FC2ブログ

2014年10月の「気になる」官能書籍

2014年10月発売予定の官能書籍から「気になる」作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!


●フランス書院文庫


◆兄嫁・菜々美-夫の鬼弟に調教されつづけて(著:天海佑人)
2014/10/23 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「菜々美さんが悪いんだ。僕をそんな格好で挑発して」
エプロンを剥がされ、リビングに押し倒される兄嫁。
夜ごと夫婦の寝室からもれる営みの音が裕次を鬼弟に!
白い乳房を荒々しく揉まれ、剛直を抜き差しされる。
涙で頬を濡らしながらも、愉悦を抑えられない25歳。
若妻を奴隷にした青狼の邪眼は37歳の義母にまで!


「調教されつづけて」シリーズ、続きますね。今回は義弟が兄嫁に迫るようです。


◆熟女の海-未亡人義母と未亡人女教師と未亡人海女(著:小鳥遊葵)
2014/10/23 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「もっと強く抱いてっ。あの人を忘れさせて」
対面座位で繋がりながら少年に抱きつく未亡人。
二十代に見まがう艶肌から漂う熟れたフェロモン。
夫を亡くして三年、おんな盛りの躰をもてあます
陽子の孤閨を慰めたのは、義息のたくましい肉茎!
39歳、36歳、35歳、海辺の熟女たちは哀しく美しい……


メインタイトルが何故か何度も「熱海の夜」に見えてしまいますが(^^;)、『熟女の海』ですから!w


◆幼なじみの継母娘〈ははこ〉(著:宗像倫)
2014/10/23 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
(初恋の女(ひと)と、こんなことができるなんて……)
きつい膣襞を堪能するように亀頭で何度も割り開けば、
成熟した肢体をくねらせ朱唇から痴声がこぼれだす。
美しく艶めかしくなり再会した34歳の幼なじみ・栞。
人妻となった彼女には男心を狂わせる義娘・茉莉と千尋が――
帰郷先で繰り広げられる、禁断と蜜愛のハーレム!


3作目にして誘惑路線かな?という印象もあらすじからは漂ってきますが、それだと今月の「黒本」は誘惑系が4作となるので、やはりこれまで通りの軽いゴリ押しな和姦テイストなのでしょうか。


◆上流四姉妹-姦の旋律(著:久藤貴緒)
2014/10/23 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
バイオリン教室を開く豊麗な若未亡人・響子(32)
華やかな色気も悩ましいチェロ奏者で人妻の麗奈(28)
ピアノを上品に奏でる真面目な音楽教師・真智子(26)
フルートの名手で音大に通う女子大生・風花(18)
狂った欲望を抱く淫獣に狙われた名家の四姉妹。
牝の本性を暴きだされる、姦の四重奏(カルテット)、開演!


一般的に試金石とされる2作目ですが、内容の方はどうでしょうかね。楽しみですね。(^^)


◆親戚の美しいおばさん(著:辻堂楓)
2014/10/23 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「淳太君、大人になったのね、たくましいわ」
手指で亀頭をあやし硬直をしごきあげる蓉子おばさん。
「出したばかりなのに、もう大きくなっているなんて」
女膣で肉棒の熱を感じつつ熟れ腰を揺らす桐子おばさん。
38歳と41歳――親戚の美熟女が施す悩ましい日替わり奉仕。
蒼い欲望を昂ぶらせ狂わせる最高の「初体験一週間」!


ここ最近では表立ってあまり使われなくなった気もする「おばさん」ですが、この作品に出てくるのはどんな「おばさん」なのでしょうか。


◆僕だけの年上ヘルパー(著:南野佑人)
2014/10/23 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「智志くん、今だけは甘えていいんだからね」
スプーンを出す史恵の胸もとには悩ましい谷間が!
怪我をした少年を介助する38歳の美熟女ヘルパー。
白い肌、むっちりした二の腕、くびれた腰……
食事の世話、入浴の補助、あげくに「初体験」まで!?
密室で続く二人きりの甘く危険な淫らすぎる介護!


いわゆる介護的なヘルパーさんによる回春路線ではない、怪我をした少年を介助するヘルパーさんがどんな乱れ方をするのか気になりますw


●マドンナメイト(二見)文庫


◆姉の黒下着-禁じられた衝動(著:早瀬真人)
2014/10/14 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
男好きのする、むっちりした肉体。豊満な乳房と盛り上がったお尻……。欲望に負けてしまった弟はついに姉の淫らな下着を手に取り……やや面長で上品な美貌と丸みを帯びた肉体――前に突き出したバストとハチのように括れたウエスト。春彦は姉の奈津実に狂おしいまでの愛情を抱いていた。ある夜、どうしても欲望を抑えきれず、姉の下着を盗み出し自慰に耽っていると、当の姉に見つかってしまい……。

う~ん、何だか往年の藤堂慎太郎作品を彷彿とさせるナイスな表紙!w


◆三人の淫ら少女-ときめきハーレム学園(著:佐伯悠希)
2014/10/14 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
平凡な高校生の雅人は、ある出来事をきっかけにイケメンに変身!するとクラスの女子たちが盛んにアプローチしてきて……冴えない高校生の雅人は平凡な生活を送っていた。あるとき、偶然親しくなった美人モデルの手ほどきで、大胆なイメチェンをしてイケメンに変身してしまう。すると、翌日から早速女子たちからモーションをかけられ、級友や生徒会副会長、オタク少女と急接近するが……

この表紙を見てマドンナメイト文庫はブレないな~と思うのはDSKだけでしょうか?(^^;)


●竹書房ラブロマン文庫


◆よろめき熟妻(著:庵乃音人)
2014/10/6 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
資産家の跡取りの向坂透は、かつて美しい熟女の使用人・江原水希を愛したものの、周囲の思惑により二人の恋を無惨に引き裂かれてしまう。時を経て、幼馴染の綾音と結婚して冷徹な経営者となった透は、思いがけなく水希と再会するも、彼女はすでに人妻となっていた。それでも水希を求める透は、ついに彼女を今の夫から寝取る計画を実行してしまう。水希もまた背徳に身を灼きながら、略奪される快楽に媚肉を濡らすのだった。一方、透に愛されない綾音は、部下の田村と密かな逢瀬を重ねてしまい…!? 愛を求めて彷徨う孤独な男と女は、寝取る哀しみと寝取られる愉悦の果てに、絆を見出せるのか?鬼才が生み出すあらたな官能ジャンル〝泣ける略奪愛〟が花開く!

庵乃音人×竹書房ラブロマン文庫のタッグは寝取り・寝取られの略奪路線を終わらせてはいないようですね。(^^)


◆女体集中治療室(著:真島雄二)
2014/10/14 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
薬剤師の三木敏彦は、女たちを次々に陥れ、アナル奴隷へ仕立て上げる。すべては彼の待つ歪んだ肛虐趣味を満たすために…。美人医大生の香織、香織の姉でイラストレーターの由紀子、敏彦の幼馴染で人妻の麻衣子、若きエアロビインストラクターの千春。蕩けるようなエネマ調教の果てに、未知の快楽に目覚める女たち。嫌悪のうめきが快楽の嬌声へと変わるとき、敏彦のハーレムは完成へと近づいて!? 俊英が描く、肛虐と調教の媚肉ロマン!

ここ最近の真島作品は凌辱系が続くようですね。しかも今回はお尻方面みたいで。


◆俺の地元は近ごろ濡れまくり(著:草凪優、竹書房文庫)
2014/10/20 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「ねえ…わたしと彼女、どっちが良かった?」イマドキの若者たちが快感と愛を求めて奔走!超人気官能作家が選んだ新テーマは…今話題の「地方族(マイルドヤンキー)」!注目の最先端青春エロス登場

東京から二時間ほどの地方都市「マキジマ」に住む幸司は、今夜も地元の溜まり場で子供の頃からの仲間と過ごしている。地元から出ようとしない若者を世間では最近「マイルドヤンキー」とか言うらしい。居心地はいいが、ずっとこの生活が続くのかと思うと不安もある。幸司には香奈という彼女がいるが、なかなかセックスをOKしてくれない上に、突然キャバクラで働き始めたりして喧嘩中だ。そんな悶々とした日々を送る幸司は、東京から来た年上の美女ユリアと知り合う。そして、小悪魔的なユリアに翻弄され、平穏だった幸司の日常が変わりはじめていく…。日本官能文庫大賞作家が放つ最先端青春エロス!


ステージが一段階上がったかの草凪大先生の作品は竹書房文庫から出る第2弾!
なんと可愛らしい表紙かと思いますが、誰でしょうかね?


●双葉文庫


◆潮風カイカン物語(著:霧原一輝)
2014/10/15 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
不動産会社に勤める独身サラリーマン辰巳友基は、ひと夏だけ、湘南のリゾートマンションの管理人を任された。赴任してすぐ、大企業会長の愛人と関係を持ってしまった友基は、それをきっかけに、様々な住人の女性たちと淫靡な交わりを持つことになる。そんなある日、浜辺でロングヘアをなびかせた美女に出逢う。夏の間だけ帰省しているという女子大生の彼女に一目惚れしてしまった友基は、淫らな日常と純愛の狭間で揺れ動く。

次の霧原作品も安定していそうですね。(^^)


◆シートベルトをゆるめたら(著:橘真児)
2014/10/15 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
トラック野郎から個人タクシー運転手に転身した桃瀬百次郎は、男気溢れる四十一歳。麗しい人妻、清楚なOL、喪服姿の未亡人――次々と乗り込む訳アリの美女客に翻弄されながらも、持ち前の優しさとサービス精神で今夜も桃色天国にイカせます!『週刊大衆』読者アンケートでダントツ支持を得た人気連載、待望の書籍化。

今月の橘作品は何だか面白そうな内容で期待度が上がりますね!(^^)


◆淫内パラダイス(著:新藤朝陽)
2014/10/15 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
26歳の誕生日の夜、ようやくできた恋人の比奈から「誕生日プレゼントにバージンをあげる」と言われて舞い上がった佐藤基樹。ところがエッチ寸前に交通事故に遭い入院する羽目に。担当ナースはなんと高校時代にふられた元カノ珠里だった。書き下ろし長編ご奉仕エロス。

新人さんの2作目ですが、前作ともどもちょっと気になっています。(^^;)


●廣済堂文庫


◆双子のお・ね・だ・り姉妹(著:美野晶)
2014/10/18 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
セクハラ上司を殴って失職した涼介は寮が完備しているという理由で応募したデザイン会社に再就職ができたが、オフィスのビルに社長宅も会社の寮もあり、屋上には露天風呂まであって驚いた。しかしそれは序の口で、さらに驚愕する淫らな出来事が涼介を待ち受けていた!

屋上にトップの住処があって露天風呂……これがプールだったら『味わい美人』で見た気が……。(^^;)


●実業之日本社文庫


◆堕落男〈だらくもの〉(著:草凪優)
2014/10/4 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
殺人、絶望、逃亡――どん底で男は女を求める。広告代理店で活躍、家庭も円満だった梶山一人は、爛れた不倫の末、奈落の底へ。離婚、退職勧告の後、場末のバーのマスターに成り下がり、借金地獄に。さらに、事件が起きる。死を覚悟したとき男は、惚れた女たちに会いにいく――。

性に溺れた男と女の物語。超人気官能作家・草凪優の新境地。350枚、渾身の長編書き下ろし。文芸評論家・池上冬樹は「これは官能小説の域を超えている」と記し、女性書店員&読者からも感嘆の声が続々!草凪自身「この作品がダーニングポイントになった」と語る。表紙デザインはマッチアンドカンパニー・町口覚、写真は野村佐紀子。カバーにも力が漲る。官能小説を超えた「センチメンタル・エロスの傑作」が誕生!!


ここ最近で、官能専門でないレーベルから出される、何でしょう、格調高い草凪官能作品と申せばよろしいでしょうか。墜落していく男の刹那を同時に描こうとしているようでもありますよね。しかし、どんどん箔がついていく感じだなぁw
と思っていたら、威風堂々とした決意表明が発せられていました。必読ですゾ!


●ベストセラーズ文庫


◆女医・梓-美肉の冥府1(著:千草忠夫)
2014/10/21 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
千草忠夫、絶頂期の野心作が炸裂!誇り高き女の秘花がいま狂い咲く。千草忠夫の真骨頂と評されるハードコア官能シリーズ「美肉の冥府」3部作。都心でビューティクリニックを経営する美容外科医・唐沢のもう一つの顔は「紫の部屋」と呼ばれる地下牢でとびきりの女を自分好みの女に調教し、籠絡させることだった。甥の竜也と黒人のアルを手下に狙った獲物は逃さない。ターゲットのひとりが精神科医のインテリ女医・梓。ついに美貌の女医はアヌスまで凌辱され、骨の髄まで嬲られるのだった。淫魔の手で含羞の花が妖しく咲き乱れてゆく…。

あの巨匠・千草忠夫先生の名作が復刻しています。本作はその第17弾!
詳しくは特集記事をご覧ください。


●リアルドリーム文庫


◆家庭教師と隣の母娘-誘惑の個人授業(著:羽沢向一)
2014/10/22 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
ケガの代償は美熟女と女子高生の巨乳母娘による悦楽奉仕!
隣に住む女子高生・茉莉の家庭教師をする優也は、
彼女を暴走車から助けたために骨折してしまい、
茉莉とその母・繭に世話をしてもらうことに。
「わたしが優也くんの身体を綺麗にしてあげる、隅々までね」
童貞青年は肉体奉仕を通して美貌母娘のM性を刺激してゆく。


今月もリアルドリーム文庫からは1冊なのかな?
でも、隣人+家庭教師のダブル属性は気になるところですナw


※作品のあらすじは各出版社の公式サイトおよび Amazon、honto、DMM.R18 より引用
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

誘感マダム(著:真藤怜、徳間文庫)

2010/11/5 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

高級住宅街に暮らすハイソな主婦たちは「嶺町マダム」と呼ばれ、そのライフスタイルは一般主婦たちの憧れの的になっている。瞳もそんなマダムのひとり。生まれも育ちも嶺町で、結婚後も実家からそう遠くない一戸建てに、夫と小学校3年の息子と暮らしている。とりたてて不満はないが、息子の塾の先生がタイプなので、迎えに行ったり面談がある時はときめきを感じている。親しくなる勇気はないが、妄想のネタにしていたある日、先生に襲われて!? 高級住宅街に住むマダムのエッチな妄想が現実になっていく!息子が通う塾の先生は好きなタイプ。わたしをたべちゃって下さい!(引用元:Amazon)


★★★☆☆ 明け透けなセレブ達のしたたかさ, 2014/10/5
この作者の代表作は最終的に6作品を数えるシリーズとなった『女教師』(幻冬社アウトロー文庫)なのであろうが、断続的に出されたそのシリーズの合間には他の作品も幾つかあって、その1つが本作となる。シンプルなタイトルが示すように昼下がりの情事を体験し、深みにハマり、手痛い(?)しっぺ返しがありながら、それでも懲りずに振る舞うセレブなマダムのしたたかな一面が綴られている。

三者三様のタイプで描かれるマダムが3人登場するのだが、そのやり取りは明け透けで性に対しても奔放。その知識や経験に基づいた上下関係らしきものが滲み出ているところなどはかなりの女性らしさが醸されており、勉強不足で恐縮だが、この作者はおそらく女流作家なのであろうと勝手ながら推測する次第。要するに、「亭主元気で留守がいい」のをいいことに交わされる赤裸々なマダムトークと浮気で進んでいく話なのでもある。

ただ、メイン格としてストーリーテラーの役割も果たしている1人はどちらかと言うと奥手。興味をそそられ、誘われるままに巻き込まれていく感じではあるのだが、全体を通しても淡白と言わねばならない官能描写において、特に前半は夢や妄想が主体でもあるため、むしろエッチなマダム達の面白話として読んだ方が楽しめそうである。クライマックス的なエピソードの笑えるオチや、最後に若干開き直ったかの妖艶さを見せる結末など、所々に見るべき点はある。
『誘感マダム』のレビュー掲載元


本作のタイトルは誘感マダム=ゆうかんまだむ=有閑マダムとセンスの効いたものですが、レビューを投稿してしばらくそれに気づきませんでね。

フツーに誘惑マダムだと思ってました。(^^;)タラッ



だって、ほら、が似てますでしょ?(言い訳)

パッと見たら、ただの誘惑マダムに見えませんか?(さらに言い訳)



ですから、レビューも『シンプルなタイトルが示すように……』って、誘惑マダムのつもりで書いてますよ、コレ!(汗)



とまあ、タイトルの「惑」の文字だけなんで赤いのかな~?と勘違いしていた疑問もマダムだからと後になって晴れたのでした。ナハハ……

真藤怜 徳間文庫
関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 徳間文庫 真藤怜

働く女-夜9時の凌辱研修(著:常盤準、フランス書院文庫)

2009/6/23 発売

働く女-夜9時の凌辱研修

著:常盤準フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

初々しく瞳を輝かせながら研修を受ける新入社員。
美脚を組んで企画書をはねつける姿も麗しい美人課長。
キーボードを叩く姿も、その指まで美しい総務部員。
スーツの下に隠された垂涎のボディを狙う男の手に、
触られ、剥かれ、犯されるインモラル・オフィス!
昼は華麗に働く女たちが、初めて牝の姿を見せた夜!
(引用元:公式サイト)


★★★★☆ 凌辱というより少し強引なオフィスラヴ, 2009/6/30
タイトルやあらすじからは凌辱作品とのアピールを感じるが、実際には凌辱というよりも、むしろ少し強引な和姦テイストのオフィスラヴである。27歳の主人公が、憧れの女課長、同期の総務部社員、課長の姪でもある新入社員に迫っていく。

最初は新入社員。教育係としてこの新人さんの面倒を見るうちに関係を持つのだが、誠に世間知らずで無垢な新人さんを調教する展開になっていく。これがまた従順な新人さんで、困惑しつつも覚えてしまい目覚めてしまった愉悦と主人公への恋心から頑張ってしまうのである。

次の同期社員は逆に素直じゃないところがあって、実は求めているのに拒絶の態度を取るところが大人の駆け引きのようで良かった。合体を果たした途端に独占欲を露わにするかと思えば、デートしながら『恋人みたいね』と呟いたりで、最後まで「友達以上、恋人未満」な距離感である。その割にヒロイン3人の中では最も旺盛に求めて貪っている。この同期社員とのやり取りはほとんど誘惑作品のノリでラヴ成分も高い。

続く課長への迫りは幾度にも渡るアタックの末に果たされるが、人妻を堕とすだけに本作随一の凌辱展開かもしれない。ただ、課長も憎からず想っているので、かなり拒むものの最後はややあっさり気味に陥落する。その後は主人公からの様々な要求に戸惑いながら応え、お尻まで捧げる課長である。

しかし、3人の美女を渡り歩き、情交を重ね、悦楽を極めた主人公の転機が最後に訪れる。強引にヒロイン達を引き合わせる展開が誘惑作品とは一線を画すもので、そのしっぺ返し的な結末に繋がる。これが4頁と1行のエピローグで唐突に描かれるのだが、何だか役者が一枚上手だなぁ、という女性陣のしたたかな一面を見た気がする結末であり、読み手としては肩透かし3連発という感じがしないでもない。数多い情交シーンにはアイデアに富んだ演出もあって煽情的である。
『働く女-夜9時の凌辱研修』のレビュー掲載元


「黒本」では3作品を上梓されている常盤準先生の2作目にあたりますが、凌辱寄りで続けたところで個人的には名作認定している次の3作目にして素敵な誘惑作品だった『甘い夜-夏の個人教授』への橋渡しも担ったのが本作ではなかろうかと推測しております。

つまり、凌辱とも誘惑ともつかない按排で両方のテイストが盛り込まれているんですよ。

相対する女性に応じて主人公の責め方が変わるところにリアリティがあって悪くないと思うのですが、セールスの立場だとやはり少々売りにくい部分があるかもしれませんね。(^^;)





関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 常盤準

特集:千草忠夫作品復刻(ベストセラーズ文庫)

2013年4月より毎月ほぼ1冊のペースで、あの巨匠・千草忠夫先生の名作がシリーズとしてベストセラーズ文庫から復刻されています。



一部の作品は改題および表現の一部を現代的に変更しているようですが、往年のファンのみならず、またコレクターのみならず官能小説の教科書、大袈裟に言えば官能小説の聖書として、この機会に一読されるのもよろしいのではないでしょうか。

もっとも、その立ち位置はかなり異端と思われますが。(^^;)



千草忠夫 - ちぐさ・ただお
生年月日、経歴などは不詳。『家畜人ヤプー』『花と蛇』などが掲載された『奇譚クラブ』の読者懸賞小説に応募し、1960年に「雌雄」で鮮烈なデビューを飾る。以後、数々の雑誌において「九十九十郎」「珠洲九」「乾正人」などの筆名で次々と話題作を発表。「千百蘭」の名でイラストも描いた。35年間の執筆活動で中短編(200枚未満)330、長編120以上という旺盛な執筆活動を展開。1995年1月没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)





何しろ今となっては官能小説界の LED ZEPPELIN あるいは DEEP PURPLE みたいな存在ですからね。

千草忠夫作品を読まずして官能小説を語るなかれと言われたら返す言葉がないかも。(汗)



2013/4/20 発売

1.闇への供物 1


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
北国の古い城下町で格式と伝統を誇る名門私立「錦城女学園」。そこに通う可憐な女子高生・知英と薫。知英の母・由布子は銀行専務夫人であり、薫の母・和香は名刹の未亡人である。そして美人教師の誉れ高い葉子…。この純真無垢な美貌の女たちが、淫らな欲望と野望に侵された男たちの姦計によって、想像を絶する性地獄と責苦の世界へと堕されていく…。倒錯した異常な状況での人間精神に潜む“奥深い闇”を執拗に描く代表的名作。

1998年の『千草 忠夫 選集1』(ベストセラーズ)からの抜粋(以下、『闇への供物 5』まで)



2013/5/21 発売

2.闇への供物 2


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
北国の古都・錦城市にフィクサーとして君臨する清原は不正融資の口止めに銀行専務夫人の由布子を、そして娘の名門女子高1年生の知英を次々と凌辱し、女の悦びを刻み付けていく。その毒牙は知英の親友・圭子に、美人教師・葉子へと弄虐の輪を広げていく。一方、名刹の美人未亡人・和香は檀家総代の猛蔵の魔手に搦めとられ、究極の快楽に身を慄わせる。闇の世界に引きずり込まれ堕とされていく、背徳の女性美讃歌!



2013/6/21 発売

3.闇への供物 3


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
北国の古都・錦城市はフィクサー・清原允の影響下にあった。清原は不正融資を利用して、銀行専務夫人・由布子と娘の知英を性漬けにして高級娼婦として勢力拡大に使う。娼婦候補のターゲットにされたのは、格式と伝統を誇り、憧憬の的である「錦城女学園」。知英の親友・圭子が、そして美人担任の葉子が清原邸の調教室で屈辱に呻き、快楽の虜にされて性奴隷に堕ちていく。一方、名刹の未亡人・和香は檀家総代の猛蔵に篭絡され、娘の薫は清原の書生だった森を婿として押し付けられる。欲望の亡者と、弄辱にまみれ美しく輝く可憐な美女たちのドラマ、佳境に!!



2013/7/20 発売

4.闇への供物 4


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
錦城市のフィクサー・清原允は名門「錦城女学園」の高校生や短大生、女教師までも篭絡し調教して性の奴隷に堕とし高級娼婦に仕立てあげた。これは恨みを抱く学園長・君島瑤子攻略の布石なのだった。一方、名刹の未亡人・和香は檀家総代の猛蔵に脅迫され愛人にされてしまう。そして清原の愛弟子・森を、まだ16歳の娘・薫の婿に迎えさせられてしまった。処女の身を百戦練磨の森に弄辱された薫は幼い蕾を急速に開花していく。次に清原の魔手は婚儀の時に魅せられた和香へと向かっていく。淫獣たちの欲望と姦計が渦巻く不朽の名作、いよいよ山場へ!



2013/8/21 発売

5.闇への供物 5


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
錦城市のフィクサー・清原允は名門「錦城女学園」の選りすぐりの美人高校生や短大生、女教師までも篭絡し調教して性の奴隷に堕とし、高級娼婦に仕立てあげた。これは初恋の恨みを抱く学園長・君島瑶子攻略の布石なのだった。姦計の罠に嵌った瑶子は、夫亡き後閉ざしていた官能を掘り起こされ被虐の情事に溺れていく。一方、名刹の未亡人・和香と娘の薫は数々の弄辱を受け、母娘同時に清原とその愛弟子・森に性の饗宴へと誘導され、嬲られるほどに美しさを増していくのだった。ハード官能の鬼才が描いた最高峰の倒錯文学、遂に衝撃の大団円!



2013/9/21 発売

6.卒業期


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「お父さん」と呼ばされていた男(ひと)に、母に懇願されて処女の身を差し出すことを要求された美少女みゆき。それは中学の卒業式の夜と定められた。母譲りの美貌と妖しく輝く肌を持つみゆきが密かに企んだのは…。だが、その決断はさらなる凌辱へとつながっていくのだった。美母が羞恥と官能の間で悶え泣き、恋人が屈辱と自身を裏切る男の生理に呻吟する。さらに魔手は高校を卒業したばかりの姉にまで及ぶ。少女から女への卒業をハードにリリカルにエロティックに描いた幻の問題作!

1998年の『千草 忠夫 選集1』(ベストセラーズ)からの抜粋、改訂、改題



2013/10/19 発売

7.赫い蠍〈上〉


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
宮城乙哉は「万福屋」の秘書課長として仮面を被り復讐の機会を狙っていた。父を憤死させ、母を自殺へ追いやり、全財産を奪った社長・大貫が標的だ。野卑で傍若無人な大貫は新入社員登志子を手篭めにし、錦城市一のバーのママ眉子を手にいれ、二人の凌辱と屈辱の様を乙哉に見せつけるのだった。幼い時、母がこの男に縛られ犯されるのを見て嗜虐癖に目覚めた乙哉はこの二人を篭絡し、協力者に仕立てた。いよいよ期は熟した。初めの標的は大貫の愛娘、ひろみ…。情念と耽美の伝達者が描く復讐ハードロマン!

上・下巻とも1996年の『赤い蠍』(アップル・ノベルズ)の改訂



2013/11/21 発売

8.赫い蠍〈下〉


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
宮城乙哉は父母を自殺に追いやった「万福屋」チェーン社長・大貫宏造に復讐を誓っていた。乙哉の復讐とは、支配欲・所有欲の権化である大貫の女たちをひそかに「侵犯」するという弱者の復讐だった。大貫に手籠めにされた新人秘書・登志子を、市内一のバーのママ・眉子を、そして愛娘のひろみをと次々に凌辱し、屈辱を味合わせた末に屈服させ奴隷にした。次の標的は清楚な美貌の志津子夫人と連れ子の李香だ……。大貫への復讐なるか?



2013/12/21 発売

9.女教師


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
美貌の誉れ高き女教師鹿野佑子は生徒に慕われながら伝統ある女子高校で教鞭をとっていた。だが、5年前の東京で学生時代に犯し、封印したと思っていた青春の過ちがふいに追いかけてきたのだ。まだ処女だった身に加えられた倒錯した愛戯の数々。羞恥と屈辱の中で、自分の肉体が秘めていた被虐の快楽に目覚めさせられた悪夢の日々。魔手が再び佑子の心と体を凌辱する。しかも今度は佑子に憧れる美少女の教え子たちも巻きぞえに…。崩壊していく女の性を華麗な筆致と大胆な描写で描くSM官能ハードロマン復活!

1998年の『千草 忠夫 選集2』(ベストセラーズ)からの改題、抜粋、改訂



2014/1/21 発売

10.快楽病棟〈上〉


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
私立S病院には特別病棟-猥病棟と陰口を叩かれるセレブご用達の入院病棟があった。婦長・山地敏江は新人ナースの高島朋子を媚薬で悶えさせ、その処女を入院患者の政財界のドン・小島誉吉に与え、調教に手を貸すのだった。そんな時、院長の宗田滋彦から駆け落ちしていた妻・貴子と従弟の綾部道也を捕まえたと連絡が入る。拉致する場所は地下の監禁病室。サジストの滋彦は姦通した妻に、今まで華族の出というので遠慮していた淫欲を滾らせていく。さらに道也の妹の美香までも罠にかかってきた-密室で繰り広げられるSM官能ロマンの極致。

上・下巻とも1998年の『千草 忠夫 選集2』(ベストセラーズ)からの改題、抜粋、改訂



2014/2/21 発売

11.快楽病棟〈下〉


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
私立S病院の院長夫人・貴子は従弟の道也と駆け落ちをしたが、夫・滋彦の手の者に捕まり、病院の地下室に監禁されてしまう。そこはセレブ専用の快楽の館だった。サジストの滋彦は愛人である婦長の敏江とともに、貴子を昼夜をわかたず嬲り尽し、悦楽に悶えさせる。甘い屈服のとろめきの中、被虐の恍惚に我を忘れて堕ちていく貴子。道也の妹で美少女の美香も兄を救おうと、生贄となって純真無垢な肉体を凌辱地獄に捧げる…。異端文学の覇者が官能快楽の極みを描き切る問題作の結末は!?



2014/3/21 発売

12.保健室


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
女子高の生物教師・吉本誠一は教え子・恵美の誘惑に乗った。少女の一途な情熱と好奇心に屈したのだ。思春期の成熟しはじめた肉体は恥じらいに悶えながら、縛られ弄ばれる快楽に目覚めていく。だが、保健室の養護教諭・郁子先生が二人の関係に気付いてしまった。口封じのために対決した誠一は、狂おしい欲望に身を焦がす美貌の郁子先生をも従順な性奴隷に仕立て上げていく。そして恵美の後輩である無垢なる美少女京子も―。倒錯文学の名匠が華麗に紡ぎだす学園エロスの衝撃作!!

1990年の『漁色の保健室』(アップル・ノベルズ)の改題、改訂



2014/4/19 発売

13.餓狼


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
服部光夫は専門学校に通うかたわら、同じバイト仲間の遊び好きの女のコを縛ってSMチックに弄ぶのが趣味の青年だった。だがある夜、実弾入りの拳銃を手に入れたことで“牙を得た野獣”へと変身、凶暴な力の威圧の前に、女子高生の処女を征服してしまう。味をしめた光夫は悪友の計画に乗り有名美人アナを襲い、汚辱に泣き叫ぶ痴態をビデオの前にさらさせる。さらに毒牙は上流家庭への強盗凌辱へとエスカレートし、身内の目の前で悶え、よがり声をあげる美貌の令夫人、可憐で無垢なる美少女に向けられる―。鬼才の放つ官能ノワールの極北!!

2005年の『餓狼-処女喰い』(アップル・ノベルズ)の改訂



2014/5/21 発売

14.妖花


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
北陸の大学に入った明子は念願の「旧家」に下宿することになる。主は妖艶な未亡人の志摩とひとり娘の高校生さやか。明子は繊細な美少女の家庭教師に迎えられたのだ。そのさやかから明子は、父親の命日の夜恐ろしいことが起きると告げられる。その夜、土蔵の中で見たのは下男の手に嬲りまわされ屈辱に呻きつつも淫蕩の汗にまみれる未亡人の姿だった。やがて未亡人だけでなく、被虐の悦びを教え込まれ、肛交まで仕込まれ、快楽の麻薬に犯されて奴隷へと堕とされる三人…。幾多の作品群の中でも異彩を放つSM官能ミステリー!

2001年の『相姦の家』(アップル・ノベルズ)の改題、改訂
※リンク先は2011年のオーディオブックCD



2014/7/19 発売

15.悪霊


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
性文学の巨匠・千草忠夫が描き切る堕ちゆく果ての男と女の獣道!義母と父親の秘密の痴儀を覗き見た高校生の哲哉は、いつしか性の密猟者へと変貌を遂げる。姉、同級生、女教師…そして禁断の義母。自他共に認める美しき肉体と頭脳の仮面の下で、次々に哲哉が仕掛ける凌辱の罠。囚われた美しき獲物たちはいつしか少年の被虐の虜となっていく。そして最後に迎えるどんでん返しとは?倒錯文学の巨匠が描く姦の美学、ピカレスク・ロマン全一巻!

1991年の『蒼眸の悪魔』(アップル・ノベルズ)の改題、改訂



2014/8/21 発売

16.掠奪


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
セレブ御用達の避暑地をレイプ・ツーリング中のナナハンライダーが襲う!二人の暴漢の標的はフィアンセと滞在中の姉・恭子と名門女子高生のいずみだった。婚約者の目の前で初めての絶頂を曝してしまう姉―。野太い肉柱で稚い処女肉を鮮血に染める妹いずみ。さらに隣家の人妻まで巻き添えにして高級別荘地を駆け抜ける凌辱の嵐に、白裸の淑女たちは呻き、羞恥の弄辱に悶え、究極の快楽に失神するのだった!倒錯した女狩りの実態をリアルに濃厚に描く真夏の24時間ドラマ。新感覚のサスペンスポルノ!「魔性の文学」シリーズ16。

2005年の『令嬢姉妹-掠奪姦』(アップル・ノベルズ)の改題、改訂



2014/10/21 発売

17.女医・梓-美肉の冥府 1


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
千草忠夫、絶頂期の野心作が炸裂!誇り高き女の秘花がいま狂い咲く。千草忠夫の真骨頂と評されるハードコア官能シリーズ「美肉の冥府」3部作。都心でビューティクリニックを経営する美容外科医・唐沢のもう一つの顔は「紫の部屋」と呼ばれる地下牢でとびきりの女を自分好みの女に調教し、籠絡させることだった。甥の竜也と黒人のアルを手下に狙った獲物は逃さない。ターゲットのひとりが精神科医のインテリ女医・梓。ついに美貌の女医はアヌスまで凌辱され、骨の髄まで嬲られるのだった。淫魔の手で含羞の花が妖しく咲き乱れてゆく…。

1998年の『美肉の冥府〈上〉』(エクセルノベルズ)の改題、改訂



2014/11/21 発売

18.未亡人・千津-美肉の冥府 2


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
千草忠夫、絶頂期の野心作「美肉の冥府」第2弾、愈々ヒートアップ!人気ビューティクリニックのオーナー・唐沢と甥のヨガ教師・竜也には狙っている獲物がいた。親友の未亡人・千津と精神科医・梓だった。押しの一手と姦計をもって今まで知らなかった官能の喜びを、その気品高く優美な体に刻みつけてしまう。誇りを奪われて動揺した梓は、慕ってくる看護婦・清子と傷心の旅にでて、思わずレズ関係になってしまった。だが清子を正体不明の美女に攫われ、その無毛の処女との交換に自らの貞操を捧げるのだが、アヌスまで犯した謎の美女は尾けてきた竜也だった。東京に連れ戻された梓と清子にはさらなる凌辱が待っていた。一方、千津も唐沢好みの女へと変貌させられる。未開地を犯され、羞恥に喘ぎつつもアヌスの快美に悶える体へと…。そして愛娘・みどりにも破瓜の罠が……巨匠の最高にHOTな弄辱譚、いま佳境に!!

1998年の『美肉の冥府〈下〉』(エクセルノベルズ)の改題、改訂



2014/12/20 発売

19.女高生・みどり-美肉の冥府 3


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
ビューティクリニックの社長・唐沢と甥の竜也は、邪悪な欲望のままに精神科医・梓と妹の真弓、看護婦の清子を次々と凌辱した。地下の監禁調教室「紫の部屋」で羞恥の限りをつくされ、官能の味を植えつけられた三人は、責めに哀しく反応する生きた玩具となって黒人の調教士・アルに下げ渡され嗜虐の饗宴に供される。一方、未亡人・千津は唐沢に籠絡され、愛娘のみどりも竜也に処女を奪われる。魔手に捕われた母娘はいまや裸身をうねらせ被虐の快楽に溺れていくのだった。巨匠の描く過激な倒錯あぶな絵に意外な結末が!

1983年の『女高生・みどり〈美肉の冥府シリーズ 3〉』(アップル・ノベルズ)の改訂



2015/1/21 発売

20.課外授業〈上〉


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
美貌のピアニスト・小泉瑤子は個人レッスンに通ってくる美少女を秘かに誘惑し、レズのペットにしていた。目下のペットは音大を目指す高3のゆう子。レッスン後、ベッドに縛りつけたゆう子の早熟の裸身を瑤子の繊手が這い、無垢の肉体に快楽を教え込む。だがそこに突然現れた男に女教師の妖艶な美肉は屈服させられ、その濃厚な性戯を見せつけられたゆう子の処女肉は割り開かれる。それは瑤子が、ご主人様に奴隷として捧げる生贄の儀式だったのだ。次に選ばれたのは中学校の生徒で超美少女いずみ…。性の魔術師が奏でるピアノ・コンチェルト第一弾!

2004年の『奏姦のレッスン〈上〉処女の恥じらい』(アップル・ノベルズ)の改題、改訂



2015/2/21 発売

21.課外授業〈下〉


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
千草忠夫禁断の書。毒牙にかかった美少女の肉地獄!美貌の新進ピアニスト・小泉瑤子は、パトロンである御主人様の友永の命令でレッスンに通ってくる美少女を貢物として捧げていた。友永が目をつけたのは高3のゆう子。誇り高く妖艶な教師が男根に屈服し悶絶する様を見せつけてから処女を籠絡した。二人のペットとして鞭やアヌスまで悶え陶酔するようになったゆう子は、ボーイフレンドの稔との性交を命じられる。さらに友永は、レッスンに通う稔の妹で中学校の生徒いずみにも毒矢を放つ……。未成年の性奴隷三人を操る友永の意図とは?匠が奏でる美少女たちの恍惚の協奏曲!アクメ満載の完結編!

2004年の『奏姦のレッスン〈下〉慄える美唇』(アップル・ノベルズ)の改題、改訂



2015/4/21 発売

22.眩惑夫人


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
夫・健吉とのマンネリ化した夫婦生活に倦怠感を覚えていた妙子は、夫の仕事仲間でもある新進の建築デザイナー・矢野伸介に、その熟れた肉体を委ねてしまう。伸介は、その悪魔めいたエネルギーとアブノーマルな性癖で妙子を馴致するが―。不倫、その切ない響きと見果てぬ肉の幻想に誘われ、出口のない迷路へと堕ちてゆく美貌の人妻。倒錯文学の巨人・千草忠夫、入魂の問題作。

2002年同作(アップル・ノベルズ)の改訂



2015/5/21 発売

23.辱しめないで


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
夫が海外赴任中の清楚で気品あふれる美夫人・香代はお茶会の帰りの銀座で、誰とも知れない男たちに誘拐された。目隠しをされて縛られ、初めての性戯に羞恥の極に突き落とされつつ、熟れきった体の秘芯は男を咥えて甘美な痙攣を繰り返す。美貌の下には男を楽しませるために作られた淫蕩な肉体が眠っていたのだ。一ヵ月後、再度の誘いを断った香代の家に男たちが押しかけてきた。何も知らない高校に入ったばかりの愛娘・弓子の前で、また魔の刻がはじまった…。母娘責めの第一人者が描く羞恥と凌辱の阿鼻叫喚絵図!!

1995年の『【定本】辱めないで-田園調布夫人』(マドンナメイト文庫)の改訂、改題



2015/6/20 発売

24.令嬢狩り-処刑人〈上〉


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
中学時代、心身ともに傷つけられた男・石井が復讐鬼となって帰ってきた。 美貌の女医・貴子と愛娘・ひとみを突然襲う凌辱の牙。暗い地下室で果てしない責めに抗いながらも倒錯の悦びに目覚めていく母娘……。極彩色のピカレスク・ポルノ全2巻。バイオレンス色の濃厚な問題作です。

底本は『令嬢狩り-処刑人X(1)』(2004年、アップル・ノベルズ)



2015/7/18 発売

25.美畜母娘-復讐の檻〈下〉


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
石井太は中学の時、同級生によるイジメで片眼を失いインポになった。それから二十数年、闇の世界を構築した太は双子の息子・一馬と竜馬とともに復讐にのりだす。最初の標的は、いじめに手を貸した未亡人女医の貴子とその愛娘ひとみ。この母娘を誘拐監禁して全裸緊縛・破瓜・凌辱・アヌス開眼で性奴へと堕としていく。次の標的は首謀者たる院長の大里浩一郎。謎の美女・美鈴を使って誘い出し、香代子夫人と高三の娘・亜矢もたくみに拉致する。獣欲たちこめる拷問部屋で熟女と女になり初めた美少女の赤い慟哭が…。鬼才のピカレスク・ポルノ完結篇!

底本は『母娘穢す-処刑人X(2)』(2004年、アップル・ノベルズ)



2015/8/21 発売

26.教師玩弄-新・美肉の冥府1


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
高校の英語教師・円地槇子は懸親会の夜、PTA会長の佐原周造に処女を奪われ写真まで撮られた。息子で担任の雄一が下級生・眉子を輪姦したことの口封じのためだった。傷ついた槇子は以前から求愛されていた国語教師の工藤丈士に体を与えてしまう。だが弱みを握られた槇子の煮え切らない態度に、丈士は友人のヨガ教師・唐沢竜也に助けを求めるが、彼の嗜虐的な女体篭絡ぶりを見て征服欲を滾らすのだった。一方、周造の秘密部屋「阿房宮」に連れ込まれ様々な弄辱を受けた槇子はマゾ体質に目覚めていく…。SM小説の新時代を拓く悪魔的ヒーロー登場!

底本は1999年の『聖囚の檻-新美肉の冥府〈上巻〉』(エクセルノベルズ)
あるいは1985年の『女教師・槙子(新美肉の冥府シリーズ1)』(日本出版社)



2015/9/19 発売

27.美囚交歓-新・美肉の冥府2


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
高校教師・円地槇子はPTA会長の佐原周造に処女を奪われ写真を撮られてしまった。息子で担任の雄一が下級生の眉子を輪姦したことの口封じのためだった。傷ついた槇子は以前から求愛されていた同僚の工藤丈士に体を与えてしまう。だが槇子の煮え切らない態度に、丈士は友人のヨガ教師・唐沢竜也に助けを求めるが、彼の嗜虐的な女体篭絡術を見せられ征服欲を滾らすのだった。一方、周造の秘密部屋「阿房宮」で父親と槇子の情事を盗み見た雄一は自分の女となった眉子とのスワップを父親にもちかける。教え子に犯された槇子は…。巨匠執着の問題作!

底本は1999年の『傀儡-新美肉の冥府〈下巻〉』(エクセルノベルズ)
あるいは1985年の『女高生・眉子(新美肉の冥府シリーズ2)』(日本出版社)



2015/10/21 発売

28.母娘競艶-新・美肉の冥府3


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
高校教師・円地槇子はPTA会長の佐原周造に凌辱され、その快感に目覚めさせられる。秘密部屋「阿房宮」で父親と担任教師との過激な情事を覗き見た息子の雄一は、父親に自分の女で高2の眉子とのスワップを提案する。教え子に犯された槇子は鬼畜父子の性奴隷に堕ちて行く。一方、槇子の婚約者・工藤丈士は槇子の不審な態度に、親友でヨガ教師の唐沢竜也に助けを求めるが、竜也の嗜虐的な女体篭絡術に感化され、槇子を責め嬲って問い詰める。真実を知った二人は、佐藤一家への復讐を誓う。生贄は芙美子夫人と娘のめぐみ…巨匠執着の問題作完結!!



2015/11/21 発売

29.美獣


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
菅田なをは一流銀行の重役夫人だ。抜きん出た美貌と気品に恵まれているが、欲求不満の解消法が老舗デパートでの万引きだった。瞬間、体が燃え、濡れた股間をエクスタシーが貫く。だが元刑事である警備員の岩村伍一に捕まって、特別な取調室という一軒家に拉致監禁されてしまう。そこは岩村の自宅で、先に補導された高校生のさゆりが同居し、夜ともなると不良少年たちの溜まり場になっていた。なをは縛られ、辱められ、初めて知る被虐の快楽にあらがいつつも汚辱に酔い、溺れていく。さらに連れ込まれた美少女・幸子と岩村との宿命の出会いが…。鬼才渾身のハードロマン!!

底本は1994年の『蛇蠍〈だかつ〉』(アップル・ノベルズ)のようで。



※著者紹介および各作品のあらすじは公式サイトまたはAmazonより引用。
※あらすじの一部に不適切な表現が含まれる場合は適宜変更しています。
関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : ベストセラーズ文庫 千草忠夫

カラダ・スイッチ(著:まりぴょん、アクションコミックス)

2008/9/27 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。<電子コミック>
DMM.comはコチラから。<レンタル>

エロ本専門店に行ったら、店番にはいつもと違ってキレイなお姉さんがいた。その後のことをボクはよく覚えていない。「Hな本屋のお姉さん」を始め、夜のオフィスで、海辺で、台所で、クーラーのない部屋でと、バリエーションも豊富にドキドキのライトエッチ・コミック11本を収録!!(引用元:Amazon)


★★★★★ 続きが読みたくなる秀逸なラヴストーリーばかり, 2009/6/29
全11話の短編集だが、第一印象は話の展開が上手いなと思ったこと。次から次へとそう感じる作品ばかりで、結局最後までこの印象が揺らがなかった。全話で巧みなショートストーリーを楽しむことができる。もちろんラヴである。

つまり、小粋な恋愛物語を実に心地よく堪能できる作品ということ。過度にベタベタしておらず、さり気なくアプローチしているのになかなか気付かないニブチンな主人公に若干業を煮やしつつもさらっと告白したり、主人公が女友達と話し込んでいるのを見て嫉妬してみたり、軽い挑発で主人公の本当の気持ちを吐き出させたりと可愛らしいヒロインが多いのも好印象。

主人公の方も、友人の姉や兄貴の恋人、さらには従妹に兄嫁といったちょっぴり背徳感のある相手を好きになったりして楽しませてくれる。

どの作品も短編のまま終わるのが勿体なく、せめて前後編でもいいから続きが読みたいと思った。ややソフトな画風で、情交シーンもさほど激しいものではないが、充実したラヴストーリーとして楽しめる作品である。
『カラダ・スイッチ』のレビュー掲載元


勝手な推測ながら、まりぴょん先生の作品を代表して矢面に立つことも多く、よく見かける表紙カバーイラストではないでしょうか。(*^^*)

それだけの内容でして、どの話もイイ感じで胸キュン気分が味わえていいナァ~!といった印象でしたよ。

作画もイイ感じ。(^^)

まりぴょん
関連記事

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : まりぴょん

美獣三重奏-未亡人と二人の美娘(著:田沼淳一、フランス書院文庫)

2008/12/22 発売

美獣三重奏-未亡人と二人の美娘

著:田沼淳一フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

「結莉ちゃん、奈月ちゃん、ご、めん、ね……ああっ」
未亡人の肉孔をミシミシとこじ開ける張りつめた亀頭。
空閨に突き込まれるたび、口唇からは悦楽の嗚咽が……
美女だらけの家で無軌道に暴走をはじめる一匹の狂犬。
愛娘の部屋で、玄関で、亡き夫と過ごした夫婦の寝室で、
15歳と16歳、二人の娘とともに、由起は美しき牝獣へ!
(引用元:Amazon)


★★★★★ 背徳的な「堕とし」に甘い成分を塗した絶妙な作品, 2009/6/28
全体的な作風こそ背徳的で強引な「堕とし」の展開だが、これに何とも甘いコーティングを施した特異な雰囲気を醸す作品である。田沼作品らしいワルさを見せる主人公だが、深い愛情と顛末後の覚悟も責任も持ち合わす一面も同胞している。

予想だにしない展開を主人公が導き、それに困惑して拒むものの翻弄され、メロメロにされ、かしずかされ、そして最後にはうっとり幸せ気分にさせられてしまうヒロイン達にあって、そのメインはズバリ母。主人公の彼女の母である。

この母を籠絡する前提として、彼女である娘(姉)は最初から堕ちており、真面目な娘の牝な痴態を母が覗き見てしまうところから物語が始まる。驚きながらも疼き出した母が抗えず扉越しに自ら慰めて絶頂を極めるまでが全体の約1/3。ここまでをじっくりねっとりしつこいくらいに描写しているが、まだこれは序章に過ぎない。続く母へのアプローチから本懐を遂げるまでに同じく1/3くらいかけて、困惑して抗おうとする理性と愉悦を覚えてしまう感性とがひしめき合いぶつかり合う母の心境と、その絶世の美貌と超絶な魅力に屈伏しそうになりながらも負けずに母をモノにしていく主人公の責めが繰り返し綴られる。遂に合体を果たした時の興奮はかなりのものである。

そしてもう1人の、素直じゃない娘(妹)も瞬く間にモノにしてしまう。これも妹が内心主人公に惹かれているのを巧みに利用してはいるのだが、その無垢な可憐さを賛美もする主人公である。

ただ、最後に至って急に今までの歪んだ愛の行為を消し去るかのような心暖まるドラマ展開を迎えるのが、違和感ととるか静かな感動ととるか、好みが分かれるかもしれない。しかし、凌辱一辺倒ではない、実に作者らしい独特の愛欲絵巻を(田沼作品としては)ライトに仕上げた作品ではなかろうか。
『美獣三重奏-未亡人と二人の美娘』のレビュー掲載元


虐待気味にイジめられていたヘタレな少年主人公が逆襲的にヒロインを襲う相姦凌辱のテイストが多かった印象のデビュー当時に比べると、「この女を俺のモノにしてやる」感じにギラギラしているのは変わりませんが、表出する主人公のキャラは随分と変化してきたな~と個人的には感じた作品ですね。

しかし、まぁ、序盤からねっちりした愛撫をメインとする官能描写の濃密なこと!



Junpei F. さんのブログで本作が紹介されています。
彼女の美熟母を恋人にするという倒錯感あふれる、“彼女の母”ものの決定版。 「美獣三重奏―未亡人と二人の美娘」(田沼 淳一) - 人妻官能小説の紹介・感想・レビュー!





合体に至るまでは割とページを費やす田沼作品ですが、代わりに本作でも挿入寸前のギリな描写で女の愉悦を増幅させ、遂には陥落へと導くまでがすんごくいやらしいですわ!w

これはもぅ田沼先生にしか描けない世界なのかな、と思ってみたり。





関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 田沼淳一

うちの嫁(著:霧原一輝、二見文庫)

2009/5/25 発売

うちの嫁

著:霧原一輝二見文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

家長とその息子たち、という男ばかりの家の長男・伸也の妻として嫁いできた和美。そのうえ、夫である伸也は、出張で留守にしていることが多かった。若い女性の同居で受験勉強に身が入らない三男、未だに「男」を捨てきれず、若い夫婦の寝室を覗く舅……危険がいっぱいの竹内家で、果たして貞操は守られるのか……俊英による書き下ろしエンターテインメント小説!(引用元:Amazon)


★★★★★ 家族内の紅一点が狙われる, 2009/6/24
【竹内和美】
ヒロイン。27歳。家族の男達全員から迫られるお嫁さん。最初は拒むが次第に豹変して自ら妖艶におねだりしてしまう本性の持ち主。清楚でお淑やかな容姿とのギャップで男達を虜にしてしまう小悪魔的側面がある。そして結末では本当に小悪魔だったことが判る。

【竹内達夫】
和美の義父。53歳。威厳のある父親風情だが、和美と三男との情交を覗き見て和美を詰問、脅迫まがいに迫り合体(この時の理屈が身勝手で笑える)、その後も肉体関係を続ける。それ以前に長男と和美の交わりを覗いたり、三男から和美を横取りしたり、緊縛したりと結構やりたい放題。父という立場からすると何だかとってもダメな人に見えてくる。

【竹内伸也】
28歳の長男。和美の夫。出張で不在がちの夫という王道的設定。和美との夜の営みを達夫が覗き見たことから物語が始まる。

【竹内健二】
25歳の次男。アルバイトやバンド活動に精を出すフリーな人。普段は家に寄りつかないのに終盤にやって来て和美に荒っぽく襲い掛かる。

【竹内智己】
19歳の三男。予備校生。和美に最初に襲い掛かる人物。凌辱気味に迫るが、智己の境遇への同情と夫不在の淋しさから逆に包み込まれて筆下ろししてもらう。その後も関係が続いたが達夫に横取りされる。

狙われるヒロイン・覗き・凌辱・誘惑・緊縛といった相反する要素を満たす設定が本作の良さを決定づけている。智己には年上の優位を見せつけて艶めかしく、達夫とは老練な手管に翻弄されて健気にと、相手によって変わるのも実にいやらしくて良い。達夫視点での寝取られ描写もあるが、「お父さん、自分を棚に上げて何憤ってるの」という感じなので(寝取られスキーな方々には物足りないかもしれないが)地雷な諸兄には丁度良いくらいだと思う。欲を言えば和美の本性が判ってから男達全員で和美を責め立てる逆ハーレムな4P(伸也も加えて5P?)があっても良かったかも。あまり多くない頁数にきっちり纏めた良作である。
『うちの嫁』のレビュー掲載元


DSKの場合、レビューの書き方として官能小説ならばフツーに文章で始める時もあれば途中で登場人物の紹介を入れる時もあります。そして、本作のように最初から人物紹介を主とした書き方をする時も稀ですがありますね。

こうした書き方に定義は特にありません。

なんとなぁ~く書き始めていったらこうなった、ということの方が多いです。

ですから、書き始めたら当初の思惑とは違った方向に進んだとか、登場人物から思わぬセリフが飛び出してきて方向が少し変わったとか、そういった、書いていく途中で生じたことに触発されて文面が変化していくことを作家先生方が仰るのは何となくですが解ります。レビューでも書き終えてみたらなぁ~んか最初にイメージしたのと違うなぁ、でも、書きたいことは盛り込まれてるからまぁいいっか。ってのはありますもの。(^^;)



そんなレビューに関しては、おそらく作品の中で目立っている要素が書き方が無意識に決められているのでしょう。

物語が重視された(ように感じた)作品はストーリーを追う感じでレビューも書き、人物が目立っていれば人物紹介も盛り込む。そして、本作のようにメインヒロインを取り巻く人物との関係を主軸とした作品になると人物をメインにしつつヒロインとの繋がりを入れていく……そんな感じですかねぇ。(^^;)ジブンデモヨーワカラン



さて本作ですが、あらすじを読んだ時点でツボだと思いました。(笑)

しかも、舅に夫の弟2人といった家族の野郎ども全員から狙われる嫁だなんて、官能小説としては「まぁ、なんということでしょう」と言いたくなるくらい素敵な構成ではありませんか!www



そして、読んでみたら、これがまぁことごとく自分好み。(*^^*)



下の弟に襲われつつも次第に自分から誘惑し始めたかと思えば舅の老練な手管には翻弄され、最後は上の弟からも荒々しく責められる……う~ん、素晴らしい!

雑多な要素をそれぞれに活かした幅広い官能描写を描きながらも全体としては纏まっていて凄く良かったですし、これはさすがと唸ってしまいました。ですからレビューもちょっぴり趣向を凝らして記したつもりです。



それだけ霧原作品の中でも印象深かった一冊ということですね。(^^)





関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 二見文庫 霧原一輝

クレマチス(著:八月薫、Xコミックス)

1999/7/30 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。<12分割の電子コミック>
DMM.R18はコチラから。<電子コミック>

妖艶な描線で描かれる八月薫の傑作短編集。少女が痴漢にあった体験をバーチャルに再現される……「乙女度調査委員会」。新任女教師が生徒達の筆おろしの相手として輪姦される……「めだかの学校」。毎晩風呂場でオナニーしていた隣のお姉さんだが、ある日覗いているのが見つかって……「隣のお姉さん」他、傑作短編収録!(引用元:DMM.R18)


★★★★☆ 最近の作風に近づきつつある転換点的作品, 2009/6/22
初期の少女漫画チックな画風から孤高とも言える現在のものへ変わりつつある全12編である。この世界(業界)の慣習により(当時の)新しい作品から順に掲載されているようなので、後ろにいくに従ってお目々パッチリな画風となっていく。

さすがに12編も収録されているので作風はバラエティ豊か。凌辱や緊縛のハードなものからラヴたっぷりの甘いストーリーまで幅広い。そして年上お姉さんや熟女といったキャラが数作に出てくるが、これがまた相変わらずの美麗さと妖艶さを兼ね備えた実に「綺麗なお姉さん」で艶っぽい彩りを添えている。

ここ最近の大人ヒロイン路線からするとちょっとした驚きかもしれないが、本作のあとがきで『最近、人妻モノを描きました』なんて書いてあるのを見ると何とも微笑ましい感じさえしてしまう。
『クレマチス』のレビュー掲載元


今から思えば、1999年の時点ではありますが『最近、人妻モノを描きました』というのはちょっと驚きですよね~。

だって、最初から人妻を描いてると思いません?(^^;)

イメージが固定するには相応に時間も必要なのでしょうけれども、固まるとそれが当たり前と思ってしまいますから重要でもあり、同時にコワいところでもある……そんな気がしますねぇ~。



でも、まぁ、しかし、綺麗なお姉さんはイイなぁw

いくつになっても綺麗なお姉さんに憧れる気持ちは消えないなぁww

というか、自分の精神年齢から見た綺麗なお姉さんなんだろうなぁwww

八月薫
関連記事

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 八月薫

ブログ紹介『早瀬真人の崖っぷち日記』

早瀬真人先生にご快諾いただき、ブログへのリンクをさせていただくことになりました!

ありがとうございました!

新作の紹介や自著解説もされているブログですから皆さんも是非訪れてみてくださいませませ~!



早瀬真人の崖っぷち日記
http://mahito1.blog41.fc2.com





★ 絶賛発売中の最新作 ★

2014/10/14 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
男好きのする、むっちりした肉体。豊満な乳房と盛り上がったお尻……。欲望に負けてしまった弟はついに姉の淫らな下着を手に取り……やや面長で上品な美貌と丸みを帯びた肉体――前に突き出したバストとハチのように括れたウエスト。春彦は姉の奈津実に狂おしいまでの愛情を抱いていた。ある夜、どうしても欲望を抑えきれず、姉の下着を盗み出し自慰に耽っていると、当の姉に見つかってしまい……。



☆ 来月発売の新作 ☆

◆熟れごろ女系家族 2014/11/9 発売
Amazonはコチラから。
いけないお犬ちゃんね。そんなに舐めたいの?体力だけが自慢の営業マン、矢口賢次は猛アタックの末、可憐な短大生、里村真美といい仲になった。だが彼女は旧家の箱入り娘。まずは二人の婚約を認めてもらうべく、里村家を訪れたのだが…。そこには未亡人でまだ38歳の母親、奈緒子、その妹でバツイチの八重子33歳、一番下の妹で人妻の結美子28歳、といういずれも気の強い美貌の熟女たちが待ち構えていて…。賢次は策略を張り巡らし、行く手を阻む妖美な完熟三姉妹を一人ずつ堕としていく……。



拙ブログで紹介している早瀬作品はコチラで一覧表示されています。
索引 - 官能小説 【は行】



早瀬先生、今後ともよろしくお願い申し上げます!m(_ _;)m

早瀬真人
関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 早瀬真人

音楽室の女教師-放課後の甘く危険な旋律(著:天崎僚介、フランス書院文庫)

2014/6/23 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

「硬くて熱いわ……苦しいのね、先生が手でしてあげる」
いつもは鍵盤を弾く白い指で少年の肉茎をしごく詩織。
優しいけどセックスだけはさせてくれない音楽教師。
教育実習生・里奈の登場で27歳の胸中に嫉妬の炎が生まれ……
鍵のかかった音楽室、放課後の特別レッスンが始まる!
膨らんだ青い欲望すべてを叶えてくれる僕だけの先生!
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 新人さんのデビュー作ならば上出来な官能面の濃さ, 2014/10/5
端的に申せば新人さんらしからぬ濃密な官能の場面と描写が盛り込まれた作品である。メインとサブに分けた3人ヒロインの取り扱いも悪くなく、情をこそ交えるもののサブはサブとしての立ち位置を明確にすることでメインを持ち上げつつ主人公の想いも尊重する振る舞いを見せている。奥ゆかしく生真面目なメインは主人公の誘いになかなか乗らず、終盤まで堕ちないところを埋める前半の活躍もある。とりわけサブの1人は性に奔放で積極的なのである。こうした全体の構成はなかなかのものと言わねばならず、何よりサブも含めた大半の情交が校内で行われるいやらしさがあった。

話の本線となるメインの音楽教師と生徒たる主人公との関係については、音楽教師が見せる抵抗に含まれる意味合いに恥じらいと拒絶の2種類がある中、若干だが主人公の引き際の悪さを感じることが時折あった。リアルな男女のやり取りとしては現実味こそあるものの、このバランスを欠くと鼻につく主人公と写り兼ねない。終盤で観念した音楽教師が堕ちてからの淫らギャップは出ていて良かった。

全員勢揃いとなってからの4P的な情交クライマックスも、それ自体は申し分ないのだが、エピローグが単なる続きとなっていたのは少々勿体ない。サブ2人とは元より時限付きの関係との理由があったので、これを活かして最後はメインの2人によるエスカレートした「その後」を盛り込んだ方が愛情物語としての深みが増したかもしれない。
『音楽室の女教師-放課後の甘く危険な旋律』のレビュー掲載元


デビュー作としては官能場面も多かったですし、何よりそのほとんどが校内といういやらしさもありましたし、最終的には主人公の想いも成就されるというストーリーも良かったと感じましたね。

レビューではいろいろと重箱の隅も突いてますが(^^;)、全体を通した印象は全然悪くなかったです。



天崎僚介……その御名前、しかと覚えましたゾ!



次もまた同系統の誘惑路線を続けるのか、それとも本作で見せた羞恥のテイストを活かした凌辱路線へと幅を広げるのか、次作以降の動きにも注目したいと思います。



にゃらさんのブログで紹介されている本作の記事はコチラ。
天崎僚介「音楽室の女教師 放課後の甘く危険な旋律」(フランス書院文庫、2014年6月、表紙イラスト:喜多啓介)ネタバレ有り。御注意下さい。【あらすじ】1年前に音楽教師として赴任して来た詩織に淡い想いを抱き、放課後にピアノレッスンを受ける順。そんな中彼女の後輩で教育実習生の里奈から誘惑され、転校間近のクラスメイトの結衣から告白され、三股を掛ける事に。【登場人物】佐伯順峰星高校に通う2年生の少年で医師を志し...
天崎僚介「音楽室の女教師 放課後の甘く危険な旋律」

愛好家Sさんのブログでも本作が紹介されています。
4014『音楽室の女教師 放課後の甘く危険な旋律』天崎僚介、フランス書院/フランス書院文庫、2014/06 発売●あらすじ意中の女教師と性的戯れをする関係にまでなった少年が、教育実習生に初体験させてもらい、転校前の思い出が欲しいと恋の告白をしてきた美少女と関係を持ち、最後までさせてくれなかった女教師とも結ばれる事になる。●登場人物【佐伯順】童貞。峰星高校二年。結衣のクラスメイト。ピアノ部所属。医者の一人息子でち...
4014『音楽室の女教師 放課後の甘く危険な旋律』





ラストの部分について軽~くネタばれしつつ補足してますから、読んでも別に構わない方は↓の「続きを読む」をクリック!(^^)





天崎僚介 フランス書院文庫

続きを読む

関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 天崎僚介

タブー-禁じられた隣人たち(著:相馬哲生、フランス書院文庫)

2005/2/23 発売

タブー-禁じられた隣人たち

著:相馬哲生フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

「わたしたち、誰かに見つかったら破滅ね」
細い腕を回し、若妻は男の首に強くしがみついた。
重たげな乳房がつぶれ、甘い吐息がこぼれる。
隣家の人妻と密通し、白昼の寝室で重ねる肉交。
弥生、美菜、さやか、深雪、琴乃、瑞穂……
禁忌【タブー】の魔罠に堕ちた六人の女たち!
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 主人公が辿る6人の女性遍歴だが、ちとモテ過ぎ?, 2009/6/21
オムニバス形式の全6章、各章で1人ずつヒロインと情交を重ねる主人公【山崎】の女性遍歴である。

【第1章 三回忌の夜に】 未亡人・弥生 32歳
未亡人と三回忌の夜に結ばれる話。よりによってそんな日に、と思うが誘うのは弥生からである。親友の妻だからと諫めてきた山崎に対して、夫の死後も続く助力への感謝と独り身の淋しさが弾け、貞淑さを残しながらも貪欲に求めてしまう弥生である。

【第2章 侵入者・白昼の寝室】 隣りの若妻・美菜 26歳
白昼の不倫劇。優しく接してくれる山崎への憧憬と日頃の欲求不満に秘密の共有が上乗せされた背徳感は前話と若干似ているが、年下の瑞々しさと初々しさで違いが出ている。

【第3章 セーラー服痴漢飼育】 女子高生・さやか 16歳
人妻とは反対隣に住み「おじさま」と慕う女子高生。後の相馬作品でもよく見られる設定だが、それにしても山崎モテ過ぎ。さやかは山崎に「初めて」を捧げた後、毎朝電車内で(自ら望んで)痴漢調教されている。

【第4章 禁じられた教壇】 娘の担任教師・深雪 25歳
山崎の出来過ぎ物語はまだ続く。清楚な深雪先生なのに即堕ち。そして山崎が深雪先生に少しイレ込んでしまい不倫関係が継続する。先生、軽い奴隷状態。

【第5章 初めての失神】 令嬢・琴乃 20歳
パーティーで知り合った社長令嬢は山崎に一目惚れである。山崎はこの琴乃とも関係を続け、野外露出プレイまでしている。激しい羞恥を覚える琴乃だがまんざらでもない様子。

【第6章 今夜だけは狂いたい】 熟夫人・瑞穂 38歳
この社長夫人もほぼ一目惚れ。「どんだけいい思いしてんだ、山崎」との呆れツッコミを禁じ得ないが、この夫人に対しては山崎から意識的に近づいている。貞淑で少しウブな夫人が山崎の優しい手管に惚けていく様は妖艶である。

この山崎を主人公にした物語は、次の作品『五つの大罪(タブー)-禁断の贈りもの』や、さらに次の『隣人の妻-六つの禁断寝室』でも見られる。
『タブー-禁じられた隣人たち』のレビュー掲載元


相馬哲生先生のデビュー作ですが、後に続く6章立ての6分割構成が既に見られます。

ただ、何より特徴的なのは主人公の山崎でしょう。

同一人物と思われる山崎が次作と次々作にも登場します。



要するに、おそらくは三部作。



ここでふと思ったのですが、こういう場合の主人公の名字に作者ご自身の本名を付けることはありますかね。

つまり、この主人公は自分なのだと作者と編集者だけが知っている、みたいな。

実質的な私小説、みたいな……。



自分ならナイなぁ~!(笑)

何より自分自身のことなんて恥ずかしくて書けん!

フィクションだとしてもこっ恥ずかし過ぎますわ~!



◆関連作品
2005/6/23 発売

五つの大罪(タブー)-禁断の贈りもの


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
「あなたと一緒に、溺れてしまいたいの……」
貞淑なはずの若妻が上になり、自ら腰を遣う。
男は乳房を持ちあげ、形が変わるほど揉みしだく。
部下の妻と密通し、夫婦の閨房で重ねるタブー。
麻衣子、綾、梨恵、真奈美、布由子……
危険を覚悟で女たちが捧げた――五つの誘惑!
(引用元:Amazon)



2005/10/24 発売

隣人〈ひと〉の妻-六つの禁断寝室


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
「ああ、だめ……私、おかしくなっちゃいそうっ」
対面座位で繋がりながら、人妻は歓喜の涙をこぼした。
夫を裏切って、尊敬する上司と入った週末のホテル。
最初で最後と思うほど、刹那の肉交に溺れる25歳。
祐理恵、保奈美、紗奈絵、康恵、さゆり、布由子……
他人(ひと)の妻(もの)は、危険な蜜の味がする。
(引用元:Amazon)



「山崎」が再び登場する2作目と3作目ですけど、あらすじの書き方も含めて3作連続で共通性を感じるのはもはや確信犯ですね。(^^;)




関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 相馬哲生

放課後☆エンジェル(著:八月薫、Xコミックス)

1994/12/31 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。<9分割の電子コミック>
DMM.R18はコチラから。<電子コミック>

リアリティある絵からエロスが香り立つ八月薫の傑作短編集上巻。家の事情で風俗で働くことになった友子だが、実は処女で…「ニード・ユア・ラブ」。憧れていた保健の先生に保健室で襲いかかる…「カプリチオ」。お嬢様と使用人の青年は、野外で密会し…「甘いアザレア」他、短編多数収録!(引用元:DMM.R18)


★★★★☆ 少女漫画チックな美麗画風がストーリーとのミスマッチを生み出す, 2009/6/19
女性向けコミックに描かれたのではと思わせる細い筆致の華奢な学生ヒロインが多数出てくる中に妖艶な保健の先生や、もっと妖艶な寮長さんが彩りを添える作品(全8編)である。ラヴでハッピーな結末が多い。

【ニード・ユア・ラブ】
借金返済のために風俗で働くというヒロイン(生娘)が、ひとまず友人の兄に「女」にしてもらう話。急展開の面白いオチだが借金問題は何一つ解決していない。

【Desire】
女子高生2人の百合気味作品。1人が先生とデキていて保健室での濃密な情交をもう1人が覗き見て昂る展開。

【カプリチオ】
美人でクールな保健教諭に恋慕する高校生の話。バツイチという噂には別の理由があって切ない描写も加えながら心地よいラストを迎える。

【甘いアザレア】
お嬢様と下男(馬の飼育係)とのロマンスという欧風テイストな作品。結婚前日の密戯が描かれている。

【ナタデココ】
学園モノらしい恋愛要素を散りばめながら結ばれて恋仲となる幼馴染みの話。お互いの軽い嫉妬を内包した、少しだけ挑発的な会話が微笑ましい。

【だって好きって言ってるじゃん!】
軽薄な彼氏が抱いてくれない理由が微笑ましい作品。自棄になったヒロインが他の男に誘われてホテルに連れ込まれるのを「偶然」見ていた主人公が男ながら可愛らしい。頁数が少し多いせいか2段階の山場がある。

【トップ・シークレット】
彼女の部屋(女子寮)に忍び込んでの密戯が寮長さんにバレるオチなのだが、これがまた実に勿体ない終わり方である。これは前後編にして是非とも妖艶な寮長さんのお姿を後編で拝見したかった作品。

【シークレシィ】
完全な百合作品。1人がやや消極的なのだが片方が引っ越してしまうことを知ってタガを外す展開である。なぜか校舎裏みたいな場所の、しかも外で落ち葉にまみれて私服同士なので、よくよく考えてみると「あなた達なかなか大胆ね」という変わった設定だったりする。
『放課後☆エンジェル』のレビュー掲載元


拙ブログの各投稿記事(先頭)にある表紙の画像は基本的にAmazonから引用しますが、この作品のように旧作だと時折小さな画像だったりします。

そんな時はDSKのおせっかいスイッチが入って(笑)、大きな画像を探してきてはUPすることもあるのですが、ナゼか成年コミック(18禁)では画像のUPが許されていないこともあり、本作も該当していました。

なので、小さな画像表示のままで申し訳なくもありますが、この小さな画像、よく見たら自分がUPしてた。(汗)



そして、1つ訂正があります。

以前に『汁〈つゆ〉だくお姉さま』(著:さかき栞、富士見コミックス)という作品を紹介した際に、『収録されている全編に一言コメントするスタイルでレビューを記したのは本作が最初で最後じゃないですかね』などと調子こいていましたが、本作のレビューも全8編に一言コメントの形式でした。(大汗)

し、失礼をば。(^^;)





八月薫
関連記事

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 八月薫

ごほうび…あげる(著:常盤準、廣済堂文庫)

2014/7/17 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

大学受験に失敗した拓実は、東京の予備校に通うために叔母の家に下宿することになった。家には従姉妹の志穂と夏穂の美人姉妹がいた。女子大生の夏穂が家庭教師をしてくれることになったが、課題をクリアするとキス、ボディタッチと褒美がエスカレートしていき…。傑作青春官能ロマン!(引用元:Amazon)


★★★★☆ ごほうび過ぎて受験勉強どころではない主人公, 2014/10/1
大学受験のために上京した浪人生主人公が居候するのは伯母(父親の姉)の家。そこの娘姉妹(従姉妹)との関わりが本線となる作品である。その妹の方が家庭教師を勤めるにあたり、勉強を頑張ったら「ごほうび」がいただける展開である。

【志穂】 娘姉妹の姉でOLの27際。おっとりして奥手な性格。結婚間近の彼氏アリ。
【夏穂】 娘姉妹の妹で大学生の21際。積極的で奔放な性格。主人公包囲網の中心。
【優美香】夏穂の後輩で主人公と同年齢となる大学1年生(19際)。
【文代】 隣に住む36際の人妻。息子アリ。夫は仕事で帰りが遅い。

ヒロインは4人もの大所帯だが、家庭教師として接する夏穂が中心的存在であり、とりわけ前半は夏穂がメインかのような出番の多さである。元より幼い頃からの知己であり、憎からず想っていることもあって、勉強の「ごほうび」をダシに主人公を誘惑し、関係を結ぶまでがじっくり描かれている。表面的な態度と心の奥底では異なる欲求があることを仄めかし、軽く抵抗するような素振りを見せながらも感じ始めれば大胆にもなっていく「女の二面性」みたいなものを官能面の軸としているようであり、他のヒロイン達にも同様の言動が見られる。

夏穂や優美香といったハタチ前後の若いヒロインには建て前よりも本音が前面に出てくる積極さを演出しながら、志穂や文代といった社会人のお姉さんでは逆に彼氏や夫の存在からの憂いや葛藤といった面を先に出し、それでも昂ってしまえば抗えないギャップを見せているのはさすがの巧みさだと言える。前半こそ夏穂との関係の進展を盛り込んだことで官能面が若干弱かった印象だが、他のヒロインとも絡み始める後半では「ごほうび」の存在が薄れていく一方、情交に次ぐ情交のいやらしさが最後まで続いている。

シチュエーションやプレイそのものではなく、欲情した際の積極性が次第にエスカレートしていくヒロイン達の淫猥さが全面に描かれた作品であり、この乱れた姿が本作の肝でもあるのだが、優美香は居ても居なくてもよかったかな?と思えることと、物語として得るものが希薄に写ることで、見方によっては「単にヤリ捲ってるだけの小説?」といった印象にもなり兼ねない点が少々惜しまれるところか。
『ごほうび…あげる』のレビュー掲載元


年上お姉さんが家庭教師となって、成績が良くなったらご褒美 あ・げ・る という王道の設定を常盤先生がどのように仕上げるか楽しみでしたが、次第にエスカレートしていく方向を主軸にしたようであります。

その家庭教師役は従姉の夏穂なのですが、感じ方や昂り方が少しずつ積極的になっていく、そのちょっとした変化が良かったです。(^^)

ただ、ちょっぴり残念だったのは、ここ最近の常盤作品ではクライマックスで趣向を凝らした3Pが見られて面白かったのですが、それが無かったことですかね。

常盤準 廣済堂文庫
関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 廣済堂文庫 常盤準

美人寮母は人妻-猥褻社員寮(著:内藤みか、マドンナメイト文庫)

2002/4/18 発売

美人寮母は人妻-猥褻社員寮

著:内藤みかマドンナメイト文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

丸菱ドリンク社員寮の寮母を務めることになった27歳の人妻・朋実を待ち受けるさまざまな猥褻事件。チカン行為、下着泥棒、オナニー盗撮、そしてバイブ…若い雄の抑えきれない肉欲が、若い女の匂いに刺激され、堰を切ったように朋実の体に襲いかかる。(引用元:Amazon)


★★★★☆ 狙われる人妻寮母, 2009/6/18
社員寮の新しい寮母さんとしてバイトすることになった人妻ヒロインが寮の男達から狙われる話。いたって真面目なヒロインなのだが本人も意識せぬままに周りの男を惹き付けてしまう展開である。

迫るのは初老の管理人に寮の社員が4人。このうち新入社員1人だけが恋慕の情を抱く。複数人プレイは無い。突然現れた27歳の人妻寮母に戸惑う社員達だが、次第に打ち解けていく中で狙われ始める。

ただ、前半はギリギリで振り切ったり助けられたりする「寸止め」が多いので結構焦らされる。ヒロインもボディタッチが続いたりして内心昂ぶっていたところを別の社員に襲われ、中盤でとうとう貞操を奪われてしまうのだが、今回も最後まではいかんわな、なんて思いながら読んでいたので、合体にまで至った時は結構「おぉ」と来るものがあった。

後半は、全てを覗き見しながら盗撮していた寮長が満を持しての姦計によりヒロインを監禁するのだが、これが消化不良気味に途中で見つかってしまうのが少々残念。これで一応の決着が着いて、最後は新入社員の想いに応える形で筆下ろしをしてあげるヒロインである。ここでようやく心の通った情交となり、これが後日誰もいなくなった後の新入社員の部屋で再び密戯として繰り返されるエピローグに繋がっていて良かった。ただ、この関係がこれからも続くような終わり方はしていない。

全体的に見ると、女流作家らしくヒロインの心情は比較的きちんと描かれているのに対して、男達の迫り方が全部ヒロインが誘っているかのような理由付けになっていて違和感を少し覚えた。そんな誘うようなことは何一つしていないのにそう思われてしまうことを描き出そうとしたものと思われるが、ヒロインの真面目な部分の描写に比べて煽情的な素振りが少なかったからかもしれない。男の心理がややステレオタイプに感じたのが少し残念である。
『美人寮母は人妻-猥褻社員寮』のレビュー掲載元


今は様々な方面でもご活躍の内藤みか先生によるマドンナメイト文庫からの目下最後の作品ですね。

マドンナメイト文庫からは、どちらかと言うと人妻とチェリー君の物語が多かったようです。

まぁ、チェリー好きが高じて誘い込むような展開もあれば、好意を持った青年がチェリーだったってのもあるようですが、人妻はチェリー君が好きなのでしょうかね。(^^;)



それはともかく、レビューでも触れているように、基本的に男性読者を対象とした官能小説においては女流作家ならではの利点・欠点があると思います。



【利点】

  • 女性の心理描写が繊細で上手い。
  • 女性同士の明け透けな会話が上手い。
  • 狙われるヒロインの設定と描写が上手い。
  • 官能描写における女性側からの受け身的な表現が上手い。


【欠点】

  • 迫る男の描写が時にステレオタイプ。
  • 女性にはその気が無いのに誤解されて迫られるパターンが多い。
  • 男好きする状況や状態でも女性に好まれない官能描写は避けることがある。
  • メインヒロインが特定の男に対しては妙に卑屈なM属性だったりする。
  • 代わりにサブヒロインは時としてぞんざいに扱われることがある。




最近の女性向け官能小説の場合は当てはまらないでしょうけれども、少なくとも男が読む場合においては「おぉ、さすが」と感じる箇所があれば「それはちょっと違うナー」と思う箇所もありますよね。

で、ヒロイン1人に複数の男が群がる構成になることも少なくないですから、その複数のうちの1人といったポジションに読者が置かれる書き方をされると男としては何とも言えない心持ちになることもあります。(^^;)

まぁ、多くのハーレム展開な作品を読んだ女性が「なにコレWhy?」と訝しがるのと同じ心境になるってことなのでしょうけれども。(苦笑)



でも、本作のような展開の作品は男も好きだったりしますからいい加減なものですwww





関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : マドンナメイト文庫 内藤みか

のぞかれた相姦-もしもママが、今夜は姉が…(著:芳川葵、フランス書院文庫)

2009/4/23 発売

のぞかれた相姦-もしもママが、今夜は姉が…

著:芳川葵フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

まさかママがあんなに激しいオナニーをしているなんて……
お姉ちゃんが、こんなに淫らな身体を隠しているなんて……
37歳の母と18歳の姉から漂うフェロモンを意識した瞬間、
三人暮らしの一軒家は、淫獣のハーレムに変わった!
夜の寝室、見馴れたリビング、密着しすぎる浴室で、
少年の「もしも」がすべて叶う、相姦トライアングル!
(引用元:Amazon)


★★★★★ 作者お得意の設定で持ち味が遺憾なく発揮された良作, 2009/6/16
安定した良作であろう。作者の得意とする実母と実姉の2人ヒロインで、相姦の禁忌への戸惑いとそれでも抗い切れない主人公への愛欲、一線を越えてからは積極的な変貌を遂げての奪い合いと持ち味が遺憾なく発揮されている。

特に秀逸なのが冒頭。いきなり母の自慰から始まるのだが、上品で清楚な母の信じられない行為という雰囲気が伝わってくる。しかもそれを一緒に覗いて欲情した姉から手淫を施される演出である。母の痴態を目にしながら姉の手で昂ぶるのがダブルでいやらしい。学園のマドンナで憧れの人気者な姉の驚きの行為というギャップもよく出ている。

また、この冒頭のシーンはいわゆる「掴み」かと思っていたがそうではなく、この後も交互に同様の展開が繰り返されるのが良かった。まさにタイトルのような相姦の応酬であり、お互いに相手とのエッチを止めさせるためという建前に愛情と対抗心と独占欲の本音を内包したエスカレートを見せていく。これらのシーンが頁を費やしてじっくり丁寧に描かれているのが良い。慈愛と肉欲が交錯する艶めかしさといやらしさに溢れている。

双方とも一線(姉は「初めて」)を越えてからは積極的な奪い合いとなるのだが、学校(姉)やオフィス(母)といった自宅以外での情交場面にもう少し捻りがあればさらに良かったのになと思った。やはり学校では人目を忍んで交わってほしかったし、オフィスならではのプレイでいやらしさをもっと演出できたと思う。それでも最後の3Pまでも対抗しあって主人公を困らせる2人である。後半からどんどん淫らになっていく妖艶な母と、拙いながらも健気に想いを寄せる姉の魅力と頑張りが上手く描かれた作品と言えよう。
『のぞかれた相姦-もしもママが、今夜は姉が…』のレビュー掲載元


Amazonやhontoといった書籍サイトでは「もしもママが、今夜は姉が…-のぞかれた相姦」と表記されていますが、「黒本」の公式サイトで確認して『のぞかれた相姦-もしもママが、今夜は姉が…』としました。

「黒本」作品のネーミングはメインとサブが時々分かりにくいんですよね。(^^;)



愛好家Sさんのブログで投稿されている本作の紹介記事
1640『のぞかれた相姦 もしもママが、今夜は姉が…』芳川葵、フランス書院/フランス書院文庫、2009/04 発売●あらすじ母と姉に可愛がられている少年が、母の自慰を姉弟で覗き見たのを機に姉と性的な関係になり、その関係を覗き見た母と姉弟の性戯を絶つ約束で母子相姦を結び、それを覗き見て対抗心に駆られた姉とも深い関係になる。●登場人物【植松俊平】14歳。童貞。中学二年。京子の息子。美優の実弟。【植松京子(きょうこ)】37...
1640『のぞかれた相姦 もしもママが、今夜は姉が…』

にゃらさんのブログで投稿されている本作の紹介記事
芳川葵「のぞかれた相姦 もしもママが、今夜は姉が…」(フランス書院文庫、2009年4月)ネタバレ有り。御注意下さい。【あらすじ】ある晩に姉の美優と共に母の京子のオナニーを覗き見てしまった俊平。その日から姉に性欲処理をしてもらうようになったが、その場面を京子に見られてしまう。【登場人物】植松俊平14歳。中学2年生。8年前に父を病気で失っている。美優とは中高一貫教育の同じ学校に通っている。植松京子37歳。都内でア...
芳川葵「のぞかれた相姦 もしもママが、今夜は姉が…」

芳川葵先生のブログにある自著紹介記事
7冊目 「のぞかれた相姦 もしもママが、今夜は姉が・・・」





それはさておき、芳川先生お得意の母子相姦・姉弟相姦が血縁率100%で綴られた作品です。

実母と実姉が親密度を競い合う流れから最後は揃って愛し合う結末へ。

まさに競演から共演。



この作品は冒頭に捻りが効いていて、それに触発されて、また触発されて、といったエスカレートの応酬が良かったですね。(^^)




関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 芳川葵

未亡人の作り方(著:LINDA、別冊エースファイブコミックス)

2003/11/28 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
DMM.R18はコチラから。
DMM.R18の電子コミックはコチラ。
DMM.R18の電子コミックはコチラ。<フルカラー版>

幸せな結婚をしていた公恵。しかし昔の男に呼び出され、ビデオを撮られながら何人もの男に凌辱される。むしろその事に悦びを覚える身体だったのだ。その上男たちは、公恵の主人にそのビデオを送りつけてきた。その狙いは?若妻の淫乱さ、不倫願望に焦点を置いた短編集。「真実 ホントノトコロ」他に「参観日にて…」「企画書」「二人の夏」「ストレス解消法」「映画館」「妻が汚されるという事」「大嫌い」「DISCODE-2」「ゲストページ」「あとがき」「special comic 山崎課長の秘密」を収録。(引用元:DMM.R18)


★★★★★ 心暖まるラヴもあるがハードな寝取られ凌辱が幅を効かす作品, 2009/6/14
まず【未亡人の作り方】という名の作品は収録されておらず、そもそも未亡人が登場する作品すらないので少々首を傾げるタイトルなのだが、やたらと煩悩琴線に触れるものではある。全9編+6頁のオマケという内容。

前作『黒い部屋と白い空』に、義母を淫具で調教する息子からビデオが送られて、それを父が見ようとするところで終わる【悲楽の時】という作品があるが、設定や登場人物こそ異なるものの、この続きみたいな話が【真実 ホントノトコロ】と【妻が汚されるということ】である。見も知らぬ男達に凌辱されて恍惚となる妻の媚態を目にして戦慄する夫を描き出している。

【参観日にて…】は恨みを根底にしたワルい生徒の復讐劇が背景にあるが、美しい母娘を嬲り者にする展開が激しい。ただ、母が即堕ちで少し勿体ない気もする。

話として最もソフトで良いのが【企画書】。バツイチ子持ち主婦な上司の会社では見せない姿が可憐なラヴストーリーである。【二人の夏】も、過去を抱えたヒロインとそれを包み込む主人公との切なくも清々しい一夏の物語。若干コメディテイストながら、妻を放っておくとこうなるかも?と思わせる【専業主婦的ストレス解消法】は、酔いつぶれたところを襲われて図らずも快楽を得てしまった主婦のしたたかな結末である。

10年前の元彼女と再開する【映画館】も寝取られが背景にある話。【大嫌い】は、兄の秘密を知った妹の末路。大人な兄に対して、中に出されてしまう妹が幼過ぎるように見える。【DICODE-2】は前作収録の作品とタイトルが続くが内容は別物。フタナリ(両性具有者)のラヴ物語である。

オマケの【山崎課長の秘密】は、『ボーイズコミック初登場!LINDA 初めての男×男』のサブタイトルが全てを表した、ちょっと勘弁してほしい作品。
『未亡人の作り方』のレビュー掲載元


タイトルや表紙なども含めて印象に残っている作品でして、DSKにとって初めてのLINDA作品はコレだったんじゃないかな~?

がっつり過ぎるほどがっつりな寝取られの淫靡さとほんわか結末の愛情物語といった振り幅の大きい作品が網羅されながら、その配置というか全体のバランスが良くてホントLINDAって、凄ぇな」と感嘆した記憶があります。

作画的にもこの頃のが一番好きですね。





立ち読み版無料ダウンロードあります。



あと、レビューの冒頭で『【未亡人の作り方】という名の作品は収録されておらず、そもそも未亡人が登場する作品すらない』と記しましたが、DMM.R18の書籍ページに『タイトルには未亡人とありますが、何故か未亡人は出てこないです』と書かれていました。(^^;)ヤッパリネー



余談ですが、巻末に配された腐女子向け(?)作品【山崎課長の秘密】にはムッキムキのマッスル男子同士という付加価値、ついてますwww

LINDA
関連記事

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : LINDA

僕だけの唇(著:板場広し、真激COMICS)

2008/5/2 発売
Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラから。
DMM.R18の電子コミックはコチラ。

「全部、忘れさせて!」人妻が吠える。女子校生を壊す。女が持つ、すべての口に劣情をぶちまける板場広しの作品集!(引用元:DMM.R18)


★★★★★ ハードなテーマと設定が圧倒的で壮絶な作品が光る, 2009/6/11
全3話の中編を含む全10編の作品。作者が何かを掴んだのか勢いのある壮絶な作品が多いように思う。いわゆるアヘ顔も満載で、それはもぅ激しい凌辱が続く。

【想滅(前中後編)】は、会社の経営が立ち行かなくなった社長の後家さんが返済の代わりにご奉仕する話。この後家さんを密かに想っているのが隣に住む主人公で、この主人公のバイト先に後家さんがやって来るのが前編。給料の代わりと集団凌辱する社員達から白い液をかけられまくる後家さんが壮絶だが堕ちることはない。無言で淡々と責められるのだが、これが中編でも別の取引先で続く。何か達観というか諦観めいたものがあるような印象である。そして中編から後編にかけては後家さんの義理の娘から今回の顛末の真相を聞かされた主人公が逆襲を企てる。調教した娘を取引先に送り込んで後家さんの代わりを勤めさせるのだが、これがまた後家さんに劣らぬ激しい集団凌辱で堕ちてしまい理性さえも失う。この凌辱を目にする夫(父)には天罰が下る部分もあるが、全てから逃避したいところまで追い詰められた後家さんの最後の姿にも哀れを感じる。

あと、乱暴な不登校娘を先生が力ずくの調教で更生させる【カウンセリング】も何だか酷い話。確かに『こっちが大人しくしてればいい気になりやがって』や『自分の痛みには過剰に反応するくせに人の痛みには鈍感』といったセリフは間違いではないとは思うが、幾ら何でもフィストはやり過ぎでは?

【捕獲】も撮影のアルバイトと騙して部屋に連れ込み連日に渡って集団凌辱の限りを尽くす話である。逆に、世捨て人同然のダンボール生活をする義兄を慕って探しに来た義妹が体を張ってでも逃げ回る兄を探し出す【橋の下】は、妹の愛情の歪み具合が不気味さを醸す。代わりに【彼女の探しモノ】、【簡易密室事情】、【田園の中で】といった学園モノにラヴ要素があって本作のバランスを取るとともに潤滑油となっている。
『僕だけの唇』のレビュー掲載元


DSKが勝手に推測しているだけですが……

作者が何かを掴んだのか勢いのある壮絶な作品が多いように思う。

それはもぅ激しい凌辱が続く。

この辺りのレビュー内容が本作を端的に示していると思います。





板場広し
関連記事

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 板場広し

妻・杏子(著:板場広し、MUJIN COMICS)

2006/10/6 発売
Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラから。

理想的な夫婦、理想的な妻、その幸せなはずの生活がある事件をきっかけに一転。杏子は、快楽地獄へと堕とされ、今までの生活が偽物の幸せだと気付き、真の自分の姿に目覚める…!(引用元:DMM.R18)


★★★★★ 壮絶な表題作が圧倒的, 2009/6/10
全6話の表題作に4つの短編で構成された本作の白眉は何といっても表題作【妻・杏子】。ヒロインの人妻をつけ狙う隣の娘の家庭教師(娘は出てこない)を訝しがりながらも家に入れてしまったことから始まる悲劇……という展開だが、これは果たして悲劇なのか?という観点が盛り込まれたストーリーに光るものを感じる。

つまりは様々な激しい凌辱を続けざまに繰り返された結果、最後は堕ちに堕ちて快楽を貪る結末なのだが、この過程に夫の浮気(へぇ、なるほど、という浮気相手)のことや、愛されるということなどが断片的に挿まれていく。夫からの愛を得られない代わりに凌辱者からの歪んだ愛を得てもなお夫を愛する、愛そうとするヒロインの狂気が描かれているように思う。そしてそんな夫にも相応の天罰が下っている。情交時の強烈なアヘ顔も随所に見られるハードな作品である。

続く【ママの悪ふざけ】は打って変わって文字通りの悪ふざけな誘惑作品。結末が曖昧で少し残念だが、作者が描く明るく楽しい誘惑系作品は総じて愉快で面白い。家庭教師と娘の密戯を覗き見た母が調教される【教育母】は、当初家庭教師を糾弾していた母が次第にその巧みな手管に絡み取られ堕ちていく様が妖艶かつ壮絶に描かれた作品である。

【兄弟兄】は、ややローリー気味なツインテール妹(爆乳)が2人の兄に責められる話。ドラマ性は皆無だし妹の爆乳がアンバランス過ぎるしでイマイチな作品。【身動きできず】は板場作品に時折出てくる、女子高生グループが1人の男子をイジめる話。みんなで寄ってたかってふざけているうちに出てきた主人公の長大過ぎるムスコに恐れをなして逃げ出した中に1人の女の子だけ戻って来るところが良い。この娘が好奇心と欲望に負けて楽しんだ後に主人公への秘かな想いを告げる結末である。
『妻・杏子』のレビュー掲載元


個人的には一番お気に入りな板場作品と言えますね。

表題作『妻・杏子』(全6話)が素敵に壮絶過ぎます!

入れ替り立ち替りな凌辱の果てに目覚めた妻・杏子が最後に見せた夫への意趣返しには痛烈なパンチ力がありましたねぇ。(^^;)オーコワ

アヘ顔も強烈w

2014/10/17現在では電子コミックが見当たらずに過去作品の扱いなのが残念です。

板場広し
関連記事

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 板場広し

Love Selection(著:如月群真、メガストアコミックス)

2006/6/19 発売

Love Selection

著:如月群真、メガストアコミックス


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
DMM.R18はコチラから。
DMM.R18の電子コミックはコチラ。

選りどり魅どりの…パラダイス。好奇心旺盛なクラスメイト三人娘と…小生意気な教え子の女子校生と…兄想いの一途な妹と…スーツが初々しいOLお姉さんと…デビュー作から現在までの読み切り作品をベストセレクション!教室で繰り広げられる複数プレイが気持ちイイ。多彩なヒロインで送る如月群真、注目の初単行本!


★★★★★ 好奇心の旺盛過ぎる少女がいっぱい!, 2009/6/9
女子高生をメインに姉、妹、人妻などの属性を上手く絡めた、絵も話も処女作らしからぬハイレベルな全11編。ほとんどが20~26頁のボリュームで奥行きのある物語を描いている。

【Love Selection】クラスの3人娘が生娘を卒業すべく男子を募るあっけらかんとした話に純愛を盛り込んだ展開が新味。ちょっとコメディで笑える。【Help me! 美咲さん】超絶天然ドジッ娘な人妻家政婦美咲さん唯一の得意技がセックスという設定が凄い。しかも夫に開発されているフシがあって艶めかしい。オチもドジ。【夏あそび】田舎で顔を会わす従姉妹と毎年繰り返す「ひと夏の経験」。軽い気持ちだった主人公に対して、交わした約束を頑なに守るヒロインの想いは双方が所帯を持った後まで続く。【Sister Syndrome】美人なのに地味な姉の秘密。その理由を看破する後輩が鋭い。やがて弟も気付いて姉の想いが成就する話。【実践 クレーム対応マニュアル】企業のクレームにご奉仕で対応する専属OL2人。設定も話も少し毛色が異なる。【痴漢レッスン】電車の最後尾は痴漢車両。真面目なヒロインが巻き込まれ、抵抗するも陥落。【Favorite Menu】可愛いウェイトレスが多数登場してご奉仕を繰り広げるスペシャルサービスデーが凄い。ただしお目当ての娘は他の男達との集団プレイに。【お兄ちゃんと一緒!】貧乳ツインテールな妹と、かつて行ったエッチごっこを再体験。【イケメンGET!!】陰気な家庭教師を色仕掛けの罠で追い出そうとする娘。そして、したたかな母の一枚上手なオチが笑える。【染めろ! 転校生】これまた凄い設定の学級乱交ハーレム話で何げにカオスな展開。【Favorite Menu -derivery-】スペシャルサービスデーの後日談。8頁のオマケ的小品。

とにかく圧倒的なほど可愛くて綺麗で美人なヒロインが描かれており、汁々のいやらしい情交描写も申し分無しである。カバーを外した本体表紙の遊び心も面白い。
『Love Selection』のレビュー掲載元


如月群真先生の作品に限って中身が伴わないといった「表紙カバーイラスト倒れ」はあり得ませんから、この表紙が心の桃色煩悩琴線に触れたら迷わず「買い」ですw

そして、カバーを外した本体の表紙が素敵に下品でナイス!w



しかし、如月先生も迸る才能を持った鬼才だと思うのですが、さすがにデビューの時点ではその迸りがトンガリ過ぎているような、あるいは制御されずにあっちこっちに放たれているような、そんな無軌道さも感じられますよね。

もっとも、デビュー時から纏まり過ぎているのもどうかと思いますから、これくらいの勢いはあって然るべきかと……と言いますか、たぶん今も迸ったままだと思いますけど。(^^;)

想像するに、如月先生の女子高生美少女大好き!といった想いが作画に溢れまくってます!そう思います!(笑)







強いて重箱の隅突きな難癖をつけるならば、カラーを意識しているのか、もしかしたらカラーで描いたのをモノクロ化しているのか、それともスクリーントーンを入れているのか、瞳の黒さが若干不足しているために「目ヂカラ」が少し足りなくてキャラの存在感が全体としてちょっぴり弱いかな~?と感じるところですかねぇ。



◆映像作品
2008/08/29 発売

Love Selection ~THE ANIMATION~ Select.1 「Love Selection」


Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラ。
クラスで数少ない処女となってしまった亜美、奈緒、結衣の三人。とある日の放課後、さっさと処女を捨てるべく、クラスのめぼしい男子達を集めて、処女喪失エッチをすることに。男子の中には、亜美が想いを寄せる大貴もいた。男女のいろいろな思惑が交錯する中、段々と放課後の教室は大乱交状態になって…!


2008/11/28 発売

Love Selection ~THE ANIMATION~ Select.2 「Favorite Menu」


Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラ。
ファミレス『ロイヤルバスト』に、可愛い新人ウェイトレスの彩子目当てで通っていた貴志は、常連客だけのスペシャルサービスデーに招待される。実はそれは、料理の代わりに好きなウェイトレスを注文してエッチなコトができるという、素敵なイベントだったのだ。そこにやってきたのは巨乳ウェイトレスの弥生。弥生は自慢の巨乳を使って、貴志を責め立てるが…。


2枚セット「ゴールドディスク」
http://www.amazon.co.jp/dp/B010DC8H9A/



本作はアニメ化されているようで、DMM.R18では何やら期間限定みたいですがダウンロードまたはストリーミングで入手できるようです。

処女短編集がアニメ化とか、やっぱり話題性抜群というか衝撃的なデビューだったんですねぇ。(^^)





※各作品のあらすじはDMM.R18より引用。
関連記事

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 如月群真

ボクノアイジン<限定版>艶盤CD付き(著:艶々、富士美コミックス)

2007/2/14 発売
Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラから。

俺の名前は裕也。ごくごく「普通」の学生だ。でも。一つだけ普通じゃないことがあるとすれば…。俺には「アイジン」がいるってことかな!稀代の人気官能絵師・艶々が描く、優しく柔らかそうな女性たちが嬌声をあげながら淫肉から妖艶な媚臭を醸し出し、われを忘れるほどに乱れ狂う様を、どうぞご覧あれ!(引用元:DMM.R18)


★★★★★ 比較的明るい作風の乱れた浮気と相姦の絵巻, 2009/6/9
2つの愛人物語が交差する全9話。主人公はメインの【祐也】とサブ【たかし】の2人。

祐也 :友人(悟)の母【由貴子】(第1・3話)→担任教室【みづえ】(第3・8・最終話)→教頭【持田】(第6・7・最終話)
たかし:実母【光枝】(第2・4話)→【由貴子】(第5話)

物語が「母編」と言える前半と「先生編」の後半に分かれており、由貴子や光枝の登場は第5話まで。そして「祐也&由貴子」と「たかし&光枝」の各ペアに接点は無いが、ある理由で由貴子のことを知ったたかしが第5話で由貴子と交わる。しかし、たかしのストーリーはここで終わる。

後半の「先生編」では第3話で新たな愛人となったみづえと、当初より関係があった持田とのストーリーになり、教室での祐也と持田の密戯に出くわしたクラスメイトを交えた3Pや、みづえに想いを寄せる別のクラスメイトのヒデトが加わる乱交プレイがあったりする。

他にも第1話で由貴子に会うだけのために出てくるクラスメイトの悟や、第2話冒頭で光枝と交わる夫(たかしの父)などの脇役が多く、正直なところストーリー全体の纏まりには欠けている。そもそも前半と後半でヒロインが総入れ替えだし、第1話と最終話では別の物語のようですらある。

あとがきによれば、はじめは人妻(由貴子)とママ(光枝)だけでも良かったつもりが途中から先生も追加しようと思い至ったらしいので、話の統一感を割り切って読めば、作者お得意の艶めかしい情交シーンがてんこ盛りのいやらしさに溢れた作品となり、これはこれで良いことにしたい。ちなみに光枝には放尿が2回あり、大きい方の思わぬ粗相もある排泄担当を兼ねているようである。特別付録のCDは本作を忠実に再現しているが、正直長過ぎると思った。
『ボクノアイジン』のレビュー掲載元


要するに「愛人」にフォーカスして主人公の祐也を主軸にしつつも様々な男女が補助軸として加わった結果、思いのほか多くの歯車で構成された複雑な作品が出来ました、といったところでしょうか。(^^;)タラッ

DSKの個人的な印象ですが、ヒロインが粗相していた頃の艶々作品にはストーリー展開の纏まりに少し欠ける作品が時折見られるように思いますデス。

まぁ、官能場面がモーレツにいやらしいのでいいんですけどね。(^^;)



ところで、本作はドラマCDが付属した<限定版>でして、当然ながら通常版もあります。

2008/1/25 発売
Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラから。

こちらの方が後から出ており、表紙カバーイラストも異なるために別の作品と間違えることがあるので要注意です。



漫画のセリフ通り忠実に再現されたCDですが、正直長い、長過ぎるw

需要あんのかな~、と思ってましたが、やはりなのか最近は見当たりませんよね。

艶々
関連記事

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 艶々

汁〈つゆ〉だくお姉さま(著:さかき栞、富士美コミックス)

2006/10/25 発売
Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラ。

家に帰ると、自分のベッドで寝ている母が!! いつもの事だが、その日はそのいやらしい姿に辛抱たまらなくなってしまった息子はというと…。引越し早々、姉とその友達がやってきた!姉の友達に誘われHしている所を大好きな姉に見られたけど、実はお姉ちゃんも…。お姉様、お母様たちが狂喜乱舞。「さかき栞」が贈るコミック第2弾!!(引用元:Amazon)


★★★★★ 人妻や姉といった年上好きにお薦め, 2009/6/8
展開に少し唐突感はあるがポイントを押さえた設定やシチュエーションを可愛い系の画風で綺麗に描いた全11編、作者の2作目である。適度に背景を端折った表現がシンプルでライトな印象を与えて読みやすい。目元や口元にホクロのあるヒロインが艶っぽくて非常に良い。いわゆる表紙買いで失敗しない作品と言えよう。


【うしお母さん】
居眠りしている母に迫る息子。母は拒むがなし崩し的に合体。

【好きということ】
主人公宅に押し掛ける姉とその友人。この姉弟のもどかしい本音を引き出す友人がニクい。

【コスプレ奥様】
メイド服姿を隣人に見られ迫られ合体。味をしめた結末はCA姿で配達のお兄ちゃんと。

【越えた先にあるモノ】
集団凌辱を受けた女教師が覚えた愉悦を隠して弄ばれ続ける話。

【謀り事】
和装が麗しい茶道の先生を貶める2人の若者。先の女教師と同じで内心喜ぶ展開

【好きな女性】
幼馴染みの母を好きになる主人公と、その想いを知って応える母。

【困った時はおたがいさま?】
隣に住む妖艶な人妻から筆下ろししてもらう主人公。

【夏のにおい】
憧れていた近所の子持ち人妻の、夫との不仲を知っての不倫。

【お姉様の好物】
弟の筆下ろしをしてあげる姉。歪んだ姉弟愛の誕生かと思いきや姉の好物は別というオチ。

【夫婦仲の秘密】
41歳の人妻と29歳の男の青空不倫。双方の相方にはお願い出来ないプレイでストレス解消?

【倖せに咲く花】
夫の浮気を知りながら健気に振る舞う義姉(兄嫁)に恋慕する弟の切ないひと夏の経験。


最後の1編のみ14頁で他は16頁。限られた頁数でドラマと官能を両立させようという意志は伝わってくるし、その中で情交シーンをたっぷり盛り込んでいるのは好印象である。
『汁〈つゆ〉だくお姉さま』のレビュー掲載元


収録されている全編に一言コメントするスタイルでレビューを記したのは本作が最初で最後じゃないですかね。

【訂正の追記】後に『放課後☆エンジェル』(著:八月薫)でもこのスタイルでレビューしていたことが判明。m(_ _;)m

割と手間のかかる方法ではありますが(^^;)、コミックの短編集をどうレビューすれば良いか模索している頃でもありまして、って今も模索中ですけれども(汗)、まぁ、こんな感じになりました。(^^;)



作画に設定にシチュエーションに展開と、そのどれもがツボでDSKは好きなんですけどね、さかき栞先生の作品。

本作の他には成年コミックがもう1冊と青年コミックで1冊……書籍化されているのは2014/10/16現在これだけで、あとはDMM.R18で短編が幾つかチラホラと見られる程度なのが残念でなりません。

さかき栞
関連記事

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : さかき栞

バージンフェティシズム(著:安達拓実、バンブーコミックス)

2009/4/27 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
DMM.R18はコチラ。<電子コミック>

道で拾った酔っぱらいのお姉さん…兄弟同然のおさななじみ…隣に住んでるHなお姉さん…僕の童貞を奪ってください。安達拓美の特濃究極フェティシズムプランをご堪能ください。(引用元:DMM.R18)


★★★★☆  むしろ“チェリー”フェティシズム, 2009/6/7
あとがきによると全9編のうち2007年の作品3編に2004年の(作者曰く)「幻の迷作(全3話)」と読み切り2編+描き下ろしの「おまけまんが」という構成とのこと。この「読み切り」というのが(描き下ろしとは違うのか)よくわからないのだが、とにかく2004から2009年までの画風の違いも知ることの出来る短編集である。

さすがに最近のはヒロインの美麗さが違う。とりわけコマ割りをさほど気にせずに描かれている【チェリーフェティシズム】と題された4頁の「おまけまんが」は紙面いっぱいに美しいヒロインが描かれていて素晴らしい。オチも笑えるナイスな小品である。

2007年の3編は一連の作品だが各話に関連性のない独立した話で、主人公は3編とも「初めて」、つまりチェリー君である。憧れのAV女優が実はお隣さんだったという話で、TV画面に写るのと同じポーズで主人公に手解きをするヒロインが印象的だった。

2004年の作品【どきドキしちゃお!!】は画風もやや古く(加筆しようにも絵が今と違いすぎてとても直せない……らしい)ちょっと変わった設定やあっという間の相思相愛展開などに微笑ましさを感じるものの、まぁ、悪くない作品である。
『バージンフェティシズム』のレビュー掲載元


統一性のあるタイトルで長く続けるというのはイメージの固定化が良くも悪くも発生していると思います。

良 - タイトルを見ただけで作者と作風が分かる。
悪 - そのイメージに自分自身が束縛される。



安達先生とバンブーコミックスの編集担当との間では(勝手な推測ですが)次は違うタイトルで……みたいな話もこれまでに幾度かあったと思うんです。

それでも長く長く「○○○○フェティシズム」で続けているのには何かしらの意図があるものと推察します。







その意図がちょっと解読できていないのですが……。(汗)

安達拓実
関連記事

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 安達拓実

駄液(著:板場広し、MUJIN COMICS)

2006/2/10 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
DMM.R18はコチラから。

弟の前で嫌がりながらも感じてしまう姉、若い男体を懇願してくる人妻。よってたかって男を苛める生徒会の女、自慰を強要する高嶺の花の同級生。この単行本で新しい自分・・・発見してみませんか?(引用元:DMM.R18)


★★★☆☆ 安定した激しい描写ながら起伏に欠けるストーリーが惜しい感じ, 2009/6/6
あとがきで作者自身が『自分もだいぶ大人になってしまったせいか、イマイチはじけきれないな~~と反省しきり』と述懐しているように、安定した描写ながら起伏に欠けるというかノリがイマイチな鬱気味ストーリーが多いように思われる全10編である。

アパートの向かいに住む人妻の話【ぼくのペット】(オチに少し含蓄あり)と、兄の煩悩隠し財産を見つけた妹がツンデレ気味に張り合って結ばれる【お兄ちゃん、しっかりしなさい!】以外は学園モノ、あるいはそれに類する作品である。

【錯・姉】はワルい同級生グループに集団凌辱される姉の寝取られ話。LINDA 作品っぽいダークな結末だが画風が異なるのでまた少し違った印象である。設定として面白いのが、すんごい巨乳の冷徹な女教師が実は便器フェチというか小便フェチという【トイレの華子さん】。『便器でイっちゃうのぉぉおお』との絶叫が苦笑を誘うが、これが生徒にバレる展開ながらその後そのまま集団プレイというのが少し勿体ない気がした。これをネタに脅されて拒みつつ凌辱されて堕ちた方が良かったかも。

【Home Sweet Heart Work】はなぜ清掃道具入れに少女が拘束されているのか、そもそもこの少女は誰なのか、口と女の器を繋ぐ1mくらいはありそうなムスコ状の物体は何なのか、いろいろと不可解なことが満載の話である。【同級生】の結末が少しだけラヴコメ風味だが、全体的にはヒロインが淫らな情交に終始するだけの印象になってしまい、何だか少し残念感が漂う作品である。
『駄液』のレビュー掲載元


きちんと調べた訳ではありませんが、2014/10/14現在では珍しくも電子コミック化が見当たらない、今のところ紙媒体だけの作品です。

余談ながら「だえき」と読むタイトルですが「唾液」では検索できませんから要注意。

駄目のに液体のですw

……駄目な液体……なんだか妙に納得ww



しかし、我ながら煩悩隠し財産とは上手く言ったなとちょっと自慢げwww



お約束なところではベッドの下なのでしょうけども、皆さんは煩悩隠し財産どこに隠してます?

DSKはもぅ最近あまり隠してないですねぇ。(笑)

官能小説だと表紙を裏返した「白表紙」で枕元に積んだままですわwww



さすがにコミックは目のつかない置き方をしていますけれども以前ほど厳重じゃないなぁ。

改めてきちんと整理もしつつ隠し財産的な管理に戻さないとなぁ……。(苦笑)

板場広し
関連記事

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 板場広し

黒い部屋と白い空(著:LINDA、別冊エースファイブコミックス)

2002/11/15 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
DMM.R18はコチラから。
DMM.R18の電子コミックはコチラ。
DMM.R18の電子コミックはコチラ。<フルカラー版>

エロスを描かせたら業界トップの実力を誇る著者が、新たに人妻モノにチャレンジした注目の単行本。独特の線、構図、妖艶なキャラが読む者を虜にします。

天正伊賀の乱。四万六千人の軍勢に攻められた伊賀の里で、とある小屋に追い詰められたくノ一。雑兵達に捕らえられ、悲痛な声で兄の名を呼びながら、凌辱の限りを尽くされていった…。オールカラー巻頭読みきり!時代劇から人妻、近親相姦まで、見所満載の短編集。「あるくノ一の最後」他に「視姦」「幼なじみ」「黒い部屋と白い空」(前編)(後編)「悲落の時」「幸福の値段」「康志の優しさ」「DISCOOE-1」を収録。
(引用元:DMM.R18)


★★★★★ 人妻をテーマにした秀作がUPした画風で並ぶ, 2009/6/5
【視姦】病弱な夫に代って凌辱する義父の醜悪さが旧家の蔵という絶好の舞台に映える寝取られ話。視て犯す苦悩の快楽と視られて犯される快楽とがぐるぐる行き交う。【秘事】夫の目を盗んで密戯を繰り返す妻と義弟。さしたるストーリーはないが破滅を予感させる結末がみやびつづる作品を彷彿とさせる。【幼なじみ】夫と離婚間近な人妻とその幼馴染みな職場の同僚が昔からの想いをぶつけ合って結ばれる話。実に良い話なのだが、美しいヒロインに対して主人公が(性格は良いけど)あまりに不釣り合いで違和感がある。

【黒い部屋と白い空(前後編)】本作の表題作にして白眉。初期代表作の1つである。隣の幼馴染みの母との密戯が背徳的。娘にバレて家庭を失う代償に主人公と貫いた愛が時を経て成就する素敵な結末が用意されている。

【悲楽の時】夫の海外出張中に義息から淫具責めの調教を受ける壮絶な話。この話も結末が破滅5秒前。【幸福の値段】復縁を望んだ元の妻には新しい男がいて嫉妬、逆上して襲い掛かり力ずくで奪い返す話。新しい男は写真でしか登場しないが、一緒に写る愛娘と元妻に対して夫の年齢的バランスが悪くてこれも違和感。老齢かそれに近い年上男に蹂躙される若い人妻ヒロインという構図が好みのようである。【康志の優しさ】ここからは学生ヒロイン。元カレにAV出演を頼まれる話。酷い集団凌辱を受けるが意外な理由により寛容な今カレの康志クンである。【DISCODE-1】エッチ系妄想少女が秘密裏の乱交パーティに参加する話。酷いことされているのに内心喜んでいるヒロインのモノローグが笑える。

巻頭には4頁のカラー小品【あるくノ一の最期】、巻末にはモノクロのイラスト3頁を収録。画風は相変わらずの美麗さで魅せる。眼鏡をかけた人妻ヒロインが多くて妙にそそる。眼鏡でよりシャープな美しさを纏ったヒロインが妖艶に化ける様に昂ぶりを覚える。
『黒い部屋と白い空』のレビュー掲載元


DSKの中ではLINDA作品初期の最高傑作と位置付けたいほどの作品ですね。

と言いますか、表題作「黒い部屋と白い空(前後編)」が大好きなんです!(*^^*)



主人公とは幼馴染みな娘がいて、確か夫もいた隣の人妻と恋仲になる不貞感と言いますか背徳感がベタなんですけど良くって。また、この母がキリッとした眼鏡美人で何とも言えないんですよねぇ。生真面目なんだけど主人公に迫られて玄関先でキスしちゃったり……イイ感じなんですわw

で、物語としてもそんな不貞の代償を払わせる展開になっていて、不憫だなとか思ったところで素敵な結末が待っているんです。

なんか、失うモノもあったけど最後まで貫いた愛は報われる、みたいな。



初めて人妻を題材にしたので新鮮なチャレンジ精神がピュアに発露したのかな?と思ってしまう秀作だったと思います。

LINNDA先生、最近のBITCHで哀れな牝もいいですが、こういった路線もまた是非とも復活させていただきたく!(笑)





LINDA
関連記事

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : LINDA

イレモノ(著:板場広し、MUJIN COMICS)

2004/9/3 発売
Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラから。

性欲の限界を知らない女の子たち…。ヌルヌルになったマンコをビクビクさせて求めてきますっ!!(引用元:DMM.R18)


★★★★☆ 激しい展開ながら情交描写(の一部)が少し水を差す, 2009/6/5
6編の短編の中ほどに全4話の中編を挿んだ全10編の作品。全体としては激しい集団凌辱の学園モノが多い。先生がクラスの男連中に慰み物になる【補習授業】がその代表。

【箱入り少女】はネットで調達した少女が自宅に送られてくる話で、主人公はヒロインの同級生なのだが制服が背広みたい、というかまんま背広なので先生かと思う。最後は担任の女教師も送られてくる。

欲求不満な女教師が送った誘惑メールが生徒の元に届いて関係を結ぶ【着信あり】は、一見してそうは見えない可愛い系の先生の淫らなギャップが良い。最後はクラス中の男子生徒にバレる結末。

【バスの中】はバス内で集団痴漢を受けていた女生徒を助けようとした先生が自分も巻き込まれる話。子供が生まれたばかりのドジッ娘主婦がバイト先のレストランで弾ける母乳をメニューに加えられてしまう【ドリンク・バー】も多くの客に母乳を搾り取られてしまう。

女教師と生徒が露出プレイを繰り広げる【未恥への一歩】は、主人公の父親の方が一枚上手というオチだけがコメディで面白い。そして中編【せらせら】のみ読後感も良好で他とは一線を画すラヴコメである。後の作品の原型かも。雰囲気が似ている。

概ね作者らしい激しくいやらしい情交シーンではあるが、汗と思われる描写が何だか網が体に張り付いているような、蜘蛛の巣のような感じでちょっと違和感がある。
『イレモノ』のレビュー掲載元


今年(2014年)から見れば既に10年も前の作品なので、作画もストーリー展開もまだまだ伸びしろを残していた時期と言えますよね。

それでも集団凌辱の醍醐味とヴァイオレンスな画風は確立された良作ではありますよ。(^^)

むしろ、最近の作風とのギャップを楽しめるかもしれませんね。

板場広し
関連記事

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 板場広し

母娘喰い-奪われた媚肉(著:北都凛、リアルドリーム文庫)

2011/12/22 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

家族と穏やかな生活を送っていた主婦・由香里。
しかし夫の部下に娘を人質に取られ、抗えぬままに
寝室で、キッチンで熟れた媚肉を貪られることに――。
「もう許してください、そんなにされたら……あああッ」
やがて夫の目の前であられもなく喘ぎ声をあげ、
淑やかな人妻が、凛とした少女が雌奴隷に堕ちてゆく!
(引用元:リアルドリーム文庫公式サイト)


★★★★☆ 作者らしい悩ましさと艶めかしさ, 2014/9/28
官能小説としてはフランス書院文庫から2作、マドンナメイト文庫から3作上梓されてきた作者にとってリアルドリーム文庫からは5作目となる本作。相変わらずな悩ましさと艶かしさを纏った凌辱作品を書き上げるものである。

年下上司であるヒロインの夫の優しさにつけ込んで図々しく振る舞っては、その妻たる美貌のヒロイン(かつての後輩であり、以前からつきまとっていた)に狙いを定め、執拗かつ粘着質に迫り、遂には夫から奪っていく凌辱者の真っ当に下衆なところがよく描かれており、さらに娘の純潔をも頂いた後には会社の社長にもこの母娘を献上して自らの出世のネタとしておき、夫の目の前で大いに見せつける独善的な鬱憤を晴らした最後には夫を社会的にも墜落させる周到な略奪振りには思わず唸ってしまった。「よく考えたなぁ」と思わせる凌辱作家としての面目躍如たる部分であろう。

外回りの営業という立場を活用して夫の出勤直後に現れては時間をかけてじわじわと妻を追い詰めるいやらしさ、貫いてからは夕刻まで延々と繰り返される凌辱のいやらしさが存分に出ており、後日になっても帰宅した娘を通して妻(母)のいたぶられている様子、抵抗しつつも昂りには抗えず屈してしまう様子が(個人的にツボだったこともあり)圧巻の筆致で描かれていたと思う。妻が陥落するまでの前半は素晴らしい。

おそらく今回は母娘ヒロインと最初に設定してからの展開の組み立てだったものと推測するが、娘の出し方というか扱い方には凌辱作品として若干の中途半端さを感じたのが惜しまれるところか。年若で生娘なヒロインを求める読み手であればその限りではないのであろうが、個人的には1人ヒロインでガンガン責められ、エスカレートする内容でも良かったような気もした。健気で良い娘ではあったが。
『母娘喰い-奪われた媚肉』のレビュー掲載元


夫の部下、それも醜悪な部下によって美しい妻が貶められ、辱められ、迫られ、貫かれ、そして堕ちていく……そして、その毒牙の矛先は娘にも……。

オーソドックスな凌辱展開ですが、それだけにシチュエーションの良さと描写の淫猥さが鍵を握ると思いますが、その点、北都凛先生の筆致は素敵にいやらしいですわぁ~。(^^)

夫の出勤直後に入れ替わるように現れ、娘が帰宅する夕方まで延々とか堪らんですよ!w

しかも、普段よりちょっと早く帰ってきた娘にその現場を覗かせるとか……こういうの好きだなぁ。

みきりっちさんのブログでも本作が紹介されています。
リアルドリーム文庫 母娘喰い 奪われた媚肉母娘喰い 奪われた媚肉 (リアルドリーム文庫 76)posted with amazlet at 11.12.30北都凛 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 1781Amazon.co.jp で詳細を見る12月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公兼ヒロインである「西島 由香里」(にしじま ゆかり)は、同級生の事からの友人と同じ会社に就職し、彼の告白を受けて二十歳で...
リアルドリーム文庫 母娘喰い 奪われた媚肉 レビュー



本作以降、作品が見当たらないのが残念です。

そろそろ新作、読みたいですね!(^^)

北都凛 リアルドリーム文庫
関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : リアルドリーム文庫 北都凛

ミルクシャワー(著:LINDA、別冊エースファイブコミックス)

2001/10/1 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
DMM.R18はコチラから。
DMM.R18の電子コミックはコチラ。
DMM.R18の電子コミックはコチラ。<フルカラー版>

あたしと敦は小○校からの同級生。中学、高校、大学とも同じで、恋人同士で1週間後に結婚が決まっていたりする。あたしはもう廃校になっている小○校へ、敦を引っ張っていった。あたしが本当はスケベな女で、いっつもエロい事で頭がいっぱいの変態だったんだよって、告白したくって…。あたしの頼みで、敦は乱暴に犯してくれた。アナルを掻き回され、オシッコを漏らしてしまうほど!そして改めてあたしは敦に愛の告白をしたの。新・エロエロ解釈の童話も含めた、盛り沢山の短編集。カラー口絵4ページと、イラスト6ページ付き「10年目の告白」他に「その年の夏」「クリスマスプレゼント」「奈落」(前編)(後編)「本当はエロかったグリム童話 シンデレラI」「本当はエロかったグリム童話 シンデレラII」「本当はエロかったグリム童話 赤ずきん」を収録。(引用元:DMM.R18)


★★★☆☆ まだ絵も話も発展途上な2作目, 2009/6/2
全6話(8編)の短編に嗜虐性を誘われる被虐的な巻頭カラー(4頁)と巻末モノクロ(6頁)のイラストという構成の本作は、前作にしてデビュー作『サディスト』に比べて設定やストーリー展開に一定の方向性、その兆しが見え始めた内容である。

冒頭の【10年目の告白】と【その年の夏】は、ノスタルジックな雰囲気漂う片田舎を舞台に、過去の出来事から今を見つめるヒロインや主人公の物語になっている良作である。深い想いをぶつけ合う激しい情交シーンがあるのだが、費やされた頁が少なく、割合あっさり終えてしまうのが残念である。

サンタクロースも人手不足ということで派遣された少年サンタがショタコンな姉と失恋したばかりの妹の元へやって来たばかりにイタズラされてしまう【クリスマスプレゼント】は珍しいコメディ作品。少年サンタのムスコがご立派過ぎるあり得なさはご愛敬。

ここまでの比較的優しい作品とは打って変わって次の【奈落(前後編)】は、タイトル通りの絶望的で無慈悲で救いの無い話である。夫の性癖に我慢出来ず手にかけてしまったヒロインが、夫の弟からも同様に酷く嬲り者にされる展開で、その結末は「1人も2人も同じ」という破滅的なものである。

さて、ここで本作が特徴的なのは、グリム童話で有名な『シンデレラ』と『赤ずきん』をそれぞれシリアスで淫猥な物語に仕立て直した作品があること。シンデレラの王子様が物凄い悪役だったり、赤ずきんを襲う狼がまんま狼男だったりと、原作の設定を旨く歪めて面白い話にしている。

ただし、本作全体として、まだ発展途上な画風と情交描写の演出不足によりイマイチ盛り上がりに欠けるのが残念でならない。
『ミルクシャワー』のレビュー掲載元


2作目ということで作画的な発展途上感は否めないものの、その作風というか世界観は既に独自の淫靡さに溢れています。

もぅ、シチュエーションとかが強烈ですんげぇいやらしいです。(笑)

この頃の切れ味の鋭さはピカイチですよね。





LINDA
関連記事

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : LINDA

こねこコマンドー(著:ユナイト双児、ホットミルクコミックス)

1997/5 発売
Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラから。<電子コミック>

これは猫ですか?いいえ少女です。猫のようにしなやかでプリティ。雌猫のようにいやらしく淫乱で、そんな少女達が貴方のハートに甘美なツメを立てちゃいます。(引用元:DMM.R18)


★★★☆☆ コメディタッチのストーリーがいやらしさに水を差す, 2009/6/2
今となっては多少の古さは感じられるものの可愛らしいヒロインが描かれていて悪くない……のだが、何だかちょっとノーテンキな娘が多いのとコメディタッチのストーリーにノリ切れず、かといってシリアスな話はとことん絶望的という振り幅の大きさにイマイチついていけない独特の世界である。中世的ファンタジーな作品があり、触手化した多数のムスコも出てくる。
『こねこコマンドー』のレビュー掲載元


1つ前の記事で紹介した青年コミックの『さくらんぼウェポン』(バンブーコミックス)に比べるとさすがに初期作品の印象は拭えませんが、画風も作風も発展途上な2作目ですから致し方ありません。

触手全盛期(?)の頃ですし、懐かしいですよね。(^^)





ユナイト双児
関連記事

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : ユナイト双児

さくらんぼウェポン(著:ユナイト双児、バンブーコミックス)

2008/1/26 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。<電子コミック>
DMM.R18はコチラから。<電子コミック>

美少女×萌え度200%の作品集!バイト先で知り合った彼女には早く家に帰りたがらない日があった…。表題作を含む全6作品を収録した女の子の可愛さがいっぱいの極上ラブコメ作品集!(引用元:DMM.R18)


★★★★★ 細い筆致で描かれる可愛い系のヒロイン達, 2009/6/2
竹書房『Dokiッ!』の2006年10月号~2007年11月号に掲載された短編作品を集めたもので、全9編のうち前後編が2話ある。ヒロインは多くがティーンだが、【おかえり!】は社会人、【ママ尻爆弾(前後編)】は義母である。

アルバイトをしている設定でウェイトレスな作品が【千彩ダイアリー】、【フルーツ白玉ウルトラチェリー】と2編ある。やや薄幸なヒロイン【さくらんぼウェポン(前後編)】もいるが、どちらかというと無邪気なヒロインと主人公との程良い恋愛物語である。

全体的にややローリー(社会人や義母もかなり若々しい感じ)で少女漫画的な細い筆致で描かれる、スレンダーながらスタイルが良くて可愛らしいヒロインが意外(?)に激しく交わるギャップが良い。

そして本作の白眉は義母である。なんでこんなおっさんと結婚するかなぁ、というのはさておき、美しい義母と突然同居することになった主人公がドギマギしながらも父の不在中に深い仲になるコメディである。家庭崩壊と悩む主人公に対して実にあっけらかんな義母が可愛らしく、そんな義母に押されて昼間から情交におよぶ描写がなかなかいやらしくて良い。この義母で星1つUPである。
『さくらんぼウェポン』のレビュー掲載元


どちらかと言うと成年コミック【18禁】フィールドで作品を出されていたユナイト双児先生ですが、青年コミック【非18禁】での本作以降は作品が見当たらなくて残念です。

肉欲的な劇画調のタッチに臨場感を覚えるDSKですが、こういった方面の作画も嫌いではありません。

いやらしさが自分好みなら何でもいいんですけどね!www





ユナイト双児
関連記事

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : ユナイト双児

ひみつの救急箱(著:はらざきたくま、バンブーコミックス)

2009/5/7 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。<電子コミック>
DMM.R18はコチラから。<電子コミック>

新人ナースが不慣れな手つきで精液搾取。ツンデレメガネ女医が局部を過剰にシンサツ。妹系ナースが検査のフリして至れり尽くせり。女医とナースがイキまくり、医者と患者がヌカれまくりの全10編を収録!!(引用元:DMM.R18)


★★★★★ ナースと女医さんがてんこ盛り, 2009/6/1
単行本化するにあたって短編を掻き集めたらナースや女医さんの作品ばかりになりました、というのではなく、数年前から意識的に病院モノを描いたうえで単行本化した、制作側からすれば満を持して出版した作品のようである(全10編)。おかげで統一感のある作品になっており読みやすいのが好印象である。

ナースがヒロインの作品が多く(女医モノは2編)、様々なナースが登場する。医師から既に調教済みみたいなナースもいれば、初々しい実習生(この実習生も最後は兄と慕う医師と深過ぎる仲になっているが)、あれよあれよという間に患者達から弄ばれる作者らしい扱われ方のナースもいる。他にもお姉さんから妹系、眼鏡っ娘ドジッ娘ツインテールと実に幅広く網羅されており、むしろこれだけの設定をよく考えたものだと感服する。加えてストーリーもバラエティ豊か。

特に良かったのが、女医さんにツンデレと幼馴染み属性を加えた【MACHIAI】。ずっと待っていたという主人公との関係が成就した喜びが上手に描かれており、話の最初と最後で象徴的な女医さんの変化も良い。やっぱりツンがデレると可愛いなぁと改めて実感出来る作品である。

もう1編の女医モノ【熱中診療所】は打って変わってビキニの水着姿で診察するブッ飛んだ先生が可笑しな作品。患者の主人公にナースをけしかけ、最後は本作で唯一の女医&ナースによる3Pに発展する話である(余談だが、この話の診療所と冒頭の話の医院は細部こそ違えどその外観が基本的に同じ)。

そして本作の読後感を非常に良くしているのが実質的な最後の2編(巻末の【ANOTHER HOLE】はオマケ的な4頁の小品)【2人だからできること…】と【在宅看護】の心暖まる恋愛物語である。患者とナースから恋仲になる良い話で締め括っている。膝下の長い美形ヒロインが様々な体位で淫らに乱れる作者特有のいやらしい情交描写は本作でも健在である。
『ひみつの救急箱』のレビュー掲載元


短編集ではあるのですが1つのテーマに沿った作品群が網羅されているのはイイですよね。

しかもナース&女医だなんて素敵過ぎるではありませんか!(笑)

この作品でもはらざきたくま先生ならではの、頁をいっぱいに使って描かれる脚長ヒロインがたっぷり拝めますデスよ~!(^^)







そして、11月に新作が出る模様。

いやぁ~、何だか久し振り!(^^)

◆リスナー(芳文社コミックス) 2014/11/15 発売
Amazonはコチラから。



今度はどんなフェチがあるのでしょうかね。

楽しみです。

はらざきたくま
関連記事

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : はらざきたくま

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2