FC2ブログ

こんな官能小説が読みたかった!2016年版 発売されました!

2015/12/10 発売

こんな官能小説が読みたかった!2016年版

特選小説 増刊、綜合図書


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

ナンバー1官能誌「特選小説」が選んだ傑作エロス15本
スペシャル対談:舘淳一×坂井希久子
作家がオススメする2015年面白かった官能文庫
2015年官能・性愛小説リスト





はい、今年も発売の時期がやって参りました!

5年連続となるDSK寄稿の寸表も併せてどうぞよろしくお願い致します。

昨年より倍増の20作品、見開き4ページで掲載されています……たぶん。(^^;)

……今年は事前に原稿を拝見していないので。(汗)



全国の書店および書籍サイトにて絶賛発売中!

書店で購入されるとアナタの街の本屋さん存続の一助となります。(^^)



庵乃音人先生がブログで紹介されています。
庵乃音人うずまき日記 - 官能小説業界の紅白歌合戦

早瀬真人先生の紹介記事はコチラ。
特選小説の増刊号が発売されました

葉月奏太先生の紹介記事はコチラ。
『こんな官能小説が読みたかった! 2016年版』





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 綜合図書

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

特選小説の増刊号が発売されました

特選小説さんから2016年度版の 「こんな官能小説が読みたかった!」 が発売されました。 今年もこの季節が来たのかと、 一年経つのがとても早く感じられます。 拙作「息子の熟れ嫁」が掲載されております。 よろしくお願いいたします。 こんな官能小説が読みたかった!2016年版 2016年 01 月号 [雑誌]: 特選小説 増刊posted with amazle...

コメントの投稿

非公開コメント

今年も秀逸な選出でした。

DSK さま

本日、自宅に届き早速拝見させていただきました。
私にとっては掲載作品を講読したものと講読していないものがちょうど半分になりました。

順位付けをして紹介していらっしゃるわけではないとおもいますが、最初の5作品は全て誘惑系になっているところがさすがだと思いました。
黒本における最近のツートップ庵乃先生、神瀬先生が入っているのも納得です。

また葉月作品の『人妻は夜に咲く』は2015年最も印象に残った作品です。
例え不倫であったとしても小説としては、意図的に盛り上げるような表現をちりばめて物語のテンポみたいなモノを作りますが、この作品は淡々と物語が進んでいきます。
もしかしたらこんな不倫関係の二人が居るんじゃないかと想像してしまうぐらいです。

お亡くなりになった中村勘三郎さんが、型をしっかり身につけて演じるから『型破り』がおもしろいというお話をしていたのを思い出しました。型を踏襲した上で淡々とした進行はまさに『型破り』な作品と思いました。

ありがとうございます!

DSKです。
コメントありがとうございます。

種明かししますと、基本的に「レビューで星5つ」から選んでいます。
それで不足すれば「星4つ」からセレクトとなります。

並びは単に発売月の早い順で。(笑)

今回は星5つが20に満たなかったものですから星4つの作品も含まれます。
で、その際に、今回は各レーベルからできるだけ幅広く選びました。

そのため、全作品を順位づけるならば圏外になるかもしれない作品が選ばれていることがある代わりに、順位だけなら20位以内に入っていても他のレーベルから選んだおかげで選外という作品もあるでしょう。

今回のセレクトポイントであります。

昨年と同様に10作品だったならばすんなり決まっていたでしょうけれども、今回は20作品に増えました、と言いますか、戻りましたので、せっかくだからちょっと趣向を凝らしてみようか、といった側面はあります。

つまり、一昨年以前も若干ながらそんなセレクトはしているってことでもありますね。(^^)
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2