FC2ブログ

人妻・奈津子-他人の指で…(著:霧原一輝、二見文庫)

2015/11/26 発売

人妻・奈津子-他人の指で…

著:霧原一輝二見文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

「ふふっ、感じやすいんだな……」 冷えた肉体に、見知らぬ男が火をつける──
奈津子は、IT会社の社長の夫と一人息子との三人家族の主婦として暮らしていた。夫は、一年前から帰宅も減り、奈津子には冷たい態度だ。そんな中、警察に追われている男が侵入。無実を訴える男の姿とその野性味あふれるたたずまいに、日頃満たされていないこともあり、奈津子の心と体は揺らぐが──。書下し官能エンターテインメント!
(引用元:Amazon)


★★★★★ 一期一会の熱い出会い, 2015/12/4
「他人の指で…」のサブタイトルでチカンもの?と思ってしまうが、であればミスリードとなろう。また、あらすじを目にした時には無実の罪とはいえ突然の侵入者に無理やり……といったベタな展開も想像したが、「イマドキそんな薄っぺらな小説なんぞ書きませんよ」と作者に諭されてしまった思いである。偶然なのか必然だったのか、運命的にも思える一期一会の出会いが男と女を強く強く結びつける刹那の愛情物語だったと評したい。見事なストーリーと見事な官能描写が内包された、実に素晴らしい作品である。

愛人の影もちらついて不在がちな夫へのやりきれない思いから自慰に耽ってしまう冒頭は、結婚して8年、33歳の熟れた躰を持て余す人妻【奈津子】の現状にして官能面への下準備である。そんな時に現れる主人公を、家宅侵入といった犯罪的なゴリ押しではなく、思わぬ形で奈津子と出会わせる演出が主人公の人柄と本作の色合いを示している。愛する妻とも会えずに逃亡を続ける主人公と、経済的には恵まれながらも心と体にぽっかり穴が開いている奈津子。どちらも孤独と言える。

そんな隙間を埋めるように惹かれ合っていく2人の様子がじんわりしっとり描かれていく。なかなかドラマチックであり、情交へと至るのがドラマチックとも言える。奈津子の秘められた本意に気づき、それらしいことを口にしても否定する姿にいじらしさと恥じらいを見て安らぎ含みの愛情を覚える主人公。夫では得られない心の安寧と肉欲を満たしてくれる主人公。ストックホルム症状群も微かに含むような、やるせない同情と憐憫がいつしか本当に無実なのか?という疑念から失いたくない人へと昇華していく、そんな奇妙な2日間の物語とも言える。最後だからと朝から睦み、行かないでと囁く奈津子の愛らしさは相当な魅力で迫ってくる。しかし、元より行く末の定かでない2人の関係は突然に終わりを告げる。

ラスト4頁で描かれるのは1ヶ月後の主人公。無実の罪を着せられた、その真相と真犯人の登場は本作に最後の哀しみを一滴落としながらもどこか晴々とした心地の良さを感じさせるものだった。

霧原作品ではお馴染みの寝取られ風味(実際は夫婦の夜の営みだが)を途中では醸しつつ、凌辱でも誘惑でもなく心と体が触れ合う魅惑の情交がこってり描かれる。その興奮度の高さも含めて2015年のベストに数えたい大人の官能ドラマを堪能した気分である。
『人妻・奈津子-他人の指で…』のレビュー掲載元


この作品ですが、読了直後に珍しくも感想をTwitterにつぶやいてるんですよね……。






いやぁ~、この作品がもぅ1ヶ月でも早く出ていれば!と思えてなりません。

と言いますのも、寸評を毎年寄稿させていただいている特選小説増刊『こんな官能小説が読みたかった!2016年版』でセレクトできるのは(原稿〆切りの関係で)頑張っても10月発売の作品までなんですよ~!(^^;)

こんな官能小説が読みたかった!2016年版 発売されました!
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-1007.html




ですから、タイミング的に選外となりましたけど、間に合っていたら確実に仲間入りしていた秀作と断言します!

官能小説は「黒本」ばかり、という方に『他のレーベルだとこんなストーリーの作品もあるんだよ』とオススメしたい1冊ですね。

フリー素材の写真に文字を入れただけと思われる、電子書籍にカラーの毛が生えたような簡素な表紙なのが勿体ない逸品なのでありますw



DSKのレビューをご覧になられた霧原先生がご自身のサイトで感想を寄せてくださいまして、恐れ入るばかりでございます。(汗)

KIRIHARA KAZUKI OFFICIAL SITE
日記 - 12月
http://www.kiriharakazuki.com/nikki/nicky201512.html




12月6日の記事です。

こちらこそ素敵な作品を堪能させていただきありがとうございました!



DSKaiukiannou……思いもよりませんでしたが(笑)、由来を聞かれることがあったこう答えることにしたいと思います。(^^)





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 二見文庫 霧原一輝

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2