FC2ブログ

索引

●官能小説 - 作者別
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行
は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

その他】 ※アンソロジー等

●官能コミック - 作者別
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行
は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行】
その他】 ※アンソロジー等


官能ブログが一目瞭然でチェックできるアンテナサイト
官能ブログ新着アンテナ
http://dsk18.a-antenam.info/


官能分野の情報集積発信サイトとして広くご利用いただければ幸いです。
貴ブログからのアクセスで「逆アクセスランキング」にチャートインし、貴ブログ(新着3件分の見出し)が自動表示されます。PR効果が発生するのでリンクの設置と定期的なアクセスをおすすめ致します。



- PR -



当サイトは、amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

2017年9月の気になる官能書籍

2017年9月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!



▼フランス書院文庫


2017/9/26 発売

新妻狩り、隣人妻狩り、エリート妻狩り(著:相馬哲生)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
柔和な笑顔が男を虜にする弁当屋の新妻・みゆき(32)
上品な雰囲気に似合わぬ豊満ボディの隣人妻・優月(30)
怜悧な美貌を鼻にかける高慢なエリート妻・櫻子(34)
美しい人妻たちを、口説いて、奪って、堕として、
手なずけ、操り、調教し、ベッドで服従を誓わせる!
夫ではない男の腕のなか、人妻は淫らな美獣に変わる!


タイトルに反して少しソフトな凌辱っぽい気もしますが……。



2017/9/26 発売

ママくらべ-友人の母、彼女の母、僕の義母(著:弓月誠)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「他のふたりはもっと上手なフェラチオだったの?」
亀頭を唇に含み竿肌に舌をねっとりと這わせる裕子。
美和子や明奈とは違う心地よさに智之は溺れた!
三人の「ママ」に優しく施される日替わり手ほどき。
極上クンニ、甘蜜シックスナイン、騎乗位交合……
熟肉を堪能し、身も心も翻弄される性の楽園、開幕!


「黒本」にしてはなかなか大胆な表紙ですねぇ。」



2017/9/26 発売

孕蔵〈くら〉-未亡人兄嫁と若兄嫁(著:御堂乱)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「僕の子を孕むまで義姉さんはこの蔵を出られないよ」
ねっとり突き上げられる媚肉、奥まで届く長大な肉棒。
身体をブルブル震わせ、汗の粒を雪肌に滲ませる友梨恵。
兄に虐げられた弟の憎悪は、憧れの美しい兄嫁へ!
暗い蔵の中、身も心も縛りつけた24歳にぶつける欲望。
青狼の毒牙はもう一人の未亡人兄嫁(32)へも……


監禁凌辱に旧家の蔵が用いられるのは淫靡さが増しますよね。



2017/9/26 発売

熟女お手伝いさんと僕-ワンルームでふたりきり(著:神瀬知巳)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「本当にたくましくなられて……反りも長さも……」
張りつめた肉茎を指であやし、蕩けた貌を寄せる百合子。
ひとり暮らしを始めた涼一の部屋にやって来たのは、
幼い頃から身の周りの世話をしてくれた36歳の未亡人。
掃除、洗濯、料理はもちろん、ムラムラしたら性処理まで!
熟女お手伝いさん――それは夢のように淫らな「恋人」!


こちらもイイ表紙だwww
1人ヒロインでしょうか。



2017/9/26 発売

淫獣の逆襲-女教師姉妹、そして女教師母娘を(著:千賀忠輔)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
一匹の淫獣が、学園の秩序と風紀を狂わせた!
授業中の真面目な顔を捨て牝に堕ちる未亡人教師・響子。
引き締まった躯を晒し露出授業を強制される体育教師・茜。
保健室で調教され幾度も絶頂を遂げる養護教諭・圭澄。
クールな美貌を歪め純潔を穢されるハーフの英語教師・リサ。
22歳24歳26歳34歳――すべての美教師が牝奴隷教師に!


渾身の応募原稿(デビュー作)からの真価を問われる2作目になるかと思われますが、果たして……ヒロインは今回も4人の大所帯ですね。



2017/9/26 発売

もっとしたいの-家主母娘と押しかけ女教師(著:美原春人)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
(届いてる……娘と同じ年頃の子をこんな奥まで)
膣奥を埋める肉茎、子宮を圧迫してくる長大な逸物。
夫を亡くして五年、女手一つで大家業を営む未亡人。
疼く身体をもて余し、大学生の友吾をご飯に誘うが、
我慢できず、豊乳を押しつけ、朱唇を股間へ寄せる。
姦係に気づいた美娘は、自らもつたない挑発を……


早くも3作目となりますが、こちらもおそらく真価を問われる作品となることでしょう。
母娘+女教師の3人ヒロインでしょうか。



▼マドンナメイト文庫


2017/9/11 発売

ハーレム教室-僕らの童貞喪失日記(著:早瀬真人)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
5人の少年たちが、テニス部顧問の女教師、ロリータ下級生、幼なじみの同級生たちと童貞喪失すべく奮闘するが……私立朋麗学園は初等部から高等部までの一貫校だった。その学校の生徒である仲良し五人グループの少年たちは、とにかく童貞を早く捨てたくてたまらず、美しい英語教師、ロリータ下級生、幼馴染みの同級生、大人っぽい従姉、熟れきった人妻たちに挑んでいくが……。

主人公が5人の少年グループということは、これまでと少し違ったテイストが見られそうですねぇ。



2017/9/11 発売

奴隷契約-恥辱の女体化ペット(著:小金井響)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
奴隷契約を結ばされた少年の身体は、未知の快楽神経を開発されたあげく……優宇は高校の人気者で、大人びた美少女・渚も狙っていた。そんなある時、父親が交通事故を起こし家族は窮地に陥る。すると渚の母であり、優宇の父の会社社長でもある和花が、家族を救済する代わりに渚のペットになれと条件を出す。優宇はやむなく従うが、彼らの真意は恐るべきもので……。

女体化……男の娘でしょうか。



▼二見文庫


2017/9/26 発売

催淫気功-その気にさせて(著:霧原一輝)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
淫気パワー、満開!「あなたの手、熱くなってきた……」 妄想しながら「気」で押すと瞬く間に喘ぎはじめる女性たち。人気作家による、書下し官能エンターテインメント!
閑職に異動された良男は、通っていた気功教室で、〈手当て〉によって淫気を送り込むことを偶然習得した。これを機に、会社の美人OLとの合体に成功し、さらに自身が人事部長絡みで飛ばされていたことを知る。左遷に関係する女たちを淫気パワーで次々とめろめろにし、やがて、真相に近づくが──。


霧原先生にしては珍しい(?)催淫ネタのようです。



2017/9/26 発売

人妻たちに、お仕置きを(著:桜井真琴)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「今夜は帰れないよ、奥さん……」悪い女たちを集め、淫らな「復讐」をする男──期待の俊英による書下し官能エンターテインメント!
父親がある男たちに嵌められた歩は、借金を背負うことになってしまう。ならば、事件の関係者の女たちとセックスしてから死のう、と考えた彼は、友人の母親をまず監禁して辱めると、さらに教育実習生の女性、父親の後妻にも同じことを──。が、なぜか、三人の家に動きがない。歩はそれぞれの家を調べて、驚愕の事実を知る……。


どんなお仕置きなのでしょう。



▼竹書房ラブロマン文庫


2017/9/4 発売

ふしだらコスプレ熟女(著:美野晶)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
大学生の凉太は、イベント会場で恋人の瑞希の母親・美奈代が大胆な衣装でコスプレしている姿を目撃してしまう。彼女は恥じらいつつも、きわどい衣装を着てグラマラスな肉体をカメラに晒すことに興奮していた…!美奈代をコスプレ趣味に引き込んだ人妻の桜子、先輩女子大生の柚葉、可憐な恋人の瑞希ーセクシーな肉体を持つ女たちに誘惑され、思うさま欲情を放ちつつも、淑やかな美奈代の淫靡な本性にどうしようもなく惹かれる凉太。ついに彼は一線を越え、美奈代の巨乳巨尻に思うさまむしゃぶりついてー!? バニーガール、メイド、アニメの正義のヒロイン…大人な熟女があられもない衣装で恥じらうギャップに燃え上がる、興奮のコスプレハーレムロマン!

コスプレネタを熟女に盛り込んだところがオモシロそうですが、果たして……。



2017/9/11 発売

人妻みだら不動産(著:鷹澤フブキ)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
空き物件の内見で二人きりになった時、人妻の熟れたフェロモンが男の欲望をかきたてる!
急いで引っ越しをしたい青年の佐々木倫也は、飛び込みで入った不動産屋で巨乳美人の結佳に案内され、部屋を内見しに行くことになる。彼は結佳と意気投合し、密室と化した空き部屋でつい一線を越えてしまうが、それは美人妻だらけの不動産屋で次々に誘惑される日々の幕開けだった……!水着の日焼け跡のまぶしい柔肌妻、知的なメガネ人妻のむっちり尻、そして妖艶な熟れ妻にリードされる快楽…!美熟の人妻たちとの肉悦を女流官能の名手が描く、誘惑の賃貸エロス長編!


最近は得意とする女王様ヒロインを封印して人妻ハーレム路線なのでしょうか。



▼竹書房文庫


2017/9/19 発売

まかせて人妻(著:草凪優)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
◎「今日は淫らな女になりたいの…」家政夫の青年に人妻たちから秘密のリクエスト!
◎大人気作家がおくる極上の人妻誘惑ロマン
二十歳の桜庭拓海は、シェフを目指して修業していたが挫折。職なし・金なしとなった上に彼女もなしの童貞で人生に絶望していた。そんな折、従妹の千奈から連絡が。千奈はフリーの家政婦だったが、離婚を機にしばらく海外に出るので、自分の仕事を引き継げと言う。押し切られて家政夫となった拓海は、戸惑いながら仕事を始めるが、顧客の人妻たちはワケありの美熟女が多く、家事以外にも秘密の用事を頼まれて…!「奥さん、家事も快楽もおまかせください!」官能界のカリスマ作家がおくる青春エロスの新たなる傑作!


エレジーのごとき哀愁の熱を発するかと思えばライトな作品も繰り出してくる草凪先生です。



▼双葉文庫


2017/9/13 発売

欲望芸能界-疾風(著:沢里裕二)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
芸能事務所を立ち上げた佐々木賢治は、唯一の所属タレント・前川奈央をアイドルとして一人前に育て上げるべく、六本木を夜な夜な歩き回る毎日。狙うは年末の日本音楽大賞の新人賞だ。奈央は大手化粧品のキャンペーンガールに選ばれるなど、順調に階段を上っていったが、ライバルの大手芸能事務所から思わぬスキャンダルを仕掛けられてしまう。己の才覚と下半身を武器に、芸能界をのし上がる男を描く、書き下ろしエンタメエロス。

すっかり人気作家の沢里先生ですが、刑事モノばかりじゃないよ!と気勢をあげる1冊になるのでしょうか。



2017/9/13 発売

おんな酔い街(著:江見宏)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
吉田伊知郎の唯一の慰めは、勤め帰りの至福の一杯。長年連れ添った妻に去られたやるせない記憶は、いつしか彼を大人の男に成長させていた。今宵もひとり酒を楽しむ伊知郎の前に、悩める美女が現れる。盃を重ね、飲むほどに酔うほどに心と体を開いていく二人。切なくも淫らな夜が更けてゆく――。人生のほろ苦さ、男女の愛しさを情緒豊かに描く"遅咲き大型新人"、渾身のデビュー!

わざわざ遅咲きと銘打っているのは大人の機微が描かれているからなのかもしれません。
期待のデビュー作となるか!?



2017/9/13 発売

指の記憶(著:雨宮慶)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
教師をしている早瀬美枝には、忌まわしいレイプの過去があった。7年を経てようやく教師に復帰した美枝は、かつて教え子だった加納久志と夜の街で偶然再会し、憧れていたと告げられるままホテルでの蜜事に及ぶのだが。
男と女のやるせない恋情と淫心を巧みに描いた短編8作を収録した、珠玉の官能短編集。


過去作品の再販なのか既出短編を纏めた1冊なのか、はたまた新作なのか……出どころは分かりませんが、短編集です。



▼徳間文庫


2017/9/7 発売

人妻オークション(著:草凪優)


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
美しい人妻との一夜の権利が競りにかけられる。そんなアンダーグラウンドの性風俗に嵌まる早妃は清楚な印象の三十路妻。女としての自分の価値を確かめたい……。金銭を対価に成熟した体を男の欲望の前に差し出すのだ。娼婦まがいの背徳に魅せられた早妃は、自分のなかの奔放な官能にとまどいながらも艶やかに開花してゆく。性に溺れる人妻をみずみずしいタッチで描ききる衝撃の官能小説。

女(人妻)としての自分の価値を確かめる方法が金銭というのはなかなかにして現実的なアイデアでもあるかと。



▼イースト・プレス悦文庫


2017/9/10 発売

いっぱい出るのね(著:橘真児)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
平凡なサラリーマンの富栗は、ある日、隣室の女教師・真沙美が酔いつぶれているところに遭遇し、しかたがなく自室に運び介抱した。だが、夜中に目覚めた真沙美は、自身のあられもない姿に犯されたのではと色めき立つ。その後、誤解を解いていくと、夢のような展開へ……。さらに翌朝、富栗が目を覚ますと、彼女が一物をしゃぶっていた!妖艶な姿を目にして、股間は益々元気に!? その富栗の射精量と勢いに驚く真沙美。じつは、彼は子供のできない家に雇われ、妻を孕ませる名家の末裔だったのだ。悩める女性たちの相談を聞き、淫らな求めに応じてゆく富栗だが……。

今回の橘ワールドは孕ませ名家のいっぱい出る人!



2017/9/10 発売

彼女の十字架に濡れる瞳(著:葉月奏太)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
20歳で童貞の宏明は、ジムの水泳インストラクター。そこに通う美華子は30歳で人妻だが抜群のプロポーション。その魅惑的な水着姿に刺激された宏明は、思わず股間をふくらませてしまう。美華子に気づかれ更衣室に逃げこむが、ロッカーの陰で股間にいたずらされ、あえなく昇天――。なんとか仕事を終えて外に出た宏明は、そこで自身の今後を大きく左右する運命の女性と出会う。その女性の名は涼乃。美華子のひとつ下の後輩だという。宏明は清楚な雰囲気の涼乃にひとめぼれ。彼女が17年間、十字架を背負って生きてきたとは知らずに……。

葉月先生×悦文庫のタッグは切ない路線で良作が続いていますから今回も期待ですよね。



2017/9/10 発売

碧い海、茜色の島(著:末廣圭)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
親の命で訳アリ母娘の問題を解決するため、宿さえない島・うえず島から上京した翔平。色香漂う母・由里江とひきこもりの娘・玲奈に会うが、面倒ごとを引き受けたと後悔していた。だが、その夜、寝室に由里江が現れた!豊満な躯をおしげもなくさらす彼女に思わずむらむらしてしまう翔平。その様子に気づいた由里江が甘えるように誘惑してきて――!? 後日、うえず島へ母娘を招待すると、都会では感じることのできない解放感から、ふたりは次第に心も躯も変化してゆく。海中で始まる斬新で官能的な行為に翔平の好奇心はとまらない――。そのうえ、沖合の孤島には、たった一人の巫女がいるようで……。

母娘+巫女の3人ヒロインみたいですね。



▼リアルドリーム文庫


2017/9/30 発売

とろ蜜満淫アパート-隣人は女子大生・OL・未亡人(著:庵乃音人、画:木静謙二)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
とある事情で女性限定のアパートに越してきた徹は、
住人である女子大生の里穂、未亡人の綾子、OLの由真と出会い、
カラダの関係を次々と結ぶことに。
「私が、気持ちいい事を教えてあげるわね……」
童貞卒業、SMプレイ、ハーレムエッチ――。
一つ屋根の下で色情に乱れた夏が今、始まる。


実はロングセラーな庵乃先生×リアルドリーム文庫の「とろ蜜」シリーズです。



▼Kindle Unlimited ※月が変わると対象外になる場合があります。


1997/7/23 発売

赤い下着の女教師(著:巽飛呂彦、フランス書院文庫)


Kindle版はコチラから。
麻稀が受けた深夜の電話は、まさに淫獄への招待状だった。
挑発的な赤い下着姿のままビルの谷間でフェラチオ奉仕。
赤い首輪をつけられ、全裸で恥辱の強制校内散歩。
女教師のプライドも、教育者としての品行も、
女としての慎みも奪われ堕ちていく……
野獣生徒から受ける疾風怒涛の凄絶なる調教!




1997/9/23 発売

赤い下着のスチュワーデス(著:巽飛呂彦、フランス書院文庫)


Kindle版はコチラから。
就寝時間の機内、最後列で杏香は恥辱にまみれていた!
制服のタイトスカートを捲られ、赤い下着をずらされ、
濡れた淫肉には男の指が這いまわる。
跪く国際線スチュワーデスの口には巨大な剛直が!
ひどいっ……。凌辱の網に捕らわれた天海杏香には、
赤い下着の奉仕奴隷になるしか生きる道がないのだ!




1998/1/23 発売

赤い下着の女医(著:巽飛呂彦、フランス書院文庫)


Kindle版はコチラから。
白衣姿も艶めかしい、美しき27歳の女医。
副院長夫人でもある橘聖香の、もう一つの顔は、
挑発的な赤い下着を身に纏うナルシスト。
暴漢医師に秘密の凌辱写真をネタに強請られ、
イラマチオ、診察台レイプ、アナル輪姦……。
汚辱にまみれた聖香、慟哭と悲憤の奴隷奉仕!


今月は巽先生の「赤い下着」シリーズ凌辱3部作が揃って対象になっています。
発売日からして当時から速筆だったことが分かりますよね。



にゃらさんのブログにある今月の新刊情報はこちらから。
◎フランス書院文庫2017年9月刊情報フランス書院公式ホームページ「これから出る本」コーナーにて9月発売予定の文庫情報が出ましたが、Amazonでは9/13現在でやっと更新されたようです。書影その他が反映されたら記事を更新いたします。※タイトルからのリンク先は全て版元ドットコムさんの紹介ページとなっています。(公式もまだ書影未更新ですので…。)美原春人『もっとしたいの 家主母娘と女教師』(届いてる……娘と同じ年頃の子...
2017年9月刊情報







関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

彼女の母・彼女の姉・過保護なママ(著:柊悠哉、フランス書院文庫)

2017/7/26 発売

彼女の母・彼女の姉・過保護なママ

著:柊悠哉フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

「こんなおばさんを女として意識してくれてるのね」
ズボンの中心に顔を近づけ、朱唇を寄せる美香。
娘にかわいい彼氏ができたことを喜んでいたはずが、
初体験に失敗したと聞き、自らの肉体で女を教える。
息子を溺愛する祐一の母親に秘密を気づかれ……
42歳、23歳、34歳……三つ巴の淡い誘惑合戦!
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 完成度の高いデビュー作,2017/9/7
第18回フランス書院文庫官能大賞新人賞受賞作。作者は20代とのこと。書き手もそうだが、とりわけ読み手が高齢化している官能小説においてジェネレーションギャップ的にどうかと思ったが、昔馴染みの隣人年下主人公という親近感を背景に体の結びつきから心が傾いていく、あるいは母性から愛情に変わっていくヒロインが丁寧に描かれており、むしろ現状に即した手堅い作風だったと言える。この完成度の高さからして今後の行く末が侮れないデビュー作と言えるのではなかろうか。何より作家として長期の活動継続が可能なだけに楽しみも増すところである。

彼女【香澄】
高校2年生か3年生と思しき主人公とは同級生と思われる。初体験同士の営みで破瓜こそ迎えるものの痛みと主人公の強引さによって少々おかんむり。この冷戦期間に香澄の周囲にいる女性陣と主人公との関係が築かれていく流れである。最近の「彼女の〇〇」系作品でよく見られる設定であり、その意味においても本作の王道振りが窺われる書き出しと言える。

彼女の母【美香】42歳の未亡人
娘の香澄と隣人の主人公との恋仲を暖かく見守っていた美香だが、2人の言動から雲行きが怪しいことに気づき、その指南役を買って出ることで男女の仲となる。娘の彼氏と結ばれる背徳を憂いつつも覚えた愉悦には抗えず、心までも次第に傾けていく。そのウキウキ振りが香澄の姉に見透かされることとなる。

彼女の姉【悠里】23歳
妹(香澄)を慮って遠慮していたのに母(美香)が主人公と関係を持ったことから積極的に動き始める悠里。以前より内心では主人公を想っていたのである。しかし、だからと言って既に恋仲である妹を出し抜こうとまでは考えておらず、それでも母よりは自分を選んでほしいといった複雑な立ち位置である。

義母【沙菜】34歳の未亡人
普段は弁護士として家を空けることも多く、義息たる主人公とはギクシャクしているのだが、実際は単にコミュニケーション不足から距離感を計り兼ねていただけのようである。タイトルのような過保護と言うか厳格なところがあって、香澄との行き過ぎた関係に釘を刺そうとするものの、逆に成り行きから自身が関係してしまうことに。しかし、当初の上段な態度から本音を明かしたことで皮肉にも主人公との母子関係は改善されている。

彼女の母、彼女の姉、そして義母と背徳度の高い関係が連続しながら恋心も噴出させた母娘によって割と早い段階で3Pが盛り込まれ、その後に義母を巻き込みつつ彼女との関係も修復される流れで4P、5Pとさらなる饗宴が用意されている。だが、さすがにヒロインの多さは否めず、終盤の窮屈さと煩雑さは次作以降の課題となろう。また、せっかく若くして官能小説家になったのならば、今後は正統な作風にあっても何かしらの「若さ」を垣間見せてほしいとの期待も生じるところである。
『彼女の母・彼女の姉・過保護なママ』のレビュー掲載元


一応、驚きの 若き官能小説家の誕生!ということでしょうか。

年齢的に言っても桃色煩悩中枢が枯渇するのは相当先でしょうから(笑)、ずっと活躍していただければ、それはもぅ数多くの作品が世に出ることでしょうw

楽しみです。(^^)



にゃらさんのブログでも本作が紹介されています。
柊悠哉「彼女の母・彼女の姉・過保護なママ」(フランス書院文庫、2017年7月、表紙イラスト:川島健太郎)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)彼女の母・彼女の姉・過保護なママ (フランス書院文庫)posted with amazlet at 17.07.28柊 悠哉 フランス書院 売り上げランキング: 2,556Amazon.co.jpで詳細を見る【あらすじ】隣人幼馴染みの香澄との初体験に失敗した祐一は、娘の様子がおかしいと彼女の母親の美...
柊悠哉「彼女の母・彼女の姉・過保護なママ」





実は、こっそり告白しますと……当初はレビュータイトルに『今少しのチャレンジもほしい』といった文言を入れていたんですよね。

20代の若さにしては手堅く纏まり過ぎと言いますか、型にはまっているように感じましてね。

もっとも、「若さ=トンガってる」というのも型にはめてる話ですけどねw







関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 柊悠哉

清楚妻-ほんとは好き(著:深草潤一、二見文庫)

2017/4/26 発売

清楚妻-ほんとは好き

著:深草潤一二見文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

「遠慮しないで。何してもいいのよ」美しい人妻の意外な申し出にそのまま理性を失って……。
実家の工務店を手伝うことになり、東京を離れた浩平だったが、増改築の相談を受け出向いたその家の跡取り息子の妻・瑠璃子に一目で惹かれてしまう。端正な顔立ちで色香も漂わせる彼女だが、実は積極的な女性で、性への好奇心が旺盛だった。そんな彼女にハマっていた彼の元に、東京時代の彼女が会いにくるが……。書下し官能エンターテインメント!
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 郷里の人妻と東京の彼女,2017/9/1
タイトル及びサブタイトルのように清楚な佇まいながらも実は積極的な淫らさを見せる妙齢の人妻が描かれている。地方の名家に嫁ぎ、高嶺の花と見られるものの実際は居心地の悪さというか窮屈さを感じている元音楽教師であり、都会からやって来た若者たる主人公ならば後腐れもないという打算を滲ませながらも淡泊な夫では味わえない愉悦と人知れずの背徳を快感に変えて次第にのめり込んでいく人妻である。時には大胆に振る舞い、面食らう主人公の反応を楽しみつつ自らもスリルを興奮の材料としている不敵な一面に普段とのギャップを感じさせる麗しくも艶めかしいヒロインとなっている。

しかし、主人公には東京に彼女がいる。訳あって一時的に帰郷している主人公だが、彼女との仲は良好であり、将来にも思いを馳せるくらいに想っている。故に郷里での人妻とのアバンチュールには後ろめたさがつき纏う。1人にさせている間に合コンなどにも参加している彼女の様子も気になる。人妻と彼女との間で揺れ動く主人公の心情がメインの作品とも言えるくらいに描かれている。

おそらくダブルヒロインなのであろう。先に登場するのは彼女であり、第一章から第二章にかけては彼女がメインである。実は仲睦まじくも夜の営みに若干の不安がある。互いの遠慮もあって本来の自分が出せていないのでは?と思っている主人公であり、もしかしたら彼女もそうでは?と考えている。そして、そんなことを人妻に相談しており、女性らしい感覚の回答をもらって後に役立ったりしている。本当に清楚なのは彼女の方だという裏メッセージでもあるのかと思えてくる。恥じらいの彼女と濃厚な人妻といった官能面の対比から心情面が妙に現実的だったりするのは作者の得意とするところであろう。

そんな現実的な心情に紡がれた物語は一波乱あるものの現実的な結末を迎える。人妻とのめくるめく快楽を味わった主人公は彼女の元へ戻り、奔放な一時を堪能した人妻は名家の嫁に戻る。そこにあるのは巡り巡って元の鞘に収まる現実にあっても、その前後では確かに違う何かがあるということであろう。それは過去を、そして今を、さらには未来をも、改めて見つめ直すという行為である。不倫や浮気を肯定するでもなく、ただ何も得ることのない遠回りでもないと示す本作は受け取り方によって何とも言えない深みを感じさせてくれる。
『清楚妻-ほんとは好き』のレビュー掲載元


タイトルでは清楚妻となっている 瑠璃子 さん、いやらしくて素敵w

熟女の妖艶さと余裕のある感じ、そして昂っては積極的に貪るもののそれをあからさまにはしない感じ、それでも不意に責め立てられると被虐美が滲み出てしまう感じ…………熟女をきちんと描いた官能小説はやっぱイイですなぁww

これだから深草作品はやめられませんっ!www



元より深草先生の描く物語は現実的なことが多いのですが、本作はより現実感のあるストーリーだと思いました。



めくるめく背徳体験の後は、紆余曲折はあるにしても元に戻る……この、元に戻るところが現実にもありそうな印象を導きます。もちろん、その前後では何かが変わっているのかもしれませんが、関係性としては元に戻る。男は彼女もしくは妻の元に戻り、女は彼氏もしくは夫の元に戻る……もしかしたら巷の、普段から挨拶くらいは交わしている近所の旦那さんや奥さんにもこんな一面が隠されているのかも?などと思わせてしまう現実感があります。



昨年(2016年)から今年にかけては「黒本」でもそんな現実感を漂わせる結末の作品が散見されまして、それも新人さんや中堅さんの作品に見られまして、あるいはこうした現実的な幕の引き方が今後はトレンドの1つになっていくのかなぁ~とも感じています。

そろそろ「一竿」一辺倒なのも食傷気味ですし、何が何でもハーレムエンドというのも変化の時が到来しているのかもしれません。

そんなことを考えてしまう今日この頃ですが、実際のところはどうなんでしょ?






関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 二見文庫 深草潤一

兄嫁の秘蜜(著:綾野馨、マドンナメイト文庫)

2017/8/14 発売

兄嫁の秘蜜

著:綾野馨マドンナメイト文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

憧れだったお義姉さんの秘唇は、いつのまにかぬかるんでいて……童貞の智樹は兄嫁の菜奈に淡い恋心を抱いていた。あるとき、菜奈のショッピングに付き合っているとき、兄が見知らぬ女性とラブホテルに入っていくのを目撃した。それをきっかけに菜奈の気持ちが揺れ動き、智樹と禁断の関係を結ぶことになるが……。(引用元:Amazon)


★★★★☆ 兄嫁とのオーソドックスな愛情物語,2017/9/1
兄嫁の夫(主人公の兄)の浮気現場を目撃したことから始まる義理ながらの姉弟相姦物語。オーソドックスに進む話はライトで心地良く、気軽に読める1冊と言えそうである。

大学3年生で21歳の主人公と27歳の兄嫁が主な登場人物。以前より兄嫁に憧憬を傾ける主人公は実兄の所業に義憤を募らせ、以前より夫に愛人の影がちらついていた兄嫁は落胆するものの勢いで義弟たる主人公と関係を結ぶに至る。内心ではドキドキしながらも初心な主人公の反応に母性が芽生え、夫との営みとは異なる、自らが年下の男を導くという状況にも昂りを覚える兄嫁である。ただ、ここからは夫への愛情が薄れていく兄嫁と想いが募っていく主人公とのラヴな面がクローズアップされていく。

主人公がよく訪れるリカーショップの女将さんという位置づけで38歳の人妻がサブヒロインとして登場する。ひょんなことから主人公と兄嫁の秘密を知ることとなる人物でもあるが、良き理解者という立場になっていく。その間に主人公との蜜戯が盛り込まれるのは当然の仕儀だが、アラフォーと呼べる年上熟女ならではの妖艶な淫らさが描かれており、引き込まれる形で兄嫁の淫らさが炙り出されてもいる。その意味では兄嫁に秘められていた感応や想いなどを引き出した人物と言えるのかもしれない。

終盤で3Pを含む官能描写が続きながらもこれで幕を引くのではなく、最終的に主人公と兄嫁の2人が将来を多少なりとも意識した形で結末としたのは愛情物語としての一貫性を感じて良かったものの、全体としてはやや正攻法に過ぎた面があるのか、背徳感やイケないことをしているといった雰囲気をもっと感じたかった気もする。
『兄嫁の秘蜜』のレビュー掲載元


綾野先生の2作目ですね。

割と面白味を感じさせる物語の始まり方でしたけれども、全体としては極めてオーソドックスと言いますか、正攻法なアプローチの誘惑作品だったと思います。

ただ、夫(兄)の目を盗んで密会に及ぶという背徳感に設定上の枷が生じてしまってるんですよねぇ。(^^;)



にゃらさんのブログで紹介されている本作の投稿記事です。
綾野馨「兄嫁の秘蜜」(マドンナメイト文庫、2017年8月、表紙イラスト:妃耶八)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)兄嫁の秘蜜 (マドンナメイト文庫) [文庫]綾野 馨二見書房2017-08-14【あらすじ】義弟の智樹とともに休日にショッピングへ出掛けた菜奈は、夫が別の女性とホテルに入っていくのを目撃するが、ショックを受けつつも智樹を誘い禁断の関係を結んでしまう。素直な性格の智樹に惹かれていき関係を...
綾野馨「兄嫁の秘蜜」





サブヒロインが登場した時も当初は「兄嫁との秘密がバレたかっ!?」と狼狽する主人公だったのですが、早い段階で2人の味方というポジションになっていたので、最初は勘違いから主人公を脅すとかして手懐けてから後に真相が判明して味方になるくらいの回り道があってもよかったかな?と思いました。






関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : マドンナメイト文庫 綾野馨

女教師・失格(著:雨宮慶、フランス書院文庫)

1996/7/24 発売

女教師・失格

著:雨宮慶フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

熟れた白い媚肉を覆いきれない挑発的な衣装。
教壇に立った彩子は今、教え子の視線に酔っていた。
徐々にミニスカートをまくり、太腿をひろげ、
恥毛も淫肉も露呈して生徒達に汚され、溺れゆく。
あああ、こんな私、女教師失格だわ……。
女教師をここまで堕としめた30歳の魔性とは……。
(引用元:Amazon)


★★★★★ 疼く体を抑え切れない女教師の破廉恥,2017/8/14
冒頭に1人の同僚教師が出てくる。妻子がありながらも30歳の未亡人女教師【彩子】に言い寄ってくる中年だが、この男が主人公ではないだろうとの推察は容易である。しばらくすると生徒の1人〈三枝〉が現れる。彩子の秘密を偶然に目撃してしまい、その口封じも兼ねて彩子が誘惑する15歳の高校1年生である。この三枝が主人公かと一旦は思う。しかし、彩子と三枝の密会を目撃した同級生〈本間〉が中盤に現れてから過激さが増す作品である。

偶然の連鎖とはいえ起伏のあるストーリーには面白味があり、中盤を境にテイストが変わることで生じる違和感を踏まえても全体的な淫猥度の高さが補うであろうと判断したい。自らの秘密が明るみとなり、巻き込まれていく形なるも亡夫に開発された体の疼きを癒すためにズルズルとタイトルのごとき失格の破廉恥を晒していく彩子である。

そんな彩子の最初の秘密は作者お得意の電車内誘惑。教師にあるまじき派手な装いで痴漢を誘い込む週末の淫猥シンデレラである(他にもテレフォンセックスなどに講じている)。これが生徒(三枝)に目撃されてしまうのは官能小説のお約束。秘密の露呈を防ぐべく彩子に憧憬を抱く三枝を懐柔し、男女の仲になる彩子だが、チェリーを卒業して自信を得たのか三枝はじわりと態度を大きくしていく。そして、このまま話が進むのかな?と思わせてからの本間の登場が新たな局面を迎える趣向なのである。三枝からすれば関係こそ続くものの知らぬ間に彩子を奪われてしまったようにも写る。

亡夫の三回忌を終えたばかりの彩子の前に本間が現れるのは秀逸な演出。三枝との仲を追求する本間が最初から上段に振る舞い、洋装喪服の彩子に迫るからである。女教師に未亡人という設定をきちんと活用するのはさすがと言える。ただ、若くして経験豊富かつSM趣味まである本間によって最初から緊縛と打擲が繰り出され、彩子が早々に陥落し、隷属してしまうのは好みが分かれるところ。もう少し粘ってもいいように感じるが、日頃から疼く体を持て余し、抗う心に反して高い反応を示してしまう彩子の押しに弱いところなのかもしれない。これ以降の彩子はM性が開花していくからである。

本間の「調教」は毎朝のホームルームで施される。繰り返される被虐の羞恥を通じて彩子に芽生えるのは快感である。ほぼ一貫してガーターは外さないといった淫猥度の底上げもある。しかし、校内の他の場所も活用したバリエーションはほしかったところか。また、淫靡なホームルームは新たな同級生〈望月〉を相棒に加えてエスカレートするのだが、彩子が妄想した世界が徐々に実現されていくような結末に向かってはやや性急にも感じた。登場する男がさらに増えたことで(描く事柄も増えて)終盤が駆け足になってしまったのかもしれない。
『女教師・失格』のレビュー掲載元


1人ヒロインはホント良いですネ。(力説)

1人のヒロインに様々な男が群がってくるのは今やほとんど描けない昨今ですが……逆に今は1人の主人公に多くのヒロインが群がってくるのか(笑)……トレンドの輪廻からすればいずれこうしたテイストがリバイバルする可能性も低くないと思っています。

それまでを旧作で補っている今日この頃なDSKですw



本作について惜しむらくは悪童の本間少年が現れたことで官能的にはピークを迎え、物凄くいやらしい局面に至るのですが、それ以降の終盤から結末に向かってが一本調子なところですかね。

学校のホームルームを舞台にするのは女教師であるヒロインの設定をフルに活かしたところですけれども、それに固執し過ぎたのか他のシチュエーションというか変化がちょっと乏しかったかな?と感じます。

露出の羞恥を煽ることに終始してしまった印象なんですよね。(^^;)



それを差し引いても★5つを献上できると判断した高い淫猥度がありましたけどねw






関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 雨宮慶

いかせてあげます(著:渡辺やよい、二見文庫)

2015/4/24 発売

いかせてあげます

著:渡辺やよい、二見文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

寝たきりの祖父の寝室では、世話をしてくれている家政婦が祖父の顔の上にまたがって腰を細かく動かしていた。それを目撃した童貞の翔太は……。雇い主の命令なら「承知いたしました」と従順に応じる家政婦・良美が、淫ら心に支配された男たちの股間を満足させる──「特選小説」誌読者アンケートで常に上位疾走中の超人気短編集!!


★★★★☆ 家政婦の謎も判明する続編,2017/8/10
謎の無表情系人妻家政婦【生田良美】と雇い主との刹那の情事を描いた2014年作品『ご奉仕します-人妻家政婦』の続編。『特選小説』(綜合図書)に上梓された連作短編を纏めた後編であり、本作でも様々な悩みを抱えた雇い主と生田家政婦との人間模様と桃色模様が官能的に描かれている。前作を未読でも本作は充分に楽しめるが、読んでおいた方がさらに楽しめるであろう。

各エピソードの派遣先で雇い主から「命令」されてはコトに及ぶという設定や構成にストーリーといったものは(若干の変化こそあれど)基本的に前作と変わらない。つまり、生田家政婦から求めることはなく(言葉責めの一環で求めさせられることはある)、あくまでも劣情を催した雇い主からの命令を決め台詞の「承知いたしました」で受け入れていく展開。そして、前戯の段階でこそ軽い抵抗を見せるものの官能スイッチが入ってしまえば積極的になっていく生田家政婦である。このギャップの淫猥度が高い。次のエピソードでもまた似通った展開なんだろうなぁと思いつつもどんな迫られ方をされ、どんな感じ方をしているのかと楽しみになってくる。そんな不思議な魅力があるように思う。人妻らしさはほとんど感じないために背徳感は希薄だが、欲情した生田家政婦が表情で示す淫らさにぐっときたりもする。

そして、末尾には本シリーズを締め括る1編なのであろう「旅情編」と冠された前日譚がある。人妻らしさが皆無な生田家政婦の謎が明かされるエピソードである。前作の冒頭で夫との営みが4年程絶たれていることがさらりと綴られていた、その理由が判明しており、その原因となった自責の念から一度は絶望の淵に立たされた生田良美が家政婦として再出発を期す物語となっている。

元より軽妙でもないテイストを象徴する無表情・無感情な表向きのキャラを見るに、家政婦になって以降も彼女の自責の念は晴れていないのだろうか。未だに贖罪を続けているのだろうか。そんな感慨が湧き上ってくるような過去が描かれたことで深みが増すのである……もっとも、命令という受け身ながらも夫以外の男との刹那の交合を人知れず堪能しているような一面もあって、その掴み所のなさが新たな謎を生むようにも思えてくるのである。
『いかせてあげます』のレビュー掲載元


生田家政婦の物語は1冊に収まりませんで、昨年(2014年)の『ご奉仕します-人妻家政婦』に続いての上梓となっております。

相変わらず昂ってからはいやらしいですw

そして、何と言っても哀しい過去が判明する前日譚が光っております。



◆正編
2014/8/25 発売
ご奉仕します-人妻家政婦

Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
電子書籍の【びかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
妻に逃げられた男が引っ越しの手伝いとして雇った家政婦・良美。彼女が発見したのは妻がこっそり所有していた「バイブレーター」だった。呆然とする彼女に男は──雇い主の「仕事の」命令であれば「承知いたしました」と何でも応じる家政婦・良美の喘ぎ声が今日もどこかの家で響き渡り……。「特選小説」誌読者アンケートで大人気のシリーズが一冊に!!

◇当ブログの紹介記事
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-1260.html



基本的には同じ体裁ですし、時系列で描かれている訳でもありませんので、どちらから読み始めても特に問題ありませんが、せっかくなら……という場合はコチラからどうぞ。(^^)

なお、余談ながら「後編」に対して「前編」ですが、『続編』に対しては『正編』という表現らしいですw



◆収録されている各エピソードの多くが電子書籍でバラ売りされています。
Kindle
honto
ひかりTVブック
BookLive!



本作および正編からの抜粋で、と言いますか、おそらく短編が先に発売されたものと思われますが、主だったエピソードが電子書籍で発売されています。






※各作品のあらすじはAmazonより引用。
関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 二見文庫 渡辺やよい

ご奉仕します-人妻家政婦(著:渡辺やよい、二見文庫)

2014/8/25 発売

ご奉仕します-人妻家政婦

著:渡辺やよい二見文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
電子書籍の【びかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

妻に逃げられた男が引っ越しの手伝いとして雇った家政婦・良美。彼女が発見したのは妻がこっそり所有していた「バイブレーター」だった。呆然とする彼女に男は──雇い主の「仕事の」命令であれば「承知いたしました」と何でも応じる家政婦・良美の喘ぎ声が今日もどこかの家で響き渡り……。「特選小説」誌読者アンケートで大人気のシリーズが一冊に!!


★★★★☆ 謎の人妻家政婦と雇い主との悲喜こもごも,2017/8/7
『特選小説』(綜合図書)に上梓された連作短編を纏めた1冊。ヒロインである人妻家政婦【生田良美】と雇い主との様々な人間模様と桃色模様が独立したエピソードとして綴られている。つまり、生田家政婦はエピソード毎に異なる家に派遣されており、故に主人公もそれぞれ異なっている。また、この短編は半ばシリーズ化されたようであり、本作の翌年(2015年)には続編となる『いかせてあげます』が出ている。これだけ続くというのは相当な人気を博したのではなかろうかと推測する。確かに見合う官能要素と独特の魅力がある。

展開は総じて似通っており、地味な出で立ちや無表情に隠れた美貌と仄かに漂う色気を嗅ぎ取った主人公が生田家政婦に「命令」する形でコトに及ぶのがほとんど。どんな命令も忠実にこなす生田家政婦の決め台詞は「承知いたしました」である。

ここまでは、まぁ、ワンパターンと言ってしまえばそれまでだし、中には心優しかったりオドオドしたりの雇い主もいるのに命令する段になると揃って居丈高になってしまうのは一考の余地が残るアプローチとも感じたが、迫られてからの生田家政婦の変化、そのいやらしさが諸々のネガティヴ要素を打ち消している。

それまでの無表情キャラが一転して敏感に反応し、喘ぎ、悶え、昂っては自ら求めてしまう生田家政婦。官能スイッチが入ってからの積極さは人妻らしさをスポイルしているものの(実際のところ夫ある身とは思えない素振りである)、むしろ「命令」に従うことが官能を謳歌するための隠れ蓑であるかのよう。そんな小悪魔のような佇まいこそが生田家政婦本来の姿なのであろう。そう思うと次のエピソードではどんな雇い主が現れ、どんな形で生田家政婦の被虐性を炙り出してくれるのか楽しみになってくる。

欲を言えば官能場面が一度きりで、余韻をあまり感じることなく幕が引かれるエピソードもあることか。1人暮らし、もしくは家人の長中期の外出で1人になってしまう雇い主ばかりなのも構成の変化を乏しくさせているようである。
『ご奉仕します-人妻家政婦』のレビュー掲載元


家政婦をヒロインとした連作短編形式の作品です。

いわゆる『家政婦は見た!』の路線でコミカルな場合と、あるいは『家政婦のミタ』のような無表情キャラによるシリアスな場合とが予想されますが、本作はほぼ後者でした。

推測ですが、ヒロインの設定も『ミタ』を意識したように感じます。



ですから、あっけらかんとしたノリで家政婦が雇い主を押し倒して跨るようなことはありませんw

雇い主の言葉を「命令」と受け取ることで、それがたとえ渋々であっても体を開いていく被虐を描いた作品でした。

で、昂ってくると積極的になると、それがいやらしいとww



◆続編
2015/4/24 発売
いかせてあげます

Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
寝たきりの祖父の寝室では、世話をしてくれている家政婦が祖父の顔の上にまたがって腰を細かく動かしていた。それを目撃した童貞の翔太は……。雇い主の命令なら「承知いたしました」と従順に応じる家政婦・良美が、淫ら心に支配された男たちの股間を満足させる──「特選小説」誌読者アンケートで常に上位疾走中の超人気短編集!!

◇当ブログの紹介記事
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-1261.html



続編では本作よりもちょっとだけ趣向を凝らしたストーリーも見受けられます。

また、生田弁護士の謎が判明する前日譚も収録されています。

本作がお気に召したらコチラもどうぞ。(^^)



◆収録されている各エピソードの多くが電子書籍でバラ売りされています。
Kindle
honto
ひかりTVブック
BookLive!



本作および続編からの抜粋で、と言いますか、おそらく短編が先に発売されたものと思われますが、主だったエピソードが電子書籍で発売されています。






※各作品のあらすじはAmazonより引用。
関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 二見文庫 渡辺やよい

若未亡人(著:西門京、フランス書院文庫)

1994/3/24 発売

若未亡人

著:西門京フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

柔肌にはりつく薄布を脱ぎ、黒い縮れ毛を割って
牝香が漂う割れ目を剥きだしにする隣の未亡人。
「これでいい? ああ恥ずかしいわ、和也くん」
熟女に娘の家庭教師を頼まれ、僕の人生は変わった。
次はオナニーさせようか、それともフェラチオ……。
僕の亜矢子未亡人奴隷計画は果てしなくつづく。
(引用元:公式サイト


★★★★★ 隣の未亡人を手中に収めるまで、2017/8/3
作中では年齢不明記ながら高校受験を控えた娘がいることから最低でも30代中頃前後と思しき隣人にして未亡人の【亜矢子】と、その娘が志望する高校の3年生である主人公。以前より憧憬の念を抱いていた亜矢子から娘の家庭教師を依頼されたことで得た接点が思わぬ形で官能的に身を結ぶ物語である。

少年のちょっとした情動の発露を目にした亜矢子が挑発気味に誘惑するのが始まりではあるが、大人の矜持から最後の一線まで越える気はなく、そのためにスイッチが入ってしまった主人公から迫られる展開になっていく。ちょっとした出来心のつもりが予想外な形になってしまい、拒むものの空閨もあって抗い切れず、次第には昂って受け入れてしまう。そんな官能描写が続く。総じて淫猥度が高い。

それでも交合はできないとして手淫や口淫で凌ぐのだが、その序盤から亜矢子の美貌も含めた主人公視点の描写が際立っている。交わらないことの安心感もあってか年上の余裕を見せる亜矢子の艶姿から主人公の悪戯に反応して恥じらうまでの振り幅があり、艶めかしさと可愛らしさが同居する魅力に繋がっている。また、亜矢子が押しに弱いと認識したことで迫ってもきっと大丈夫と主人公は判断したようである。

主人公に淡い想いを抱く娘に官能的な出番はない。ただ、睦み合っているところを亜矢子が目撃することで娘の身代わりを申し出るという、最後の一線を越えるきっかけを与えている。一線を越えてからは観念したかのような積極さを見せ、貪欲さも見せ始める亜矢子の淫らさがさらに魅力を放っている。

本作には一応のサブヒロインがいる。亜矢子の一時帰省中に秘密を掴んだと主人公に迫る反対隣の人妻である。ただし、この人妻は掴んだ秘密を自分達夫婦のために利用しており、その意味では捻りの利いた情交要員とも言えよう。

訳あっての一時帰省であり、主人公との逢瀬に時間が空いたこともあって冷静になった亜矢子は背徳な現状へ再び憂いを抱くようになる。この心境の変化を反対隣の夫婦に当て嵌めて看破するロジック的な良さと翻意させるために頑張る主人公の責めが官能的にも物語的にもクライマックスになっていた。

最終的には読み手にとっても心地良い幕の引き方になっていたように思うし、実質的な1人ヒロインと言える内容だったからこそ亜矢子と主人公をじっくり描くことができて、その良さが出た作品だったようにも思う。
『若未亡人』のレビュー掲載元


1990年~2006年の間に年0~2冊くらいの……ほぼ年1ですね……ペースで上梓されていた西門先生の5作目にあたります。凌辱路線でデビューされましたが、4作目からは誘惑テイストを盛り込み始め、その後は徐々に優しく甘い誘惑路線へとシフトされましたので、その意味では過渡期と呼べる最中の2作目とも言えます。

ですから、その名残りと言いましょうか、本作ではまだ「迫られるヒロイン」といったテイストがメインになっていまして……だからいやらしい!ということになっていますw

DSKの大好きなテイストですwww



後々は穏やかで優しくソフトな誘惑作品になっていきますから、その過渡期とも言えそうな、この頃の西門作品はお宝かもしれません。






関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 西門京

2017年8月の気になる官能書籍

2017年8月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!



▼フランス書院文庫X


※右側の画像は底本の表紙。
2017/8/14 発売

襲撃教室-全員奴隷(著:巽飛呂彦)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
デビュー初期の傑作が大改稿で生まれ変わる――先生、裸に剥かれる悦びを教えてやるぜ
そこは野獣の棲む学園だった!
放課後の体育倉庫、囚われた女生徒を救うため、
青狼たちの玩弄に裸身をゆだねる女教師。
三本の猛々しい剛直が襲う凄惨な凌辱の中、
美しき聖職者たちは妖しい愉悦に目覚めはじめ……


公式サイトを見る限りでは1993年の『レ イ プ 教室-狙われた英語教師』と1996年の『野獣教室-標的は女教師&教育実習生』を合作したようなのですが……。



※右側の画像は底本の表紙。
2018/8/14 発売

人妻-悪魔マッサージ【美央と明日海】(著:御前零士)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
伝説の名作が大幅加筆で今、甦る!怒濤の書き下ろし400枚!
(あの清楚な美央がこんなに乱れるなんて!)
妻との夜の営みにマンネリを感じていた夫は、
真実を伏せ、妻に性感マッサージを受けさせる。
隠しカメラに映る美央は、淫らな施術を受け入れはじめ……
28歳と26歳、貞節と性欲に引き裂かれる二匹の人妻!


2011年リアルドリーム文庫作品『性姦マッサージ -寝取られた貞淑妻』のヒロインを1人追加したのでしょうか。



▼フランス書院文庫


2017/8/25 発売

人妻A-贄(著:冬木弦堂)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「もう許して、少し休ませて……あんっ、いやっ」
柔肌に食い込む縄、女陰を穿つ剛直、三穴責め……
夫の名を呼んでいた唇からはやがて恍惚の吐息が……
人妻・弓子を襲う、悪魔屋敷のおぞましき肉調教。
清らかな女体に、恥辱の刻印が植え付けられていく。
心は貞淑、身体は淫ら――弓子29歳は究極の奴隷妻へ!


1人ヒロインなのでしょうかね……どうなんでしょ?



2017/8/25 発売

七日間同棲-受験生と三人の女教師(著:本城山羊)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「この問題ができたらご褒美にセックスしてあげる」
女教師が住み込みで教えてくれる秘密授業、開幕!
手淫サポート、騎乗位童貞喪失、魅惑の裸エプロン。
個人実習で学力も性力もアップする祐介の前に、
二人目、三人目と教え方も女体も違う別の先生が現れ……
独身(28)人妻(32)新人(22)――最高の初体験レッスン!


家庭教師ご褒美展開ですが、3人もヒロインが要るかなぁ~?と思わないでもなく……。(^^;)



2017/8/25 発売

嫁の母、嫁の妹と同居中(著:香坂燈也)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「娘の代わりよ……私の身体で満足してほしいの」
十年の空閨を埋めるように肉棒をきつく締めつける熟膣。
娘婿に跨り恥じらいつつ千佐子は秘所を擦り合わせていく。
「私だって、ずっとあなたにご奉仕したかったの」
蜜戯に勘づいた嫁の妹・亜希が負けじと挑発をはじめ……
昼夜休む暇もない――ここは「淫らな女系家族」の楽園!


個人的には誘惑路線一本で良作を連発してほしい香坂先生です。



2017/8/25 発売

暴風檻【オリ】-二人の母と姉狩り(著:但馬庸太)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
(今、この家にはママと姉さんと僕の三人だけ……)
大嵐の夜、濡れた義母の柔肌に目を奪われた智也に、
暴風雨のように危険な欲望が吹き荒れはじめる!
襲いくるゲリラ豪雨、自宅の停電、交通の遮断……
『陸の孤島』と化した家で悪夢の宴が幕を開ける!
38歳、42歳、18歳……凶獣の餌食になる牝たち。


2人目の母って誰でしょうね。



2017/8/25 発売

ほしがり未亡人-兄嫁、義母、女教師、美母(著:小鳥遊葵)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「ああ、長くて太いので突いて。私を狂わせて」
逞しい肩に齧りつき、対面座位で腰を揺らす美熟女。
夫を喪ったその日から『未亡人』という牝になる女たち。
亡き夫の視線を感じつつも待ち望んだ絶頂を迎える。
満たされない性への渇望で容赦なく男を食い漁るが……
兄嫁、義母、女教師、美母……濡れ乱れる喪服妻たち!


ここ最近では抜群の表紙ではないかと。



2017/8/25 発売

理性崩壊-兄嫁と姪姉妹(著:一柳和也)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「膣に出される感触をしっかり覚えるんだぞ」
「ああっ、彩奈の奥に出して……孕ませてっ」
立ったまま後ろから熟尻を抉られ、泣き叫ぶ彩奈。
借金を肩代わりした義弟の言いなりになる兄嫁。
避妊も許されず、どんな要求にも応える愛人契約。
暴走する淫獣は可憐な姪姉妹にも狙いを定め……


一柳先生もコンスタントに作品が上梓されているようで。



▼マドンナメイト文庫


2017/8/14 発売

美少女ジュニアアイドル-屈辱の粘膜いじり(著:高村マルス)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
発育途上のアンバランスな魅力を放つ美少女・理沙。徐々に男たちの暴虐の餌食となり……人気ジュニアアイドルの理沙は売れっ子だったが、好色な大人たちの視線に必死で耐える毎日だった。あるとき、好条件と思われた芸能事務所に移籍すると、そこで破廉恥オーディション、恥辱の枕営業、さらには鬼畜な大人たちの性の慰み者となり……。

孤高の鬼才が久し振りの新作です。



2017/8/14 発売

兄嫁の秘蜜(著:綾野馨)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
憧れだったお義姉さんの秘唇は、いつのまにかぬかるんでいて……童貞の智樹は兄嫁の菜奈に淡い恋心を抱いていた。あるとき、菜奈のショッピングに付き合っているとき、兄が見知らぬ女性とラブホテルに入っていくのを目撃した。それをきっかけに菜奈の気持ちが揺れ動き、智樹と禁断の関係を結ぶことになるが……。

今回は兄嫁との慈愛の官能が楽しめそうですね。



▼二見文庫


※右際の画像は底本の表紙。
2017/8/28 発売

熟女を狩る-淫ら顧客サポート(著:館淳一)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
出張サポートは、「PC以外もサポート」いたします。第一人者による傑作官能エンターテインメント!
堂大介は電気店の顧客サポート部でPCの修理などのため、営業車を使って飛び回っていた。ある日、呼ばれた家の主婦に誘惑され、何度かいい思いをしてしまう。それを隣家の人妻に知られるが、彼女とも関係を保つこと成功した。その後ナースステーションの看護師、有名作家の奥さん……と楽しむ彼に意外な申し出が──。第一人者による官能エンタテインメント!


2002年マドンナメイト文庫作品『熟女狩り』の再販と思われ……。



2017/8/28 発売

昭和三十年-東京不倫(著:睦月影郎)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
昭和の夜は熱い!外来の「淫語」に昂りながら、だんだん奔放になっていく男と女──
昭和30年、昭一は文士になる夢を捨てきれずアパートで執筆を続けていた。代用教員時代の知り合い・佳代子が貸本の出版社におり、その経営者である彼女の舅が、性風俗本の著者で「チチラチオ」や「ジギタチオ」など新しい外来表現を教えて熱く官能を語っていた。一方で、佳代子の娘、アパートの大家……と実践の体験も積んでいった昭一は──。書下し傑作官能!


睦月先生らしいノスタルジックな作品が期待できそうです。



▼竹書房ラブロマン文庫


2017/8/7 発売

したたりの人妻(著:杜山のずく)


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
うだつの上がらない大学生の浩紀は、友人の紹介でリゾートビーチの監視員のバイトを始める。密かに憧れていた年上美女の彩花と再会したのを皮切りに、肉欲系人妻の美穂、謎めいたセレブ妻の夕子、女社長の渚たちに次々に誘惑され、夢のような官能のひと夏を過ごす浩紀。水着に食い込む尻肉を愛撫し、ハリのある巨乳に吸い付き、潮の香りの漂う肉壺に欲情を吐き出す−。真夏の人妻ハーレムを味わい尽くす青年を描いた、バカンス官能ロマン!



▼竹書房文庫


2017/8/21 発売

三人の嫁(著:霧原一輝)


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
◎このカラダ、お義父さまのお好きなように…
◎宝くじで1億円を当てた義父に背徳の誘い!
尾川鴻一郎は、会社を定年退職して悠々自適の日々を送っていた。鴻一郎には三人の息子がいるが、二男夫婦と同居しており、淑やかな二男の嫁・香生子に密かに惹かれていた。そんなある日、宝くじが当選し、鴻一郎は思いがけず一億円を手にすることに。息子たちにも分けようと思案するが、配分は二カ月後に発表すると皆に伝える。すると、これまで冷たかった長男の嫁や三男の嫁が家によく来るようになり、義父の鴻一郎に禁断の快楽接待を仕掛けてくる。さらに清楚な二男の嫁も意外な行動に出て…!? 名手が描く禁断回春エロス!


霧原先生お得意の回春路線ですが、今回はちょっとオモシロそうな設定ですね。



2017/8/28 発売

夜這い刑事(著:結城武彦)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
◎“肉体職質”開始!女をおとして真相に迫る非合法刑事
◎驚異の性技と侵入術で邪道捜査…斬新警察官能小説
X県警裏崎西署資料室に勤務する這田亮次は、覇気のない男として署内で有名だった。だがそれは仮の姿であり、実は通常捜査では解明に至らなかった事件を秘密裡に追う特命刑事であった。這田の捜査は非合法を辞さないもので、不法侵入術と驚異の性技で関係者の女に夜這いをかけて籠絡し、情報を得ていくものだった。そんな這田に、若いヤクザが不審な自殺を遂げた事件の再調査の命が下る。這田はヤクザの元情婦に夜這いをかけて新事実を摑み、さらに事件の裏側に巨大な闇が潜んでいるのを嗅ぎつける…!異能の刑事誕生、注目の新鋭が放つ超刺激的なサスペンス・エロス。


デビュー作みたいですが、新人さんでしょうかね。



▼双葉文庫


2017/8/5 発売

見つめてイカせて(著:睦月影郎)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
帰宅途中に不良から暴行を受け、メガネを壊された三十路手前の冴えない会社員の諸星八郎は、声をかけてくれた骨董屋月影堂の店主無三から、店にあった古びたメガネを勧められる。怪しい謂われと売値を聞き購入を渋る八郎だが、試しにかけてみた途端イケメンに変身。さらには他人の心が読めるなど、メガネの持つ驚異の力で生まれ変わった彼は、憧れの美女たちと極上の日々を過ごすことになる。書き下ろし長編フェチック・エロス。



2017/8/5 発売

人妻遊泳(著:乃坂希)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
離婚して2年、風俗通いにも飽き、かといって再婚する気もない恩田忠司は、ある晩シティホテルのラウンジでの打ち合わせの後、揉めている男女に出くわす。女は、2ヶ月ほど前に歯の痛みに耐えかねて飛び込んだ歯科医院の女医だった。彼女との一夜の後、人妻との情事に勤しむようになった恩田だったが……。書き下ろし長編人妻エロス。



▼徳間文庫


2017/8/3 発売

淫ら病棟の秘蜜(著:睦月影郎)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
夫の経営する病院で院長婦人として女医として辣腕を振るう私には生まれついての読心能力がある。この能力は非常に便利。患者の言葉に表せない痛みや苦しみを察知して適切な治療を施せる。そしてもうひとつ、人のフェチ心をすばやく読み取り、そこにも適切な処置を施して、私自身も大いに楽しめる。老人やおばさんは大部屋に差配、フェチ心満タンの美少年患者は完全個室で特別治療。イケメンインターンや美人ナースも心の秘密をちょいちょいと刺激して…

今月は3作品が登場する睦月御大です。



▼WANIMAGAZINE COMICS


2017/8/1 発売

ラブシェアリング(著:LINDA)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
『COMIC快楽天』表紙作家・LINDAの単行本第7弾!
NO MAN NO LIFE なリア獣女子がとっかえひっかえ男を乗り換える淫女短編集です。クチ寂しさからついついナニを咥えちゃうリンダガールズはもちろん、思い出話にハメを咲かせる同窓生メンバーや生放送前のナマ本番でアナをほぐすニュースキャスターほか、血統書付きのメス犬たちがワレメ先に交尾したがるワンワンワンダー乱交全14作。もうどうにも腰が止まらない1冊です。


ビッチな女子の描写にますます磨きがかかっているようですね!



▼バンブーコミックス


2017/8/26 → 2017/10/17 発売

寄性獣医・鈴音8(著:春輝)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。



▼ヤングジャンプコミックス


2017/8/18 発売

でちゃう!2(著:春輝)


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
すごく気持ちいいコト…しない!?
悩みを抱える人の前に現れる薬局・誠資堂。今日もまた、心の歯車が噛み合わない者たちがやってきます。多汗な女子大生、恋するM男くんに彼と別れたOLなどなど…。薬剤師のコトブキが処方する不思議なクスリ、用量、用法にはご注意ください…。


今月は春輝作品が2冊!



▼Kindle Unlimited ※月が変わると対象外になる場合があります。


1996/5/24 発売

野獣教室-標的は女教師&教育実習生(著:巽飛呂彦)


Kindle版はコチラから。
ここは悪魔が棲む野獣の如き学園、教室だった!
全裸に剥かれ、恥部も露わに横たわる25歳の女教師。
美和子の股間に乳房に貪りつくのは二人の変態教師。
新任女教師を性奴にせんと、凄絶な凌辱儀式が……
それだけではない。教育実習に来た令嬢女子大生、
みさをまでが教師たちの、生徒たちの餌食に……。


フランス書院文庫Xから今月発売される『襲撃教室-全員奴隷』の底本が無料の対象になっています……なんか、タイミングが悪いような……。(^^;)



1995/6/23 発売

奴隷飼育-美鈴・二十三歳(著:雨宮慶)


Kindle版はコチラから。
美鈴23歳には魔淫の血が流れていたのだろうか?
教え子の父と大学生――二人の狂った性獣に、
清楚でいて豊麗な女体が蝕まれ、蕩けていく……
神聖な園内で、通勤途中の社内で、自宅で、
緊縛され、挑発下着姿の保母に肉鞭が飛び弾ける!
そして肛姦が終わったとき、美鈴は完璧な牝奴隷に……




1996/4/23 発売

奴隷部屋-真帆・二十五歳の堕淫(著:雨宮慶)


Kindle版はコチラから。
黒い挑発下着の三点セット、極太のバイブ……
次々と真帆の部屋に届く妖しい贈り物が、
25歳の女体に眠る魔性を揺り起こしていく。
そして突如侵入した地獄からの使者!
白い美肉を緊縛し、打擲し、果ては剃毛まで。
真帆の部屋は奴隷部屋となり、恥肉にはMの烙印が……


発売時期も異なるので偶然とは思うのですが、タイトルに統一感があったのでw



にゃらさんのブログにある今月の新刊情報です。
誘惑官能小説レビュー 2017年8月刊情報







関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2