FC2ブログ

美義母-僕たちの淫らな秘密(著:早瀬真人、マドンナメイト文庫)

2012/8/13 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

義母の可南子に狂おしいほどの恋心を寄せていた純平。全寮制の高校を中退し、久しぶりに実家に戻ると、父の単身赴任中で、義母はますます美しく熟れていた。今にもこぼれ落ちそうな乳房、むっちりした太腿と腰つき。少年の欲望は暴走し、禁断の関係に堕ちていく…。(引用元:Amazon)


★★★★☆ 愛欲と愛憎の相姦劇, 2012/10/23
いわゆる誘惑系と呼ばれる範疇にはあると思うが、どちらかと言うと義母に想いを寄せる高校生主人公の少々甘ったれた「おねだり」を、夫の単身赴任で肉欲を持て余す義母が受け入れる相姦劇となろうか。許されざる関係を憂いつつ、昂ぶるカラダに抗い切れない感じは出ていて悪くない。タガを外して大胆に義息を求める場面もある。

これに勝気な義妹(義母の連れ子)や高圧的な叔母(実父の妹)が絡む展開だが、この2人と義母とではアプローチが異なる。終盤には母娘丼の3Pもあるが三位一体の良さはなく、そもそも義妹や叔母は基本的に主人公への愛情が希薄なのである。これには事後のこととして、あるいは過去から現在に至る背景としてサブタイトルにある『秘密』があるからだが、結末のどんでん返しはともかく、この繋がりがあまり好ましくない方向に作用しているため、作品全体としては常に何かしらモヤモヤした感じが漂っていると言えよう。その意味ではマドンナメイト文庫らしいとも言える。優柔不断と言うか、何ともハッキリしない主人公にももどかしさが残る。

官能場面は多いが、描写自体は割と淡白。その後のヤリまくり感を文章で補ってはいるが、直接的な官能描写ではないため少し弱い。
『美義母-僕たちの淫らな秘密』のレビュー掲載元


早瀬先生が持つドロッとした部分と

マドンナメイト文庫らしいドロッとした部分とが

ドロドロッと融合したような……そんなテイストが最後に訪れます。



早瀬真人先生がご自身のブログで自著紹介記事を投稿されています。
マドンナメイトの新刊、本日発売


マドンナメイト文庫 早瀬真人
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : マドンナメイト文庫 早瀬真人

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2