FC2ブログ

淫母・真由美(著:鬼頭龍一、フランス書院文庫)

1991/9/23 発売

淫母・真由美

著:鬼頭龍一フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

こんなに淫らな義母がいるだろうか。
早朝、夫が出勤するとすぐ、息子の部屋に入り浸り、
若々しい肉塊に頬ずりし、弄び、溺れきる。
夫とで到底味わえない禁忌の悦び、激しい悦び……。
真由美の二十五歳の熟れすぎた肉体は、日に日に、
母と息子を狂った肉地獄へと陥れてゆく……。
(引用元:公式サイト


★★★☆☆ 唐突な人物の登場で極端に変わるストーリー, 2017/2/26
25歳の若き義母が50代の夫(主人公の父親)とハイテンションかつアブノーマルに戯れる序盤から義息たる17歳の主人公と淫らな関係を構築していく中盤までは甘さのある誘惑路線だったが、唐突に現れた男によって終盤からは強引な凌辱路線に切り替わっていくストーリーである。

冒頭から作者お得意の黄金聖水が登場する。夫の頼みにより義母の【真由美】が風呂場で飲ませるのだが、これを覗き見ていた主人公によって後には自身が飲まされることになる。さらにはM性を曝け出した夫がSMの道具を手に被虐の責めを懇願し、女王様然と振る舞う真由美が喜々として夫を責め立てるのだが、実は責められ願望を内に秘めている真由美であり、後に主人公からその道具で責め立てられることになる。父子を挟んで築かれていく立場の違いと変化が奔放な真由美の二面性を描き出しており、次第に夫から主人公へと想いが傾倒していくきっかけとなっていく。

ただ、父親に使い古されたと罵る主人公の矛先は真由美のお尻へと向かう。憧憬の眼差しを向けながら素直に感情を表現しないところは若き情動なのかもしれないが、かと言っていきなりお尻というのは分不相応と同時に唐突とも言える。

主人公には同年齢の彼女にして対抗ヒロインとなる【美香】がいるのだが、これがまさに対抗と言えるほど敵愾心を剥き出しにする。真由美の容姿と色気をやっかみ、主人公への親しげな態度を訝しみ、時には挑発もする美香の態度は当初こそ勝気ながら劣勢の感があって可愛げも感じられる。しかし、その立場は突如として逆転する。夫の運転手を務める30代と思しき男が唐突に現れ、真由美と主人公との戯れを目撃し、真由美を主人公より奪ってしまうからである。

ここからの終盤はまるで別の作品かと惑うほどテイストが変わる。弱みを握られて言いなりになるしかない真由美を好き勝手に弄ぶ男の蛮勇と、それを黙って見ているしかない主人公と、組み伏せられた真由美を嘲笑する美香という構図に中盤までのタイトルのごとき『淫母』の面影はなく、むしろ可哀想なほど理不尽な責めを負わされ続ける真由美が描かれていくのである。

最後は主人公が怪しんだ通りに美香も標的とした男の企みによって野外での2人同時緊縛プレイへと発展するのだが、これによって図らずも義母を責めることになった主人公と、ようやくにして初めて主人公と結ばれる喜びを内心で爆発させる真由美の被虐感がたっぷりな結末へと繋がっていく。

一番オイシイ思いをしているのは運転手のような気がして、そのおこぼれを頂戴する形に見えてしまう主人公には憐憫と言うより失望感の方が強く、こんな状況に陥ってしまった真由美の心持ちはM性の開花とは思いながら計り兼ねる幕引きでもあった。何より本レビューで敢えて連呼した「唐突」さが全体的に感じられる設定とストーリーが何とも言えない読後感を導いているように思えてならない。
『淫母・真由美』のレビュー掲載元


何しろ1991年の作品ですから、1冊の中にいろいろと盛り込まれている訳でして……。

余談ながら1991年と言えば、CDの普及に伴って新盤の発売がビニール(欧米ではヴァイナル Vinyl と呼びますが)からCDに変わって一段落した頃でしょうか。要するに、レコード盤からCDへの転換ですね。シングルCDなる7cmほどのCDも出ていたりして。

重くて場所を取る……LP盤なんて30cm四方とはいえ1枚の薄さは知れてますが、これはこれで枚数が嵩むと場所を取りますし、何より意外なほど重くなるんです……レコードからCDに変わり、A面・B面の風情が失われた代わりに持ち運びが便利~とか喜んでいたのが今や忘却の彼方ですよwww

CDウォークマンなる商品も発売されましてね。これでレコードをカセットテープ(笑)に録音しなくとも直接移動しながら音楽が聴ける~!と家電革命に沸いたものです……それが iPod に変わり、今ではスマホがその役を担ってますけどね。



それはともかく、義母と義息による秘密の甘い戯れが第三者に知られ、その男に主導権を握られて後半は凌辱風味になっていくのは本作に限らず時に見られる展開ではありますが、主導権を奪われた主人公の立場で見ると口惜しい感じになりますし、あくまで傍観の立場で見れば面白味のあるテイストなのかもしれません。

旧作ですから、「え、一竿?ナニそれ?」という観点で読まないといけません。

最近はむしろそれがイイという……。(^^;)



いやぁ~、電子化の波は旧作に改めて、もしくは新たなスポットを当ててるなぁ~。




DMM.make DISPLAY


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 鬼頭龍一

人妻と担任教師(著:由布木皓人、フランス書院文庫)

1991/11/23 発売

人妻と担任教師

著:由布木皓人フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

32歳には見えない瑞々しい女体を晒しつくし、夏子は
担任教師の倒錯した責めを甘受する運命に……。
ここは息子が勉強する教室、しかも息子の机の上!
「いやです! もう家へ帰して下さい! 先生」
人妻・夏子の哀願もむなしく、教師の巨大な肉塊が、
濡れた秘唇へ、徐々に迫ってきた……。
(引用元:公式サイト


★★★★☆ アブノーマルの極致と官能の狭間, 2016/12/11
何とも極端な作品というのが第一印象である。中学1年生の息子がいるには若い32歳の母【夏子】は冒頭から緊縛監禁されており、周りを多くの沢蟹が歩き回っている。異様な状況である。この沢蟹は責め道具として使われ、後には花火がお尻に差し込まれたりもするのだが、それは理科の教師にして息子の担任である「白井」の仕業である。場所は学校。白井からの羞恥の嬲り責めが一貫して続く、かなりアブノーマルな一夜物語である。最初は「なんだコレ?」と思ったが、後からじわっと味わいが滲み出てくる作品だった。

基本的にこの2人で話は進むが、合間に白井の回想が頁を割いて盛り込まれる。現在の白井を形成する少年時代の忌まわしい性体験であり、それは実母との相姦と近所の未亡人からの虐待にも似たプレイである。

見ず知らずの男を連れ込んでいた実母への落胆と失望を払拭するように代役を買って出た形の母子相姦は現在まで続いていて、女性への憧憬とその裏に隠れている本性を示しているようである。また、余所者扱いを受けていた未亡人が寂しさを紛らわせるかのように施す加虐的な責めにはオンナの本性に潜む身勝手な快楽の追求が忍ばされているようである。

それらの体験で白井が得た女性の美しさと醜悪さがそのまま怨念のように夏子へ向けられている。つまり、夏子の美貌へ憧憬を向けながらも潜んでいるであろう淫らな本性を侮蔑するがごとくサディスティックに炙り出そうという行動原理であり、それは白井が過去に味わった体験の裏返しであり、夏子もまた徐々に被虐的な快感を覚えていくのである。

次第にエスカレートを極める夏子への調教的嬲り責めは浣腸へと至り、首輪をつけられ、そんな現状では校内で最も近づきたくない場所へ連れて行かれて粗相となり、その洗浄と称して中庭の池へ連れて行かれて遂に凌辱合体のクライマックスと相成る。

夏子とはこの一度きりだが回想場面が官能面を補っていて、むしろ、白井が施してきた嬲り責めが好みに合致するか否かの方が重要であろう。ただ、ここにきてとうとう観念した夏子が淫らにも自ら求めてしまう陥落振りと、それに呼応して夏子が果ててもなお責めに責め続ける白井の無双振りが刹那の高い興奮を誘う。

最後の最後になって今回の監禁に至った動機が白井より吐露されるのだが、これをどう受け止めればよいのか自分には分からない。呆気にとられる程の軽妙さが大いなる肩透かしでもあるし、何とも言えない不気味さも感じさせると見ることもできるのだが、これはもう白井と同様に食えない作者と言うしかないのかもしれない。
『人妻と担任教師』のレビュー掲載元


しかし、最後にびっくりするような結末を唐突にブチ込んでくる作品を書かれる由布木先生ですが、悶々としていたのが痛快にスカッとすることもあれば、本作のように「あれ?」とモーレツな肩透かしを喰らうこともあるようで。(汗)



要するに、今回は そんな理由でそこまでいたぶるの?というオチなんですけど……。(^^;)



これが由布木先生なんでしょうねぇ。





テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 由布木皓人

兄嫁は二十八歳(著:高竜也、フランス書院文庫)

1991/8/23 発売

兄嫁は二十八歳

著:高竜也フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

六年ぶりに再会した兄嫁の美しさに、大樹は狂わされた。
姦りたい! 美登利さんをぼくの女にしたい!……
執念ともいえる青い欲望が、遂に実を結ぶ時がきた。
家族旅行の最中、兄が急用で帰京したのだ。
兄嫁が眠る部屋に忍びこんだ大樹の分身は、
熱く柔らかく優しい果肉を思い、猛り立っていた……。
(引用元:公式サイト


★★★☆☆ 兄嫁への青い情動から束の間疑似カップルのごとき関係へ, 2016/10/30
6年振りの再会で成熟した美しさを纏っていた兄嫁【美登利】(28歳)を目にして懸想した大学生の主人公が兄(夫)の不在時に迫る話を基本としているが、話が進むに連れて刹那の共犯めいた感情から秘密の蜜月関係になっていくような背徳感の変化に意外性を感じた作品である。

以前より「付き合う一歩手前」状態にある彼女【忍】(21歳)がいながら生じた身勝手な劣情により美登利へと強引に迫り、一方的な関係が始まる。その間は忍を邪険にしてしまうのだが、兄夫婦の再度の海外出張が決まったことで美登利はいずれ主人公の元を去ると実感してからは自分の行いがこのままではいけないと自覚したかのような素振りを見せ始める。次第に主人公の印象が変わっていくのである。美登利と忍を天秤にかけ、あるいは忍を「保険」のように考えている打算的な面もあるので成長とも言い難いのだが、それでも最後は忍を本気で愛そうと努め始めるくらいの変化を見せる主人公である。

義弟の強引な手口に夫への操も立てられぬまま屈してしまう美登利は何とかそれきりにしようと振る舞うのだが、弱みを握られて逃れられなくなる。ただ、脅されているようでありながら実はそうでもない、つまり主人公は単に自分と交わりたいだけと分かると夫不在時のアバンチュールのごときスリルと、夫とは異なる相性の夜さを覚えて秘密の関係を受け入れていく。別れが近づく終盤になると家人の目を盗んでは所構わず求めてくる主人公を喜々として受け入れ、まるでお猿さんのごとき交わり三昧の日々にエスカレートしていくのだが、それがダイジェストでさらりと描かれたのみだったのは勿体ないところである。

それでも再度の長期出張で主人公との距離ができれば時間の経過もあって自身も主人公も現状とは何かが変わるであろうとする結末は美登利のしたたかな打算ではあったが、事実、これにより主人公の気持ちが改めて忍に向かうことを思えば、自身に向けられた「はしかのような青春」を受け止めた美登利の大人としての配慮でもあったかのように思えてくるのは不思議である。

また、凌辱的な側面から始まった憂いのある雰囲気が次第に秘密めいた関係へと背徳の質が変わっていくのに合わせて忍を崇拝的に溺愛する下級生の娘が終盤から現れ、突如として百合展開が始まるのは後の伏線にはなるものの読み手を若干置いてきぼりにしたところもあって、何かにつけ不可思議な印象を残して幕が引かれる作品だったようにも感じた。
『兄嫁は二十八歳』のレビュー掲載元


書籍のオビには 高竜也が、初めて挑戦する兄嫁凌辱小説!とあります……初の凌辱作品だったのですね。

普段は相姦メインで甘い作風の御大ですから、初めて凌辱の要素を取り込もうとした結果ですから、まぁ、ドンマイ ということでw

公式サイトのシチュエーションタグにも「凌辱」の文字はありませんしww



いや、凌辱テイストでしっかり始まってはいるのですが、主人公が徐々にいいヤツになっていくものですから次第に薄れてしまっているのは否めませんで……。



しかし、転んでも……本作が転んだかどうかはさておき……ただでは起きない御大は後に凌辱的官能描写のコツを掴んでいきます。

直接の描写は控えめに留まるものの実に興奮度の高いシチュエーションで主人公以外の男がヒロインを手篭めにする、そんな場面が次々と描かれていきます。

その意味で本作はちゃんと糧になったと言いますか、その試金石にはなっていたようにも思いますね。



ですから、相姦誘惑と理不尽凌辱の融合したテイストが目白押しな1990年代の高作品は侮れないのであります。(^^)





テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 高竜也

人妻玲子-調教の軌跡(著:小菅薫、フランス書院文庫)

1991/1/23 発売

人妻玲子-調教の軌跡

著:小菅薫フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

「綺麗なオッパイを見せろ。パンティを脱げ……」
正体不明な男からの理不尽な電話、淫らな命令に、
人妻玲子の体内を被虐の血が駆けめぐる。
恥ずかしい姿を見られたい。恥ずかしいことをしたい。
もう一人の自分に操られ、玲子は背徳に溺れゆく。
(引用元:公式サイト


★★★★☆ 姿なき脅迫者に屈しながらオンナが花開く人妻, 2015/11/1
「人妻玲子」はサブタイトルで『調教の軌跡』がメインである。しかし調教と言ってもSMチックかつ直接的なものではない。邸宅の1階をアパートとして間借りさせ、その管理人でもあるが基本的には裕福な暮らしを送る、いわゆる有閑マダムな人妻玲子(28歳)に突然沸き起こったストーカーからの淫らな脅迫。この犯人探しと真相を突き止めようとする中で、常に一枚上手な相手に翻弄され、屈してしまい、その要求に嫌々ながら応じていくうちに心の変化が訪れるという展開である。

年老いた義父を介護する20歳のヘルパーが出てくるもののヒロインは玲子1人。その玲子の家庭環境に加え、いかにもな住人をアパートに住まわせて謎解き方面にも用いながら、官能面でしっかりと役割を与えることで様々な角度から1人ヒロインを描き出す手腕はさすがといったところ。

さらに言えば、当時の作風なのでストレートな官能描写は控えめかつ終盤からとなるが、次第に堕ちていく玲子の心情を、官能的な側面からだけでなく、悪夢のような、あるいは淫夢のようなアプローチからも描いている。脳内に映像としてイメージしやすい文章表現は、かつて数多の作品が映画化された作者の真骨頂でもあろうか。

一向に姿を現さない相手に業を煮やす玲子ではあるが、度重なる破廉恥な要求を渋々ながら受け入れていくと次第にこれこそ自分が本来求めていたことなのだろうか?と思い始める。大きな不満はないが刺激もない毎日に対して澱のように沈殿していた感覚が次第に目覚めていくような、そんな心持ちが沸点に達しそうな時に訪れたクライマックスさえも期待が裏切られた玲子に去来した境地は何だったのだろうか。

ある意味では割り切ったような、もしくは吹っ切れたような潔さをも感じさせる結末は曖昧ながらもどこか凛とした清々しさがある。最後まで人を喰った態度の相手にすれば、これが玲子というオンナを開花させた「調教」の結果であり成果だったのであろうか。
『人妻玲子-調教の軌跡』のレビュー掲載元


当ブログにもとうとう小菅薫先生の作品が並ぶようになりましたけれども、何だかんだ言ってもフランス書院文庫30周年の復刊シリーズは相応に効果をもたらしてますよね、DSKの中ではw

特集:フランス書院 30周年記念復刊シリーズ
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-884.html




嶋悦史先生の作品もこれで触発されなければ読んでいませんでしたもの。

イイ感じに温故知新させていただいています。(^^)



さて、本作は2015/11/3時点で未だ電子書籍化されておりませんので、書店へのリンクを一応は張っておきましたけれども現状の入手方法は古本しかなさそうですね……。

あらすじがまだ6行で確立される以前の1991年作品で「調教」とは如何に?と思いましたが、周辺を超絶に嗅ぎ回っているのか、気味が悪いほどにヒロインのことを何でも知っているストーカーによる脅迫……による焦らしの連続でした。

その標的となるヒロインが玲子さん1人ですから、その発端からじっくり描いているんです。

で、邸宅1階の部屋を貸している住人の男が犯人だと勘違いして接点ができちゃう。そして、その男との関わりが別のピンチを招くといった複線の構造になっているのが上手いなと。

さらには家庭環境にも悩ましい事態がある中で電話で度々呼び出されては破廉恥な要求を強いられて、それに従っているうちに何だか妙な感慨が芽生え始めて、やがて夫との夜の営みも空虚なものになっていくという流れでした。

遠隔コントロールされている羞恥によって焦らしに焦らされていくんですね。



これまで多数が映画化されてきた小菅作品ですが、本作も(相当に古くはありますが)成人映画のDVDが出ています。

2005/03/25 発売

人妻玲子-調教の軌跡1


Amazonはコチラから。
「フランス書院」で好評を博した小菅薫原作の官能小説を映像化した「人妻玲子」シリーズ第1弾。優しい夫と平穏に暮らす玲子の日常は、一通の手紙で崩壊する。失くした指輪を拾ったという男・本郷からの要求で、彼の部屋に行く玲子だが…。R-18作品。
DMM.R18はコチラ。
ここ数日、玲子は淫らな幻想に悩まされていた。夫との生活は何の不満もないはずだった。しかし、玲子は毎夜不吉な夢を見、胸騒ぎをおぼえていた。


2005/03/25 発売

人妻玲子-調教の軌跡2


Amazonはコチラから。
「フランス書院」で好評を博した小菅薫原作の官能小説を映像化した「人妻玲子」シリーズ第2弾。玲子は隣の主婦・早苗に誘われスイミングスクールに同行し、コーチの隆史に目を奪われる。彼の若く逞しい肉体の魅力に溺れていく玲子だが…。R-18作品。
DMM.R18はコチラ。
北条玲子。死んだ姉の夫と再婚し、表面上は優しい夫との幸せな生活を過ごしていた。しかし、夫との間にはSEXも殆どなく、ストレスと肉体の火照りは募るばかり。


2005/03/25 発売

人妻玲子-調教の軌跡3


Amazonはコチラから。
「フランス書院」で好評を博した小菅薫原作の官能小説を映像化した「人妻玲子」シリーズ第3弾。ある日、玲子は向かいのマンションの窓辺で痴態の限りを尽くす女を見てしまう。街でその女に出会った玲子は思わずその後をつけてしまう。R-18作品。



まぁ、案の定と言いますか、作品を重ねる毎に原作とは名ばかりの別内容になっていってるようですけどねww

何しろ女優さんが全部違うから、もはや別作品でしょ!みたいなwww





テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 小菅薫

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2