FC2ブログ

〈実写版〉女教師姉妹(出演:川上奈々美・倉多まお、原作:藤崎玲、アタッカーズ)

2016/9/1 発売

〈実写版〉女教師姉妹

出演:川上奈々美・倉多まお、原作:藤崎玲、アタッカーズ


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
TSUTAYA オンラインショッピングはコチラ。

操(川上)が美幸(倉田)の実兄と結婚してはや五年。同じ学校で教鞭を執る義姉妹は、実の姉妹のように仲が良かった。……が、そんなふたりの関係は、ある教え子の性癖により歪みはじめる。生徒の名は西木涼、普段はごく平凡な男子校生を演じている。ところが、彼の内に芽生えたサディズムな欲求が暴走する時、うら若き女教師姉妹の日常は、淫らな嫉妬に狂う肉欲の沼へと堕ちてゆく…。(引用元:Amazon)





「黒本」のブログが宣伝してましたので(笑)コチラでもご紹介したいと思いますw

『女教師姉妹』~売れてます! - フランス書院
http://www.france.jp/blog/?p=9979








この作品は、アダルトコンテンツ業界の発展・振興に寄与することを目的とした、国内市場最大規模で行うアダルトビデオの祭典「あなたが決める、アダルトビデオ日本一決定戦」 AV OPEN 2016 にエントリーされています。

AV OPEN 2016
http://www.av-open.jp/top.html




◆原作情報
2004/3/23 発売

女教師姉妹(フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
Audible版はコチラから。(8時間51分)
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
人妻と処女、女教師姉妹は最高のダブル牝奴隷。
夫の名を呼ぶ人妻教師を校内で凌辱する、この愉悦!
24年間守った純潔を姉の眼前で強奪する、この征服感!
授業中は性の匂いさえ感じさせないマドンナ姉妹が、
頬ずりしたくなる美尻を晒し並べて、少年の肉茎をせがむ。
放課後の教室は、あまりに甘美で危険な女体ハーレム!
(引用元:公式サイト



2016年8月に通算38作目となる『隷罠-彼女の母と彼女の妹は青狼の下僕』が出ている藤崎先生ですが、2004年3月発売の原作本はデビュー作であります。



◆再販本
2016/6/13 発売

女教師姉妹【禁書版】(フランス書院文庫X)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
人妻と処女、女教師姉妹は最高のダブル牝奴隷。
夫の名を呼ぶ人妻教師を校内で凌辱する愉悦!
24年間守った純潔を姉の眼前で強奪する征服感!
マドンナ姉妹が美尻を晒し並べて肉茎をせがむ。
甘美で危険な女体ハーレムに新たな犠牲者が…
(引用元:Amazon)



大幅に改稿されたという〈完全版〉が2016年6月に出ています。

実写版が9月に出ることを想定してなのか、公式サイトのページでは主演の女優さんが朗読を担当されています。



義姉を演じている女優さんも素敵ですよ。(^^)





スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : AV紹介
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 藤崎玲

官能小説とAVのコラボレーション

昨年(2015年)末から今年(2016年)の初頭にかけて、官能小説のメディアミックスについて言及したことがあります。

官能コミックが主にAVの原作として取り上げられている状況を鑑み、同じことが官能小説でもあればいいのに、と思ったものでした。つまり、官能小説を原作とする多方面への進出ですね。



特集:官能小説におけるメディアミックスの可能性 - 2015/12/29
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-1020.html


DSK的2016年 気ままな大予測! ~その可能性と展望~ - 2016/1/3
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-1022.html




で、ちょっと調べてみましたら、官能小説を原作にしたAVを2014年から制作しているレーベルがありましてね。







そもそものきっかけは庵乃音人先生のブログを訪問した時でした。



庵乃音人うずまき日記 - 庵乃作品『嫁くらべ』が映像化されました





おぉ、庵乃先生の小説がAVの原作になったのか、これは嬉しい限り。(^^)

などと思いながら該当作品のページを見てましたら、あれ?なんかコレ、シリーズっぽくね?と思い至りまして、それでちょっと調べてみた訳です。



※右側の画像は原作小説の表紙。クリックすると作品ページへジャンプします。
※各作品のあらすじは AV:公式サイト、原作:honto よりそれぞれ引用。




第15弾:嫁くらべ

原作:庵乃音人、主演:南まゆ・夏希みなみ

2016/05/13 発売

Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
DMM.R18はコチラ。
私は知っている…今夜も夫が外で浮気をしている事を。許せないという気持ちより、身体の火照りが抑えられなくて…今日も寂しさを義父に向けて挑発し、間違いが起こるのを期待する日々。そんな夜に義父が友人を連れて来た…お互いの息子の嫁を味くらべする卑猥な密約が暗躍しているとはこの時思いもせず…今夜、遂に私の妄想と現実が交錯する…義父が外で交わう人妻と息子の嫁の身体を味わう濃密な貝くらべが今夜始まる。




無料サンプル動画



〈原作のあらすじ〉
50代の俊幸と大窪は昔からの悪友で、最近は互いに息子の嫁話に花を咲かせていた。ある日、大窪が三十路の熟女嫁・美由紀と淫らな関係にあることを知る俊幸。さらには「よかったら3Pをしてみない?」と誘われ、獣のような痴態を見せる美由紀に溺れていくのであった。後日、大窪から「今度はそっちの嫁・奈々ちゃんと3Pしようぜ」と提案される。25歳とまだ初々しく清楚な嫁・奈々が息子の浮気に苦しんでいるのを俊幸は前々から不憫に思っていたのだが、結局大窪に押し切られてしまい、奈々を強引に眠らせて二人で犯すのであった!




AVと小説ではあらすじの「視点」が異なっていて興味深いですね。

それでは他の作品も幾つかピックアップしてみましょう。






第1弾:赤い傘

原作:蒼井凛花、主演:川村まや

2014/08/22 発売

Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラから。
DMM.R18はコチラ。
雑誌【特選小説】全面協力の元、遂にベールを脱いだドラマ企画『官能小説』シリーズ第一弾。原作者は元CAという異色の経歴を持つ、新進気鋭の美人女流作家・蒼井凜花。主演は今もっとも熱い女優「川村まや」が教育という聖業と抑えきれない女の欲望との間で揺れ動く女教師を好演。甘く切なく官能的な映像美で暴きだすエロの本質。「じゅん…とした…」女教師の蜜壺から溢れ出す淫汁、今夜も女教師和沙はベランダに≪赤い傘≫を下げる。次回作も撮影好調。


この原作『赤い傘』は2016年2月に再び映像化されています。

2016/02/12 発売

第12弾:赤い傘

主演:小川桃果


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラから。
DMM.R18はコチラ。
両親の借金返済の為、恋人も作らず質素な生活を続けている女教師・桃果は、空き巣犯に『淫らな秘密』を握られてしまう…再び押し入った男に秘密をバラすと脅され、凌辱されるも、乾いていた体は心に反して疼き、やがて男の来訪を待ち侘びるようになってしまう。聖職者と犯罪者、赤い傘が招く許されざる逢瀬…最後に桃果が取った行動は?【特選小説】蒼井凜花・原作『赤い傘』映像化。本物の教師『小川桃果』が理性と肉欲の狭間で揺れる…


〈原作のあらすじ〉
六畳一間の安アパートで、ひっそりと暮らす29歳の中学校教員・和沙。両親が背負った借金返済のため、恋人も作らずに地味な生活を続けていた。そんな彼女の趣味は『女性用アダルトグッズの収集』。ピンクローター、中型のバイブ、ディルドー……コスメボックスの中に大量に隠し持ち、夜な夜な使い分けてオナニーに励むのであった。だがある日、和沙の部屋が空き巣に入られてしまう。しかも大事にしまってあったアダルトグッズがベッドの上に並べられており……。




第2弾:息子の嫁

原作:青橋由高、主演:本田莉子

2014/09/12 発売

Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラから。
DMM.R18はコチラ。
雑誌【特選小説】とのコラボレーション企画『官能小説』シリーズ第二弾はジュブナイルポルノ作家「青橋由高」原作”息子の嫁”を映像化。主演は容姿端麗スタイル抜群の超美乳女優、本田莉子。肉弾ボディで義理の父を誘惑する人妻・理絵を艶っぽく演じている。ある日、理絵は夫の出張中に大胆な行動に出た。わざと胸元の開いた洋服を着て、重文にお酒を振る舞う。ところが義父は手を出してこない。しびれを切らした理絵は、酔ったフリをして寝床に誘い・・・。


こちらは2015年7月と2016年4月の計3度映像化されています。

2015/07/10 発売

第10弾:息子の嫁

主演:白石みなみ


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラから。
DMM.R18はコチラ。
「みなみ、お義父様の種で孕みますっ…」【特選小説】青橋由高・原作の『息子の嫁』を映像化。挑発的な服に着替え、鏡の前で意味ありげに微笑む新妻・みなみ。夫は出張続き、早く子供が欲しい…若妻の肉体は欲求不満で焦れ疼く。夫の居ない結婚記念日、みなみは同居中の義父を酔ったふりで誘惑する…自慢の乳房を握り潰され、義父の激しい種付けに絶叫する嫁。夫以外の子種に溺れる子宮、受精したくてぐちゅぐちゅな新妻の不貞物語。


2016/04/13 発売

第14弾:息子の嫁

主演:彩乃なな


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラから。
DMM.R18はコチラ。
結婚して5年、多忙な夫は家を空ける日も多くなり、女盛りの理絵(彩乃なな)は日々の溜まった欲情を義父の重文へ向けるようになった。挑発するように家庭内ではタイトな上着とミニスカートで義父の視線を弄び、遂に理絵は義父を誘い限界まで溜め込んだ色情が爆発する…夫の義父に犯されているという背徳感が脳内をさらに刺激し、夫のSEXとはまるで別物の快楽と今だかつてない絶頂の渦に飲み込まれ、家庭内の三角関係がエスカレートする…






〈原作のあらすじ〉
結婚5年目の古谷理絵は、義父である52歳の重文と同居している。最近は夫の仕事が忙しく、夜の夫婦生活もおざなりであったが、そんな中でも、唯一自分を女として見てくれるのが重文であった。壮年男の視線は、90センチを超えるバストや肉付きのいいヒップ、そして生脚に注がれる。理絵はそれが嬉しく、心地よかった。ある日、理絵は夫の出張中に大胆な行動に出た。わざと胸元の開いた洋服を着て、重文にお酒を振る舞う。ところが義父は手を出してこない。しびれを切らした理絵は、酔ったフリをして寝床に誘い……。




第4弾:従姉のショーツ

著:常盤準、主演:沼倉愛

2014/11/14 発売

Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラから。
DMM.R18はコチラ。
官能小説シリーズ第四弾は官能小説家、常盤準原作【従姉のショーツ】を浅倉愛が演じる!浪人中の真治の家にこの春から女子大生になった従姉・美咲(浅倉愛)が下宿することになった。スタイル抜群の肉体を目の前にし、興奮を隠せない真治。ついには洗面所にあった美咲のショーツを使ってオナニーまでしてしまう…。今回の作品は浅倉愛ちゃんのドSキャラ炸裂!背徳のエロドラマをお楽しみに!


〈原作のあらすじ〉
高校2年の宮間真治の家に、この春から女子大生になった従姉・美咲が下宿することになった。5年ぶりに会う美咲は、すっかり大人の女性へと変貌していた。しかも家賃代わりに真治の勉強まで見てもらえるのだった。スタイル抜群の若々しい肉体を目の前にし、興奮を隠せない真治。ついには、洗面所にあった美咲のショーツを使ってオナニーまでしてしまう始末。だが運悪く、その瞬間を当人に見つかってしまう。すると、困惑した表情の美咲は、うつむきながらこう言うのだった。「いいわよ……そのまま続けて」




第5弾:お姉さんのギプス

著:うかみ綾乃、主演:紺野ひかる

2014/12/12 発売

Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラから。
DMM.R18はコチラ。
特選小説×マックス・エーコラボ企画【官能小説シリーズ】第五弾は遂に日本官能文庫大賞新人賞、第2回団鬼六賞大賞受賞作家≪うかみ綾乃≫原作、「お姉さんのギプス」が登場!主演は人気沸騰中の紺野ひかる。階段から転落して足を痛めた美代子(紺野ひかる)は一人では立つこともままならない。不自由なギプス生活でトイレにも行けずオムツをすることに。ずっと憧れていた従姉が洗ってもいない陰茎を…興奮必至の本格ドラマ!!


〈原作のあらすじ〉
医療器具メーカーに就職したものの半年で会社が倒産してしまった耕介は、32歳の従姉・佐村美代子が経営する小さな薬局を手伝うことにした。幼い頃から美しかった彼女にずっと恋心を抱いていた耕介は、二人きりで働ける環境に興奮しまくりであった。そんな中、美代子が階段で転び、足を痛めてしまう。一人では立つこともままならない。いろいろと看病する耕介であったが、ある問題が発生する。「トイレに行かせて……」顔を赤らめながら言う美代子に対し……。




第7弾:コキュ独楽

著:小玉二三、主演:中澤レイ

2015/03/13 発売

Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラから。
DMM.R18はコチラ。
特選小説×マックスエーコラボ第7弾!女流作家「小玉二三」原作作品「コキュ独楽」を映像化!微妙な夫婦関係の相談をするために、郁恵は仲人である今井田を自宅へ招いた。今井田に相談しているうちに、今井田との情欲に溺れてしまう。そして、土産の独楽を渡され、郁恵の独楽と今井田の独楽がぶつかるときにまた逢瀬を重ねようという約束をしてしまう。その姿を夫である翔太に密かに見られ、やがて独楽同士の複雑な絡み合いが始まっていく……。


〈原作のあらすじ〉
今井田幾男は今日もまた、昼下がりに若妻の身体を抱いていた。キッカケは先週のことだった。結婚式の仲人を務めた間柄でもある登別家にお土産を持っていくと、郁恵から夫婦仲が上手くいっていないという相談を受けた。当然セックスも御無沙汰のご様子。32歳の美貌と性欲を持て余し気味の彼女を見て、元々女好きの幾男はこれ幸いとばかりに秘貝を味わってしまう。以来、夫の居ぬ間の不倫関係が続いていたのだが、ある日二人の淫らな行為を誰かに覗かれている気がして……。




第11弾:息子の恋人〈おんな〉

著:深志美由紀、主演:長瀬麻美

2015/11/27 発売

Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
DMM.R18はコチラ。
健之は息子の元恋人『麻美』と数年ぶりに再会する。セーラー服の似合う少女だった麻美は、たわわな乳房が目を引く大人の女に成長していた。健之は自宅で若い二人の激しく拙いセックスを偶然見た事があった。「おじさんにわざといやらしい声を聞かせたの…」若い娘のなすがまま口淫された過去の健之。記憶よりも肉感的な魅力を湛え、麻美は「おじさんに会いたかった」と迫る…【特選小説】深志美由紀・原作『息子の恋人』を映像化。


〈原作のあらすじ〉
畳屋を営む初老の健之は、田舎に戻ってきた由利子のことを何かと気にかけていた。彼女は東京で就職していたが、父親が倒れたのを機に34歳でこちらに戻ってきた。気にかけている表向きの理由は、自分の息子・俊希の元彼女だということ。しかし、本当はある体験が忘れられないからだった。当時、俊希は親の目を気にせず、彼女を家に連れ込んではセックスに興じていた。あえて気づかないふりを続けた健之。だが、思わず部屋の前に行ってしまった時に、「おじさんに聞こえちゃう。ああ、由利子の恥ずかしい声、聞こえちゃうよぉ」とよがる由利子と目があってしまった。その後、俊希との間に別れ話が浮上すると、彼女はさらに大旦な行動に出る。あれは残暑の厳しい初秋の頃。健之の前に現れた由利子は、半ば強引にフェラチオをしてきたのだ。健之はそれをずっと忘れられなかったが、由利子もあの時のことを憶えていて……。




第13弾:息子の嫁-淫ら嫁のお願い

著:渡辺やよい、主演:波木はるか

2016/03/11 発売

Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラから。
DMM.R18はコチラ。
仕事も隠居し妻にも先立たれた恭平は、絶縁した息子の借金に苦しむ嫁・はるかと再会する。後日、別人の様に艶やかな姿で嫁が再び現れ、金の為ならなんでもすると縋りつかれ、強引に迫られる…以前の生活疲れした儚げな人妻とはうって変わり、扇情的な妖婦となった嫁に惹きこまれた恭平は、深い淫慾の底に堕ちていく…。【特選小説】渡辺やよい・原作『淫ら嫁のお願い』映像化。


〈原作のあらすじ〉
60歳を過ぎた岡崎恭平は、自ら興した会社を長男に任せ、悠々自適な生活を送っていた。ある日、次男の嫁・さやかが恭平のもとを訪れた。次男とはしばらく絶縁状態になっており、彼女に会うのも10年ぶりのことであった。さやかは、次男の借金を立て替えて欲しいとお願いする。「私にできる事ならなんでもします!」潤んだ瞳で懇願する彼女に恭平は言った。「それではまず、しゃぶるんだ!」とまどいながらも30歳半ばの美熟女は股間に手を伸ばし、紅い可憐な舌を差し出して、恭平の亀頭をねぶり始めて……。






どうやら『特選小説』とコラボしているようで、映像側からオファーがあるのか、出版側からプレゼンがあるのか、どういった経緯で原作小説がセレクトされているのか分かりませんが、短編が取り上げられるのですね。

そして、再映像化、再々映像化される場合もあるようで……女優さんが引退されたとかの理由もあるのかもしれませんが、こぅ、何と言いますか、演者と撮影スタッフが変われば元ネタが同じでも違った作品になる部分もあるのでしょうかね……AVならではの「アレンジ」なのでしょうか。(^^;)





テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 庵乃音人 蒼井凛花 青橋由高 常盤準 うかみ綾乃 小玉二三 深志美由紀 渡辺やよい

幻の女優になってしまうのか……?

2014/12/13 発売(E-BODY)
デビュー作
E-BODY専属デビュー「私のことなんて知らないですよね?」某通販カタログで表紙も飾った現役人妻モデル沢尻真未32歳 AV解禁
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
DMM.R18はコチラ。

E-BODY人妻新レーベル「花ざかりの妻たち」が放つ大型新人‘沢尻真未’。容姿端麗な彼女はモデルの世界で徐々に仕事を増やし29歳で結婚。幸せな家庭を築きながらも32歳にしてこの世界で活動する決意をしました。清楚で気立てもよくFcupの理想的人妻が1人の男性のモノから多くの男性に快楽を見せる女優へと変貌を遂げる瞬間…。新レーべル会心のデビュー作品となりました。(引用元:DMM.R18)





2015/01/25 発売(Madonna)
2作目
こうして兄嫁は僕の物になった。 沢尻真未
Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラ。

兄夫婦と同居をしている弟の次郎。兄嫁・真未は以前、次郎の家庭教師をしていて、その時から次郎は真未に好意を持っていた。そんなある日、真未から勉強を教わっていた次郎は見てしまう。兄と真未がセックスをしている所を…。それから二人は結婚。好きだった女性が兄と結婚した事を受け入れられない次郎は、自分の物にしようと真未を押し倒す。しかし、それでも抵抗する真未を次郎はビデオカメラで撮影し始めるのだった…。(引用元:DMM.R18)


★★★★☆ 幻の女優になってしまうのか?, 2015/10/15
凌辱一辺倒かつ中盤は奉仕を強要するばかりで物足りない上に、最後は「僕の物」にした粗暴な義弟が友人を2人連れてきて「みんなの物」にしてしまった脚本がイマイチだったので満点とはいかないが、出演がまだ2作目という女優さんには掘り出し物の趣きが満点だった。

通常演技が拙いのは仕方ないとして、官能艶技も現時点ではこれからといったところ。しかし、不慣れな時期だからこそ見られる本気の感応だったと思う。むしろ「されるがままでいてください」的な演出しか出来なかったのかもしれず、それを見越したシンプルな展開だったのかもしれない。それでも絶頂が近づくと甲高いながらもスタッカートを効かせた喘ぎに良さはあったし、深挿しを喰らった僅かの間にはポルチオ性感(Pスポット)が刺激されたのか、実に耽美な喘ぎを漏らしていた。これが普段から出せる艶技を獲得すれば今後の官能表現は格段に良くなるとの期待が持てた。

ついでながら、友人に迫らせる義弟がその様子をカメラで撮影するという演出で、その映像によって女優さんの蕩け顔がアップで見られるのはなかなか良かった。

デビュー作では32歳の現役人妻モデルといった触れ込みだが、確かにそれくらいの年齢かな?と感じる時もありつつ角度によっては全然若く見えることもあって、何より佇まいが良い。

ルックス良し
スタイル良し
で、文句無し

表紙のパッケージ写真では目立たないものの右目尻にある泣きぼくろは女優さんの美貌に拍車をかけており、今後の活動次第では相当な人気を博して君臨できる可能性を秘めた、その原石を見たように思った……のだが、2015年1月に出た本作を最後に今のところ音沙汰が無く、このままフェードアウトしてしまうことを大いに危惧せざるを得ない状況にあることが悔やまれてならない。
『こうして兄嫁は僕の物になった。』のレビュー掲載元はコチラ。





久し振りにAV作品のご紹介なのですが…………作品が途絶えて現時点で約9ヶ月のブランク。

フツーはまぁ、フェードアウトのパターンですわ。orz



ただ、通常は新作3本の契約を結ぶものですけどね。

素人さんだと必ずしもそうとは限らないのかもしれませんね。

ホントに人妻だった場合だと旦那にバレて、とかよくありますからね。(^^;)



今回もこのパターンだったのかなぁ?

いや、ホントにフェードアウトだとしたら……



実に勿体ない!

MOTTAINAI!



※「続きを見る」をクリックするとパッケージ裏表の見開き画像が見られます。





続きを読む

テーマ : AV女優
ジャンル : アダルト

tag : 沢尻真未

双葉文庫の葉月奏太作品でお馴染み!初音みのりピックアップ

葉月奏太先生のファンならご存じでしょうけれども、特に初期~中期の双葉文庫作品では表紙カバーがイラストではなく同じ女性の写真が使われています。



※画像をクリックするとAmazonのページへジャンプします。





まぁ、今のところは4作品しかありませんけど(^^;)、イラストの絵師さんが同じというパターンはよくある中で、写真で、しかも女性が同じというのはちょっと珍しいかな?と思いまして……。

初登場の『ふっくら熟れ妻』が2012年5月発売で、現状の最後となる『僕だけに甘い継母』は2014年8月発売ですから2年以上のなかなか長いお付き合いと言えます。



で、この女性は誰?



となる訳ですが、そこは官能小説ですからAV女優さんだったりするのであります。



と言いますか、AV方面にも進出されているご同輩でしたら充分にご存じのことでしょう。

知らぬハズがないでしょう。

知らなかったらモグリでしょうw



というくらい有名で人気の女優さんです。

表紙に初登場した以前から活躍されていますから息の長い女優さんでもあります。

アダルト系に留まらず通常のWikipediaにも名前があるくらい有名ですw



初音みのり - Wikipedia
着エロ系DVDでデビュー後、2007年10月19日を持って『新人×ギリギリモザイク AV了解』でエスワン専属女優としてAVデビュー(現在はアイデアポケット専属)。





デビューしてしばらく(20代前半)の頃はどちらかと言うと派手めな印象で、イケイケギャルっぽいところもありましたが、ここ数年はしっとりした役どころも増えてきて、何より女性というか女体というか、イイ感じに丸みを帯びてきた良さが出てきたように思います。

人妻なども演じるようになってきましたし、つまりはどんどんイイ女になっていると断言したいですね!

はい、DSKの大好きな女優さんであります。(笑)



いや、群雄割拠も華々しいAV業界でこうも長きに渡って一線級の単体女優を続けられているだけでも凄いことですよ。

キャリアを積むとどうしても企画作品への参加が増えてきて、気がついたらキカタン女優ってことも最近は少なくないですからね。



単体女優 - 専属契約により所属レーベルの作品に月1本のペースで主演する。
キカタン女優 - 「企画」と「単体」からの造語で、単体作品に加えて企画作品にも出演する。





以前はインディーズ系などの企画作品で名を上げてから専属契約を結んで単体女優へ、という流れでしたけれども、熟女系を中心に企画作品の人気が高まってからは逆に単体(だった)女優が企画作品にも出始め、「企画」出演オンリーでもなく「単体」作品にも出る『キカタン』女優へ転向という流れもありますから。むしろ最近はこの流れの方が多いですから。

ただ、キカタン女優が格下とも言えませんで、キカタンだから人気という女優さんもいますし、何より企画作品目白押しの昨今にあってはむしろ単体女優よりも過酷なスケジュールだったりしますから(ただでさえAV女優のお仕事はハードです)、却って「凄いな~、偉いな~」といった場合もあります。



ということで、初音みのり嬢の主演作品から「これは!」という幾つかをピックアップしたいと思います。(^^)





◆AVデビューして4ヶ月ほど経った頃
2008/02/19 発売
Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラ。
Hカップ美少女・初音みのりが濃厚なセックスで抑えきれない快感を味わう!玩具責めの快感に愛液まみれになったり、ローションファックでは余りの快感に全身を痙攣させながら大絶叫したり、2本のチ○ポを交互に突き挿され今までにないイキ顔を見せたりと、エロ度100%でお届けします!(引用元:Amazon)





◆このシリーズに出演することが1つの証でもあり、AVドラマ好きには堪らないところかと。
2012/02/01 発売
Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラ。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
夫と幸せな毎日を送っていた理沙はある日、デリヘルを営む大友に目をつけられ、翌日レイプされ店で働くことを強要されてしまう。毎日のように犯されるうちに、いつしか理性とは裏腹に理沙の身体が変化していく…。弱みを握られ犯され続けた若妻の身体の行く末をアナタの目でご覧下さい…。(引用元:Amazon)





◆その存在感に凄味が増してきた頃
2013/09/01 発売
Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラ。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
今回、ここに妻の痴態を晒します。他人様によがり狂う妻の淫らな姿はいつしか拒む事を忘れ夢中で腰を振り感じ乱れる。みなさん欲情するふしだらな愛妻の姿をご覧下さい。寝取られ願望を持つ夫とその妻の愛の記憶!(引用元:Amazon)





◆しっとりした色気もさらに増してきました
2014/10/1 発売
Amazonはコチラから。<数量限定版>
DMM.R18はコチラから。<数量限定版>
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。<通常版>
由美(初音みのり)は夫の芳夫と職場結婚し幸せな生活を送っていた。芳夫は由美の日頃の労を労う為、温泉旅行を計画する。訪れた旅館でかつて二人と職場を共にした社長御曹司の真治と出会う。真治の権力を利用した脅迫そして由美への肉体的要求。夫を思うが故、由美は真治に身体を預ける事を決意するのだった…なぎら健造監修で贈る人妻寝取られ温泉旅情。





◆逆に官能小説の表紙みたい!
2015/02/01 発売
Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラ。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
極道の世界で生き、真剣に愛し、真剣に闘った女の壮絶な物語…服役を控えた愛する夫との最期の愛交!舎弟の不祥事の責任を取るために屈辱のイラマ姦!強制串刺し3P!志し高き強き女が不本意ながらも美裸体を捧げる苦渋の決断…憎き男の隙をつくために身を捧げ裏切りの屈辱感を復讐心に変えケジメをつける…「このケジメ、身体を張ってしっかりつけたるで…」(引用元:Amazon)








次第に大人の美しい女性になっていく変遷がお分かりいただけると思いますが、何より凄いな~と感じるのは、肌のツヤや張りに加えてプロポーションを維持する、そのメンテナンスもAV女優としてのプロの矜持を感じるところですが、髪型も基本的には変えないんですよ。

お年頃ですから髪型も変えてイメチェン!したい時もあると思うのですが、イメージを何より重視している姿勢を感じています。



初音みのりさん、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

むしろこれから熟女優として一層の花が開くと勝手に思っていますw





テーマ : AV女優紹介!
ジャンル : アダルト

AVセレクション『実写版 たとえば母が』(Madonna)

※右側は原作コミックの表紙
2013/01/07 発売
艶々原作長編コミック実写化!! たとえば母がI コミック1・2巻分を特大収録!!

Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
DMM.R18はコチラ。

双葉社出版の超人気コミック、巨匠・艶々原作の伝説の近親相姦ドラマがついに実写化!! 全6巻で発売された長編コミック「たとえば母が」をDVD全3巻で発売!! なんとDVDはディスク2枚でコミック2巻分合計300分を収録!!!! 原作の濃厚な背徳の世界を熟女界の女王、風間ゆみが熱演!!!! 母と子、息子の友人、会社の上司…複雑に交錯する男と女―ただのAVでは終わらない、シナリオ良し、エロ良しの最高シリーズがここに誕生!!


★★★★☆ 思いのほか本気な再現振りに期待度は高い, 2013/10/8
原作漫画第1巻のマネをしているカバーは伊達ではない。中身もしっかり再現しようとしているし、実際にほぼ忠実である。150分×2枚組の300分……つまり、2時間半かけて1冊分(全体の1/6)を描くという、そんじょそこらの映画などより遙かに緻密な超大作なのである。

メインヒロインの美晴を演じるのは熟女優界の重鎮とも言えるビッグネーム。安定した通常演技と濃厚な官能艶技は申し分ない。何より(首から下は)原作漫画からそのまま飛び出てきたのでは?と錯覚してしまうほど瓜二つである。あの、ずっしりとも表現したくなる重厚な熟女感が美晴とこれほどマッチしているとは思いもよらず、キャスティングにも魂が込められていると驚愕した次第。男優陣もまぁ何とか頑張っている。サブヒロイン2人の通常演技は「もぅちょっと頑張ろうね」といった拙さを隠し切れないが、プロポーションは悪くない。どちらにせよ女優さんとしての格も違うし、そもそもサブヒロイン達の官能はオマケである。

日常の歯車が狂い始め、寝取られの序章とも言える第2巻も再現度は極めて高いのだが、惜しむらくは再現ドラマの様相すら漂わせる内容により、通常のAVならば次のカラミまで早送りするような「飛ばし」がなかなか出来ず、場合によっては2枚で5時間ものゆとりを持って観なくてはならないところか。悩ましい内容の作品らしく、鑑賞するのも時に悩ましいと言えそうだ。
『実写版 たとえば母が1』のレビュー掲載元


昔から「黒本」作品が日活ロマンポルノの原作になったり、最近でもジュブナイルポルノ作品がアダルトゲームの原作になったりしてますから、この企画自体に目新しさはありませんが、一応コレ非18禁の青年コミック作品ですから!w

……もっとも、「青年」の範疇なんて遙かに超越した作品ではありますけどね。(^^;)


しかも、この実写版シリーズは再現度が極めて高いのです。

本作で原作漫画第1・2巻を映像化した150分×2枚組=300分……

漫画1冊分で2時間半ですよ!ww

そりゃあもぅ緻密に再現しています。もはや再現ドラマです。(^^;)


そのため、内容面でどうこう言うことはありません。


むしろ、美晴を演じた風間ゆみさんの、首から下の再現度までハンパないことに驚愕します!

まぁ、お顔はねぇ……好みもありますからねぇ……。(^^;)タラッ

しかし!あの重量級の熟女プロポーションが美晴そのものだったとはビックリ仰天でした。

あの肢体はヤバイ……。




無料サンプル動画






※右側は原作コミックの表紙
2013/02/07 発売
艶々原作長編コミック実写化!! たとえば母がII コミック3・4巻分が収録された第二弾!!

Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
DMM.R18はコチラ。

息子が自分を女として見ている…それを知った美晴は家を出た。息子の友人・マコトとの同棲、これでいつまでも愛し合える…。しかし、突如現われた元上司の榊が美晴に猥らな過去を思い出させる!12年前の榊との野蛮な関係―。そして、避けるべき男に美晴の心と身体は引き寄せられていく。息子を裏切ってまで愛したマコトへの気持ちも奪われ、榊の従順なメス犬のような日々が再び始まる。急展開を遂げる「たと母」待望の第二弾!






無料サンプル動画






※右側は原作コミックの表紙
2013/03/07 発売
艶々原作長編コミック実写化!! たとえば母がIII コミック5・6巻を収録した感動の最終巻!!

Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
DMM.R18はコチラ。

榊の淫猥な罠に溺れていく美晴…。もう、止める事はできないのか。そんな時、正樹のもとに榊の妻・峰子が現われ正樹に警告する「美晴を榊に近づけてはいけない」と…。そして、正樹は、榊から美晴を強引に引き放そうとするが、二人の関係を知ったマコトが怒りを露わにし…。渦巻く肉欲の関係に心もカラダも傷つく美晴。そんな彼女を最後まで愛せるのは息子の正樹だけで…。艶々の世界を忠実に描いた近親相姦ドラマがついに完結!






無料サンプル動画






※各作品のあらすじはAmazonより引用。

テーマ : AV紹介
ジャンル : アダルト

tag : 艶々

AVセレクション『夫の目の前で犯されて』(アタッカーズ)

これは!と思った作品のみ厳選して紹介致します。(^^)
随時追加していきます。

夫の目の前で犯されて- 訪問強姦魔7 三浦あいか アタッカーズ [DVD]夫の目の前で犯されて- 訪問強姦魔7 三浦あいか アタッカーズ [DVD]
(2012/11/07)
三浦あいか

商品詳細を見る

★★★★★ 凌辱者に圧倒されて堕ちていく演出が効果的, 2013/8/12
ここ最近の本シリーズは、凌辱者の圧倒的な責めに人妻がある程度屈してしまったところで夫がやって来る展開にシフトしつつあるが、その流れを上手に演出し、演者もきっちり演じたところに良さがあった。

凌辱者と出会い、室内へ侵入されるところから始まり、繰り返される責めに抵抗する人妻も少しずつ順応してしまい、昂ぶっては恥じらいつつも次第に自ら求めてしまうまでの流れが効果的な演出で示されている。抵抗虚しく貫かれては、その圧倒的な責めに蹂躙され、その結果、望まない絶頂を迎えてしまう序盤や、強制お口奉仕の最中に胸の先っぽを責められて感応しては途中から図らずも自ら淫らに貪ってしまう中盤、そして、最早止められなくなってしまった交わりからイキっ放しの連続絶頂の果てに、中出しのタイミングに合わせて最後の昇天を迎える終盤など、淫猥極まる凌辱が随所に見られる。

その存在感で否応なしに君臨する凌辱者を(手を抜くことなく)演じた田渕政宏に加え、あばらが透けるほどのスレンダーボディは引退前の全盛期そのままに、加わった熟女感が多少ながらもむっちりと肢体に宿り、全体に漂うアンニュイな印象と相俟って魅力を増した女優さんの演技と艶技にも喝采を贈らねばならないであろう。実にいやらしい密室凌辱が全編を通して表現されていた。
------------------------------

夫の目の前で犯されて- 訪問強姦魔6 舞咲みくに アタッカーズ [DVD]夫の目の前で犯されて- 訪問強姦魔6 舞咲みくに アタッカーズ [DVD]
(2012/10/07)
舞咲みくに

商品詳細を見る

★★★★★ 可愛らしい癒し系キャラと抜群なプロポーションとのギャップの破壊力, 2013/7/2
2012年にアイデアポケット専属でデビューし、6本ほど出演してから徐々にキカタン方面にもシフトしつつフリーで単体作品もコンスタントに出ているようで、今年から来年にかけて大いなるブレイクが予感される、でなくとも大いなるブレイクを果たしてほしい願望をヒジョーに抱きたくなる女優さんの魅力が存分に引き出されている作品である。

瓜実顔に切れ長の目。変に二重瞼ではない(奥二重かもしれないが)ところが日本人女性らしく、ニコニコしているところやおっとりした話し方には何とも言えない癒し系の可愛らしさを感じる。しかし、ボディは決して癒し系ではなく、途轍もなく扇情的と言わねばならない。ナチュラルな美巨乳&美尻&美脚の「三種の神器」を備えた抜群のプロポーション。このコントラストというかギャップの破壊力が素晴らしい。悶え始めてから色気を湛え始める表情の変化にもギャップがあって良かった。

ストーリー展開はシリーズの王道だが、相変わらず秀逸な照明とカメラワークで映像は美麗。何より凌辱者(男優)が若手なのでパワフルなカラミが続く良さがある。長い脚がM字に開かれるのは迫力があるし、膝裏から抱え込んでの屈曲正常位で最奥を抉るいやらしさがたっぷりフィーチャーされていた。若妻を堕としていく男の纏わりつくような執拗さと、責めに責められて次第に堕ちていく若妻の被虐的な美が高い興奮を誘う仕上がりになっていると言えよう。欲を言えば、ベランダでの青空お口奉仕は悪くなかったものの、全体的には寝室(ベッド)が多かった印象のカラミについてはもう少しバリエーションがあってもよかったかな?
------------------------------

アタッカーズ全面監修 夫の目の前で犯されて Rio [DVD]アタッカーズ全面監修 夫の目の前で犯されて Rio [DVD]
(2012/03/01)
Rio

商品詳細を見る

★★★★★ 堕ちる瞬間の演技に見どころアリ, 2012/10/3
以前、ムーディーズが創立10周年を記念してアタッカーズとコラボした作品があったが、これに味をしめたのか、その後にアイデアポケットがアタッカーズの全面監修という触れ込みで一線級の単体女優を起用し、半ばシリーズ化している第3弾となるのが本作である。ヒロインを演じるのは、言わずと知れた旧名義「柚木ティナ」たる Rio さん。さすがの演技力で魅せてくれる。

シリーズとしては極めてオーソドックスな展開ではあるが、夫不在時に責め続けられる若妻の肉欲的陥落にフォーカスされており、田渕正宏演じる凌辱者のムスコを目の前に自らとうとう舐め始めてしまう、咥え込んでしまう瞬間はなかなかの破壊力である。騎乗位で腰をぐわんぐわんとグラインドさせるいやらしさをも見せつつ、その後の夫の帰宅によって(本来ならクライマックスになるところで)元に戻ってしまうのが逆に残念と思えるほど。

あと、本作では珍しく中出しがない。この点については好みの分かれるところかもしれない。

AVアイドル時代の可愛らしさは多少減退したものの、やはり美人だと思う女優さんではあるし、安定した通常演技は言うまでもなく、スレンダーながらバランスのとれたスタイル(腰の括れから充実した腰回りへのプロポーションは素晴らしい)に苦悶を湛えた表情や扇情的な喘ぎを加えた官能艶技も高いレベルで興奮を誘う。
掲載元
------------------------------

アタッカーズ全面監修 夫の目の前で犯されて 初音みのり [DVD]アタッカーズ全面監修 夫の目の前で犯されて 初音みのり [DVD]
(2012/02/01)
初音みのり

商品詳細を見る

------------------------------

夫の目の前で犯されて― 伊島香織 レイプ魔は突然に [DVD]夫の目の前で犯されて― 伊島香織 レイプ魔は突然に [DVD]
(2011/07/07)
伊島香織

商品詳細を見る

★★★★★ 演技&艶技上手の良さも出た淫猥感, 2012/4/6
正直なところ、この女優さんがこのシリーズに出てきたのは意外というか少々の驚きもあったが、結果的にはしっとりした熟れ妻といった風情があって良かったと思う。何しろ通常演技が抜群に上手い女優さんなのでドラマが安心して観られるのも全体を底上げしているのであろう。

突然現れる暴漢に襲われ、来る日も来る日も現れては襲われ続けるパターン。余計な人間関係を排除したシンプルさがある。途中の連続凌辱シーン(ハイライト的にスローモーションで流れるやつ)も控えめにして2度目、3度目の凌辱シーンを充実させる構成も悪くなかった。強制お口奉仕が若干多過ぎる気もするが、官能艶技もきっちりこなす女優さんらしく淫猥さと耽美さのある映像となっている。リビング(窓際)での万歳お口奉仕から立位(後背&対面)へと至る粘着質のある責めでは、屋外からの撮影も交えた淫靡さもあってなかなかにいやらしい。マルチカメラをフル活用する最近の撮影手法が冴えている。

たまに艶技過剰にも感じる作品も見受けられる女優さんだが、本作では男優(田淵正宏)の責めが合っていたのか、悩ましくも艶めかしい苦悩と恍惚が程良く醸されていたと思う。単にメイクが良かっただけかもしれないし、作品を重ねて垢抜けたのかもしれないが、何とも言えない美しさも時折感じられた。髪の長さが顔立ちにちょうど合っているのかもしれない。
------------------------------

夫の目の前で犯されて― 青木莉子 訪問強姦魔 [DVD]夫の目の前で犯されて― 青木莉子 訪問強姦魔 [DVD]
(2010/09/07)
青木莉子

商品詳細を見る

★★★★★ 定番展開に加えられた捻りがなかなか利いている, 2011/6/6
事務所の移籍などもあって「片岡さき」→「桜まい」→「青木莉子」と名義変更を経た女優さんらしい。一見すると(失礼ながら)感じのいいおばちゃん顔にも見えるが、実際はもっと若い感じ。まぁ、充実した腰周りや、数年前ならもっと張りがあっただろうなぁという巨乳の適度な熟れ具合からすると、これまでのOL路線よりも今後は熟女路線の方が向いているように見えなくもない。ただし、しっかしたボディの割に肘から先(特に手首や指)あるいは太股から足首にかけては逆にほっそりしており、これが良かったりもする。通常演技もそつなくこなしているし、元より単体時代を経ているだけに官能艶技も申し分ない。人あたりの良さそうな好印象振りで活躍の場が広がる期待感も持たせる女優さんだと思う。

このシリーズの定番的な展開に少し捻りを加えた要素が本作に(良い意味での)“汚れ”を醸している。夫の再就職先の胡散臭さが最後まで奏功しており、「夫の上司に襲われる妻」が表現されていた。抵抗しっ放しで明らかに嫌がっている妻に「そろそろ感じてきたんじゃないのか?」とのたまうようなセリフのズレが感じられたり、あれだけ連続で侵入されていながら勝手口の鍵が何故にいつも掛かっていないのか、などといった、細かいところで軽くツッコミたいところはあるものの、花岡じった演じる上司の荒々しい責めを受け続ける妻のいやらしいシチュエーションが連続するいやらしさは充分にあった。夫の目の前で夜通し責め続けられる寝取られ感の果てに破滅的な結末をも伺わせる演出も悪くない。独り善がりな上司の勝手な思惑で部下の妻が所有されていく感じが出ていたと思う。
------------------------------

夫の目の前で犯されて― 小川あさ美 ターゲット [DVD]夫の目の前で犯されて― 小川あさ美 ターゲット [DVD]
(2010/08/07)
小川あさ美

商品詳細を見る

★★★★★ 女優さんの魅力だけで何度でも堪能可能, 2011/5/4
バラエティ番組『マスカット』シリーズの栄えある第1期生。しかし、その特異(?)なキャラで別方面でも人気を博す女優さん、ということはこの際忘れることにして、黙っていれば(好みは別にして)クール系の相当な“いいオンナ”だと思う。ツンとしたところとか、やや高飛車に見えるところがツボにハマるならなおさら。元よりキャリアも実績も充分なので官能艶技はハイレベルだし、通常演技においても最低限の仕事はできる。さすがにお腹周りは少々アレな感じになってきてはいるものの、程良い大きさの美乳や、スレンダー系ながら思いの外充実した下半身がもたらす美尻や太股のむっちり感などはギャップ的な魅力にもなろう。こういうタイプの女優さんが苦悶の表情を浮かべて責め立てられる淫猥さはなかなか強烈。煽情的な喘ぎや「もぅダメ」とばかりに体をのけ反らす感応に興奮を誘われずにはいられない。この女優さんの存在感がチートレベルなので、ストーリー展開やドラマ性などは正直どーでもよくなるが、それはそれで悪くない凌辱世界が表現されていた作品である。

凌辱者は見ず知らずの男タイプ。サブタイトルにもあるように以前から狙っていた設定である。夫の不在時に侵入し、後ろ手に拘束して若妻を組み伏せる序盤からいやらしい雰囲気満点。すぐに顔出しするなら侵入時に顔を隠しておく必要はあったのか?とも思うが、ここから夫が出張から帰ってくるまで一週間の調教的凌辱が始まる。強制お口奉仕と後背位ばかりな気がしないでもないが、これも女優さんのルックスを想定してのことであろう。リビングで、洗濯機の前で、そして風呂場で無理矢理させられている被虐の官能美が出ていた。最終的には強制されなくてもご奉仕するようになり、男の上に自ら跨って猛烈に腰を振り倒すくらいにまで慣らされていくのも良い。ここから夫帰宅後の第二幕となる。

素性を偽って居候する凌辱者が就寝中の若妻を呼び付けてリビングのソファで交わる後半戦もいい感じ。声を出せない中での堪える淫猥さが出ており、ベッドに妻がいないことを気にして起き出した夫の行動がすぐに“夫の目の前で”にならず、フックの利いた捻りを1つ入れている構成も良かった。これにより最後で夫に『見ないでぇ』と懇願しながら悶え捲って絶頂に達するクライマックスとの対比がしっかり表現できたと思う。終わってみれば、毎回中出しを喰らう若妻の悲哀と肉欲的な陥落のコントラストが上手く描かれた作品になっていたと思う。
------------------------------

夫の目の前で犯されて― 麻木明香 覗かれた生活 [DVD]夫の目の前で犯されて― 麻木明香 覗かれた生活 [DVD]
(2010/07/07)
麻木明香

商品詳細を見る

★★★★★ 若妻を軸にした寝取りと寝取られが上手く配された脚本と演出, 2011/4/5
正直、あまり期待していなかった分、掘り出し物的に内容の良さが際立った作品である。各登場人物の設定、王道の展開に少し捻りを加えた脚本、小物を上手に用いて見どころをつくった演出、これらを総合的に表現することに成功した配役。全てが上手く機能して背徳と退廃の上質な凌辱物語が完成したと断言したい。

寝取り役の男は夫の先輩。適度なチャラさと図々しい態度でイヤな男臭を漂わせている。対する寝取られ役の夫は人の良い男で、愛嬌のあるキュートな顔立ちの割にむっちりしたボディが魅惑的な妻とは「夜がお盛ん」でないところに、その後の妻の“手篭め”とのギャップを生み出している。

かつて地元でブイブイ言わせていた先輩が事業が失敗して転がり込んでくるのだが、これにサブタイトルにも通ずる(実際は少し異なるのだが)要素を1つ盛り込んでストーリー展開に深みを持たせている。

最初の凌辱が恫喝まがいの高圧的かつ乱暴な脅しで小うるさかったのだが、その後も関係を強要し、最終的には様々なシチュエーションで夫不在時に妻がヤラレまくるいやらしさに繋がっていた。キッチンで迫りながら寝室に移動したのは残念だったが、これには展開上の必要性を持たせている。まずまず凝った脚本と言える。

実はあるダイエットマシンが妻にプレゼントされているのだが、これが中盤と終盤に見事な役割を果たしている。この演出を思いついた時点で本作の成功が確定したかもしれない。

本シリーズの肝である「夫の目の前で」のシーンにも一工夫があり、寝取られ感たっぷりの状態から中出しを喰らう結末は、ドラマと知りながらもなかなかの絶望感を味わえる。

作品の性格上、基本的にされるがままが大半だった女優さんの官能艶技だが、終始抵抗する序盤と、やや諦念を見せ始める中盤以降とでキスの仕方などに違いを出していたのは良かったと思う。プニプニな巨乳を鷲掴みされて揉まれたり、体を折り曲げられて合体させられたりとハードな一面もあったが頑張ったと思う。
------------------------------

夫の目の前で犯されて― 西野翔 義弟の欲望 [DVD]夫の目の前で犯されて― 西野翔 義弟の欲望 [DVD]
(2010/04/07)
西野翔

商品詳細を見る

★★★★★ 堅実なストーリー展開をきちんと演じる配役, 2011/1/2
言わずと知れた堀口奈津美さんの妹さんが美貌の若妻を堅実に演じて作品のレベルUPに貢献している。お姉さんほどの巨乳でもないが、均整のとれたスタイルはやはり美しい。細く括れた腰に反して意外にむっちりした太股などは垂涎の魅力である。喘ぎ声の大きなところは姉譲りかも。どちらかというとメジャーな路線で自分の魅せ方を鍛えられたせいか、若干過剰かな?と時折思うものの、AV女優としてはさすがの演技力と言えよう。突然訪れた義弟に困惑したり、夫の不在時に襲われる際のちょっとした抵抗のセリフに、通常演技は大根な女優さんとの違いが出ていた。また、えらく年の離れた夫に義弟と思わざるを得ないベテラン男優陣を配しているが、これもまたドラマ部分の安定感に繋がっている。義弟を演じる田淵正浩が得意とするワルい奴を演じているが、娘ほども年の離れた西野翔さんに「義姉さん」とか言ってるのが少し笑えるものの淫靡さを醸してもいた。

展開もまたいたって堅実。義弟にもシンプルな理由を与えて義姉(兄嫁)に迫らせている。先述の通り、相応に通常演技もできる配役と判断して余計な捻りは控えたストーリーなのかもしれない。夫の不在時に加えて庭先でゴルフの素振りに高じているちょっとの間でもキッチンに忍び寄っては兄嫁に迫る義弟のいやらしさが出ていた。また、頑なに抵抗するものの、連日の凌辱にやや屈した形で、終盤では半ば自発的なお口奉仕を見せたり、酔いつぶれた夫(その後に拘束)が目覚めるまでは声を我慢し切れなくなったりと、序盤とは感じ方にちょっとした違いを出す上手さがあったと思う。目覚めた夫の狼狽と抗いもちゃんと演出されており、ほとんど声も出さず、居るのか居ないのか分からないような状況にはなっていない。このシリーズが本来描きたいのであろう要素がしっかり盛り込まれた内容になっていたと思う。中出しを拒否しつつも喰らってしまう兄嫁の悲哀も滲み出ていた。
------------------------------

夫の目の前で犯されて 打ち明けられなくて 波多野結衣 [DVD]夫の目の前で犯されて 打ち明けられなくて 波多野結衣 [DVD]
(2009/12/07)
波多野結衣

商品詳細を見る

★★★★★ 若妻が蹂躙される感じが出ている, 2010/12/7
ストーリー的にはシリーズの定番的なものかと思うが、前半と後半とで凌辱者が変わるのが本作の特色であろう。募る想いをぶちまけるように迫る酒屋の配達人による前半は、夫の不在時を狙われた淫靡な空気が漂っており、親切にしてくれていた近所の人に襲われるいやらしさが出ていたと思う。日焼けした男の浅黒い肌と若妻の真っ白な肌とのコントラストが映え、後背位での胸の揺れ方も淫猥で良い。もう少し抵抗した方がリアリティが出るとは思ったが、その後もこの男が執拗に押し掛けては交わりを繰り返す展開に興奮度も増す。ディープなキスを繰り返されて若干堕ち気味にも見える若妻である。

後半では別の男が押し入り、夜通しでの凌辱となる。ここで「夫の目の前で」となるのだが、夫の抵抗がほどんど無いため、側にいることさえ忘れそうな感じである。せっかくのシチュエーションが上手く演出されておらず勿体ない。また、前半で妻の知人という繋がりがあったために、この男にも何らかの関係性があるのかな?と思ってしまうのだが、この辺りは曖昧である。どうせなら、人事に携わる夫によってリストラされたことへの腹いせみたいな設定でもあればもっと盛り上がっただろうに、という気がしないでもない。若い男優だが、大上段に構えたような佇まいで執拗に責め立て、若妻を征服するような存在感があっただけに単なる侵入者にしておくのも勿体ない気がした。また、後半に入ると女優さんが疲れたのか、官能艶技にキレが無いようにも見える。

後半に幾つか気になる点が見られるものの、若妻が蹂躙される様を前半と後半で2通りに見せる展開は良いと思った。可愛らしい若妻を演じる波多野結衣さんも役に合っていると思うし、スレンダーボディに不似合いなほどグラマラスなプロポーションが見せる被虐の恥辱が何とも言えない魅力になっていると思う。
------------------------------

夫の目の前で犯されて- 女帝の棲む家 姫咲りりあ アタッカーズ [DVD]夫の目の前で犯されて- 女帝の棲む家 姫咲りりあ アタッカーズ [DVD]
(2008/09/07)
姫咲りりあ

商品詳細を見る

★★★★★ 部屋の鍵を奪われることで生じる連続凌辱, 2010/1/11
サブタイトルの『女帝』とは、マンションに引っ越してきたカタギでない人の愛人のことである。これに逆恨みされて纏わりつかれるのが今回の展開。舎弟が多数いて抵抗すると夫もタダではおかないと脅されて部屋の鍵まで奪われるのが新味。これにより何時でも襲われる不安感がいやらしさを助長する。掃除の最中やベランダでの物干し中にまで侵入されて襲われたり、夫の就寝中にキッチンで交わらされて声も上げられずに指を咥えて堪える煽情的なシーンもある。連日連夜の凌辱で(映像的には計6度の)中出しを受ける若妻の被虐性がかなり良い。舎弟が責めている最中に時折側で言葉責めする女帝が少し邪魔なのだが、実はこの女帝がクライマックスでナイスな活躍をして「夫の目の前で」をいやらしさ二乗にしている。

とってもスレンダーで細く括れた腰に反して実に見事な美巨乳を誇る若妻役・姫咲りりあさんが、抵抗虚しく無理矢理にされるがままの序盤、嫌がりつつ官能の昂ぶりも垣間見せ始める中盤、夫の目の前で『見ないでぇ~っ』と懇願の叫びを上げながら絶頂に達する終盤と、全編に渡って凌辱され続ける被虐的な交わりを見せてくれる。なお、女帝役はつかもと.友希さんが一枚上手な演技を見せている。
------------------------------

夫の目の前で犯されて- 侵入者3 灘ジュン アタッカーズ [DVD]夫の目の前で犯されて- 侵入者3 灘ジュン アタッカーズ [DVD]
(2007/03/07)
灘ジュン

商品詳細を見る

★★★★★ 夜通しで凌辱を繰り返される演出が素晴らしい, 2009/8/19
タイトル通りの凌辱が展開されるシリーズなので、この「夫の目の前」に至るまでの演出が本シリーズ各作品の良し悪しを決める一端を担うのだが、本作の素晴らしいところは、冒頭の凌辱者(複数)の家宅侵入から始まる最初の凌辱シーンが夜通しで延々と続けられるいやらしさに満ちていることである。嫌がる人妻を無理矢理に襲う→その後も凌辱を繰り返す→夜中になっても続いている→夜が明けてもまだ続いている、こんな演出が上手になされている。イヤそうな顔をしながら凌辱され、後半は諦め半分の感応を見せ始める人妻の変化も上手く出ている。後半は味をしめた凌辱者達が再度侵入し、嫌がる人妻をキッチンで無理矢理凌辱する、本シリーズお約束のシーンもしっかりある。最後は言うまでもなくタイトル通りの結末である。失礼な言い方かもしれないが、この女優さんはどちらかと言うと凌辱系、つまり襲われる役どころが向いているように思う。困惑して拒むものの最後は貫かれてしまう被虐的な演技が、その表情とともに上手いと思ったし、シチュエーションもさることながら、このようなクール系美人が襲われるのはやはり興奮度が高いのである。
------------------------------

一部に未レビューなのも混じってます。(^^;)

テーマ : AV紹介
ジャンル : アダルト

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2