FC2ブログ

実母・淫溺の軌跡(著:中野香織、フランス書院文庫)

1992/6/24 発売

実母・淫溺の軌跡

著:中野香織フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストアBookLive!はコチラ。

余命いくばくもない我が子に、
性の悦びを教えてあげたい……。
美奈子の母としての悲愴な決意は、
息子の目に濡れそぼった花芯を晒すうちに、
肉悦を求める熟れた女の欲望に変わった。
背徳に淫溺する実母、その愛と哀しみの軌跡。
(引用元:公式サイト)


★★★★★ 重いテーマに官能フィルターを通してピュアに描いた感動の1冊, 2015/11/26
フランス書院文庫では本作限りの作者が同姓同名の服飾史家にしてエッセイストと同じ女史なのかは不明だが、生と死という重いテーマに取り組んだ異色の作品と言わねばならない。むしろ、このテーマでデビューした官能小説家が次に何を題材にすれば良いのかと考えると検討がつかず、その意味では本作限りの1冊入魂だったのかもしれないという憶測も働く。そんな想いが込められたかのような、溺愛する息子が不治の病に冒され、余命幾ばくもないと知った実母の切実な感情が官能的にしたためられた作品である。

メインヒロインはモデル経験もあるファッションデザイナーの【美奈子】36歳。予想に反して華やかで派手な印象のある女性像だが、彼女には17歳の息子【貴広】がいて今は長期入院中。定期的に病院へ通う生活だが、再婚を考えている【東堂】という男もいる。

また、貴広の入院先では28歳の看護師【理代子】が献身的に看護してくれるのだが、彼女にも貴広と同年の弟【光雄】がいた……こちらは過去形である。この姉弟の関係が美奈子と貴広の母子に影響を与えていく。病名は異なりながら同じく余命僅かだった光雄に対する理代子の、その最期までを過ごした回想は感涙をもたらすものであるのと同時に、患者より先に事実を知る看護師という立場が存分に活かされている。加えて、毎日をすることなしに過ごす患者という男女の性の悩ましさも垣間見られて興味深く、これはそのまま現在の貴広と重なり、理代子に加えて同年代の女性患者である【真友】との関係にも重なっていく。次第に衰えていく肉体に反して元気さを見せるムスコこそが、哀しく、痛々しくもある状況下でも生への渇望として象徴的に存在感を放つのである。

だがしかし、サブヒロイン達は順に母子の元を離れていく。その中にも「死」が分かつ原因になる悲しさが含まれているのだが、最終的に在宅介護の道を選んだ2人に残されていたのは、母の絶大な慈しみに女の欲望が加味される、それでもピュアな官能絵巻に他ならならない。また、年若くも生の終焉を意識せざるを得なくなった貴広の行動は、残りの命をかけて子孫を残そうとする男の本能だったのであろうか、それとも母の元へ還ることだったのであろうか。

衰えていく肉体の具体的な描写には、もしかして作者は似た体験を経ているのでは?とさえ思わせる信憑性すら感じさせるが、本作のテーマに即して読むと(官能描写が控えめで稚拙なこともあって)官能小説であることを思わず忘れそうである。それを補強するかのごとく、実は序盤から卑劣な暴漢が美奈子の前に現れており、無慈悲な凌辱があり、それによって東堂との関係も変化している。これにも終始悩まされる美奈子だが、結末へと繋がる最後の登場が貴広の思わぬ行動を呼び、これだけ生と死を重く捉えながら悪いヤツにはあっさりしていることに矛盾も多少は覚えながら、それでも元気さを取り戻したかのように写る2人の姿には何だか晴れやかな心持ちにもなる。

しかしながら、貴広の行動と2人に訪れるであろう将来を見れば、待っているのは最後の1行にある「闇の世界」なのであろう。
『実母・淫溺の軌跡』のレビュー掲載元


「黒本」で1冊限りの作者とその作品をチェックするのが割と好きなDSKですw

本作もそんな1つ。しかし、これはずっと見落としてたなぁ、こんな作品があったんだなぁ、と驚いています。



残り僅かな命、その炎が消えようとしている時に姉や母が最後にしてやれること。それを官能的に捉えれば、陳腐な表現になりますが、最期にせめて女を知ってほしい、女を知ってから旅立ってほしいというのは何だか考えさせられるものがありました。官能的だからそうなるのであって、通常ならこれが別の形で表現されるとなればぐっとくる切実感があったんですよね。

卑劣な男が登場して冒頭から無慈悲に凌辱されるような官能小説の体裁を残す描写もありますし、結末には古き善き(?)悲劇性もありますが、「生きること」を真っ正面から捉えた異色の官能小説として心に残りそうです。



で、「中野香織」という筆名なんですけれども、『モードとエロスと資本』(2010年5月、集英社新書)や『愛されるモード』(2009年2月、中央公論新社)、あるいは『性とスーツ-現代衣服が形づくられるまで』(1997年10月、白水社、翻訳)といった、服飾と性に関する書籍が幾つか出ていまして、本作のヒロインもファッションデザイナーですから繋がると言えば繋がるんですよね……同じ人なのでしょうかね……どうなんでしょ。

まさか当のご本人さんで、官能小説の出版は触れられたくない黒歴史、とかじゃないですよね。(汗)





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 中野香織

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2