女神のような人」だった。それは優しさなのか、そうでもないのか?もし、貴方の目の前に、女神が現れたら…?(引用元:Amazon)


★★★★☆ 一期一会の男女が体を通じて心の深淵を交錯させる, 2016/1/10
確認できる限りでは『みさき★センセーション』なる短編集が1994年に発売されて以来の、実に11年振りとなる「廣瀬良多」名義の作品である。画風で分かる人ならスグ分かる「艶々」作品の一環ではあるのだが、今回ナゼに筆名を変えたのであろう?

勝手に推測するならば、週刊連載されたという本作は官能描写がメインではないから、となる。描写はある。毎回ある。毎回違う男とある。ヒロイン【アケミ】と生活を共にする(部屋は違う)年下の男【ウラナリ】は程良い存在感ながら添え物であり、結末までにはもしかしたら……という気はするが、今のところ肉体関係はない模様。それより各話にはそれぞれテーマがあって、それを知らしめる偉人の格言が象徴的に用いられている。これが官能要素よりも前面に出る作風と言える。

そして、そのテーマとはすなわち人の内面に潜む「業」である。分かってはいるけど思わず生じてしまう悪魔の囁きや我儘、抱いてはいけない感情、見下す心、責任転嫁……そういった諸々を抱えた男達がアケミの元に現れては刹那の一夜を過ごすのだが、その最中に「そうじゃないでしょ」という真理をガツンと喰らう流れである。

その意味では哲学的な含蓄が込められた作風とも言えるのだが、だからこそ一撃を喰らいながらも真理に気づかされた結果として、心の不安という穴を埋めてもらったような晴々しさを得て後にする男も少なくない。

官能ありきの物語ではなく、こうした真理を伝えるための官能であるからこそ「艶々」とは違うんですよ、としているように感じるところである。実際のところ、そうした手段としての官能要素なので従前の艶々作品に比べても描写は淡泊である。

心の安寧を得た男と同様にヒロインもまた束の間の安寧を覚えるのか、普段は「眠れない」アケミのその後には安らかな睡眠が訪れる。性欲が満たされたから、としているが、確かに欲を満たすための情交でもあるので、読んでいてもあまり興奮を誘われないのは少々残念でもある。

いやらしさというのは女が感じることで生ずるものなのだなぁ、といった感想も沸くところだが、感じることで性欲が満たされるのであるならば、性欲を満たすために情交を重ねるアケミの感じている素振りが希薄なのは何を意味しているのだろうか?との疑問も沸く。本当に満たされているのだろうか?それはもしかしたら結末までに何らかの形で描かれるのだろうか?そして、その時にはウラナリ君がその大役を引き受けるのだろうか?などと、その後の期待感と共に次巻を待ちたい。
『女神様のいうとおり1』のレビュー掲載元


廣瀬良太……レビューにも記したように、艶々先生の別名義であります。

昔の名前で出ています」じゃないですけど、『昔の名前で出てきました』といったところでしょうか。(^^;)

何しろ週刊連載されたそうですから、お忙しいのに凄いことでありますデス。



いや、何しろ話のベースになる格言探しから始めなくてはならないでしょうから。

ある程度は目星をつけて幾つかストックを用意されての執筆開始とは思いますけど、そこからダメ男とその背景を設定して(笑)、その男に愚痴らせつつ夜を共にしながら最後は格言を引用してズバッと斬る展開ですから、ずっと続けられるネタでは決してないとはいえ、骨の折れる作業ではないのかな?と推察するのであります。

ある意味では新境地。

そんな気がするシリーズだと思いました。



欲を言えば、もう少し官能成分濃いめがいいかな。(^^;)





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 廣瀬良太 艶々

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2