FC2ブログ

母と少年と担任教師(著:高竜也、フランス書院文庫)

1993/4/23 発売

母と少年と担任教師

著:高竜也フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

我が子のためなら母はどんな犠牲も厭わない。
だが、よもや担任教師が肉体を要求しようとは……。
放課後の教室、欲望も露わに襲いかかる担任は、
若すぎる生徒の母から着衣を引き毟った!
泣き叫んで抗い、必死で股間を隠す貴和子。
夕べ息子がつけた恥丘の愛印は見られたくなかった……
(引用元:公式サイト


★★★★★ 下衆な担任教師の毒牙にかかる母, 2017/4/25
基本は実母相姦だが、生徒たる息子の弱みに付け入って母を追い込み、遂には言いなりにまでさせる下衆な担任教師の策略が割り込んでくるところに別種の淫猥さがずっしりと加味された作品である。1人のヒロインに対して男が2人、しかも脅された母が抵抗したくてもできない状況というのは凌辱路線の構図と言えるが、昂ると早々に我を忘れて乱れ、刹那の肉欲に屈してしまう描写には和姦テイストもあり、かと言って、いわゆる「一竿」を基本とする昨今のフランス書院文庫の誘惑路線とは明らかに異なることから旧作ならでは、この作者ならではのテイストとも言えるであろう。どっちつかずと見ることもでき、何より古典的な設定ではあるのだが、それ故にツボにハマれば堪らない作風と言える。

まだ若手と思しき担任教師〈工藤〉の手管に屈していく未亡人の母【貴和子】36歳が片や息子〈慎也〉16歳と秘密の甘い睦言を繰り返す。これがほぼ交互に描かれる中で工藤と慎也には互いに見えざる接点があった。それは貴和子の内腿に付けられたキスマーク。これに違和感を覚えた工藤がさらに1つ追加し、それを見た(数が増えていた)慎也が訝しむというやり取りがある。互いに別の男の存在を意識し、嫉妬し、自分を誇示する対抗心を姿なき相手に見せつけようとする秀逸な演出である。これによってエスカレートしていく官能面が濃密さを増していく。

慎也が授業中の白昼に工藤は貴和子の在宅を狙い、お手伝いさんを尻目に立位で後ろから貫き、遂には情事の痕跡から相手が教え子であり実の息子(慎也)であると突き止め、貴和子の抵抗を失わせるに至る。「お母さん」から「奥さん」の次には「あんた」と呼び方も変わり、次第に不遜な横柄さを隠さなくなっていく。れっきとした婚約者がいながら独身の最後を貴和子で謳歌しようと画策する工藤は女に対して自信満々の鼻持ちならない悪役として充分な働きを見せるのだが、対抗心極まった果てに、あるいは貴和子をモノにしたと有頂天になった果てに施した剃毛が命取りとなる。この事態に確信を得た慎也の逆襲が工藤の婚約者に及ぶからである。

その結末は、状況を把握した慎也が婚約者を襲った後に確たる証拠を揃えた時点で終了となり、その後の顛末は読み手に委ねれてしまうのだが、できれば慌てふためき右往左往する工藤の狼狽やその後の落ちぶれた姿まで盛り込んだ、即ち工藤に天罰が下ったところまで見届ける痛快さをさらに味わいたかった気もする。しかし、それは蛇足ということであろう。

未亡人の母に忍び寄る下衆な担任教師という設定の良さ。抵抗するもその手管に翻弄され、屈して堕ちていく官能描写の淫猥さ。そして、それらが甘い母子相姦を狂わせていく見事なまでの演出には唸るばかり。個人的にはこの作者の最高級に位置づけられる屈指の名作と称したい。
『母と少年と担任教師』のレビュー掲載元


私、DSKが官能小説を読むにあたって、その過去には強烈な印象と興奮を覚えた節目の作品がありまして……まぁ、誰にもあると思いますが、記憶に一生残るであろう思い出の作品とも言えるでしょうか。



最初はたぶん高校生くらいの頃だったと思います。何の気なしに読んでいた……何の気なしに官能小説を読む高校生もどうかと思いますが(汗)、もちろん秘かな楽しみとして今と変わらぬ姿であります(笑)……もしかしたら古本だったかもしれませんけど、ふと手にした作品に猛烈かつ強烈なショックを受けましてね。

言わばDSKの 官能ファーストインパクト だった訳でありますw



◆DSKの官能ファーストインパクト
1985/08/23 発売
女教師・二十三歳(著:綺羅光、フランス書院文庫

Amazonはコチラから。
Amazon - 1991年発売『エクセレント・コレクション』版
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
泣き叫んで抗う絶世の美女を徹底的にいたぶる……
しかも、緊縛され、淫らがましく股をひろげている女は
良家の令嬢、名門高校の女教師だと思うと、
男たちの獣欲は、いやが上にも昂ぶる。
震える秘唇を強引に開き、怒張をねじこむ!
密室に轟く悲鳴……留美子にとって地獄の日々がはじまった。
(引用元:公式サイト

◆当ブログの投稿記事
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-387.html





言わずと知れた伝説の1冊ですね。

いやぁ、当時はもちろん今のような集中的な読書には至っていない、単なる1人のスケベな高校生に過ぎなかった訳ですが、そんな僅かな知識において官能小説の常識が覆ったというか、官能小説を再定義させられた作品でした。スゲー、スゲーと思いながら読んだ記憶は今も忘れません。

ちなみに1985年の発売以来、今現在も新品が用意され、Amazonで「入荷予定あり」と記され続けるモンスターな1冊でもあります。



そして、セカンドインパクト はDSKがレビュアーになるきっかけとなった作品でした。



◆DSKの官能セカンドインパクト
2002/4/18 発売
義母は個人教師(著:浅見馨、マドンナメイト文庫)

Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
「もっと……見たい?」義母が教えてくれたのは、英語だけじゃなかった──。俊英による、傑作官能エンターテインメント!
受験を控えた純一は、父親が海外に長期出張のため、32歳で後妻の小夜子と二人で暮らしていた。彼女が予備校講師ということで、勉強を教えてもらっていたが、彼女への性的な関心は強まるばかり。またそんな気持ちを知ってか知らずか、小夜子も妙な反応をしてくる。ある夜、寝室に忍び込んだ純一だったが──。熟れた肢体に翻弄される姿を描く青い官能ロマン!
(引用元:Amazon - 書籍ページ)

「ママが僕のペニスを頬張っている……」下半身を露出し誘惑して、若き屹立を飲み込んでいく義母。彼女との二人だけの秘密のレッスンが始まった。32歳の淫らな欲求が少年の獣欲を呼び覚まし、ママのぬめ光る肉孔に少年は牡液をしぶかせ、蒼き性は甘美な大人の肉体に溺れていくことに……(引用元:Amazon - Kindleページ)

◆当ブログの投稿記事
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-2.html





この2002年の作品を手にしたのは2008年だったので、こちらは間違いなく古本ですね。

読み終えた時、この昂った気持ちを文章にしたい!文章に残したい!と強く思いました。備忘録にもなるから何か残す方法はないだろうかと考え、そして思い至ったのがレビューとして投稿することでした。



……ナゼにこんなことを長々と記しているかと言えば、今回ご紹介の作品がDSKの 官能サードインパクト だったからです。(*^^*)

1985年、2002年ときた3発目が1993年の作品というのもヘンな話ですが、これには Kindle Unlimited が関わっています。つまり、以前から漠然と気にはなっていながら手にするには至らなかった作品および作者について、定額の読み放題というシステムが距離を近づけ、遂には繋がるに至ったのです。

本来なら官能小説の教典として読んでおくべき高先生の作品は、その数の多さもあってDSKには遠い存在でした。官能小説のレビュアーとして高作品を1つも知らないのは恥とも思いつつ手が出せていませんでした。しかし、その距離を一気に縮める機会が訪れました。それが Kindle Unlimited だったのです。

そして……この作品にK.O.されましたw



ここ最近、やけに高作品のレビューが続いているのは一重にこの作品からのインパクトが大だったからであります。今や貪るように高作品を読み漁り、他の旧作にも触手を伸ばして温故知新を続けています。

……ガンバレ、新作ww






スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 高竜也

淫授業-黒い下着の叔母(著:露樹満、フランス書院文庫)

1993/11/23 発売

淫授業-黒い下着の叔母

著:露樹満フランス書院文庫


Amazonはコチラから。

叔母・沙也子のスキャンティは濡れそぼっていた
甥の一物で貫かれ、蹂躙されたいと願って……。
身をすり寄せて勉強を教える叔母から牝香が漂う。
露わになる乳房、太腿、そして黒い下着……
受験の特別授業が淫授業へと変わる時、
二人は恥も外聞も理性も捨て去り性獣になった。
(引用元:公式サイト


★★★★★ 美しくも哀しい禁忌の相姦物語, 2015/8/2
デビュー作『妻は実母』が1985年10月なので「黒本」黎明期の1人と称してもよかろう。その後は1年に1作前後のペースで上梓が続いた通算7作目が本作である。28歳の人妻高校教師にして叔母であるヒロイン【沙也子】と、教え子でもある主人公との美しくも哀しい相姦禁忌の官能物語はまさに哀歌・挽歌(エレジー)と言える趣だった。

中盤辺りから同級生の女子生徒が一時的に登場するが、これは沙也子と主人公の想いを再確認させるための役割の方が強く、官能面も含めて明確にヒロインと呼べるのは沙也子であろう。叔母と甥、教師と生徒……海外出張中の夫がいる身でもあることから許されない関係だと憂うものの、肌身に感じる安心感や次第に募っていく愛情のような想いに揺れ動く沙也子の心情がずっと描かれていく。長らく夫が側にいない空閨も後押しする。主人公もまた叔母と甥という関係を超えて沙也子への恋情を募らせていく。しかし、冒頭で描かれるのは好色な体育教師からの理不尽な凌辱である。この体育教師は所々に出てきては下衆な振る舞いを繰り返しており、最後は物語の結末をも担っている。

最後の方でようやく結ばれておしまい、という展開が当時の主な作風なのだが、本作ではその後にお互い(特に沙也子)の心が解放された形で貪り合うような情交が描かれている。この作者の特徴で台詞を多用するような直接的な情交描写ではないものの、お互いの心が遂に真正面から向き合い、絡み合うクライマックスは切なさも湛えた2人の実質的な行く末ということもあって美しく淫猥に爛れている。そして、急転直下の悲劇によってドラマはさらに哀しい高みへと上っていくのである。

なお、沙也子の夫に実の母との親子以上の関係があるのは後の作品『二人の美母・魔性の血淫』にも同様なシチュエーションで見ることができる。
『淫授業-黒い下着の叔母』のレビュー掲載元


公式サイトを確認しても2015/8/6現在で電子書籍化されていませんから、現時点では古本を探す以外に入手の方法がない1993年の作品であります。Amazonの画像がちっちゃいのしかないものですから無理矢理引き伸ばしましたww

先日、拙ブログで初めて紹介した1994年作品がありましたけど、本作もまた初めて紹介する1993年作品となりました(通算608冊目)。

……まぁ、新作の合間合間に時間を見つけてはせっせと旧作も読んでるDSKなのでありますw



まだ7作目の露樹作品ですからセリフ控えめの状況説明主体な情交描写で正直物足りないのは事実なのですが、下衆な同僚教師に凌辱される冒頭になかなかのインパクトがありまして、ストーリー的にも実によろしかったことから突然の悲劇となる結末にもドラマ性を感じました。

読み返すほどにじわっと良さが滲み出る旧作、といったところでしょうかねw




DMM.make DISPLAY


テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 露樹満

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2