FC2ブログ

美母は放課後、隷母になる(著:高竜也、フランス書院文庫)

※右側の画像はコンビニ向け白表紙。
1999/1/23 発売

美母は放課後、隷母になる

著:高竜也、フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

母さんが義兄さんと……こんなことって……
少年の心の叫びは声にはならなかった
獣の体位で交わる愛しき母と義理の兄
妻であることも、女教師であることも忘れ
校内で熟れた牝尻を振りたてる姿は
貞淑な母ではなく、隷母そのものだった!
(引用元:Amazon)


★★★★★ 女教師&生徒というより義母&義息, 2017/1/29
再婚相手の連れ子だった義息の邪な欲望が美しい義母に向けられた作品であり、この作者が得意とする展開である。女教師として校内で交わらされる場面もあるが、主な舞台は家の中であり、義母の弱みにつけ込んだ義息が周到に迫っている。実の息子たる弟から見て母が寝取られたかのように記されたあらすじだが、実際には終盤に1度あるだけで作品のテイストを占めるものではない。

ヒロインは33歳の母【景子】ほぼ1人。義息の同級生がサブヒロインとして出てくるが、こちらは弟を性に導きつつ自宅に景子1人の時間を設ける役割でしかない。ただ、この経験で大人の階段を上った弟が好奇心を膨らませる要因にはなっている。

景子は再婚であり、弟は先夫との子供。つまり、景子&弟と現夫&義息という構図も背景にはある。初心だった景子を寵愛してオンナを開眼させたのは現夫であり、その夫の長期出張で疼く体を持て余す景子の油断が今回の発端である。様変わりした自分に戸惑い、義息の襲撃に抗うものの覚えた愉悦には抗えず、昂り極まっては歓喜に喘ぎ悶えてしまう自分の内なる淫らさに懊悩している。そして、年頃の少年が抱くの欲望への貪欲さに弟も同じ心持ちで持て余しているのだろうかと考えたりしており、それが終盤の実母相姦への導線になっている。

夫や弟の不在時や景子の月経周期まで把握する義息の姦計は巧みに景子を陥れる。手淫や口淫で逃れようとする景子の思惑を見透かして、それらを前戯とばかりに実行させたうえでさらに合体にまで持ち込む最初の凌辱は頁を費やしてしっかり描かれ、その後も時を置いて景子の不意を突いたり、学校では虚言で景子を職員室から連れ出し、内鍵もない茶道室で弟に見せつけたりしている。じっくり焦らすような責めに景子の我慢も限界を迎え、被害者の立場を維持するものの遂には自ら求めてしまう描写が何ともいやらしい。

最後は出張から帰宅した夫に窮状を訴えるも旧来の世間体を気にする素気無い返事に失望した景子による覚悟を決めた大胆な行動によって読後感の良い解決が図られている。21世紀も間近な1999年の作品につき、旧作によく見られる唐突な悲劇だけでもない幕の引き方を本作では採用したようにも思える。
『美母は放課後、隷母になる』のレビュー掲載元


メインは義母で、主人公の同級生でちょっと蓮っ葉というか、表向きは別段悪い娘でもなさそうだけれども実は開放的で進んでる感じの女の娘がサブヒロインとして1人いて、その娘がもう1人の主人公(義母の実の息子)と絡んでいる間に義母が義息に追い詰められていくストーリー……高作品の王道寝取られ展開ですねw

結末は旧作でお馴染みな突然の悲劇だったり、あるいは実の息子と逃避行を図ったりと、思いのほかバラエティに富んでいたりするのですが、とにかく悪童と化した義息が母を責め立てるいやらしさが全開のパターンであります。

そして、そのきっかけは母の自慰を目撃するパターンなのも毎回ほぼ同じww



なんだ、マンネリじゃないか、との声が聞こえてきそうですが、高先生ご自身もそれについては悩まれたそうです。しかし、歌舞伎の古典演目を鑑賞した時に、毎度同じ内容にもかかわらず観客が喜び、拍手喝采を送る姿を目の当たりにして「マンネリだろうと何だろうと面白ければ良いのだ」との境地に至ったのだそうです。



同じパターンで面白くなくなってきたらマンネリ。
同じパターンでも面白ければ職人芸。



舞台や設定などをあの手この手と考察され、様々なヒロインを編み出したうえで、上記のような境界線を堅持し続けること。

おそらくこれを目指したのでありましょう。




DMM.make DISPLAY


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 高竜也

友だちのママ・美乳交姦(著:名鳥悠、フランス書院文庫)

1999/7/23 発売

友だちのママ・美乳交姦

著:名鳥悠フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

少年が見たのは衝撃的な光景だった!
自分の母を背後から貫いているのは親友の真一。
美乳を背後から揉まれ、恍惚に喘ぐ「女」は、
今まで見たこともない淫らな母親の姿だった。
フラフラと家を出た少年はある決意を抱く。
見てろ、ぼくだって真一のママと姦ってやる!……
(引用元:Amazon)


★★★★☆ W主人公・Wヒロインの交姦が冴える, 2014/12/23
名鳥悠」名義では唯一の作品だが、2人の少年がそれぞれ他方の母に好意を抱いて交姦に至るという寝取り・寝取られの醍醐味を味わえる作品として印象に残るであろう。双方に実母との相姦はなく、あくまでも友人の母のみが対象となっているところにイマドキ(2014年)のフランス書院文庫では味わえない良さがある。

【真一】 前半の主人公(15歳)で高校一年生
【隆史】 真一の同級生(15歳)で真一の友人

<裕美子>隆史の母(39歳)で可憐な人
<陽子> 真一の母(38歳)で妖艶な人

「真一×裕美子」の前半と「隆史×陽子」の後半とに大別される構成だが、そのアプローチとして真一が子供の頃に目撃した裕美子と夫との夜の営みや、今は未亡人となった裕美子の新しい結婚相手候補の存在などが序盤では背景として描かれ、幼い頃から憧憬の念を抱いていた真一の心が友人(隆史)の母への想いなのだと気づかせる伏線にもなっている。また、裕美子への劣情を妄想する場面も少なからずあって、そうした諸々の感情が裕美子を求めるに至るのだが、清楚な奥ゆかしさのある裕美子には若干のMっ気もあることが判明してからは羞恥プレイも交えつつ若さに任せた責めを見せ始める真一である。息子の友人として接してきた真一の変化に戸惑い、押されながらも昂ってしまい、次第に自ら求めてしまうに至る裕美子の被虐的な官能も興奮を誘うものである。

そして、そんな2人の関係を知って憤りを感じるのが隆史である。自分の母を奪われたとする隆史の感情は次に友人(真一)の母へと向かうのだが、ここでは隆史の心の奥底にある母への想いを陽子が汲み取ることで前半とは趣を異にする関係にしているのが上手い。空閨もあって隆史にカマを掛けつつ誘っていく陽子が艶っぽく、また、美容院を営む陽子の部下として【夏江】という33歳の人妻を登場させて3Pを盛り込む変化もつけていた。その代わりと言っては何だが、隆史や陽子の心情もしっかり描写していることもあって肝心の官能描写には物足りなさも残る。

この2組の行方がどうなるのかと思ったが、結末は意外に(良い意味で)あっけらかんとしたものだった。最後にようやく出てくる学校の、しかも屋上を上手く活用しての修羅場でもない肯定的な鉢合わせは新鮮でもあり、本来なら許されない背徳の関係ながらもこれはこれで良いのかな?と思える幕引きには妙な爽快感すらあった。要するに母交姦にして息子交姦は双方にとって然るべき結果だったということなのであろう。
『友だちのママ・美乳交姦』のレビュー掲載元


母子交姦を真正面からがっつり描いた、DSK的隠れ名作ですね。

母と友人の関係を前半でしっかり描いてから、それを窺い知ってしまった息子の寝取られと憤りを挿んで矛先が友人の母へと向かう後半という構成で2組の入れ子母子カップルをしっかり描いたと思います。

この何とも言えない関係が最後にちょっと意外と言いますか、当時(1999年)ならば罰当たり的な悲劇の結末もアリだと思うのですが、これが実にスカッとした肯定的な幕の引き方でして、これで読後の全体的な印象が変わりましたね。



テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 名鳥悠

美叔母は看護婦-白衣のセクササイズ(著:鏡龍樹、フランス書院文庫)

1999/4/23 発売

美叔母は看護婦-白衣のセクササイズ

著:鏡龍樹フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

「ああっ……き、気持ちいいよ……くうっ」
青年の腰の上で妖しく躍る白衣姿の看護婦
若いナースの女陰が伝える痺れるような快楽
必死に嗚咽を堪え、禁断の魔悦を堪能しながらも
祐司が思い描くのは憧れの叔母・百合の裸体……
深夜の病棟で、禁惑の看護!


★★★★☆ 病院を舞台にした淫劇, 2009/2/6
作者が自身のサイトで『ちょっと散漫な感じだが濡れ場はてんこ盛り』と評している通り、入院患者の主人公が看護師達や女医との体験を経て、最後に憧れである婦長の叔母まで辿り着く物語である。そもそも新聞連載だったものを加筆修正した作品ということで、どことなくまとまりに欠ける印象から作者は散漫と評したのかもしれないが、なかなかどうしてバラエティに富んだ良い結果に繋がっていると思う。

ただ、これを叔母がメインヒロインと考えると多少の物足りなさも出てくる。何せ肝心の叔母は終盤まで主人公の見舞い以外にほとんど出てこないからである。その間、主人公は年上の看護師に誘惑され、年下の生娘看護師に迫り、他の患者と密会していた女医に女王様のごとく責められ、叔母への想いが高じ過ぎて理性を失い、整形外科随一の美人看護師の貞操を無理矢理奪う……と忙しく立ち回る。

各シーンはなかなかいやらしく相手によっては複数回の絡みもある。そして、最後に満を持して登場する叔母との情交は、その容姿の美しさと主人公の溢れる想いをこれでもかと書き連ねた、他のシーンとは一線を画す濃密な描写で違いを際立たせている。

さらに、今までの楚々とした聖女の仮面を取り去った叔母が妖艶な本性を見せ始め、主人公が戸惑うほどの変貌を遂げる演出が一捻りしていて良かった。ただ、叔母が見せる底知れぬ淫欲に感嘆しつつ自分の手には負えないと降参気味な諦観に至りながら最愛の叔母を手に入れたと結ぶラストが、「えっ、どっちなの?」との曖昧な印象を与えてしまっている。
『美叔母は看護婦-白衣のセクササイズ』のレビュー掲載元


しかし、病院はイイですよね。

看護師と女医というナイスなヒロインが自動的に漏れなくついてきますからwww

ちょっと頑張れば同部屋とかの女性患者も盛り込めるし、見舞いに来た人とかも性別を問わず登場させられるし、そうでなくともドクターや他の患者といった野郎ども(笑)も出せるし、取引先の薬剤メーカー(営業)を男にしても女にしても話が膨らませられそうだし……元よりベッドがありますから情交のシチュエーションとしても事欠かないw

でもって、そんな男女がちょっとでも顔を出せばすぐにでもドロドロにもいやらしい方向にも発展できる素敵な舞台装置ですから、官能読者としてはホントに病院バンザイですよね!(笑)

そして、本作のようにナースが叔母といった相姦要素が加われば……もぅ、なんということでしょう……官能成分として素敵過ぎます!

いつまで経っても病院モノが廃れない訳だwww





テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 鏡龍樹

私は罪深な看護婦-義母二十八歳(著:鳴海英介、フランス書院文庫)

1999/9/24 発売

私は罪深な看護婦-義母二十八歳

著:鳴海英介フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

三年前、病院で出会った時から憧れていた青い性──。
義母の唇が、熱く漲った義子の肉塊を咥えこむ。
艶やかな太腿、美麗な乳房、豊潤な双臀をさらすと、
魅入られた少年の指が、蜜液に濡れる淫裂に触れる。
看護婦の聖職意識をも拭い去る罪深き倒錯痴戯は、
義母をさらなる淫の深淵へと堕としていった……。


★★★★☆ 女の魔性が漂う, 2008/11/4
ヒロインの看護師が見初めた主人公(当時12歳)の美男子をゲットするためだけにその父と結婚、義母となってから3年も待ちに待って15歳に成長した主人公を誘惑して自分好みの男に仕立てていく話。この義母は完全なる重度のショタコンと言える。

ほぼ全編にわたって義母の視点で描かれており、主人公を想い慕う描写が続く。そして、かねてより計画していた主人公を誘惑するくだりでは、自分が淫らではないか、主人公に嫌われはしないかと葛藤するのだが、主人公も義母を美しい女性と見ていたことが分かり心の中で狂喜乱舞するのである。

病院の手術室に始まり、関係を結んでからは自宅を中心に、昼夜なくまるでおサルさんのごとく交わるいやらしい描写が続く。初めはオドオドしていた主人公も次第に自信をつけ、義母が全てを受け止めることから要求もエスカレートしていく。野菜プレイもある。

そんな中で事件が発生、この母子の関係を知った主人公の友人(主人公をイジめていた)が、この関係をもとに義母を脅迫する。ここで、いわゆる寝取られ展開になるかと思いきや、さすがにここは義母。少年などに主導権は渡さないとばかりに友人を逆に翻弄し、自分のペット状態にしてしまう。まさに罪深な義母である。

主人公の要求を受け入れ被虐性を開花させながら、友人には女王様のごとく振舞い嗜虐性も開花させる二重生活を謳歌する義母。元より持っていた、主人公を誘惑する禁忌の魔性に加えて、偶然ながら手に入れた友人との関係で新たな背徳の魔性をも自覚していく。

しかし、この生活を主人公が知ってか知らずか自宅にこの友人を招き入れ、友人の前で義母のいやらしい本性を暴いてく。最後は友人も加わった盛大な3Pで幕を閉じるが、ここでもこの新たな関係を謳歌していこうとする前向き(?)な義母の心情が吐露されており、どこまで淫らな義母なのか、という結末である。主に男性向けの官能小説ながら女性の視点で描かれる異色の作品だが存分に楽しめる。
『私は罪深な看護婦-義母二十八歳』のレビュー掲載元


凌辱系から挑発系とも言うべき独自の世界を築いてきた鳴海作品がほぼ完成形と言える粋まで達したのが本作ではないでしょうか……次作にして一応の最終作たる『私は兄嫁…-貴和子・二十四歳の独白』が集大成だと思いますので、これに繋がる路線としての確立が見られたと思いますね。

だって、ヒロインの初期設定がどう見たって官能小説的でしょw

28歳にして義母で、まだ幼さの残る15歳の義息を溺愛して、自らのカラダで性を目覚めさせるなんて背徳この上ないじゃありませんかww

しかも、義息の友人に秘密を知られても籠絡して、今度は女王様然と振る舞う魔女っぷりwww

最後の3Pにしたって通常パターンの「男(主人公)1人+ヒロイン2人」ではありませんからね。

少年2人を従えて侍らせるような3Pですからね。

これら全てを義母の視点で描いていく世界にゾクゾクします。





テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 鳴海英介

双獣の棲む家-義母女医と二人の少年(著:鳳春紀、フランス書院文庫)

1999/10/23 発売

双獣の棲む家-義母女医と二人の少年

著:鳳春紀フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

「ママの身体ってエロいな。女だよ。女そのものだ」
性感を煽られた奈々子の耳に拓郎の揶揄は聞こえない。
あるのは、少年の剛直がもたらす熱く滾った愉悦。
「ママ、文郎にも抱かれなよ。あいつ溜まってるよ」
さらなる獣への誘いが気高い女医の理性を狂わせた。
兄弟に貪られ、義母は双獣に支配される……。
(引用元:公式サイト)


★★★★★ 魔少年義息に翻弄される義母の懊悩と自覚, 2012/8/5
タイトルやあらすじから「双獣」の登場に期待を抱かせるが、実際のところ「獣」と呼べるのは1人である。ただし、見方によっては2人目の「獣」が目覚める余韻を残した内容とも言える。基本線は魔少年な義息に翻弄される義母の懊悩と葛藤、そして繰り返される情交を通じた淫欲の目覚めと確立を堪能する作品である。

主人公の独り善がりな欲望が初期設定に近い形になっているため、冒頭から官能描写が始まり、その後もずっと続くいやらしさがある。義母の職業である「女医」、つまり病院絡みの展開がもう少しあってもよかった気も若干したが、情交のシチュエーションは概ね良好。強引な交わりが次々と出てきては次第にエスカレートしていく淫猥さを存分に感じた。心は抗っているのに体が反応してしまい、昂ぶってしまい、受け入れてしまう義母の心情をモヤモヤッと描写しているところや、最後に至って、これこそ自分が求めていたものと気づく流れなどに鳳作品らしさがある。

伏線と思しき小ネタを散りばめているため、それが少しばかり回りくどいようにも感じたり、唐突にぶった切ったような幕の下ろし方にも違和感が無くもないが、たっぷり盛り込まれた官能描写を経て母から女に変貌していく淫らな心の移ろいを堪能した。
『双獣の棲む家-義母女医と二人の少年』のレビュー掲載元


まだ全作を読了していないために断言するのは少々憚られますが、それでも断言したい。



鳳春紀史上最高傑作であると!



これまでの鳳作品に比べ、いやらしさのレベルが格段に向上しています。

欲を言えば、2人目の「獣」……息子がもう1人いる訳ですが……がすっかり覚醒し、いっそのことこの2人からガンガン責め立てられるくらいにまでイッちゃってもよかったかな?と思ってもみたり。(^^;)



◆おとなの本屋・さん版 電子書籍


ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉2010/11/25 発売
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉2012/11/09 発売
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。2011/03/11 発売

茎に横からあたってくるのは小さな白玉のようなものだ。そして全体にきゅうっと締めつけてくる。特に義母の唇から声が押しもれるときに締めつけがある。その感応こそ奈々子が隠したがっている悦びの身体的表現だと拓郎にさえわかる。「やんっ、だめぇ……」拓郎は腰を押しだした。根元まで埋め入れる。遅れて奈々子の身体がのけぞった。唇の間から熱い息がもれている。「ママ、すごいよ。すごくエッチだ」その声が届いているかどうかさえわからない。緩やかなウエーブのかかった髪がほつれて顎や首筋に乱れている。二人の陰毛がこすれ合うほどペニスを埋め入れてから、拓郎は腕をのばしてキャミソールの前をめくった。現われた乳房を両手で掴む。(引用元:honto)



本作に限らないこととは思いますが、電子書籍の発売日はサイトによって異なることが分かります。





テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 鳳春紀

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2